いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:捨て犬

殺処分ゼロのペットショップを優良店として認定する制度開始

1: 水星虫 ★ 2018/04/12(木) 16:05:24.44 ID:CAP_USER9
殺処分ゼロ優良店認定制度開始へ

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2053833541.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

捨てられた犬や猫の「殺処分ゼロ」を目指す奈良市は、最期まで飼う誓約書を飼い主に提出してもらうなど基準を満たしたペットショップを優良店として認定する制度を6月から始めることになりました。

奈良市が「殺処分ゼロ」を目指して、新たに始めるのは、基準を満たした優良なペットショップを「犬猫パートナーシップ店」として認定する制度です。
具体的な基準は、
▼迷子になった時に見つけやすいように、個体を識別できるマイクロチップを装着した犬や猫を販売することや、
▼販売する時に、最期まで飼い、飼えなくなった場合は新しい飼い主を自分で探すことを誓約した
文書を提出してもらうことなどが定められています。

基準を満たした店には「犬猫パートナーシップ店」のステッカーを配布し、市のホームページでも紹介するということで、6月からの制度開始を前に、認定を希望する店を募集しています。

奈良市保健所の生活衛生課の阪口佳弘課長は「飼い主となる人には責任を認識して最期まで飼い続けてもらうことが、捨て犬や捨て猫を防ぐことにつながるので、ペットショップにも協力を期待したい」と話しています。

奈良市は保健所で保護された犬や猫の「殺処分ゼロ」を目指した取り組みに力を入れています。
3年前から動物愛護団体や個人と協力し、保護した犬や猫の新しい飼い主を見つける譲渡制度を設けています。

さらに、昨年度から保健所がホームページで保護している犬や猫を紹介するなど直接、飼い主を探す取り組みも始めました。
保護した犬や猫は、新しい飼い主とうまく暮らしていけるよう、わざと多くの人が行き来する窓口に置いたケージに入れ、人に慣れさせる訓練を行っています。
さらに、新しい飼い主が決まった犬や猫には迷子になった時に見つけやすいように、個体の識別ができる、直径およそ2ミリのマイクロチップを装着します。

こうした取り組みで、奈良市では平成20年度には663頭が殺処分されていましたが、昨年度は3頭にまで減りました。
一方で、新しい飼い主に引き取られた犬や猫は平成20年度の4頭から昨年度は109頭にまで大幅に増え、成果が現れています。

04/12 14:30



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/04/09(月) 00:30:59.47 ID:FFyznld30
no title


続きを読む

犬猫繁殖業者に免許制を

1: ばーど ★ 2018/04/03(火) 15:22:26.75 ID:CAP_USER9
女優の浅田美代子さんらが3日、環境省で中川雅治環境相と面会し、動物愛護法を改正して犬猫の繁殖業者に免許制を導入することなどを求めた約17万筆の署名を提出した。

動物愛護法は議員立法で、改正に向けた検討が超党派の議員連盟などによって進められている。

浅田さんは「簡単に売られているから、簡単に捨てられてしまう。 17万人の署名は切実な声なので、何とか法改正をお願いしたい」と訴えた。
環境相は「議連が改正案を取りまとめれば、全面的に協力したい」と応じた。

(2018/04/03-14:53)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040300673&g=soc



続きを読む

チワワ11匹出産、2011年の10匹を超えて世界記録を更新


チワワ11匹出産、世界記録更新 アメリカ・カンザス州
28日 13時16分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3328244.html

アメリカ中部カンザス州で、お母さんチワワが思いもよらない世界記録を打ち立てました。
おなかが大きくふくれたメスのチワワ。このあと、12時間かけて赤ちゃんを産みました。

チワワ11匹出産、2011年の10匹を超えて世界記録を更新2

「1匹生まれ、もう1、2、3、4、5匹と生まれて。それでもおなかが丸いままで、明らかにまだいるなと」(出産を見守った ジョシー・ブラウンさん)

出てきたのは元気な赤ちゃんチワワ、その数あわせて11匹。チワワが1度に出産する数としては、2011年の10匹を超えて世界記録を更新したということです。

現地メディアによりますと、このお母さんチワワはまだ1歳半にもかかわらず2度目のお産で、そして奇遇にも赤ちゃんチワワたちが生まれた3月23日は子犬の日と、なんともおめでたい1日となりました。



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/03/21(水) 04:22:23.02 ID:mNPZw2sS0
寒いからしょうがないね
no title

続きを読む

かわいい「子犬」…どんどん育って80キロに

1: みつを ★ 2018/03/17(土) 10:12:54.26 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3167640

2018年3月17日 8:32 発信地:中国
【3月17日 CNS】中国・雲南省(Yunnan)麗江市(Lijiang)の村民が山中で、「子犬」を保護し、大事に育ててきた。ところが「子犬」はどんどん大きくなり、クマであることがわかった。このクマは6日、永勝県森林公安局によって麗江市林業局に引き渡された。

 麗江市永勝県(Yongsheng)森林公安局のウィーチャット(WeChat)公式アカウントに2月、クマを飼っている住民がいるという情報が寄せられた。

 通報を受けて同局が調査したところによると、ある村民が2015年4月朝、キノコ狩りに出かけた山中で子犬らしき動物を見つけ、連れて帰って育てたが、大きくなるにつれて犬ではないことがわかったのだという。

 このクマは、ツキノワグマ(国家二級重点保護野生動物)であることが判明した。体重は約80キロに成長していた。

村民は野生動物の飼育繁殖許可証がないまま違法に野生動物を飼育していたことになるが、ツキノワグマを傷つけた形跡もなく、調査にも積極的に応じたことから、公安機関は「雲南省陸生野生動物保護条例」に基づいてツキノワグマを没収することで、飼い主だった村民への処罰の代わりとした。

