いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:捨て犬

1: Hikaru ★ 2019/06/12(水) 12:29:30.52 ID:zW+Cl7L19
Amazon、里親探し中の犬・猫を支援する「動物保護施設支援プログラム」
Impress Watch 2019年6月12日 12:05
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1189856.html

Amazonは、動物保護施設で里親(新しい飼い主)を待ちながら生活する犬や猫を支援する「動物保護施設 支援プログラム」を6月12日より開始した。

捨てられたり保健所へ預けられたりして、動物保護施設で生活する犬や猫たちを、Amazon.co.jpを通じて支援する取り組み。
それぞれの動物保護施設によって作成された「ほしい物リスト」から商品を購入することで、それらが支援物資として各施設で生活する犬や猫に届けられる。

動物保護施設 支援プログラム」のページ上から、支援したい保護施設を選択し、各施設が作成した「ほしい物リスト」から商品を購入する。
リストには、ペットフードやペットシーズ、猫砂、犬の散歩用リード、猫の爪とぎなど、保護施設の運営で必要な衛生用品などが入れられており、支援者が購入した商品は各施設に寄付される。

支援する動物保護施設は、公益社団法人 アニマル・ドネーションと、審査を通過した保護団体のみが利用できる
保護犬・保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)を運営するシロップに選定・審査を委託。
12日時点では、合計15施設が支援対象となっている。

公益財団法人 動物臨床医学研究所「人と動物の会」(鳥取県)[保護対象:犬・猫]
認定NPO法人 アニマルレフュージ関西(大阪府) [保護対象:犬・猫]
認定NPO法人 未来といのち(東京都) [保護対象:猫]
NPO法人 キドックス(茨城県) [保護対象:犬]
NPO法人 しあわせの種たち(岡山県) [保護対象:犬・猫]
NPO法人 セブンデイズ(福岡県) [保護対象:犬・猫]
NPO法人 DOG DUCA(愛知県) [保護対象:犬]
NPO法人 ねりまねこ(東京都) [保護対象:猫]
NPO法人 Wonderful Dogs(埼玉県) [保護対象:犬]
一般社団法人 アニマルハートレスキュー(神奈川県) [保護対象:犬・猫]
一般社団法人 SORA小さな命を救う会(愛知県) [保護対象:犬]
一般社団法人 ねこたまご(北海道) [保護対象:猫]
那須ハイランドパーク SOS(栃木県) [保護対象:犬]
ネコリパブリック東京 お茶の水店(東京都) [保護対象:猫]
ネコリパブリック東京 中野店(東京都) [保護対象:猫]


◇ 支援の流れ
no title

no title

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [UY] 2019/05/14(火) 08:35:06.52 ID:xAsJxF3F0 BE:844481327-PLT(12345)
ペットボックスを経営するオム・ファム(北谷町)がボランティア団体が保護している犬や猫を引き取り、飼い主を探す取り組みをしていることを紹介した12日の本紙記事を受け、個人から犬や猫を引き取るよう依頼する電話がペットボックスに殺到している。

ペットボックスで引き取りをするのはボランティア団体が保護する犬猫のみで年間最大6匹まで。個人からの引き取りや相談は受け付けていない。

ペットボックスによると、引き取りの依頼は12~13日で35件ほどあった。ほとんどが野良猫の引き取り依頼で、「子猫を拾ったがどうしたらいいか」との問い合わせもあった。

野良猫を一時捕獲し、不妊・去勢手術を施して放す「TNR」の啓発活動を行う「琉球わんにゃんゆいまーる」の畑井モト子代表理事は「捨てる人が増えないか心配だ。動物の遺棄は動物愛護管理法違反で犯罪になることをちゃんと知ってほしい。最後まで飼うのが飼い主の責任だ」と話した。

飼い主がいない猫に関する相談は市町村の担当課や県動物愛護管理センターで受け付けている。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-917775.html
no title


続きを読む

no title

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/07(火) 11:52:22.144 ID:GMXtipxw0
買いたいけどペットショップからじゃなくブリーダーから買いたい



続きを読む

動物園に捨て犬が20匹!

