いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:疑問

モデルは柴犬

1: 風吹けば名無し 2018/04/11(水) 10:36:17.88 ID:Kuwbxg3D0
どうなんや



続きを読む

no title

1: 名無し募集中。。。 2018/03/29(木) 14:41:08.68 0
ドッグフードって本当に犬の好みに合ってるのかな?



続きを読む

お前らが飼ってる犬って夜中は何してんの?

1: 風吹けば名無し 2018/03/15(木) 01:15:57.15 ID:7XVzU0kqr
犬飼いたい



続きを読む

1: きつねうどん ★ 2018/03/11(日) 17:53:46.10 ID:CAP_USER
犬は家族を順位付けしま・・・せん!

no title


引用元: まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

「犬は家族を順位付けする」という話、よく耳にしますよね。実はこれ「ウソ」なんです!これまで「群れで生きる動物には、序列や上下関係、順位がある」という考え方があり、犬もこれに当てはまるのだと考えられてきました。しかし最近では、犬には相手が自分より上か下かといった「順位付けの能力」はないと考えられるようになったのです。

しかし、お母さんの言う事は聞くけど、子供の言う事は聞かないなど、犬が相手によって態度を変えるなんてことはありませんか?実はこれには、順位付け以外の理由があるのです。

犬が相手によって違う態度を取る理由とは?

順位付けではなく、頼りになるかどうか等は認識している

犬は家族に対して、「この人といると安心できる」「この人は頼りにならない」などといった「頼りになるか否か」「安心できるか否か」といった認識はできると言われています。安心できる人や頼りになる人といた方が犬はリラックスできるので、自ずと態度も変わってくるのかもしれませんね。

損得を考えて態度を変えることも

いつもゴハンをくれる人の言うことは聞くなど、犬は相手が「自分にとってどのような損得があるか」を考えて行動していると言われています。たしかに一緒に住んでいるだけであまりお世話をしてくれない人よりも、いつもゴハンをくれる人やお散歩に連れて行ってくれる人の言う事を聞く方が、犬にとってはメリットがありますよね。

家族で犬を飼うなら同じ態度で接してみよう

犬は家族に対して、順位付けをしてないのだと分かりました。それでは家族で犬を飼う場合は、どのように接していけば良いのでしょうか。それは、家族全員が犬に対して同じ態度で接することです。そうすることで犬との信頼関係も個々で深まり、犬も家族全員に同じような態度を取ることができるようになります。

とはいえ、いつも家にいられる人と、仕事や学校などで家を留守にすることが多い人がいると思います。そんなときは、家にいるときは意識してたくさん遊んであげる、お散歩は誰か一人に任せっきりにしないなど、細かいルールを設けておくと良いでしょう。

犬に関する情報は最新のものを取り入れて

かつての日本では大黒柱のお父さんが頂点となり、家族内で順位をつけた上で犬を飼うのが一般的でした。しかし最近では犬は一緒に暮らすパートナーだと認識されるようになり、犬の飼い方もずいぶんと変化しました。

犬に関する情報の中には、かなり古いものや、最新の研究によって否定された学説なども含まれています。もし犬の情報について調べるときは、その情報源や掲載された年月日などを調べるようにしましょう。また、獣医師などの専門知識が高い人物が監修した情報かどうかも、重要なチェックポイントです。

出典/「いぬのきもち」18年3月号『犬の習性これってホント?それともウソ?』(監修:東京農業大学農学部バイオセラピー学科教授 獣医師 増田宏司先生)
   「いぬのきもち」18年3月号『愛犬を幸せにする三人の神様とダメにする一人の悪魔』(監修:東京大学付属動物医療センター行動診療科 獣医師 菊池亜都子先生/ラ・アンベリールオーナー兼JKC公認A級トリマー・愛犬飼育管理士・愛玩動物飼養管理士 櫻井陽道先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

https://dog.benesse.ne.jp/lovedog/content/?id=15807

続きを読む

1万頭いたらその中から自分のイッヌ特定できる?

1: 風吹けば名無し 2018/02/04(日) 04:00:22.16 ID:Ld1anqaR0
それができるのが愛情やなぁ


続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2018/01/11(木) 09:39:26.67 ID:9qiIsrZc0
なんや


続きを読む

no title

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/16(土) 13:08:06.720 ID:aW5ufaLh0
凄くね?



