いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:賢い

ボクじゃないよ9

1: 風吹けば名無し 2019/02/09(土) 11:58:28.72 ID:TBwJ/Zzdd
ワイ「しゃーないヤツやな(ナデナデ)」


続きを読む

1: 替刃 ★ 2019/01/23(水) 11:50:48.11 ID:JxV+FNU69
秋田魁新報 2019年1月22日

秋田県大館市で今月、散歩中の秋田犬が路上で倒れている男性を見つけ、飼い主に知らせる「お手柄」があった。
男性は救急隊に救助され、命に別条はなかった。

男性を発見したのは、同市池内道下の島田智子さん(50)が飼育する赤毛の秋田犬「天」(雌、1歳)。
16日午前4時前、島田さんに連れられ他の秋田犬と一緒に散歩中、JR東大館駅の駐車場で激しくほえだした。

島田さんは近くの路上に赤いものを見つけたが、のぼり旗が倒れていると思ったという。
しかし、天が落ち着かない様子のため目を凝らすと、倒れていたのは男性で、時折うめき声を上げていたため110番。駆け付けた警察官に引き継いだ。
(全文 412 文字 / 残り 128 文字)

路上で倒れている人を発見した秋田犬の「天」(右)
no title

https://www.sakigake.jp/news/article/20190122AK0003/


続きを読む

犬の認知症、人間並みに発症

1: 名無し募集中。。。 2019/01/06(日) 16:53:10.10 0
どうなんだろ



続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/19(月)22:24:39 ID:Vnb
no title



続きを読む

1: ばーど ★ 2018/12/07(金) 19:15:00.34 ID:CAP_USER9
兵庫県警察本部の警察犬を選ぶ審査会が、三木市で行われ、ペットとしておなじみの小型犬も挑戦しました。

審査会はふだんは一般家庭などで飼育され、緊急時に出動する嘱託の警察犬を選ぶもので、証拠品のにおいをかぎ分ける力などが審査されました。

大型犬を中心に109頭が参加するなか、西宮市の民間の訓練所で飼育されているチワワの「コタロウ」も参加しました。

「コタロウ」は、5年連続で審査会に出ていて、7日は5つの布のにおいをかいで正解を選ぶ審査に臨みましたが、4回のうち最初の2回を連続して失敗したため失格となりました。

指導員の池鍋真里亜さんは「きょうは大きな犬に囲まれてびくびくしてしまい、実力が発揮できませんでした。どんな状況でも活躍できるよう訓練に励みます」と話していました。

警察によりますと、兵庫県警の嘱託警察犬の多くはシェパードやゴールデンレトリーバーなどの大型犬で、チワワが選ばれたことはこれまでにないということです。

2018年12月7日 18時25分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181207/k10011738901000.html
no title



続きを読む

no title

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/26(月) 22:50:08.848 ID:l9or1hwJ0
知能が低いからアウアウしか言えないだけで
お前らの脳みそを犬の頭に移植したら余裕



2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/26(月) 22:50:27.690 ID:V8aknv4w0
と思うわんわんであった


26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/26(月) 23:03:50.168 ID:udcLJ0TIM
優秀な犬と優秀な>>2がいると聞いて



3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/26(月) 22:50:48.545 ID:JHuKRrXK0
なんかわろた



5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/26(月) 22:50:53.519 ID:zbWwfM/v0
>>1-2 
かわいい



続きを読む

日本の大学が犬のリモコン操作に成功

1: ガーディス ★ 2018/11/13(火) 20:57:56.51 ID:CAP_USER9
日本の東北大学と麻布大学が、装備させた4本の懐中時計で犬の進み方を操る研究をしています。これはレーザー・ポインターの光を追う犬の習性を、一歩先へと進めたもの。ドッグ・オーナーの皆さんは、そんな遊びをしたことありますでしょうか?

https://youtu.be/XWumhS18dy4


人間の相棒として活躍してきた犬
身近な例だと猟犬でしょうか。これまで何十年もの間、人間にとって危険だったり窮屈な場所を探索するため、犬のように高度に訓練された動物がそうした状況下で使われてきた歴史があります。ですがどんなに従順であっても、動物の位置が遠かったり周りが騒々しいと、指示を出すのが難しいこともあります。

