いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:旅行

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [UA] 2018/06/09(土) 11:04:40.87 ID:R7szl+Vo0● BE:887141976-PLT(16001)
長崎県島原市にある民家に変わった家があり話題になっている。その家の塀はコンクリートで出来ており3つの四角い穴があいている。

近くを人が通ったりすると番犬である柴犬がその四角い穴から顔を出すというなんとも微笑ましい光景。
そうやって顔を出して警備をする様子は海外でも話題になり海外メディアも取り上げ、また34歳の台湾人男性がこれを発見し動画にして投稿。

穴の上には「おなかをこわすので食べ物をあげないでくださいね」と書かれている。

犬の名前は小太郎、豆太郎、福太郎と言う。

塀の外から物音が聞こえるとすかさず顔を出し様子を見に来るという。実際に動画を投稿した男性が「福ちゃん」と呼ぶと福太郎が顔をヒョコっと出す姿がとても可愛い。そればかりが飼い主まで顔を出す。

番犬というよりもこの地域の名物になっているという。

この塀の穴は犬のためにあけられた物ではではなく、元々あいていた物でここ以外にも複数3箇所ずつ穴があいている。

個人宅なので詳しい住所は掲載できないが、長崎県島原市の島原ステーションから南下した「お料理まどか」の付近にある。

http://gogotsu.com/archives/40609
no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/01/03(水) 22:09:04.99 ID:CAP_USER9
犬熊海岸沿いを散歩する浜岸宗嗣さんと愛犬のチョロ=福井県小浜市犬熊
no title

福井県小浜市北東部、内外海半島の根元辺りにあるのが「犬熊海岸」。そばには愛犬と泊まれる民宿がある。3年前、ペット同宿可能としてから客が激増。捨て犬を引き取ったのがきっかけとあって、さながら花咲かじいさんの犬の恩返しだ。

同海岸のある同市犬熊区は古くは犬熊野と呼ばれ、鎌倉時代の文献には既にその名がある。犬との関わりは不明だが、同区の氏神の神社にはなぜか狛(こま)犬がないという不思議がある。

愛犬と泊まれるのは同区の民宿・浜岸。7年ほど前、浜に捨てられていた犬を経営者の浜岸宗嗣さん(62)が引き取った。「チョロ」と名付け最初は家の外で飼っていたが、寒そうなので室内犬にした。

ペットとの宿泊はそれまでは考えたこともなかったが「チョロが家の中にいるのだから」と、民宿のホームページ開設をきっかけに2015年から始めた。

すると宿泊者数がそれまでの何倍にも増加。「民宿離れの中、大変ありがたい」(浜岸さん)とチョロに感謝するばかりだ。

配信2018年1月3日 午後5時00分
福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/278081



続きを読む

車の窓から顔を出して風と戯れる犬画像

気持ちいい―――ッ

 続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/03(土)23:18:28 ID:jFe
もうすぐ1歳10ヶ月
no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/02/27(火) 16:26:21.91 ID:CAP_USER9
■熊を見張る警備犬から「転職」

国内や海外からの客でにぎわうサッポロテイネスキー場で、11歳の北海道犬のギン(雄)が看板犬として人気を集めている。人間ならば60歳ほどのギンは、ほほ笑んでいるような細い目とふわふわの毛の愛らしさが特徴。スキー場のアイドルとして親しまれている。

粉雪がちらつく中、リフト乗り場前で名札を下げ、スキー客をじっと見つめるギン。この季節は客の出迎えが日課だ。愛らしい姿を撮影するスキー客も多い。東京から訪れた教師の中村裕子さん(38)は、カメラを構えながら「毛がふさふさしていてかわいい」とギンの背中をなでた。

ギンは10年ほど前に旧テイネオリンピア遊園地で熊を見張る警備犬として、雌のシェパード「ベル」と一緒に飼われた。遊園地は2010年に休園。ベルは同年に病気で死に、ギンは遊園地と同じ加森観光が運営するスキー場に連れて来られた。雪降る日も1匹でリフト乗り場に立ってきた。

ギンの世話をするのはスキー場を運営する加森観光の阿部一有さん(54)。ギンは天気の良い日には雪の上に横になり、ひなたぼっこをするのが好き。営業時間外は管理事務所内の小屋におり、阿部さんの顔をじっと見つめるのが外で遊びたい時の合図。客が少ない時はゲレンデで散歩することもある。

乗り物も好きでスキー場内の移動用のスノーモービルにも喜んで乗るという。阿部さんは「ギン目当てに九州から来るお客さんもいる。完全にテイネスキー場のアイドルです」と話す。