続きを読む

犬は猫の倍賢いことが判明

1: 風吹けば名無し 2017/12/05(火) 11:55:21.03 ID:rLAW8CpZ0
(CNN) 犬と猫はどちらが賢いのか――。
昔から続いてきたこの論争に対して、国際研究チームが確固たる結論を出した。
研究チームによれば、犬がもつ脳の神経細胞の数は、猫の2倍に上ることが判明。神経細胞は情報処理を担っていることから、数が多いほど情報処理能力は高いという。

この研究は、米国、ブラジル、デンマーク、南アフリカの6大学が実施し、神経解剖学の専門誌に発表した。
「犬の大脳皮質の神経細胞の数は、猫の約2倍だった」「これは、犬の方が猫よりも認知能力が高いことを示している」と研究者は解説している。


「犬は猫よりも賢い」、国際研究で結論 神経細胞数を計測
https://www.cnn.co.jp/fringe/35111432.html

続きを読む

no title

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/11(土) 10:31:29.768 ID:TUypVJll0
餌って単語はわかるらしい



続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2017/11/08(水) 06:26:30.85 ID:CAP_USER9
犬のうんちで方角が分かる? 犬は北南に体を向けて用を足す

no title

●犬がうんち前にくるくる回るしぐさ

犬を散歩させていて、うんちをする様子を見せた時、くるくると忙しなく回ってなかなかポジションが決められなさそうな姿を見せる......というのは、飼い主にとっては見慣れた光景かもしれない。あの姿が実は、方角を探している姿だった、とはご存知だっただろうか。

地磁気(地球により生じる磁場)と動物の生態について研究しているチェコ生命科学大学とドイツのデュースブルク・エッセン大学の研究者からなるチームによると、牛やノロジカ、アカジカ、アカギツネなど複数の哺乳類には、磁場を感じる能力が備わっている。犬も帰巣本能が高いことからして、磁場を感じ取る能力があるだろうと考え、研究チームは犬の行動と磁場の関係についても研究を始めた。

犬のさまざまな行動(休んでいるとき、餌を食べているとき、用を足しているとき)を観察していたのだが、犬が「用を足す時」が、時間や場所にかかわりなく多くのデータを取れそうであり、またもっとも周辺環境の影響を受けないと思われたため、サンプルとして適切だろうと研究者らは考えた。そこで、犬がうんちとおしっこをするときのデータを集めることにしたという。

2年間で集めたデータは、実に犬種37種70匹のうんち1893回分とおしっこ5582回分。ここから分かったのは、地磁気の動きが静かな時、犬は北南の軸に体を沿わせて用を足すということだった。研究の結果は、オンライン科学誌「フロンティアーズ・イン・ズーオロジー」で発表されている。

●オープンスペースでリードなしが条件

調査では、リードなどに繋がれていない犬が用を足す様子を観察した。場所は、牧草地や野原、森などのオープンスペースで、犬がそれに沿って用を足すことがないように、壁やフェンスなどがないようにした。また、自動車の往来や高圧電線、目立つ鉄筋の建築物もない場所で行なった。

すると、磁場の動きが静かな時ほど、犬は北南の軸に体を沿わせて用を足す傾向が強くなることが分かった。また、磁場の強さにかかわりなく、東西に体を向けて用を足すのは明らかに避けた様子だったという。

オスとメスとの違いについては、うんちの場合は違いが見られなかったが、おしっこの場合は、オスとメスで体を向ける方角に若干の違いがあったという。これは、オスは片足を上げるという性質からでどちらの足を上げるかによるのではないか、と仮説を立てているが、実際の理由については現在研究中とのことだ。

この調査で、犬が北南に体を向けるという事実ははっきりと分かったものの、論文によるとその理由は「いまだにナゾ」だ。犬が知覚的に磁場を感じ取り意図的にやっているのか、それとも「この向きの方がしっくりくる」などもっと無意識の部分で判断しているのかは不明らしい。

日本においては、犬を散歩させる時に壁や道路、目立った建築物がない場所、となるとなかなか難しいので、北南に向いているかを確認する楽しさを味わうのは難しいかもしれない。しかし万が一、愛犬と一緒に森で迷った時は、方角を知る手がかりとなるかもしれない......?
松丸さとみ2017年11月7日(火)17時00分 
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/post-8849.php 

続きを読む

↑このページのトップヘ