いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:Twitter

1: 風吹けば名無し 2019/09/15(日) 08:40:19.14 ID:zzr+Iv/7M
柴犬そら❁*.@sora1013siba
家に帰ると茶色い小型台風が暴れ散らしておりました。。。
no title

no title

no title


続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/08/03(土) 22:33:44.57 ID:RK7NtTcE9
 夏が本気を出してしまった結果、毎日酷暑が続いています。日中、うっかりすると地面で火傷するほどの熱さになるこの頃、犬の散歩は早朝か夜にしている人も多いと思います。朝5時にお散歩で石畳に来た柴犬が、そのヒンヤリ感にゴロンゴロンしている姿が可愛いと、見た人たちを癒しています。

 お散歩が大好きな柴犬まるくんは、10月20日生まれの11歳。飼い主さんによると「おおらかでマイペース、吠えることがない」ほど穏やかな性格の持ち主。犬好きの中でも有名わんこです。

 そんなまるくん、うだるような暑さを避けて、早朝にお散歩へ。この時間でも既に早朝から暑さを感じるほどでしたが、太陽の熱をまだそんなに吸収していない石畳は、ヒンヤリとしていたみたい。

 まるくん、つい石畳でヘソ天状態。その様子を撮影した飼い主さん「柴犬もうだる暑さ」とツイッターに投稿したところ、「暑そうやけどカワイイよな!」「あぁ、水風呂でワシワシしてあげたい…」などなど、暑さに心配する声とその姿に可愛いという声が入り乱れる様相に。

 確かに、日中のアスファルトは約60度の高温に達するので、早朝のヒンヤリした石畳でもないとなかなかこんな事はできないでしょう。下手すると肉球が大やけどです。少しでも涼を求めて石畳にゴロゴロする姿に、思わず、「一緒に涼しいお部屋でゴロンゴロンしたいね~」と声をかけたくなってしまいます……。

 早朝5時だとまだ人も少なく、地面も熱くないのでお散歩には最適な時間帯ですが、早起きが苦手な人だとちょっとツラいかも……(筆者の事です)。(梓川みいな)

https://news.livedoor.com/article/detail/16871608/

画像
no title


続きを読む

皿投げイーヌ、常習犯だった

1: 風吹けば名無し 2019/07/23(火) 17:27:34.85 ID:0/VQMV4E0



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/08/01(木) 07:38:18.59 ID:sEEdIn8r0
イッヌ「お外怖い!家出してすみませんでした!」
no title

no title


続きを読む

賢いイッヌちゃん人間を驚かせるような行動を起こす

1: 名無し募集中。。。 2019/07/27(土) 11:08:41.32 0
お、おっさん来たから陰に隠れてびっくりさせたろ



続きを読む

1: アンクルホールド(やわらか銀行) [US] 2019/07/24(水) 04:31:11.18 ID:v23Qdu4/0 BE:593349633-PLT(15000)
めちゃくちゃかわいい犬?が発見されてしまう

アザラシ!???可愛すぎる??



続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/07/12(金) 22:33:44.27 ID:3tFdCgEn9
 猟犬のボルゾイは、その大きさや見た目の優雅さで人気の犬種。しかし猟犬だけにその動きは俊敏で、お散歩中に他の動物を見るとうっかり追いかけそうになることも。そんなボルゾイと子猫の生活を紹介しているツイートが微笑ましいと評判です。

 2016年1月23日うまれ、3歳半のオスのボルゾイを飼っている、「がんぼるぞい」さん(以降飼い主さん)。ボルゾイの名前は、エドガーくんと言います。エドガーくんは人懐こく温厚で、ほとんど怒ったことがないのだそう。とにかく人が好きで、誰にでもお腹を見せてしまうようなエドガーくんですが、小型犬には愛想よく、大型犬にはビビりな一面も。でももとが猟犬の犬種だけに、お散歩中に猫と遭遇すると、つい追いかけたくなってしまうこともあるのだとか。

 そんなエドガーくんのもとに、生まれて間もないくらいの子猫が保護されてやってきました。空(くう)ちゃんという男の子。保護されたのは、5月13日。まだ生後1~2日くらいと思われるその子猫は、目も開いていないくらいの小さな子でした。