1: すらいむ ★ 2019/05/08(水) 20:19:07.57 ID:wQijAH/I9
段ボール箱に入れられ…動物園に捨て犬が20匹!

10連休の初日、栃木県の動物園にとんでもないものが置かれていたことが分かった。
段ボール箱に入れられていたのは子犬。
しかも去年11月からで、20匹にもなる。

先月27日に掲載された宇都宮動物園飼育員のブログ。
去年11月中旬に4匹、下旬に7匹、そして先月9匹、合わせて20匹もの子犬が動物園に捨てられていたという。
実は、捨てられたのは3回とも同じ場所で、しかも20匹すべてがレトリーバー系だった。

20匹の捨て犬のうち1匹は動物園で飼育され、残り19匹も幸いなことに新しい飼い主が見つかった。
宇都宮動物園では毎週末、犬のしつけ教室を開催している。
犬を捨てる飼い主を少しでも減らしたい。そんな思いから始まったものだ。

テレ朝news 2019年5月8日 17時13分
http://news.livedoor.com/article/detail/16428804/



続きを読む

ペットショップでイッヌ買おうとしたら10万超え

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/11(月)00:34:07 ID:546
ワイ無職どうすりゃいいんだ…



続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2019/02/26(火) 13:19:21.97 ID:kIrEtCgR0
かわヨだったわ…



2: 風吹けば名無し 2019/02/26(火) 13:19:57.42 ID:+71K9eDRd
貼らなきゃ意味ないよ



3: 風吹けば名無し 2019/02/26(火) 13:20:42.58 ID:kIrEtCgR0
ちょっと待ってな



7: 風吹けば名無し 2019/02/26(火) 13:22:19.50 ID:kIrEtCgR0
おめめくりくりで可愛ヨやなぁ 
no title


続きを読む

no title


 続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2019/01/09(水) 17:53:44.03 ID:9+r1GecY0● BE:887141976-PLT(16001)
脳卒中で倒れたご主人が倒れ、飼われて居た6匹が心配になり病院まで追いかけるという出来事が1月3日にあった。
ブラジルのシアノルテで野宿生活していたホームレスのルイスさんは、脳卒中になり病院に運ばれた。
そんな飼い主を見守るために、飼われていた6匹の犬が病院まで追いかけたのだ。

救急車が病院の前に止まると後ろから6匹の犬が姿を現した。犬はルイスさんが餌を貰っていた野良犬でルイスさんを追いかけ全速力で病院まで走ってきたという。
到着時間も救急車と同じだというから驚きだ。

ルイスさんが病院に入ったものの、犬たちは病院のドアの前に座りこみルイスさんが出てくるのを待っていた。
中には悲しそうに鳴く犬も居たという。

ルイスさんは1日後に治療を終えて病院から出てきた。しかしルイスさんは別のドアから出てしまったため犬との再会が遅れてしまった。

犬は24時間以上もルイスさんを待ち、NGOであるAmigos de Patas Cianorteのボランティアがルイスさんを再び病院に呼び戻したところ犬たちと再会できた。
Amigos de Patas Cianorte公式SNSアカウントに再開し尻尾を振る犬たちの姿が公開されている。

■12月にも似たような出来事が
実は12月にも同じブラジルで似たような出来事が起きたばかりだ。12月9日、ブラジルのアルトベール病院にセザールという名前のホームレスが入院することになった。
彼はホームレスだったため誰一人として知人や家族の見舞いは無かったが、唯一のお見舞いは飼っていた犬だった。
病院の前に4匹の犬が座ってセザールさんの帰りを待っていた。
もちろん今回同様に病院には入らずに入口での待機。

http://gogotsu.com/archives/46903
no title

no title

no title



続きを読む

自分を捨てる飼い主に必死に追いすがる子犬

欧米ではクリスマスは家族と一緒に過ごすことが当たり前と考えられているが、このほどイギリスで家族として飼われていたであろう子犬がクリスマスを家族と一緒過ごすことなく道端に捨てられてしまった。 
監視カメラが捉えた、立ち去ろうとする飼い主の車にすがりつく子犬の様子が人々の怒りと涙を誘っている。『The Sun』などが伝えた。 

