いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:映画

登山隊に付いてきた野良犬さん、バルンツェ登頂に成功

1: ◆ZATZYO/mSYbR 雑用縞工作 ★ 2019/03/09(土) 01:53:57.96 ID:PAB0wFlk9
ヒマラヤ登山隊の後にくっついて歩いていたネパールの雑種犬が、そのまま7129メートルを登り切り、山頂を制覇してしまった。

米国シアトル市在住のDon Wargowskyさんは、ネパール・カトマンドゥを本拠地とする登山ツアーの企画・コーディネート会社「Summit Climb」を運営している。

登山隊のリーダーとしてあちこちの山に登っているWargowskyさんは、ヒマラヤの山の一つメラピーク(標高6,654メートル)からの帰り道で、一匹の野良犬と仲良くなった。

Wargowskyさんや登山隊のメンバーが「メラ」と呼ぶその犬は、チベタン・マスティフとヒマラヤン・シープドッグの混血らしいメスの雑種犬。決して特別な犬ではない。

それから3週間、メラはWargowskyさんの登山隊の後をついて回った。カトマンドゥのキャンプに滞在している時だけでなく、2018年の11月9日にはバルンツェの登山にもメラはついて来て、登山隊とともに山頂を制覇してしまったという。

バルンツェは、ヒマラヤ屈指の大氷河バルン氷河の奥にそびえる山で、標高は7,120メートル。エベレスト山ほどの高さはないが、登山の対象として人気がある。

(以下の全文はソースをご参照ください)

IRORIO 2019/03/08 pm9:00 text by Sohokles
https://irorio.jp/sophokles/20190308/518406/

登山隊に付いてきた野良犬さん、バルンツェ登頂に成功3

登山隊に付いてきた野良犬さん、バルンツェ登頂に成功2

続きを読む


1: secret name 2016-02-08 11:21:07 ID:
【世界の映画祭で59の賞を獲得】
ドイツにあるアニメーション学校「Visual Effects and Digital Postproduction at the Filmakademie Baden - Wuerttemberg」のJacob Freyさん率いるチームによって制作された同作は、世界180カ国の映画祭に出品され、59もの賞を獲得している注目作です。

作品最大の見どころは、この、少年が立ちあがった瞬間です。
このとき “すべてがわかる” ので、どうか最後までご覧になってみて。

https://www.youtube.com/watch?v=WjqiU5FgsYc




続きを読む

1: Ttongsulian ★ 2018/12/16(日) 09:20:15.38 ID:CAP_USER
no title
船の上で愛犬のジョンと話す徳永悦男さん

no title
昇った朝日と漁船

no title
海を見つめるジョン

no title
生後3カ月のジョン

no title
釣れたキンメダイを船倉に投げ込む徳永悦男さんと愛犬のジョン

no title
釣り上げたばかりのキンメダイで作った刺し身とあぶりの料理

no title
キンメダイを水揚げする徳永悦男さんとジョン

no title
徳永悦男さんと愛犬ジョン

no title
漁船に乗り、太平洋上で波に揺られるジョン

no title
海中から次々と釣り上げられるキンメダイ

no title
水揚げされたキンメダイ

老漁師は再び漆黒の太平洋に出た。11月に入るまで長らく不漁続きだった。船上の相棒はジョン。オスの13歳の老犬だ。漁場に向かう間、じゃれつき、海鳥にほえ、かまびすしい。水平線が白々としてきたそのとき、ジョンの鳴き声がやんだ。

高知県奈半利(なはり)町の徳永悦男さん(78)は漁師歴55年。中学卒業後、カツオの一本釣り漁をへて、いまは黒潮が流れる室戸岬沖で高級魚のキンメダイを狙う。

2005年、生後まもないジョンをもらい受けた。犬や猫が苦手の妻の通子さん(74)から「あなたが世話してね」と任され、船に乗せてみた。当初は激しく吐いたジョンも船に慣れた。同船するようになってから13年が過ぎた。

出港から帰港までの12時間は、ふたりだけで過ごす。「今日はよう釣れたな」「そろそろもどろうか」。徳永さんは甲板でうたた寝するジョンに話しかける。激しく叱ると、ジョンは徳永さんの長靴をかむ。

「退屈な海の上ではジョンが話し相手さ。女房よりも過ごす時間が長いんだ」

中略

最初の漁場は空振りだった。「次がダメなら今日の漁は終わりだ」とかじを切った。突然、探知機の画面にキンメダイの魚群を示す赤い帯が現れた。

徳永さんはジョンに目をやった。道中、騒がしい愛犬が鳴りを潜めている。

「ジョンがほえていない。イルカはおらん。いけるぞ」

急いでテグスを海に入れる。テグスがつながるワイヤがビーンビーンと重く指に響く。

中略

漁を終えて帰宅したふたりを妻の通子さんがねぎらった。とれたてのキンメダイを刺し身にし、しょうゆやみりんなどで作った特製のタレにつけ、あぶる。歯ごたえがあり、タレが混ざった白身は甘くコクがある。ジョンには好物のパンの耳だ。