現在は、臨時の措置として玉竜ナシ族自治県の鳴音郷(Mingyin)にある野生動物養殖基地で保護されている。(c)CNS/JCM/AFPBB News


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/04(日) 02:00:50.18 ID:Ny7iH2Ed0 BE:683789119-2BP(1500)
no title

日本に生まれなければ良かった。
無責任が生んだ一年の殺処分の数。
日本 82,902頭
ドイツ 0頭



続きを読む

1: プティフランスパン ★ 2018/02/01(木) 00:45:26.01 ID:CAP_USER9
飼い主に染毛剤で染められた犬、瀕死の傷を負う(米)
2018.01.30 04:00
http://japan.techinsight.jp/2018/01/ellis12190128.html
no title

染毛剤で染められ瀕死の傷を負った犬

身勝手な飼い主により、全身を染毛剤で紫に染められた小型犬が瀕死の傷を負った。
保護された動物センターのスタッフによる懸命な治療のおかげで、犬はなんとか回復し、現在は新しい飼い主のところへ引き取られているという。
動物センタースタッフは「絶対に人間用の染毛剤をペットに使用しないで」と警告している。動物専門サイト『The Dodo』や英メディア『Metro』『The Sun』などが伝えた。

昨年11月、米フロリダ州で体重2.2kgのマルチーズの雑種が路上に捨てられていたところを保護された。飼い主が人間の染毛剤を使って染めたのだろう、全身が紫色のその犬は深刻な火傷を負っていた。
保護した同州ピネラス郡動物保護センターのスタッフは、その犬を“バイオレット”と名付けた。

バイオレットは体だけでなく、両目が化学薬品で腫れあがりくっついてしまっていた。
同センタースタッフは染毛剤をできるだけ洗い流そうと試みたが、脚をひきずりぐったりした状態だったことからこのまま助からないか、もしくは完全に失明してしまうのではと思ったという。
体に受けた傷を診察するためにバイオレットの毛を刈ると、火傷で激しくめくれた状態の皮膚が露わになり、スタッフらはショックを受けた。
バイオレットは同センターの獣医により、水分と鎮痛剤を与えられ体中に包帯を巻いた状態で獣医のひとりに連れて帰られると、翌日にはほんの少し元気になった。

その後もバイオレットはスタッフから抗生剤投与、点滴、蜂蜜治療、更にはかさぶたを除去してもらうなど、3か月にわたり集中治療を受け続けた。
そのおかげで少しずつではあるが、明らかに容態が改善していった。

>>2以降へ続く

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/01/28(日) 19:00:05.59 ID:1nQkdV+ha
no title

続きを読む

1: 泥ン ★ 2018/01/08(月) 23:01:43.79 ID:CAP_USER9
アニマルライブが県の施設から引き取って2年になる与作。老いと病気で立てなくなり介護を受けている=伊万里市黒川町
no title

アニマルライブが飼い主に代わって世話をしている犬たち。右側が岩崎ひろみ理事長
no title

今年は戌(いぬ)年。古来から人間と生活を共にしてきた犬の世界も、近年は「高齢化問題」に直面している。平均寿命が延びたことで介護費用が掛かるようになり、飼育放棄されるケースが目立つ。伊万里市で犬の看取(みと)り活動をしている愛護団体は「飼い主のもとで天寿を全うするのが犬の幸せ」と訴える。

伊万里市黒川町のNPO法人「アニマルライブ」は8年前から、県の施設に収容されて引き取り手がなく、殺処分になりそうな犬や猫を受け入れる活動をしている。犬の場合、ほとんどが老いや病を抱えており、里親に出す訓練をしても新しい飼い主が見つかるのはまれだという。

アニマルライブの保護施設では現在45匹が余生を送っていて、ほかに訓練施設などに37匹を預けている。年明けすぐには、引き取って2年になる銀次郎を看取った。理事長の岩崎ひろみさん(59)は「老犬の世話は大変で、別れが多くてつらいこともあるけど、最期を穏やかに迎えてもらいたくて覚悟を持って活動している」と話す。

犬も人間と同様に食べ物や医療の改善で平均寿命が延びたが、高齢になるほど介護などで手間や費用が掛かる傾向がある。飼い主も年を取って面倒を見切れなくなるケースが相次いでいる。

県生活衛生課によると、県が収容する犬の数は、飼い主の意識向上などを背景に年々減り続けている。2013年施行の改正動物愛護管理法にペットを最後まで飼う責務が明記されてからは、飼い主からの引き取りが大幅に減った。一方で、徘徊(はいかい)する犬の捕獲数は減少幅が小さく、そこから飼育放棄されて捨てられている実態が浮かび上がる。

アニマルライブのメンバーは13人。活動は全国からの寄付や物資の援助によって支えられ、昨年はふるさと納税を通して約200万円の寄付が集まった。それでも老犬の世話には医療費などで多額の費用が掛かり、運営は厳しい。また昨年末からは、犬15匹を飼っていた高齢の男性に代わって2カ月余り面倒を見ることになり、正月休みもなく奔走している。

岩崎さんは「私たちの活動に共感してくれる人は力を貸してほしい。里親になったり、一緒に世話をしたり、啓発を手伝ったり。いろんな形での支援を求めています」と呼び掛け、こう付け加えた。「それより何より、活動がこれ以上大変にならないよう、責任を持って飼ってください。人間もペットも同じ命です」

佐賀新聞 8:50
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/167105

続きを読む

↑このページのトップヘ