いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:映画

1: のっぺらー ★ 2016/10/24(月) 12:32:28.90 ID:CAP_USER
殺処分直前に、動物愛護のNPO法人アニマルライブ(伊万里市黒川町)に引き取られた雑種犬「博士(はかせ)」が、フリスビードッグ競技で活躍している。
9月に初心者クラスでデビューし、3戦で2勝を達成した。
関係者は「全国の保護犬の希望の星」と喜ぶ。

博士は2014年6月ごろ、青森県の動物管理センターに保護された。
一定期間が過ぎても飼い主が現れず、翌日に殺処分されるというときに、アニマルライブがボランティアから情報を伝え聞いて引き取った。
伊万里に来てからは市民向けの譲渡会に何度か出たが、雑種で成犬(推定5歳)だったため人気がなく、全く声がかからなかった。

捨てられた犬は人間を警戒し、手を焼くケースが少なくないが、博士は人懐こく、賢さも感じさせた。
木の枝を投げると喜んで取りに走り、「もっと投げて」とねだる姿がドッグトレーナーの目に留まり、フリスビードッグを目指すことになった。
アニマルライブのメンバーで、トレーナーの勉強をしている浦一智さん(51)=長崎県大村市=がパートナーを務めている。

博士は訓練を積んで9月の大会でデビューすると、うれしそうにフリスビーを追い、優勝した。
その後の2戦でも2位、優勝と、確実に成績を残している。

現在は、パートナーが投げたフリスビーを持ち帰るだけで得点が加算されるレトリーブの大会に参加している。
博士は空中でのキャッチもできるため、レトリーブで頂点を目指した後、さらに上のクラスに挑戦する予定だ。


動物愛護NPO、他県の犬受け入れも

佐賀県は「殺処分ゼロ」の方針で、動物管理センター(佐賀市)と犬猫譲渡センター(武雄市)を運営しているが、引き取り手がない犬や猫を中心に受け入れるNPO法人アニマルライブのような団体の活動が下支えをしている。
全国にネットワークがあり、「博士」のように他県の犬を引き受けるケースもある。

引き取った犬は、里親を募集したり、譲渡会に出したりして次の家庭を探すが、引き取り手を見つけることは難しく、かみ癖などで家庭犬にできない場合もある。
アニマルライブの岩崎ひろみ理事長は「もう満杯で、これ以上は増やせない状況」と話す。

近年は高齢の犬の引き取りが増えている。
病気で治療や手術が必要になるケースもあり、1カ月で医療費(計6頭)が約25万円に上ったときもある。
全国の協力者から援助を受けているが、運営は赤字が続く。

岩崎理事長は 「全ては人間の身勝手の犠牲。博士の活躍で、命を奪われる動物を減らす活動への理解が広がればうれしい」と支援を呼び掛けている。

写真:浦一智さんが投げるフリスビーを追いかけようと駆け出す「博士」
no title

写真:殺処分直前の境遇からフリスビードッグになった「博士」を支えるNPO法人アニマルライブの岩﨑ひろみ理事長(左)と浦一智さん
no title

以下ソース:佐賀新聞 2016年10月24日 10時07分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/369461

続きを読む


母親から送られてきたイッヌの写真が狂気に満ちている件


母親から送られてきたイッヌの写真が狂気に満ちている件
 続きを読む

中越地震で子犬を守りながら飼い主を待った、「マリ」天国へ

1: 紅あずま ★ 2016/06/13(月) 11:18:00.46 ID:CAP_USER9
中越地震で子犬守り飼い主待つ、「マリ」天国へ
読売新聞:2016年06月13日 10時13分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160612-OYT1T50030.html?from=ytop_ylist

 2004年に中越地震に襲われた新潟県山古志村(現長岡市)で、産んだばかりの子犬3匹を守り抜いて絵本や映画のモデルになった雑種犬の「マリ」が、10日に15歳で死んだ。

