いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:2ちゃんねる

no title
1: 記憶たどり。 ★ 2015/12/09(水) 08:57:38.19 ID:CAP_USER*.net
立ち耳に巻き尾のりりしい柴犬(しばいぬ)が国内外で人気だ。
写真共有サービス・インスタグラムのフォロワー数が200万人を超える
柴犬「まる」は、多くの芸能人をおしのけ国内5位。その発信力への期待から
三重県の観光大使に。なぜ、柴犬に魅了されるのか。

11月17日夕方、東京・日本橋の三重県のアンテナショップに、「かわいいー!」と
歓声が上がった。鈴木英敬知事から、まると飼い主の小野慎二郎さん(42)に
県の観光大使の委嘱状が手渡された。県の担当者は「県と直接関係はないが、
国内外に発信力のある『まる』に三重をPRしてもらおうと依頼した」。

会場にはファン約40人が集まり、まるがあくびしたり寝転んだりする度にシャッター音が
響いた。ファンの一人、吉井美樹さん(36)は「表情が豊かで人間っぽいところが魅力。
ブログもパパさん(小野さん)が書いていると分かっていても、本当にしゃべっている
みたいで癒やされる」

実は、柴犬は国の天然記念物で、日本古来の種だ。日本犬保存会や文化庁によると、
柴犬をはじめ日本犬は、明治時代に持ち込まれた西洋犬との交雑が進み急激に減少。
1928年には保存会が発足し、日本犬の「標準」を小型・中型・大型の3種に分けた。
その小型が柴犬で、36年に天然記念物に指定された。天然記念物といっても、
人間と暮らしてきた歴史をもつ犬は、飼うことが認められているという。

3: 名無しさん@1周年 2015/12/09(水) 08:58:19.80 ID:KSoaUgkQ0.net
今なぜか柴犬(しばいぬ)が大ブーム。 海外でも人気 
http://www.asahi.com/articles/ASHD443SRHD4UTIL00W.html 


続きを読む

1: 頭突き(東京都)@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 16:04:36.57 ID:RPk4AT6I0.net BE:241859604-2BP(1500)
杉本は公益財団法人動物環境・福祉協会Evaの理事長を務め、日本のペットショップがペットをただの商品として扱うことに、警鐘を発し続けている。

その中で、「鞄や靴、アクセサリーや洋服と同じように、ペットの命までがクリスマス商戦に利用」されていることを警戒した。
no title

no title

no title

http://www.pet-coo.com/images/salebanner/151121_tachikawa_B4_a.pdf

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00000036-dal-ent

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/01(火)17:30:45 ID:GLp
すごく冷ややかな目で見てくるンゴねぇ・・・
no title

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/06(日)00:19:34 ID:DGu
まあ見てってくれ
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/02(水) 10:03:54.55 ID:NhUSmQdz0.net
可愛くなったろ

柴犬

続きを読む

1: のっぺらー ★ 2015/12/05(土) 08:51:35.77 ID:CAP_USER.net
2004年の新潟県中越地震などで活躍した警視庁の警備犬「レスター号」(雄、ジャーマンシェパード)が4日、 都内の警視庁施設で老衰のため死んだ。
13歳だった。

中越地震では長岡市の土砂崩れ現場で当時2歳だった皆川優太君(14)の生存を突き止め、約92時間ぶりの救出につなげた。
その後も08年の中国・四川大地震などに出動。
国内外の災害現場での行方不明者の捜索などに尽力した。
警視庁は、レスター号の功績をたたえ、警備犬としては異例の告別式を後日行うという。

92時間にわたって土砂の中で震えていた幼い命を救い出し、日本中を感動に包んだ奇跡の生還劇から11年。
レスター号が天国に旅立った。

新潟県中越地震の本震発生から4日が経過した2004年10月27日。
前日から出動していた警備犬レスター号は、被災地の長岡市で警視庁のハイパーレスキュー隊の車両に同乗していた。
走行中に突然、車のフロントガラスに鼻をすりつけ、生存者の存在を知覚したことを隊員に知らせ始めた。

車両の前は土砂崩れで道路が完全に覆われていた。
車から降ろされ歩き始めたレスター号は、ある地点の土を前脚で掘り、うなり声を上げた。
隊員たちが「誰かいるか!」と呼び掛けると「うー、あー」という小さな声が聞こえた。

隊員たちは土砂に埋まったワゴン車の中から当時2歳の優太君を発見し救出。
72時間を経過すると絶望的とされる災害現場で、地震発生から92時間後の奇跡の生還だった。

優太君の祖母ミハルさん(77)は当時、現場でレスター号を見たといい「孫の命を救ってくれて本当に感謝しています。亡くなってしまったことを知り、つらい気持ちでいます」と声を落とした。
優太君は現在、中学2年生。
柔道部の練習に打ち込み、元気に過ごしているという。

