いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:迷い犬

保護犬殺処分ゼロを掲げるNPO、不妊・去勢手術せず

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/05/22(月) 17:21:26.03 9
社会
犬“殺処分ゼロ”を掲げるNPO、保護犬に不妊・去勢手術せず 杉本彩も「動物愛護ではない」

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05220801/?all=1
■犬「殺処分ゼロ」でふるさと納税をかき集める「NPO」偽善の履歴書(下)

 広島県神石高原町に所在地を置くNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」が始めた「ピースワンコ・ジャパン」は、“県内の犬の殺処分ゼロ”を看板に掲げる団体である。
その活動は日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」などメディアでも取り上げられ、人気バンドSEKAI NO OWARIは支援ソングを発表。神石高原町へのふるさと納税の形でもPWは活動資金を得ている。

 ところが、今年3月に30を超える動物愛護や福祉関係の団体がピースワンコの代表者ら宛てに公開質問状を提出。
その内容は、「ゼロ」と謳っていながら52頭が殺処分されている点や、保護犬に不妊去勢手術を行わずに譲渡を行っている現状について質すものである。

 ***

「ピースワンコ」の保護犬

 質問状への回答によれば、ピースワンコの施設が収容する犬は1166頭で、不妊・去勢手術を施したのは27頭。
また、施設での犬たちの暮らしぶりについて「犬の頭数に対してスタッフが少なすぎる」とピースワンコでのインターンを経験した女性は指摘する。

 調布市のつつじヶ丘動物病院の菅井龍院長は、

「一般論ですが、不妊手術をしていない1000頭以上の犬に対し、数十人で繁殖制限をするのは非常に難しいと思います」

 と、こう続ける。

「動物病院と愛護団体は一概に比較できませんが、目安にはなると思う。私たちの病院では獣医師や看護師以下、常時10~12人で診療に当たっていますが、預かっている動物は多い時でも40匹を超えません。それでも日々の世話は大忙しです。1000頭もの施設をどんな体制で運営しているのか、興味深いですね」

 収容所の生き地獄が想像されるが、すでに別の問題も生じているそうで、横浜市のニュータウン動物愛護会の日向千絵代表が言う。

「ピースワンコには野犬だった犬が多く、すると脱走の危険があるのに、里親に譲渡するときも不妊・去勢手術をしません。ピースワンコは神奈川にも譲渡センターを設けましたが、私の耳に入っているだけでも東京と神奈川で計5匹、ピースワンコからの犬が脱走し、2匹は捜索願いが出されたまま。あそこの事業はどんどん施設を作り、広島の犬の置き場を全国に移しているだけだと思います」

 ちなみに、扱いきれない犬をピースワンコに戻すときには、15万円を添える必要があるのだそうだ。

■「世論をミスリードする」
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05220801/?all=1&page=2
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05220801/?all=1&page=3
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05220801/?all=1&page=4

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 09:39:29.382 ID:H6lZ2b/M0
no title

何を買うんですか?????

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/29(土) 07:06:42.98 ID:D5948Jtq0
永遠の謎やわ
no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/03/20(月) 16:09:18.03 ID:CAP_USER9
高層マンションや大型商業施設が並ぶ滋賀県草津市のJR草津駅近くの繁華街で、朝と夕に毎日散歩にやってくる大きな秋田犬が「かわいい」と人気を集めている。

映画にもなった有名な秋田犬「わさお」によく似ており、飼い主がドライブで連れて行く他県でも人気者だが、もともとは捨てられ、処分されかけていたという。

秋田犬は6歳4カ月のオスで、名前は「小町」。
2012年、岐阜市内の公園の木にひもでくくりつけられていたところを保健所が保護した。
殺処分されそうになったが、湖南市でトリミングサロンを経営し、犬の保護活動もしている渡辺いづみさん(40)が預かり、自身のホームページで里親を募集した。

13年に飼っていた秋田犬を亡くし、寂しく思っていた北川克己さん(42)=栗東市中沢2丁目=がページを見て、小町に会いに行った。「人なつっこくて気に入った」とすぐに引き取ることを決めたという。

小町は、克己さんや父親の清さん(73)と、自宅から草津駅前や商業施設「エイスクエア」(草津市西渋川1丁目)、栗東市目川周辺などを約1時間かけて散歩している。
コースは「小町の赴くまま」で、道行く人に声をかけられたり、なでられたりするという。