 地震は、同年10月23日にマリが3匹を出産した後に発生。
飼い主の長岡市職員五十嵐豊さん(51)方では、病気で足腰が弱っていた亡父の高繁さんが2階で倒れてきたタンスの下敷きになったが、マリは体を傷つけながらも何度も2階に上がって高繁さんの顔をなめ、高繁さんは励まされて屋外へ逃げることができた。
全村避難の後、マリは五十嵐さんが一時帰宅するまでの16日間、子犬たちを守り続けた。
このエピソードは地域の住民を励まし、絵本や映画になった。

 五十嵐さんによると、マリは冬頃から体調を崩した。
10日朝はエサを元気に食べたものの、夕方、妻が「くうくう」という声に異変を感じ、妻や子どもが見守る中で静かに死んだという。
五十嵐さんは「命の恩人でもあり、少しさみしい。一番好きだったおやじのところに行って、仲良くしてほしい」としんみりと話した。


続きを読む

1: 愛のVIP戦士 2016/05/22(日) 18:19:22.026 ID:35nlbWcQ0
ソース
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2661333/Deployed-soldier-desperately-trying-beloved-dog-Baxter-girlfriend-SOLD-Craigslist-new-owners-wont-return-him.html
no title

no title

no title

米軍兵士のロバート・ガバートは、子犬の頃からかわいがっていた柴犬のバクスターをガールフレンドに預けて、アフガニスタンに赴任した。
ところが、ガバートの不在中にこのガールフレンドは、なんとバクスターを売り飛ばしてしまったのだ。

続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★ 投稿日:2016/05/10(火) 04:40:50.11 ID:CAP
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館の新収蔵資料展

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(東京都渋谷区東4)で開かれている新収蔵資料展で、ハーネス(胴輪)の金属製プレートに刻印された
「ハチ号」の文字がはっきり読める忠犬「ハチ公」の写真が初公開されている。6月5日まで。

国立科学博物館(台東区)所蔵のハチ公の剥製が着けている胴輪と同じで、郷土博物館の松井圭太学芸員は「胴輪が本物だと証明できる貴重な写真だ」と評価する。
ハチ公は飼い主の上野英三郎・東大農学部教授の死後、出入りしていた植木職人の小林菊三郎さんに引き取られた。
写真に写ったプレートには「ハチ号」の名前の左に「代々木富ケ谷 小林」と小林さんの住所と名も記載されていた。

同館収蔵庫の資料を昨年整理していて、メモ付きの白黒写真が見つかった。
メモによると、ハチ公が死ぬ前年の1934年ごろに渋谷駅東側の料理店「松もと」の前で撮影された。店関係者が91年に区に寄贈した。

上野教授と小林さん宅があり、教授を待ち続けた改札もあった駅西側でなく、なぜ東側でハチ公が死んでいたかは謎とされてきたが、
料理店で餌をもらうなどして東側にも足を延ばしていたことが今回の写真で確認された。

また、新収蔵資料展には昨年閉館した「渋谷公会堂」の資料も展示されている。
64年東京五輪で重量挙げ会場となり、三宅義信選手が大会の日本人金メダル第1号となったことを記念したプレート、
観客席の一部、テレビ番組の収録予定などを書いた日程表など貴重なものばかりだ。

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/mainichi-0510m040074/1.htm
2016年5月9日(月)21時59分配信

no title

初公開されたハチ公の写真=白根記念渋谷区郷土博物館・文学館提供

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/21(木) 16:47:28.907 ID:6j3fk12V0.net
no title

なんやこれ

続きを読む

1: 中年'sリフト(中部地方)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 15:12:32.03 ID:gwMr4ugL0.net BE:792899348-PLT(13700) ポイント特典
愛犬が幽霊になって戻り、 飼い主を救う衝撃映像! 「濡れた犬のニオイもして…」=英

 多くの人々にとって、いまやペットはかけがえのない家族の一員だ。
“飼う”というよりも“ともに暮らす”なかで心が通じ合い、そこに種を超えた愛が育まれる。
しかし、どんな生物も「死」から逃れることはできない。
注いできた愛情が深ければ深いほど、ペットを失った時の悲しみも大きくなり、時に「ペットロス症候群」などで日常生活に支障をきたしてしまうのだ。
この記事を読んでいるあなたも、まさにペットを失った悲しみに打ちひしがれている状況かもしれない。

 ところがいま、「死んだペットが幽霊となり、飼い主を助けるために戻ってきた」というニュースと映像が報じられ、世界のペット愛好家を驚愕させているようだ。
早速、幽霊事件の詳細についてお伝えしよう。

■死んだはずのペットが戻ってきた!?

