いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:子犬

no title

\(^o^)/です (ワッチョイ 8659-Q0Ld) 2017/03/10(金) 15:22:09.15 ID:2kyK15RB0?2BP(1000)
揉みくちゃ😄 
柴犬 




続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 20:36:22.65 ID:NVuAD7zT00303
4か月 かわいい盛りやで
 

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 20:37:25.15 ID:4NCH1oOe00303
見たるからはよ貼れ
 

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 20:38:12.18 ID:i/6+rlyv00303
子供の頃の写真、ビデオはたくさん撮っておいとほうがええで
 

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 20:39:22.60 ID:NVuAD7zT00303
no title

すくすく育ってるやで お散歩も上手にしてくれるで

続きを読む

【閲覧注意!】人間が狼犬に襲われるとこうなる
続きを読む

no title

971 彼氏いない歴774年 [sage] 2012/06/07(木) 11:03:20.69 ID:6UfH30gm Be:

朝起きたら愛犬が死んでた
今年で14歳、15歳だったかな
私が小2の時にねだって買い始めた
丸々してタヌキ顔で、毛のかさが普通の2倍くらいある茶色い柴犬
ちゃんと世話をする!って言ったけど、母にまかせたり、面倒くさいなって思いながら散歩に行ったりした
大好きだった
 続きを読む

犬「なんや、やるんか!?」

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/28(火)23:50:04 ID:4zz
保健所職員「その子先週保護されたんですよー」

犬「あそぶか!?やるか!?」ジタバタ

友「俺猫がええわ」

私「……。」

続きを読む

no title

好奇心旺盛な子犬が、誤って飼い主の車のタイヤの穴に頭を突っ込んで、抜けなくなってしまった。駆けつけた消防士が子犬を助けるために使ったものとは、意外なものだった。

モンタナ州シルバーボウ郡ビュートの消防当局はfacebookアカウントで1月30日の珍事についてコメントした。同投稿が伝える飼い主の話では、子犬は2~3時間、「非常に不安定な体制のまま」タイヤの穴から頭を引き抜くことができない状態だったという。



飼い主は、タイヤごと子犬を動物病院へ連れて行くと、援助のために消防士も駆けつけた。

消防士は、何ら道具を使うことなく、タイヤを壊さずに、救助に成功した。伝えられるところによると、子犬の耳、首に大量のココナッツオイルを塗って、滑りやすくして、素早く取り出したのだという。

幸い、子犬は首に擦り傷を負った程度で、大きなケガはないという。消防当局は、「若い子犬にはいい体験だったのではないか。これ以上、痛ましい子犬のトラブルに対応したくない」と付け加えた。

http://www.epochtimes.jp/2017/02/26731.html

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/25(土) 03:19:58.45 ID:NPTR0+tna
かわいいンゴ
no title

続きを読む

男がスコップ持ちながら小犬を散歩させる事案

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/19(日) 20:21:56.873 ID:NkUuGzUp0
一人暮らし大学生の俺には無理なんじゃ……

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/18(土)23:44:49 ID:PXg
ニューファンドランド
no title

続きを読む

\(^o^)/です (フリッテル MM2b-kDlY) 2017/02/17(金) 13:01:20.31 ID:X3pxopY2M?2BP(1001)
 忠太郎(4)、 用水路転落の男性救い表彰を受ける

 
用水路に転落した岡山県玉野市内の男性(78)を発見し、助けたとして15日、医療アドバイザー橋本良美さん(52)=玉野市=ら4人と、犬の忠太郎(ちゅうたろう)=雑種、雄4歳=が市消防本部から表彰された。 
「忠ちゃんが見付けてくれて本当によかった。すごいね」。橋本さんは一緒に喜んだ。 

 橋本さんは県動物愛護センター(岡山市北区)との共同事業で、犬の保護に取り組むボランティア団体「あにまるセカンドライフin岡山」を運営。 
忠太郎を保護犬として世話している。 

 「ワンワンワンワン!」。昨年12月6日午後0時半ごろ、玉野市東高崎。橋本さんに連れられて散歩していた忠太郎が、激しくほえて走りだした。 
「普段はおとなしいのに。どうしたんだろう」。 
ぐいぐいと用水路まで引っ張られた。何かを吸い込むような音が聞こえた。のぞき込むと、水面に男性の口元が。呼吸の音だった。 

 橋本さんはすぐに用水路(深さ約70センチ)の中へ。 
男性を引き上げようとしたが、水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。 
「人が落ちてるの。死にそうなの」。 
大声に、近くの同じ会社に勤務する井上祐一さん(54)=同市、三宅将生さん(50)=同、岡武遼佑さん(23)=岡山市南区=が駆け付けた。4人で男性を引き上げた。 

 橋本さんは近くに住む親戚に119番を依頼。 
医療機関で働いた経験から、脈拍数などのバイタルサイン(生命兆候)、意識レベル、けがの有無などを確認。救急隊員が到着するまで気道確保を続けた。 
男性は市内の病院に搬送され、一命を取り留めた。 

 市消防本部が人命救助で犬を表彰したのは初めて。井上さん、三宅さん、岡武さんも表彰された。表彰式が消防本部であり、橋本さんと忠太郎が出席。 
澤満也消防長が感謝状と記念品を手渡し、早期発見と機転の利いた迅速な行動をたたえた。橋本さんは「男性が助かって何より」と話した。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010000-sanyo-l33
 続きを読む

↑このページのトップヘ