レスター号は2003年8月、警視庁の訓練所に入所。
中越地震は災害現場への初出動だった。
その後も活躍を続け、08年5月には中国の四川大地震に国際緊急援助隊とともに出動。
同年7月には北海道洞爺湖サミットの警備にもあたった。
11年4月に高齢を理由に引退するまで、7年7か月の間に計408回にわたって出動した。

事件現場で犯人のにおいをかぎ取り追跡する刑事部の警察犬と異なり、警備犬は空気中に漂う臭気から爆発物を見つけたり、災害現場で生存者を捜索したりする。
人間の5000倍以上と言われる嗅覚と約10倍とされる聴覚を持つジャーマンシェパードの中でも、レスター号は浮遊臭を嗅ぎ分ける能力が極めて高く、性格も人懐っこいため、どんな現場でもエース級の活躍をした。
同種の平均寿命は10歳。
人間では90~100歳に相当する大往生だった。

数々の現場に一緒に出動した山川良博警部(63)は「優秀な警備犬で残念だが、ご苦労さまと言いたい」。
犯罪捜査に貢献した警察犬や警備犬は通常、年2回の慰霊祭で弔われるが、
警視庁はレスターの高い功績をたたえ、後日、異例の告別式を行うという。

写真:今年6月、ハンドラー(指導手)を長年務めた山川良博警部(右)との記念撮影に収まるレスター号
no title

写真:2004年の新潟県中越地震の災害現場で、捜索活動する警備犬「レスター号」
no title

以下ソース:スポーツ報知 2015年12月5日6時0分
http://www.hochi.co.jp/topics/20151205-OHT1T50001.html

続きを読む

1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です 2015/12/04(金) 12:43:59.49 ID:cvkMWKya●.net BE:367629687-PLT(13001) ポイント特典
no title

 来年11月に市制施行70周年を迎える守口市は、市のシンボルキャラクターの愛称を25日まで募集する。
結果は、来年4月に市の広報誌やホームページで発表する予定で、最優秀賞に賞金2万円を贈る。

 ご当地野菜の細長い守口大根を首に巻いた柴犬で、ポーチの中には大好物の守口漬が入っているという設定。
大阪市旭区のイラストレーター六倉実結さん(23)が手がけたデザインで、公募に応じた266作品の中から市の職員でつくる選考委員会や、市民らの投票を経て選ばれた。

 六倉さんは「なじみやすく、小さな子にも読みやすい名前を考えてください」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20151203-OYTNT50463.html

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/01(火)18:43:24 ID:vca
no title

no title

no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 10:29:43.41 ID:c9sNLLM6d.net
no title

かわE

続きを読む

ワイとイッヌの思い出を勝手に語っていく

353: わんにゃん@名無しさん 2013/01/14(月) 14:23:56.37 ID:jA5SupAE
807 :わんにゃん@名無しさん:2012/11/26(月) 00:51:46.66 ID:Jgyw0laV 
10日ほど前、たまに行くボダコ(ボーダーコリー)の大好きな大きな公園に行ったら、 
ベンチにポツンと座ってるお爺さんがいた。 
普段自分から知らない人に寄って行くヤツじゃないのに、 
何故かそのお爺さんの方に向かってスタスタ歩いて行き、足元でお座り; 
するとお爺さんが抱きしめる勢いでボダコをナデナデしてくれ、 
「それでもお前は飼い主が一番大好きやなぁ・・・。じーちゃんは知らん人やもんな」 
と、笑いながら話しかけてる。 
「こんにちは・・。」 
と、挨拶をするや 
「昨日が19年一緒に生きて来てた犬の49日でした。いつもこの公園に来たら 
このベンチに座っておやつを食べさせお喋りしてたんです。。同じ年寄り同士、 
一緒に逝こうな~って話してたのに、先に逝ってしまいましたわ。 
まぁ私が先だったら犬が可哀そう・・・これでよかったんやと思いますけど、 
辛いですなあ~。」 
と、笑ってはいたけど目には一杯涙。。 
かける言葉も見つからず、二人してボダコの頭や背中をなでながらジーンとした 
時間を過ごした・・・。 

何を感じて一直線にそのお爺さんの所に行ったのか、未だに分からないけど 
ボダコは人の悲しみや寂しさも察知できるんじゃないかと思った。。 

長文ゴメン

続きを読む

↑このページのトップヘ