この研究はその現代版で、大した訓練は必要ありませんし、声が届かなくても問題ありません。

システムについて
これを使えば、才能のある犬の潜在的用途を拡大する可能性があるといいます。

犬の視覚が確かな限り、搭載カメラやドローンなどを使い、簡単かつ安全に、犬に着せたチョッキの懐中電灯から犬の進行方向を操作できるのです。

光は馬の前に垂らしたニンジンのように前方を照らすので、犬がチョッキをちゃんと来ている限り、地面を照らす光を捕まえることはできません。ほかに注意を逸らすものが現れない限りは、光に導かれて歩いていくのです。

将来性
この装備がもうちょっと洗練されたら、地図アプリと連動させて買い物させるとか、使い勝手はいっぱいありそうですね。次の研究は、猫の前にマタタビを垂らして操ったりするのでしょうか?

んー、でもマタタビだと興奮しちゃうか…。

Source: YouTube, 東北大学, IEEE Spectrum
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15587893/



続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2018/09/30(日) 06:10:05.72 ID:HDku94600
昨日晩飯あげるときに脱走に気づき家族捜索するも見つからず
しかし親父が先程確認すると自分の小屋ですやすやの模様



続きを読む

警察犬5分で不明者発見…スリッパのにおいから

1: しゅわっち'92 ★ 2018/10/19(金) 19:14:32.88 ID:CAP_USER
2018年10月19日 08時00分

行方不明になった高齢男性を見つけたとして、兵庫県警尼崎北署は18日、警察犬「ヴォルフィンク号」(シェパード、雄、6歳)に感謝状を贈った。

同署などによると、今月2日午後2時10分頃、尼崎市内の男性(80)がいなくなったと妻から通報があり、ヴォルフィンク号が神戸市須磨区の訓練所から出動。男性のスリッパのにおいをもとに自宅から捜索を始めた。

人通りが多い中、ヴォルフィンク号は近くの交差点を迷うことなく右折。自宅から100メートルほど離れた場所でにおいをかぐのをやめ、周囲を見渡すそぶりを見せた。指導員の松坂拓也巡査長(32)が近くにいた男性に声を掛けたところ、不明男性だったという。捜索開始から約5分の早業だった。

活発な性格で、訓練が大好きなヴォルフィンク号。不明者の発見は4人目という。松坂巡査長は「捜索後に感謝され、なでてもらうのを楽しみにしているみたい。これからも期待しています」とねぎらった。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181018-OYT1T50156.html



続きを読む

イヌの知能はハト程度

1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [EE] 2018/10/11(木) 22:05:05.26 ID:I04lkM1z0 BE:328765197-2BP(1669)
賢いと思われがちだが…イヌの知能はハト程度!?

人間社会において特別な地位を占めているイヌ。
特筆すべきはその知能…と言いたいところだが、実はイヌの知能は、ヤギ、ヒツジ、あるいはハトなどと比較しても、とりわけ高いわけではないらしい。
機関紙『Learning and Behavior』に掲載された論文に基づき、「テレグラフ」紙が報じた。

英エクセター大学の研究チームは、動物の知能に関する300以上の論文を調査。
イヌと他の飼育動物や、オオカミ、ライオン、ハイエナといった肉食動物などの能力を比較。
その結果、複数種の動物が、知覚能力においてイヌと同等かそれ以上の能力を有していることがわかったという。

同大学スティーヴン・リー教授は、「イヌの能力に関する研究では、イヌがいかに賢いかを証明しようとする傾向がある」とし、今回の比較により、イヌの能力を過大評価している例が複数見つかったと説明。

例えば、チンパンジーやイルカは、鏡に写った自身の姿を認識できるが、これはイヌには不可能。
また、人間が指す先を追うことは、イヌだけでなく、ヤギ、ブタ、イルカ、アザラシやアシカにも可能だという。
さらに、イヌと同じように、ブタはにおい、ネコは声で、人間を判別することができるが、ヒツジ、ハト、チンパンジーも、顔で見分けることができる。
イヌと同等、もしくはそれ以上のことを他の動物もこなすことができ、イヌが他の動物よりも特別賢いというわけではないと分析されている。

「いえいえ、ウチの子(イヌ)は別」と反論する、飼い主の声が聞こえてきそう!?

https://www.japanjournals.com/uk-today/11914-181010-2.html



続きを読む

↑このページのトップヘ