ジョンは人間の年齢にすると80歳近い。体力に衰えがみえる。だが徳永さんは、ジョンが乗船できるうちは一緒にキンメダイを追い続けるつもりだ。

「孫のように可愛い。大事な相棒なんだ」

>>イカソース

2018年12月15日18時41分
https://www.asahi.com/articles/ASLD36G3QLD3PLPB00Q.html



続きを読む

犬だけの世界を作ろうとしているい組織

犬だけの世界を作ろうとしているい組織2

犬だけの世界を作ろうとしているい組織3

 続きを読む

軍用犬「俺の戦争じゃなかった、人間にやれって言われたんだ

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [GB] 2018/03/07(水) 18:39:33.37 ID:CRRB3Oki0 BE:754019341-PLT(12345)
米陸軍、戦場で活躍して帰国した軍用犬への不当な扱い認める
https://jp.reuters.com/article/army-idJPKCN1GJ0IJ

米陸軍は5日、戦場で爆弾探知などで活躍した軍用犬に対し、帰国後に不適切な扱いがあったことを認め、国防総省監察官の改善勧告に従うと表明した。

2日に公表された報告は、アフガニスタンで部隊に従軍して路上爆弾探知の任務に当たっていた複数の作業犬が、帰国後に不適切な扱いを受けたと指摘。
一部の犬は、新たな飼い主に引き取られるか、軍または政府機関で再活用されるまでの期限を超え、最長11カ月間犬舎に置かれたという。
報告は、この犬たちは放置され、一部は殺害されたとしている。

さらに、軍の規定に反して新たな飼い主の適性検査が行われず、かみつきの過去がある犬が子供のいる家族に引き取られたり、飼育能力や経済力のない飼い主に渡ったりしたほか、犬と共に任務に当たった兵士が引き取りを希望しても、その権利があると知らされなかった例もあるという。

捜査は、犬たちを扱った兵士らがその後の運命について苦情を申し立てたことから始まった。

軍は今後、犬の引退前にその先の計画を立てておくことや、引き取り希望者の適性検査、全作業犬の追跡と記録の改善に取り組むとしている。

続きを読む

犬になるまでの30日間を記録する

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/21(日) 02:43:16.448 ID:SfX/hFOEp
1日目特に変化なし
医者から動物化病にかかったと診断される


続きを読む

\(^o^)/です [age] 2017/10/27(金) 16:15:08.37 ID:Fq+NKUpGx.net BE:319726179-2BP(1000)

http://www.afpbb.com/articles/-/3148305
ジェニファー・アペル(Jennifer Appel)さんとターシャ・フィアバ(Tasha Fuiaba)さんは、愛犬2匹と共にこの春、故郷の米ハワイ(Hawaii)から3200キロ以上離れた仏領ポリネシアのタヒチ(Tahiti)島を目指してヨットで出港した。

5月30日にヨットのエンジンが故障したが、2人は当初、風力で進めばどこかに上陸できるだろうと考えていたという。

米海軍第7艦隊(7th Fleet)の声明によると、航海が2か月目に突入し、タヒチ到着予定日を大きく過ぎてから、ようやく2人は遭難信号を発信。
それから毎日、信号を発信したが、漂流海域付近に受信設備を持つ船舶や陸上施設がない状況が続いた。

そして今月24日になって、日本の南東約1450キロの海上でとうとう台湾漁船がヨットを発見。
漁船の乗組員が米領グアム(Guam)の米当局に通報し、近海にいた米海軍のドック型揚陸艦アシュランド(USS Ashland)が翌日、2人と2匹を救出した。

アペルさん、フィアバさん、救命胴衣を装着させられた犬2匹は、いずれも健康や栄養状態に問題はなさそうだという。
アペルさんは、ヨットに海水を真水に変える浄水装置と、1年分を超えるオートミールやパスタ、乾燥米などの乾燥食品を積んでいたおかげで生き延びられたと語っている。(c)AFP

太平洋で漂流5か月、米国人女性2人と愛犬2匹を救助2

太平洋で漂流5か月、米国人女性2人と愛犬2匹を救助

続きを読む

ポメラニアン

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[age] 2017/04/16(日) 18:54:41.268 ID:uneAGPk90.net
ポメラニアンの惑星

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:55:00.229 ID:32s76K5X0.net
戦場のポメラニアン

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:55:10.916 ID:Q5s03IIU0.net
ポメラニアンと野獣