他のスタッフもギンにぞっこんだ。スキー場内にあるハイランドスキーセンターのショップ店員采女(うねめ)美和さん(37)は、5年前に勤め始め、すぐギンのとりこに。今はカレンダーや缶バッジなどを作って販売している。昨夏には写真共有アプリ「インスタグラム」にギンのアカウントを開設した。雪原にたたずむ姿や昼寝する様子などを載せ、現在フォロワーは約400人。采女さんは「ギンは最高の癒やし。体が動く限りスキー場にいてほしい」と話す。

阿部さんは、年をとってもみんなに愛され、元気に看板犬を務めるギンを見て「無理をせず、今後も皆さんにかわいがってもらえればうれしい」。ギンが末永くスキー客を和ませてくれることを願っている。

看板犬「ギン」
no title

リフト乗り場の前で、ほほ笑むように目を細めるギン
no title

スキー客から頭をなでてもらうギン。人なつこく温和な性格だ
no title

2/27(火) 15:21
北海道新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00010002-doshin-hok


続きを読む

犬っこまつり

 続きを読む

1: シャチ ★ 2018/01/03(水) 12:50:23.03 ID:CAP_USER9
大津市葛川木戸口町にオープンした日本犬専用のドッグランが人気を集めている。
活発な日本犬は、体格差のある小型犬の飼い主に敬遠されがちといい、オーナーは「犬も飼い主も気兼ねせずにのびのびと遊べる憩いの場所にしたい」と語る。
 オーナーは1~4歳のシバイヌ4匹と暮らす京都市南区の髙木奈津子さん(45)。
京滋各地にあるドッグランで遊ばせていたが、「シバイヌは声を上げ、歯を見せてじゃれ合う習性がある。チワワなどの小型犬と飼い主が怖がってしまう」と常に気が抜けなかったという。
 4匹と自分たちが気兼ねせずに遊べる場所をつくろうと山あいの集落にある喫茶店だった建物と土地を購入しており、同じ悩みを持つ飼い主も使えるようにと日本犬専用のドッグラン整備を計画。2016年5月からインターネットを通じて資金を募り、67万5千円を集めた。自己資金と併せて整備し、同年9月にオープンした。
 ドッグランの広さは約300平方メートル。休憩できる建物もある。日曜日と祝日だけの営業だが、SNSや口コミで広まり、関東や中国地方からやってきた愛犬家もいた。一度にシバイヌ20匹が集合したこともあるという。

 午前10時~午後4時。冬季は積雪状況に応じて休業する。(イカソースで)

1/3(水) 10:43配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000009-kyt-soci
画像 山あいの集落にオープンし、人気を集める日本犬専用のドッグラン。シバイヌだけ20匹集まったこともあるという(大津市葛川木戸口町)
no title

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/09(土)13:30:13 ID:fGA
画像から犬 雪 橇 様々な音が聞こえてきそうです
no title

それを遮るように言葉を付け加えることは今回は止めときます
耳を澄ましてどうぞ

続きを読む

no title

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/15(金) 16:14:00.109 ID:zT5DABX+0
周囲からの嘲笑の視線を集めたい



続きを読む

\(^o^)/です [age] 2017/10/27(金) 16:15:08.37 ID:Fq+NKUpGx.net BE:319726179-2BP(1000)

http://www.afpbb.com/articles/-/3148305
ジェニファー・アペル(Jennifer Appel)さんとターシャ・フィアバ(Tasha Fuiaba)さんは、愛犬2匹と共にこの春、故郷の米ハワイ(Hawaii)から3200キロ以上離れた仏領ポリネシアのタヒチ(Tahiti)島を目指してヨットで出港した。

5月30日にヨットのエンジンが故障したが、2人は当初、風力で進めばどこかに上陸できるだろうと考えていたという。

米海軍第7艦隊(7th Fleet)の声明によると、航海が2か月目に突入し、タヒチ到着予定日を大きく過ぎてから、ようやく2人は遭難信号を発信。
それから毎日、信号を発信したが、漂流海域付近に受信設備を持つ船舶や陸上施設がない状況が続いた。

そして今月24日になって、日本の南東約1450キロの海上でとうとう台湾漁船がヨットを発見。
漁船の乗組員が米領グアム(Guam)の米当局に通報し、近海にいた米海軍のドック型揚陸艦アシュランド(USS Ashland)が翌日、2人と2匹を救出した。

アペルさん、フィアバさん、救命胴衣を装着させられた犬2匹は、いずれも健康や栄養状態に問題はなさそうだという。
アペルさんは、ヨットに海水を真水に変える浄水装置と、1年分を超えるオートミールやパスタ、乾燥米などの乾燥食品を積んでいたおかげで生き延びられたと語っている。(c)AFP

太平洋で漂流5か月、米国人女性2人と愛犬2匹を救助2

太平洋で漂流5か月、米国人女性2人と愛犬2匹を救助

続きを読む

↑このページのトップヘ