「保護したばっかりの時はこんなに小さかったんだよ。仲良くなろうね!がんぼるぞい!!」

 空ちゃん、現在は元気にすくすくと育ち、今では生後約2か月。猟犬のエドガーくんが、子猫にたいしてどんな反応を示すか心配もあったという飼い主さんでしたが、保護した当初からエドガーくんは空ちゃんのことを優しく見守ってくれているそうです。

 そんなエドガーくんと空ちゃん。時々空ちゃんは知人宅に預けられることがあり、ある日空ちゃんが預かり先から帰ってきた時に、寝そべっているエドガーくんの背中をマッサージ。この時の様子が今回評判になっているもの。飼い主さんはTwitterで「猫が帰ってきました。マッサージをして、僕のことを労ってくれているようです」と、その時のエドガーくんの心境を写真とともに紹介しています。

「猫が帰ってきました。マッサージをして、僕のことを労ってくれているようです。がんぼるぞい!」

 生後間もなかった空ちゃんの目が開いたくらいから、やんちゃ全開に。エドガーくんは空ちゃんにつき合って毎日が大運動会状態なのだそう。時々空ちゃんが預けられている間は、エドガーくんは家族に甘える事が出来て幸せそうな反面、少し元気がないのだそう。そして帰ってくると嬉しそうにして、すぐに大運動会に。エドガーくんにとって、もはや空ちゃんは掛け替えのない存在になっているみたいです。

 やんちゃ盛りの空ちゃん、エドガーくんがゆっくり寝たいときにもちょっかいをかけている様子。最近は睡眠を妨げられて迷惑そうな顔をしていることもしばしばなんだとか。

 それでも、空ちゃんにつき合って一緒に遊んだり、オモチャで空ちゃんをじゃらしている姿は、弟と遊んでやっているお兄ちゃん、を通り越して、お父さんと幼児といった雰囲気。日曜日にゆっくり寝ていたいお父さんに、早朝から「遊ぼ~」って言ってくる幼児とあんまり変わらなかったりして。

「子育ては大変だぜ!がんぼるぞい!」

 いつまでも見ていたくなるような平和な犬と猫の生活は、飼い主さんが運営しているツイッターで見ることができますよ。(梓川みいな)

2019年7月12日 7時4分 おたくま経済新聞
https://news.livedoor.com/article/detail/16761491/

画像
no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/06/26(水) 21:31:41.55 ID:15x3qwi09
そんな体勢で寝られるの――?国内外で人気を集める秋田犬の子犬が、衝撃的な眠り方をしている動画がツイッターで話題だ。

no title

投稿したのはツイッターユーザーの秋田犬 純さん(@SlpZjj5agkFZxfC)。さっそく、その動画を見てみよう。


■やっぱりかわいい

ゲージに噛みついたところで寝落ちしてしまったのだろうか。上あごがゲージに引っかかったまま、口を大きく開けている。

鋭い犬歯が目立つものの、よくわからない状態で寝ていると考えるとやっぱりかわいい。

しかし、本当に寝ているのかと疑問に思うが、投稿者は「目つむって動かないから」とのことで、確かに眠っているようだ。

ほかの投稿を見ると、食べながら寝落ちしている動画もあり、子犬の自由さは睡眠にも及んでいるようだ。子犬 is freedom。

投稿のリプライ(返信)欄には、

 「やんちゃに育ってくれそうですね」
 「おーー。立派な乳歯だあ。寝る子は育つー。眠気に負けたか。笑」
 「スゴイカッコウ……Σ(゚д゚lll) 『真実の口』……(・_・)スッ」

といった反応が寄せられている。

2019年6月25日 18時0分 Jタウンネット
https://news.livedoor.com/article/detail/16675841/


続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 11:16:17.304 ID:Xz84eOV3M
※GIF画像
イッヌ「そっち行ったら危ないよ!」


続きを読む

1: みつを ★ 2019/06/19(水) 04:35:37.50 ID:NsmyVX9C9
【奇跡のような写真】水上を駆ける犬ゾリ?いえいえ氷上の上に溶けた氷の水が張っているのです

グリーンランド
2019/06/19

no title

@SteffenMalskaer got the difficult task of retrieving our oceanographic moorings and weather station on sea ice in North West Greenland this year. Rapid melt and sea ice with low permeability and few cracks leaves the melt water on top.

https://twitter.com/rasmustonboe/status/1139504201615237120?s=21


続きを読む

↑このページのトップヘ