いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:脱走

保護犬殺処分ゼロを掲げるNPO、不妊・去勢手術せず

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/05/22(月) 17:21:26.03 9
社会
犬“殺処分ゼロ”を掲げるNPO、保護犬に不妊・去勢手術せず 杉本彩も「動物愛護ではない」

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05220801/?all=1
■犬「殺処分ゼロ」でふるさと納税をかき集める「NPO」偽善の履歴書(下)

 広島県神石高原町に所在地を置くNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」が始めた「ピースワンコ・ジャパン」は、“県内の犬の殺処分ゼロ”を看板に掲げる団体である。
その活動は日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」などメディアでも取り上げられ、人気バンドSEKAI NO OWARIは支援ソングを発表。神石高原町へのふるさと納税の形でもPWは活動資金を得ている。

 ところが、今年3月に30を超える動物愛護や福祉関係の団体がピースワンコの代表者ら宛てに公開質問状を提出。
その内容は、「ゼロ」と謳っていながら52頭が殺処分されている点や、保護犬に不妊去勢手術を行わずに譲渡を行っている現状について質すものである。

 ***

「ピースワンコ」の保護犬

 質問状への回答によれば、ピースワンコの施設が収容する犬は1166頭で、不妊・去勢手術を施したのは27頭。
また、施設での犬たちの暮らしぶりについて「犬の頭数に対してスタッフが少なすぎる」とピースワンコでのインターンを経験した女性は指摘する。

 調布市のつつじヶ丘動物病院の菅井龍院長は、

「一般論ですが、不妊手術をしていない1000頭以上の犬に対し、数十人で繁殖制限をするのは非常に難しいと思います」

 と、こう続ける。

「動物病院と愛護団体は一概に比較できませんが、目安にはなると思う。私たちの病院では獣医師や看護師以下、常時10~12人で診療に当たっていますが、預かっている動物は多い時でも40匹を超えません。それでも日々の世話は大忙しです。1000頭もの施設をどんな体制で運営しているのか、興味深いですね」

 収容所の生き地獄が想像されるが、すでに別の問題も生じているそうで、横浜市のニュータウン動物愛護会の日向千絵代表が言う。

「ピースワンコには野犬だった犬が多く、すると脱走の危険があるのに、里親に譲渡するときも不妊・去勢手術をしません。ピースワンコは神奈川にも譲渡センターを設けましたが、私の耳に入っているだけでも東京と神奈川で計5匹、ピースワンコからの犬が脱走し、2匹は捜索願いが出されたまま。あそこの事業はどんどん施設を作り、広島の犬の置き場を全国に移しているだけだと思います」

 ちなみに、扱いきれない犬をピースワンコに戻すときには、15万円を添える必要があるのだそうだ。

■「世論をミスリードする」
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05220801/?all=1&page=2
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05220801/?all=1&page=3
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05220801/?all=1&page=4

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 09:39:29.382 ID:H6lZ2b/M0
no title

何を買うんですか?????

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/29(土) 07:06:42.98 ID:D5948Jtq0
永遠の謎やわ
no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/10(水) 09:59:52.80 ID:IapKADnu0
 
※GIF画像
彡(゚)(゚)「イッヌは檻の中に入れてと。。。」

続きを読む

とある犬の話


1: アイアンフィンガーフロムヘル(dion軍)@\(^o^)/ [CN] 2017/02/06(月) 17:43:27.97 ID:42lQpIl/0 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
台湾、犬猫の殺処分廃止 アジアでインドに次ぐ2番目
2017年2月6日 16時50分 【台北共同】

台湾政府は6日、捨てられた犬や猫などを収容する各地の公立施設で行われてきた犬猫の殺処分を同日から全面的に廃止したと発表した。
台湾政府によると、アジアではインドに
次ぐ2番目の導入で、世界的にも例が少ない。

動物管理を担当する農業委員会(農業省)は「台湾の動物保護の取り組みで、重要な一里塚だ」と強調した。

台湾では2015年2月、世論の高まりから2年後の殺処分廃止を明記した動物保護法改正法が 成立。準備期間を経て実施に移された。

現在、台湾全土の施設に収容されている動物は約2万6千匹。
殺処分廃止により
収容しきれなくなる懸念もある
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017020601001737.html

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 12:55:44.10 ID:TyrGP2xN0
とりあえず吠える
 

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 12:56:32.51 ID:Wyx2kJA60
パワー系やんちゃ


6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 12:57:12.37 ID:FgaRN35qd
バカ 


7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/24(木) 12:57:14.94 ID:dqW3GKn30
かわいい
 
続きを読む

1: 紅あずま ★  2016/09/26(月) 19:04:49.10 ID:CAP_USER9
事故で二本脚の柴犬
命見捨てないで…NPOが本出版
毎日新聞:2016年9月26日 16時41分
http://mainichi.jp/articles/20160926/k00/00e/040/189000c


飼い主から2度見放され、事故で前後の左脚を失いながらも元気に生きる柴(しば)犬の姿を追った本が出版された。
タイトルは「二本あしのワンコ すみれちゃん、生きる」(セブン&アイ出版)。
現在預かっている群馬県高崎市のNPO法人は「すみれちゃんの姿を通じて、飼い主や動物を飼おうと思っている一人一人が犬や猫との向き合い方を考えてほしい」と訴えている。

すみれはメスで推定5~7歳。
昨年12月に高崎市内で迷い犬として保護された。
犬や猫の譲渡を支援するNPO法人「群馬わんにゃんネットワーク」(高崎市)を介して、今年3月に前橋市の住民に引き取られた。
しかし、4月9日に行方不明になり、その日に前橋市内の線路脇で、左脚2本を切断された状態で発見された。

