いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:飼い主あるある

さっき犬の散歩してた時に

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 18:19:41.089 ID:KsjPX36Ia
すれ違ってもガン無視してしまった

どう対応すりゃ正解だったのか?俺は心が狭いのか?

続きを読む

まだ散歩したい!と主張するハスキー犬が可愛すぎる


youtube

続きを読む

イッヌの体臭www

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/05(水) 18:16:48.47 ID:k4q6Hquz0
たまらん

なんやあの香ばしいにおい

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/05(水)21:54:50 ID:GcI
no title

あんなクソ短い足でよく生きてられたな

続きを読む

お前らだってペットに赤ちゃん言葉で話しかけんだろ?

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 09:07:23.79 ID:k1S4uPJM0
ワイ「おいランディ散歩行くで」
ランディ「…」 ←クソだるそう


ババア「あらポチーこんにちわー^^」
ランディ「ワン!」

なんだこれ

続きを読む

\(^o^)/です [sage] 2017/06/06(火) 08:37:59.66 ID:WIuR3w6J00606●?2BP(1000)
かわいい愛犬を写真に撮ったら、思いもしなかった表情が撮れてしまった… なんてこと、よくありますよね(笑) 今回ご紹介する柴犬君も、予想外の写真が撮れました。それはまさに「奇跡の一枚」で…… 
ある柴犬が見せた奇跡の一枚

https://peco-japan.com/71266

\(^o^)/です  2017/06/06(火) 08:38:49.83 ID:VH3iCgzi00606.net
奇跡は言い過ぎだろ

\(^o^)/です  2017/06/06(火) 08:39:09.99 ID:24WFCd79K0606.net
アへ顔ダブルピース


続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/25(日) 05:20:26.80 ID:0jgZoclq0
no title

no title
 
気持ちええのかな

続きを読む

1: 野良ハムスター ★ 2017/06/19(月) 23:22:42.37 ID:CAP_USER9
犬は「フレンドリー」だけど、猫は「ツンデレ」。猫好きにはたまらないその魅力が変わるかもしれない。人工増殖と給餌が野生を奪い、「犬っぽい猫」が増えているのだ。2017年は猫が犬の飼育頭数を上回る可能性が出てきた。猫ブームの勢いが止まらない中、ペットの世界に何が起きているのか。AERA 2017年6月19日号では、ペットを大特集。「犬っぽい猫」が増えているのだという。ペットの世界に起きている異変を取材した。

*  *  *

都内のとあるマンションの一室。飼い主の女性(30代)が帰宅すると、

「アンアン」

と鳴いて出迎えたのは、犬ではなく猫のるりお(6)だ。生後間もなく河川敷で捨てられていたのを拾われてから、ずっと飼い主と一緒に室内で暮らしている。

お気に入りの場所は、パソコンの裏。作業中の飼い主をずっと見守る。

「るりちゃん」

と飼い主が声をかけると、すぐに寄ってくる。ひっくり返って、前脚で後頭部を指して、「ここを撫でろ」と催促。

飼い主が入浴中には脱衣所までついてきて見守っているので、自由に行き来できるようにドアは開けている。女性は確信する。

「るりちゃんの前世は犬です」

るりおは、呼べば近寄り、撫でられたがり、飼い主とのコミュニケーションが大好きだ。

飼い主に対してどこまでもフレンドリーな犬に対して、“ツンデレ”な猫。人との積極的なコミュニケーション行動は犬の特徴で、これまで猫ではあまり見られないとされていた。

ところが最近、るりおのような年中愛想のいい“犬っぽい”猫の姿がSNSなどを中心に多く見られるという。まさか、猫が「犬化」しているのか──。

(以下省略、つづきはウェブで!)
no title

https://dot.asahi.com/aera/2017061600042.html

続きを読む

俺「犬に人間の食い物やるな!」

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 20:10:26.75 0
犬にはドッグフードとどっちが美味いんだろう

続きを読む

no title

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/13(火) 15:18:00.590 ID:s4jIxdXZ0
げへへへへ

続きを読む

↑このページのトップヘ