だが、子どもが苦手なようで、近づくとほえてしまう。
「『わさおだ』とよく言われるが、『自分は違う』といった感じで無視しますわ」と清さんは笑う。

地元以外でも克己さんが趣味のドライブで小町を連れて高野山(和歌山県)や伊勢神宮(三重県)に出掛けると、写真を撮られたり、人だかりができたりした。「たまにネットで小町の写真がアップされているのを見る」と克己さん。
「小町を見かけ、触れ合って、ペットや動物を愛する気持ちを育んでもらえたら」と話す。

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170320000027

散歩中にJR草津駅近くで休憩する秋田犬の「小町」と北川清さん。「わさお」に似ていると人気者になっている(滋賀県草津市大路1丁目)
no title

続きを読む

\(^o^)/です (フリッテル MM2b-kDlY) 2017/02/17(金) 13:01:20.31 ID:X3pxopY2M?2BP(1001)
 忠太郎(4)、 用水路転落の男性救い表彰を受ける

 
用水路に転落した岡山県玉野市内の男性(78)を発見し、助けたとして15日、医療アドバイザー橋本良美さん(52)=玉野市=ら4人と、犬の忠太郎(ちゅうたろう)=雑種、雄4歳=が市消防本部から表彰された。 
「忠ちゃんが見付けてくれて本当によかった。すごいね」。橋本さんは一緒に喜んだ。 

 橋本さんは県動物愛護センター(岡山市北区)との共同事業で、犬の保護に取り組むボランティア団体「あにまるセカンドライフin岡山」を運営。 
忠太郎を保護犬として世話している。 

 「ワンワンワンワン!」。昨年12月6日午後0時半ごろ、玉野市東高崎。橋本さんに連れられて散歩していた忠太郎が、激しくほえて走りだした。 
「普段はおとなしいのに。どうしたんだろう」。 
ぐいぐいと用水路まで引っ張られた。何かを吸い込むような音が聞こえた。のぞき込むと、水面に男性の口元が。呼吸の音だった。 

 橋本さんはすぐに用水路(深さ約70センチ)の中へ。 
男性を引き上げようとしたが、水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。 
「人が落ちてるの。死にそうなの」。 
大声に、近くの同じ会社に勤務する井上祐一さん(54)=同市、三宅将生さん(50)=同、岡武遼佑さん(23)=岡山市南区=が駆け付けた。4人で男性を引き上げた。 

 橋本さんは近くに住む親戚に119番を依頼。 
医療機関で働いた経験から、脈拍数などのバイタルサイン(生命兆候)、意識レベル、けがの有無などを確認。救急隊員が到着するまで気道確保を続けた。 
男性は市内の病院に搬送され、一命を取り留めた。 

 市消防本部が人命救助で犬を表彰したのは初めて。井上さん、三宅さん、岡武さんも表彰された。表彰式が消防本部であり、橋本さんと忠太郎が出席。 
澤満也消防長が感謝状と記念品を手渡し、早期発見と機転の利いた迅速な行動をたたえた。橋本さんは「男性が助かって何より」と話した。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010000-sanyo-l33
 続きを読む

本当にムカつく犬だったなぁ

2: キングコングニードロップ(東京都)@\(^o^)/ [HK] 2016/12/09(金) 19:19:36.52 ID:zYmQklQm0
30年前はたまにいたな


16: アンクルホールド(庭)@\(^o^)/ [SE] 2016/12/09(金) 19:25:24.92 ID:xeyj35d80
>>2 
学校に紛れ込んで大騒ぎになるイベントが 
2,3年に一度くらいあったっけな


197: ダイビングヘッドバット(やわらか銀行)@\(^o^)/ [KR] 2016/12/09(金) 21:50:06.28 ID:21RImgW70
>>16 
あったあった! 
昭和の子供あるあるだな

続きを読む

1: のっぺらー ★ 2016/10/24(月) 12:32:28.90 ID:CAP_USER
殺処分直前に、動物愛護のNPO法人アニマルライブ(伊万里市黒川町)に引き取られた雑種犬「博士(はかせ)」が、フリスビードッグ競技で活躍している。
9月に初心者クラスでデビューし、3戦で2勝を達成した。
関係者は「全国の保護犬の希望の星」と喜ぶ。

博士は2014年6月ごろ、青森県の動物管理センターに保護された。
一定期間が過ぎても飼い主が現れず、翌日に殺処分されるというときに、アニマルライブがボランティアから情報を伝え聞いて引き取った。
伊万里に来てからは市民向けの譲渡会に何度か出たが、雑種で成犬(推定5歳)だったため人気がなく、全く声がかからなかった。