今月17日の午後5時11分頃、英スタッフォードシャーのストーク・オン・トレントにある道路脇に設置された監視カメラに犬を捨てる飼い主と思われる男性の姿が捉えられた。
犬はスタッフォードシャー・ブル・テリアの雄で、身体は幾分成長しているもののまだ幼い子犬だった。 

子犬は捨てられた約1時間後に動物病院で保護され「スヌープ」と名付けられた。
そして動物病院から連絡を受けた「RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)」では、スヌープを捨てた飼い主の捜査を行った。 

公開された監視カメラの映像では、飼い主と思われる男性と一緒に車から出て来るスヌープの姿があった。
大好きなご主人と一緒に散歩に行けるとでも思ったのであろう、尾を振り嬉しそうにするスヌープの姿が捉えられている。 

ところが男性はスヌープの愛用していたと思われる犬用のベッドを歩道に置いて、繋いでいたリードを外した。
そして一瞬の隙をついて、車に走って戻っていったのだ。
スヌープはすぐに男性の乗り込んだ車に駆け寄り、運転席に座る男性の姿を窓からすがるようにしてのぞき込んでいる。 

その姿はまるで「僕を置いていかないで…」と訴えているようにも見える。
車は無慈悲にもスヌープをその場に置いていき、映像は走り去る車のあとを必死で追うスヌープの様子で終わっている。 

RSPCAの査察官であるナタリー・ペレホブスキーさん(Natalie Perehovsky)は、以下のように話している。 

「あまりにも悲しすぎる。スヌープは去っていく車を追いかけていったのです。明らかに彼は主人のことが大好きだったことが分かります。スヌープは非常に悲しかったはずです。」 

「私には飼い主がこんなことをする瞬間、何を思っているのか知る由もありません。飼育する費用が無いとか、家族に何か起きて世話ができないとか、何百という理由があります。」 

「しかし、皆さんには手を差し伸べてくれる場所があるのです。慈善団体や犬の保護施設に彼らを連れて来ることができるのです。(捨てるなんて)弁解の余地がありません!」 

今回、スヌープのことを知った人達からは「こんな残酷なことができるのは人間だけだ」「残念だがこんな愚かな奴は世界中にいる」といった声のほか、「もう涙しか出ない」という飼い主に対して非難のコメントが相次いだ。




自分を捨てる飼い主に必死に追いすがる子犬2
 
続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [MK] 2019/01/02(水) 19:08:55.37 ID:rco9H7JA0 BE:844481327-PLT(12345)
ペットショップの「ペットボックス」を県内2カ所で運営するオム・ファム(北谷町、中村毅社長)は4月以降、ペットの販売をやめ、ペットフードや関連商品の販売に特化する。
動物愛護管理センターで殺処分を待つ犬や猫を新たな飼い主が迎え入れ、育てる文化を沖縄に根付かせたいとの思いから、中村社長が決断した。

オム・ファムは現在、那覇市と北谷町の「ペットボックス」で犬と猫を販売している。
両店の敷地内入居する別会社のペットショップは生体販売は続けるが、北谷店で2010年度以降に予定している全面改装後は、販売をやめる方針だ。

オム・ファムは「不幸な犬や猫を産まない社会をつくる」を企業理念に掲げる。これまでも飼い主に対する啓発イベントや、犬や猫の新たな飼い主を探す譲渡会を開催してきた。
センターから犬猫を引き取って飼育する保護団体への寄付も率先してきた。

販売の際は、飼い主の適性を確認するほか、子犬を繁殖させてペットショップに卸すブリーダーにも面接を課すなど、「健全販売に務めてきた自負がある。

中村社長は日本のペット業界は、生体を売らない世界基準から遅れているとの思いを持っていた。
「生体販売をやめたからといって殺処分がゼロになるわけではないだろう。限界はある」としつつも「業界を動かす気持ちで、次のステージにいきたい」と意気込んだ。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-856194.html
no title



続きを読む

↑このページのトップヘ