飼い主は事故の2日後に見つかったものの「今後の飼育は難しい」と断念。
寝たきりになる恐れもあったが、わんにゃんネットでボランティアをしている星野ちづるさん(64)が「あきらめたくない」と、飯田有紀子理事長(54)に頼み、譲り受けた。

事故にあったのが土曜日で、保護した警察署が市や保健所の担当者と連絡が取れなかったこともあり、3日間、治療を受けられなかったが、内臓の損傷がなかったことが幸いし、手術から1週間後には二本脚で立つまでに回復した。

現在、星野さんの自宅で飼われ、朝夕の散歩では元気に芝生を走り回る。
右脚への負担を減らすため、時々、「車いす」を取りつけるが、関節炎などのリスクもある。
すみれの姿はフェイスブックページ「すみれちゃん応援団」を通じて拡散され、治療費やリハビリ費用は全国からの寄付でまかなわれている。

今回出版される本には、事故の経緯や、国内で年間10万頭超の犬や猫が殺処分されている現状も紹介している。
「脚を失った犬が頑張っている、というだけの本は出したくなかった」と飯田理事長。
ペットブームの裏で、捨てられて収容される多くの犬や猫たちがいる。
「どんなにお金や手間がかかっても絶対に見捨てない、そういった気持ちで動物を飼ってほしい。前を向いて生きるすみれちゃんを見て、少しでも多くの人がそう感じてほしい」。
NPOは本の売上金を犬や猫の医療費に充てる。
すみれの飼い主も募集している

11: 名無しさん@1周年 2016/09/26(月) 19:28:40.29 ID:zgaWkhUi0
これ、本当に生かしておくのが犬にとって幸せなのか? 
NPO法人が「感動ポルノ」作って自己満足、ってことはないか?

38: 名無しさん@1周年 2016/09/26(月) 20:15:07.55 ID:ZbjspT1U0
>>11 
犬に幸せとか不幸という概念があるかは知らんが 
俺には死にたがっているようには見えない 
no title

44: 名無しさん@1周年 2016/09/26(月) 20:25:50.02 ID:QDxIQsI+0
>>38 
いい顔してんな 
ウチにも2匹ばかり足ひん曲がってるのが居るが本人(犬)はあんまり気にして無いっぽいし 
このまま元気で健やかに居て貰いたいわ

続きを読む

1: secret name@シクトク 2016-08-29 14:34:15 ID:
スローになると、こんなにも癒やし成分が増加するんですね。知らなかった(´﹃`)

子コーギーたちが、ただただ駆けまわってるだけなのに…
彼らの出す、全力感のせいなんでしょうか…(´ω`)

https://youtu.be/Eb1tO_B74xE

http://peco-japan.com/63964

2: secret name@シクトク 2016-08-29 14:36:09 ID:
no title

続きを読む

市街地で黒いクマの目撃情報

1: ニライカナイφ ★ 2016/09/09(金) 21:53:13.15 ID:CAP_USER9
◆市街地にクマ!? 捕まえてみたら... 兵庫・姫路市

兵庫・姫路市にある神社の近くで、体長1メートルほどの黒いクマの目撃情報があった。
近所に住む人は「クマの意識はしたことない」と話した。

すぐ近くに住宅地があるため、早速、警察官や県の職員らによるクマの捕獲作戦が始まった。
警察官たちが捜索を始めてから、およそ3時間。

黒い影が見つかった。
しかし、犬だった。

大きさや色から、クマに見えたのは、このラブラドルレトリバーだったと断定された。
このあと、飼い主のもとに無事帰ったという。

関西テレビ 2016/09/09 18:03
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00335778.html


続きを読む

1: 神のみそ汁 ★ 2016/08/31(水) 15:19:07.33 ID:CAP_USER9
予想外の奇跡! レース中のコースに入ってしまったワンちゃんが危機一髪
ねとらぼ 8月31日 11時35分配信

公道で行われるモータースポーツ「ラリー」の競技中、そのコースに入ってしまったワンちゃんの危機一髪な瞬間を写した動画がYouTubeで公開されています。

動画
Zuasnabar le salva la vida a un perrito
http://youtu.be/pBnCCz1qOs4
これは予想外でした……

気づくとコース内に、レースをするかのように走るワンちゃんを発見。
すると間もなく、その後ろからスピードを出した車が……! 
「もうダメだ!」と思ったその瞬間、その車はぶつかる寸前でワンちゃんの上をまさかのジャンプ(!)。
そのまま車は走り去り、そこには何事もなかったかのように元気に走り続けるワンちゃんの姿がありました。
なんという奇跡!

あぶない!
no title

え?
no title

これは
no title

飛び越えたあああああ!
no title


走っていたワンちゃんと車が重なるタイミングが、偶然コース上の凸部分と一致して起きたこの奇跡のジャンプ。
ドライバーが知っていたのかはわかりませんが、猛スピード中に無理にハンドルをきって避けるより、結果的にはどちらにも被害がなく済んだと言えるでしょう。
どっちの度胸もすごい。

変わらずは競技を続ける車と
no title

走り続けるワンちゃん
no title

海外のスポーツニュースサイトによると、8月28日に南米ボリビアでのラリー中に起こった出来事で、さまざまなメディアやSNSで「幸運の犬」「信じられない映像」と話題になっています。

https://www.instagram.com/p/BJq9-VRhVR3/


no title

タイミングばっちり!

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00000033-it_nlab-life

その他画像
no title

no title

no title

no title

続きを読む

↑このページのトップヘ