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:55:26.268 ID:XAiROM8Rd.net
エイリアンvsポメラニアン

続きを読む

1: そまのほ ★ 2017/03/21(火) 09:00:32.49 ID:CAP_USER9
香川・警察犬:あの「きな子」が死んだ 14歳、老衰で

警察犬試験に6年連続で落ちながらも、そのひたむきな姿が広く愛された香川県警の元嘱託警察犬「きな子」が20日、死んだ。
14歳だった。丸亀警察犬訓練所(同県丸亀市)によると、老衰とみられる。

きな子は2002年5月生まれの雌のラブラドルレトリバー。
きな粉のような色の毛から命名された。
警察犬になるため、04年から試験を受けたが落ち続け、ドジぶりがかわいいと人気を呼んだ。
テレビや映画、書籍などで評判となり、08年2月からは県警の「特別教育隊員」にも任命された。

10年11月にあった7度目の挑戦で見事に合格。
警察犬として活躍し、13年春に引退した。
娘の「こむぎ」も5度目の挑戦で警察犬試験に合格している。

きな子が育った同訓練所の訓練士、亀山篤志さん(30)は
「一緒にいる時間が長かったので、本当に残念。おとなしい犬だった。最後は眠るように息を引き取った」と話した。

http://mainichi.jp/articles/20170321/k00/00m/040/070000c
試験に挑戦するきな子
no title

【写真特集】数々のシーンできな子を振り返る
http://mainichi.jp/graphs/20170320/hpj/00m/040/005000g/7

続きを読む

1: のっぺらー ★ 2016/10/24(月) 12:32:28.90 ID:CAP_USER
殺処分直前に、動物愛護のNPO法人アニマルライブ(伊万里市黒川町)に引き取られた雑種犬「博士(はかせ)」が、フリスビードッグ競技で活躍している。
9月に初心者クラスでデビューし、3戦で2勝を達成した。
関係者は「全国の保護犬の希望の星」と喜ぶ。

博士は2014年6月ごろ、青森県の動物管理センターに保護された。
一定期間が過ぎても飼い主が現れず、翌日に殺処分されるというときに、アニマルライブがボランティアから情報を伝え聞いて引き取った。
伊万里に来てからは市民向けの譲渡会に何度か出たが、雑種で成犬(推定5歳)だったため人気がなく、全く声がかからなかった。

捨てられた犬は人間を警戒し、手を焼くケースが少なくないが、博士は人懐こく、賢さも感じさせた。
木の枝を投げると喜んで取りに走り、「もっと投げて」とねだる姿がドッグトレーナーの目に留まり、フリスビードッグを目指すことになった。
アニマルライブのメンバーで、トレーナーの勉強をしている浦一智さん(51)=長崎県大村市=がパートナーを務めている。

博士は訓練を積んで9月の大会でデビューすると、うれしそうにフリスビーを追い、優勝した。
その後の2戦でも2位、優勝と、確実に成績を残している。

現在は、パートナーが投げたフリスビーを持ち帰るだけで得点が加算されるレトリーブの大会に参加している。
博士は空中でのキャッチもできるため、レトリーブで頂点を目指した後、さらに上のクラスに挑戦する予定だ。


動物愛護NPO、他県の犬受け入れも

佐賀県は「殺処分ゼロ」の方針で、動物管理センター(佐賀市)と犬猫譲渡センター(武雄市)を運営しているが、引き取り手がない犬や猫を中心に受け入れるNPO法人アニマルライブのような団体の活動が下支えをしている。
全国にネットワークがあり、「博士」のように他県の犬を引き受けるケースもある。

引き取った犬は、里親を募集したり、譲渡会に出したりして次の家庭を探すが、引き取り手を見つけることは難しく、かみ癖などで家庭犬にできない場合もある。
アニマルライブの岩崎ひろみ理事長は「もう満杯で、これ以上は増やせない状況」と話す。

近年は高齢の犬の引き取りが増えている。
病気で治療や手術が必要になるケースもあり、1カ月で医療費(計6頭)が約25万円に上ったときもある。
全国の協力者から援助を受けているが、運営は赤字が続く。

岩崎理事長は 「全ては人間の身勝手の犠牲。博士の活躍で、命を奪われる動物を減らす活動への理解が広がればうれしい」と支援を呼び掛けている。

写真:浦一智さんが投げるフリスビーを追いかけようと駆け出す「博士」
no title

写真:殺処分直前の境遇からフリスビードッグになった「博士」を支えるNPO法人アニマルライブの岩﨑ひろみ理事長(左)と浦一智さん
no title

以下ソース:佐賀新聞 2016年10月24日 10時07分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/369461

続きを読む

↑このページのトップヘ