 頻繁に起こるポルターガイスト現象に悩まされながらも、どう対処したらよいか見当もつかない――そんなある日の事だった。キッチンで娘2人の写真を撮影していたバリーさんの目に、突然、不思議なオーブ(火の玉)が飛び込んできた。
それと同時に、どこからともなく「濡れた犬のニオイ」までもが漂ってきたのだという。

「すぐにレンズを(オーブとニオイの方向に)向けました。そして写っていたのが、家のなかを走り回る“犬の影”だったのです」(バリーさん)

no title

no title

no title

no title

元動画
http://youtu.be/VbjNBu-dvLM


↓左から来る影が犬に見える?
http://youtu.be/VbjNBu-dvLM?t=8


長いのでいかそで
http://tocana.jp/2016/04/post_9507_entry.html

続きを読む

1: ミラノ作 どどんスズスロウン(四国地方)@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 13:10:50.42 ID:m5vtD8Nl0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典
5週間ほど前に釣り船から太平洋に落ちたジャーマンシェパード、ルナ(Luna)ちゃん、が無事救出されました。
no title

1歳になるルナ(Luna)ちゃんは、カリフォルニアにある島の海軍ベースで発見されました。
彼女は、サンクレメンテ島の海岸から2マイル離れたところで飼い主のボートから落ちたとされています。
彼女はすっかり死亡したものとされていましたが、自力で泳いでいたところを軍の関係者が発見し、彼女を保護しました。
http://www.illpost.top/56833250.html

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/20(土) 10:22:03.533 ID:s6LBrOOD0.net
こわい
no title

続きを読む

自分を犬だと思っている?芸達者なブタがいた

1: 丸井みどりの山手線 ★ 2016/02/07(日) 01:24:46.38 ID:CAP_USER*.net
2月5日(金)9時58分配信
 沖縄県名護市屋我地島の運天原に、後ろ脚で顔をかくミニブタがいる。短い脚は残念ながら顔まで届かないことが多いが、一緒に育った犬のまねをしているようで、専門家も「珍しい」と驚いている。「会話ができる」犬もいて、芸達者な動物が集まっている。
 ミニブタは雌の「ぶー子」で1歳くらい。飼い主の島袋久美子さん(72)が「(餌はもう)ないよ」と言うと、背中を向けてとぼとぼと歩き、「かゆいかゆい」とばかりに顔をかくしぐさをする。
 できることは他にもいろいろ。「待て」で伏せる。島袋さんが10まで数えるのを相づちを打ちながら聞き、終わってから餌を食べる。ビールが大好物で、缶を開ける音がすると飛んでくる。島袋さんは「もっと小さいころは後ろ脚だけで5歩くらい歩くことができた」と証言する。
 ミニブタを飼育しているネオパークオキナワの土井晃飼育係長は「豚はかなり賢い動物で、犬ができる芸は全部できるとされている」と話す。顔をかくしぐさは見たことがないといい、「だって届かないから意味がないですよね。自分を犬だと思っているのかもしれない」と笑う。
 一緒に飼われている犬は雌の「くろ」。島袋さんが「おはよー」と声を掛けると似た音程で声を出す。「昔々、あるところに、おじいさんと、おばあさんが、いました」という長文も、区切りながら言うとついてくる。島袋さんは「昔は『津軽海峡冬景色』も歌いよったけどね。『あーああー』と裏声を出して」。
 島袋家には他にも猫が7匹ほど、ポニーが1頭、ウサギが1匹。猫はミニブタと添い寝もする。いろんな動物が入り乱れて、にぎやかだ。

自分を犬だと思っている?芸達者なブタがいた2
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160205-00000012-okinawat-oki

続きを読む

↑このページのトップヘ