いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:5ちゃんねる

警察犬5分で不明者発見…スリッパのにおいから

1: しゅわっち'92 ★ 2018/10/19(金) 19:14:32.88 ID:CAP_USER
2018年10月19日 08時00分

行方不明になった高齢男性を見つけたとして、兵庫県警尼崎北署は18日、警察犬「ヴォルフィンク号」(シェパード、雄、6歳)に感謝状を贈った。

同署などによると、今月2日午後2時10分頃、尼崎市内の男性(80)がいなくなったと妻から通報があり、ヴォルフィンク号が神戸市須磨区の訓練所から出動。男性のスリッパのにおいをもとに自宅から捜索を始めた。

人通りが多い中、ヴォルフィンク号は近くの交差点を迷うことなく右折。自宅から100メートルほど離れた場所でにおいをかぐのをやめ、周囲を見渡すそぶりを見せた。指導員の松坂拓也巡査長(32)が近くにいた男性に声を掛けたところ、不明男性だったという。捜索開始から約5分の早業だった。

活発な性格で、訓練が大好きなヴォルフィンク号。不明者の発見は4人目という。松坂巡査長は「捜索後に感謝され、なでてもらうのを楽しみにしているみたい。これからも期待しています」とねぎらった。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181018-OYT1T50156.html



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/18(木) 01:34:52.60 ID:FLglD5pK0
お風呂に入るイッヌ、クソ可愛い
※GIF画像


続きを読む

イヌの知能はハト程度

1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [EE] 2018/10/11(木) 22:05:05.26 ID:I04lkM1z0 BE:328765197-2BP(1669)
賢いと思われがちだが…イヌの知能はハト程度!?

人間社会において特別な地位を占めているイヌ。
特筆すべきはその知能…と言いたいところだが、実はイヌの知能は、ヤギ、ヒツジ、あるいはハトなどと比較しても、とりわけ高いわけではないらしい。
機関紙『Learning and Behavior』に掲載された論文に基づき、「テレグラフ」紙が報じた。

英エクセター大学の研究チームは、動物の知能に関する300以上の論文を調査。
イヌと他の飼育動物や、オオカミ、ライオン、ハイエナといった肉食動物などの能力を比較。
その結果、複数種の動物が、知覚能力においてイヌと同等かそれ以上の能力を有していることがわかったという。

同大学スティーヴン・リー教授は、「イヌの能力に関する研究では、イヌがいかに賢いかを証明しようとする傾向がある」とし、今回の比較により、イヌの能力を過大評価している例が複数見つかったと説明。

例えば、チンパンジーやイルカは、鏡に写った自身の姿を認識できるが、これはイヌには不可能。
また、人間が指す先を追うことは、イヌだけでなく、ヤギ、ブタ、イルカ、アザラシやアシカにも可能だという。
さらに、イヌと同じように、ブタはにおい、ネコは声で、人間を判別することができるが、ヒツジ、ハト、チンパンジーも、顔で見分けることができる。
イヌと同等、もしくはそれ以上のことを他の動物もこなすことができ、イヌが他の動物よりも特別賢いというわけではないと分析されている。

「いえいえ、ウチの子(イヌ)は別」と反論する、飼い主の声が聞こえてきそう!?

https://www.japanjournals.com/uk-today/11914-181010-2.html



続きを読む

1: 既にその名前は使われています 2018/09/24(月) 16:27:15.41 ID:aXo+o0IQ
短足いいよな?
no title

no title

no title



続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/10/11(木) 04:46:11.264 ID:PVy/HCyJ0
no title



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/08(月) 13:03:06.86 ID:+C+zCKzeM
ダックスやで
no title



続きを読む

no title

1: みつを ★ 2018/10/09(火) 02:50:31.59 ID:CAP_USER9
https://jp.sputniknews.com/science/201810085428293/

「氷のような」碧眼をハスキーが得た経緯 研究者が解明
テック&サイエンス
2018年10月08日 11:17

シベリアンハスキーの遺伝子の中に、「氷のような」碧眼をもたらす変異が発見された。最も大規模な犬の遺伝調査成果は学術誌『PLoS Genetics』に掲載された。
スプートニク日本