捨てられた犬は人間を警戒し、手を焼くケースが少なくないが、博士は人懐こく、賢さも感じさせた。
木の枝を投げると喜んで取りに走り、「もっと投げて」とねだる姿がドッグトレーナーの目に留まり、フリスビードッグを目指すことになった。
アニマルライブのメンバーで、トレーナーの勉強をしている浦一智さん(51)=長崎県大村市=がパートナーを務めている。

博士は訓練を積んで9月の大会でデビューすると、うれしそうにフリスビーを追い、優勝した。
その後の2戦でも2位、優勝と、確実に成績を残している。

現在は、パートナーが投げたフリスビーを持ち帰るだけで得点が加算されるレトリーブの大会に参加している。
博士は空中でのキャッチもできるため、レトリーブで頂点を目指した後、さらに上のクラスに挑戦する予定だ。


動物愛護NPO、他県の犬受け入れも

佐賀県は「殺処分ゼロ」の方針で、動物管理センター(佐賀市)と犬猫譲渡センター(武雄市)を運営しているが、引き取り手がない犬や猫を中心に受け入れるNPO法人アニマルライブのような団体の活動が下支えをしている。
全国にネットワークがあり、「博士」のように他県の犬を引き受けるケースもある。

引き取った犬は、里親を募集したり、譲渡会に出したりして次の家庭を探すが、引き取り手を見つけることは難しく、かみ癖などで家庭犬にできない場合もある。
アニマルライブの岩崎ひろみ理事長は「もう満杯で、これ以上は増やせない状況」と話す。

近年は高齢の犬の引き取りが増えている。
病気で治療や手術が必要になるケースもあり、1カ月で医療費(計6頭)が約25万円に上ったときもある。
全国の協力者から援助を受けているが、運営は赤字が続く。

岩崎理事長は 「全ては人間の身勝手の犠牲。博士の活躍で、命を奪われる動物を減らす活動への理解が広がればうれしい」と支援を呼び掛けている。

写真:浦一智さんが投げるフリスビーを追いかけようと駆け出す「博士」
no title

写真:殺処分直前の境遇からフリスビードッグになった「博士」を支えるNPO法人アニマルライブの岩﨑ひろみ理事長(左)と浦一智さん
no title

以下ソース:佐賀新聞 2016年10月24日 10時07分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/369461

続きを読む

市街地で黒いクマの目撃情報

1: ニライカナイφ ★ 2016/09/09(金) 21:53:13.15 ID:CAP_USER9
◆市街地にクマ!? 捕まえてみたら... 兵庫・姫路市

兵庫・姫路市にある神社の近くで、体長1メートルほどの黒いクマの目撃情報があった。
近所に住む人は「クマの意識はしたことない」と話した。

すぐ近くに住宅地があるため、早速、警察官や県の職員らによるクマの捕獲作戦が始まった。
警察官たちが捜索を始めてから、およそ3時間。

黒い影が見つかった。
しかし、犬だった。

大きさや色から、クマに見えたのは、このラブラドルレトリバーだったと断定された。
このあと、飼い主のもとに無事帰ったという。

関西テレビ 2016/09/09 18:03
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00335778.html


続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/10(土)19:12:43 ID:X1N
めっちゃ喜んでて草
no title

続きを読む

崖に取り残された子犬を救出

1: 朝一から閉店までφ ★ がんばれ!くまモン!©2ch.net 2016/09/08(木) 01:08:43.82 ID:CAP_USER9
居場所を知らせるかのように鳴き続ける子犬。その場所は球磨川の川岸の崖。
6日朝、身動きが取れなくなっていた子犬を近所の人が見つけた。
発見されて約2時間がたった午前10時ごろ。船をこぎ出す一人の男性の姿が…。
川を渡り、子犬を助けに向かったのだ。
男性は近くの工事現場にいた園田利光さん67歳。
無事に子犬がいる岸にたどり着いたが、深い藪と急な斜面に行く手を阻まれ、なかなか近付くことができない。
そして、救出開始から約10分。悪戦苦闘しながらも無事に子犬の救出に成功した。
[ 9/7 23:50 熊本県民テレビ]

http://www.news24.jp/nnn/news8685817.html

続きを読む

↑このページのトップヘ