人の目の色に関係する遺伝子は昔から見つかっていた。だが犬の目の色に関する遺伝子の研究は行われていなかった。

米遺伝学者の研究チームは犬の3千以上の遺伝子を研究した。

研究対象となった茶色の目ないし碧眼を持つ数十匹の犬種の中にはシベリアンハスキーもいた。全ての碧眼持ちの犬は、「PMEL17」「ALX4」遺伝子に隣接する2つの突然変異を共通して持っていた。さらに、「ALX4」遺伝子の突然変異はほぼ全てのハスキーで確認されたが、他の犬種では確認されなかった。
このDNAセグメントは、研究チームが説明するところ、もう1つの遺伝子「小眼球症関連転写因子(MITF)」の活動を管理する。MITFは目、皮膚、および身体の他の部分の色素細胞の働きに直結している。

研究チームは、この遺伝子の発見が、進化とハスキーの家畜化の歴史を探る助けになると期待を寄せている。さらに、犬の飼い主にとっては、ペットが碧眼になるか茶色の目を持つかを理解する助けになる。


続きを読む

犬への罰としてやってはいけないNG行為

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [BE] 2018/10/08(月) 15:52:41.72 ID:BftU/KGy0● BE:121394521-2BP(3112)
「吠える」「飛びつく」「物をかじる」「あちこちで排泄をする」などといった行動は、犬にとっては自然なことです。
しかし、犬は人間の社会で生きています。
犬にとっては自然な行動が、人間社会では迷惑な行動になることもあります。

愛犬が人間社会において迷惑な存在にならないためにも、そして飼い主さんと愛犬が幸せに暮らしていくためにも、飼い主さんは愛犬が人間社会に適応できるように、しつけなくてはいけません。
これは、飼い主の義務と言えます。

しかし、愛犬にしつけをする上で、罰としてやってはいけない行為があります。
その行為をやってしまうと、愛犬との信頼関係が壊れて、飼い主さんの指示に従わなくなったり、攻撃的になってしまったりすることがあります。

逆に、愛犬が萎縮してしまい、常に飼い主さんの顔色をうかがいながら、おどおど生活するようになる可能性もあります。いずれにしても、お互いにとって幸せな結果は得られません。

ですから、罰としてやってはいけない行為は避けて、しつけを行う必要があるのですが、どのような行為がNGなのでしょうか?
以下から4つのNG行為をご紹介していきます。

罰としてやってはいけないNG行為①叩く
叩かれることによって、人の手を怖がる「ハンドシャイ」になり、人が手を近づけると怯え、恐怖のあまり噛むといった攻撃行動に出てしまうこともあります。

飼い主さんの手は愛犬にとって、苦痛を与える怖い手ではなく、撫でてくれたり、美味しいものをくれたり、抱っこしてくれたりするやさしい手であるべきです。

罰としてやってはいけないNG行為②仰向けにして押さえつける
言うことを聞かない罰として仰向けにされ、力ずくで押さえつけられても、犬は恐怖を感じるだけです。
そして、恐怖でいっぱいになった犬はどうするかというと、自分の身を守るために、威嚇や噛みつきなどといった攻撃行動に出ます。それは、相手が飼い主さんであっても例外ではありません。

罰としてやってはいけないNG行為③マズルをつかむ
マズルは犬にとって敏感な部分ですので、マズルを無理やりつかまれると、不安や恐怖や痛みを感じることがあります。
その結果、飼い主さんとの信頼関係が壊れたり、マズルを触らせなくなったり、噛むようになったりすることもあります。
愛犬のマズルに触れなくなると、歯磨きや顔周りのお手入れができなくなるので、罰としてマズルをつかむのはやめましょう。

罰としてやってはいけないNG行為④ハウスに閉じ込める
愛犬を叱ったときに、罰としてハウスに閉じ込めるのもNGです。
犬は本来、狭い空間にいると安心できる習性があるため、クレートやケージといったハウスは、犬にとって落ち着いて休める場所です。

しかし、罰として強制的に入れられると、ハウスを嫌な場所と考え、ハウスに入ることを避けるようになってしまう可能性があります。

まとめ
現在は、叱らないしつけ、罰を与えないしつけが主流になりつつあるようです。
愛犬のしつけ方が分からないときは、ドッグトレーナーや獣医師に相談してみるといいでしょう。トレーナーの中には体罰を使う方もいるようなので、体罰を使わないトレーナーを選ぶことをお勧めします。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15413294/



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/22(水) 12:36:25.76 ID:8k7zzztx0
no title



続きを読む

↑このページのトップヘ