いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:名前

1: 風吹けば名無し 2018/02/03(土) 13:20:49.87 ID:X8orbrx/0
誹謗中傷はやめてくれ
no title


続きを読む

【クマ対策犬】ベアドッグ…人とクマの共存に寄与

1: ばーど ★ 2018/01/03(水) 10:38:56.57 ID:CAP_USER9
今年の干支は戌(いぬ)。犬は社会性があり、人との付き合いも古く、忠実な動物なことから、戌年の特徴は「勤勉で努力家」とされる。映画のモデルにもなった名犬の血を引く子犬、クマ対策のために働く犬「ベアドッグ」、日本固有の種として保護されてきた犬など、戌にまつわる甲信越の話題を紹介する。
                  
日本でも有数なリゾート地である軽井沢町の山々は、ツキノワグマの生息域として知られる。ときに人身被害や農作物などの被害も発生する。だからといって、クマを駆除する、つまり殺処分するばかりでは、自然保護はかなわないし、人間とクマが共存する社会はつくれない。

その理想を実現すべく、クマの臭いを敏感に察知するよう特別の訓練を受けた「ベアドッグ」が、この町で活躍している。今年3月、4歳になる雌のカレリア犬「タマ」だ。

タマは平成27年、米国のベアドッグ育成機関「WRBI」から生後1歳6カ月のとき、共存の取り組みをしている「ピッキオ」(同町)が迎え入れた。「タマ」の命名は「弾」に由来する。いかにも勇ましい。

体高58センチ、体重は25キロ。強い前肢を支える胸筋がしっかりとついていて、背筋がピーンと張っており、早く走るための広背筋がとても発達していることをうかがわせる。猟犬としては申し分のない体形なのである。

ハンドラー(飼育士兼訓練士)の田中純平さんは「ベアドッグは警戒心が強すぎても弱すぎてもいけない。『タマ』はうってつけの性格をしている。リーダー的な犬になれます」と話す。

クマが住宅街に出没した後では何かと騒動になるので、その前に田中さんの指示に従いクマをほえたて、山奥に追い込む。クマは本来、温厚で臆病だとされるため、「何事か」と慌てふためき、すごすごと引き下がる、というわけだ。

タマが「仕事」に汗を流す期間は、クマが活動する毎年6~10月ごろ。毎日午前4時から働いている。休暇が半年以上もあるが、なにも自由気ままな生活を送っているわけではない。田中さんと月10回くらいの訓練に取り組む。

訓練は極めて実践的だ。田中さんによると、クマの臭いは、年齢、性別によって異なるし、いつもまっすぐ歩くわけではなく、鋭角に折れたり、樹木に上ったりするから、正確に追跡するのは容易ではないという。だから、こうしたクマの生態を十分に踏まえた上で行っている。

田中さんが仕事で使う軽バンの荷室はタマの特等席。バックドアを開き、田中さんが「BEAR DOG」のワッペンが貼られたハーネスをつけると、「訓練が始まるのだと分かる」(田中さん)そうだ。

クマが行動したように森の木々や下草につけられた臭いをたどり、目標物まで脇目もふらず突っ走る。リードを握る田中さんの手にも力が入る。目標物が樹上に仕掛けられていたので少し戸惑ったようだ。その間、ほんの数秒。探し当て目標物にジャンプして飛びついた。「グッド、グッド」。田中さんが頭をなでる。タマもうれしそうだ。これでもかというくらい尻尾を振って応えている。

タマのおかげで町の住宅街でクマによる被害件数は、データを取りまとめた11年以降、最多だった18年の255件から29年には4件に激減した。「戌年」を迎えた今年は、なお一層、「仕事」に励んでもらいたい。(松本浩史)

配信2018.1.3 07:04更新
産経ニュース
http://www.sankei.com/region/news/180102/rgn1801020006-n1.html



続きを読む

1: ばーど ★ 2017/10/16(月) 18:18:20.41 ID:CAP_USER9
朝刊届けるワン! 毎朝午前6時ごろ、糸満市阿波根のシェパード犬「上原ゴン太君」=5歳3カ月、体重約30キロ=は、自宅の門扉から琉球新報をくわえて玄関までの約30メートルを駆け抜け、飼い主の上原恵子さん(69)に届けている。 生後3カ月ごろから始めて約5年。雨の日も風の日も、一日も欠かさず新鮮な情報を配達している。

毎朝新聞をくわえ、玄関まで運ぶシェパード犬の「上原ゴン太君」=沖縄県糸満市で
no title


◆生後3ヵ月で新聞配達

 飼い主の上原恵子さん(69)とゴン太の出会いは5年前、糸満市のシオン警察犬訓練所だった。引っ越しを機に番犬をほしいと思っていたところ、生まれたばかりのゴン太と出会った。今ではかけがえのない家族の一員だ。

 生後3カ月ごろ、ポストに新聞を取りに行くと「自分で取る」と訴えるゴン太。「駄目」と言っても新聞をかむので、くわえさせた。新聞はよだれだらけになってしまったが、ゴン太は「自分の仕事」といわんばかりにくわえていた。上原さんは配達員の山城教子(のりこ)さんに相談し、新聞をビニール袋に入れ、門扉の下に立ててもらうことにした。

 以来毎朝、「ゴンちゃん、おはよう」と上原さんが玄関を開けると、庭の小屋から飛び出して来るゴン太。「新聞取って来てちょうだい」の一声で一目散に門扉に走り、新聞をくわえて戻ってくる。たまに上原さんが寝坊した時は、玄関に新聞が置かれている。

 うっかり休刊日を忘れて新聞を請求すると、門扉まで走ってそのまま戻ってくるという。「新聞はどうしたの?」と叱りながら休刊を思い出し、「ごめんね」と頭をなでて謝るそうだ。

 ゴン太はとても利口で、一度教えるとほとんど覚えてしまう。庭の手入れの時は「スコップ取って」「ビニール袋取って」など上原さんの要望に応える。言葉があまりに通じるので「あなたは本当に犬なの?」と話し掛けることも。立派なボディーガードも務める大切な家族の一員だ。

 ゴン太の働きをたたえ、糸満市の琉球新報阿波根前原販売店の國吉真信店主(52)が12日、「文句も言わず、新聞配達業務に長年従事された」と感謝状を贈った。うれしそうに褒美のおやつをクンクン嗅いだゴン太。今朝も情報がたっぷり詰まった朝刊を上原さんに届けたことだろう。(豊浜由紀子) (琉球新報)

配信2017年10月16日
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171016/rky/00m/040/003000c

続きを読む

犬の名前を甘ったるい菓子みたいなのにしてるやつw

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/08(金) 00:56:56.10 ID:F7LXMk1S0
マッマイッヌ:クルミ
ムッスメイッヌ:ナッツ
ムッスコイッヌ:マロン

なおワイが名付けたもよう
なにをトチ狂っていたんやろか…

続きを読む

ポメラニアン

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[age] 2017/04/16(日) 18:54:41.268 ID:uneAGPk90.net
ポメラニアンの惑星

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:55:00.229 ID:32s76K5X0.net
戦場のポメラニアン

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:55:10.916 ID:Q5s03IIU0.net
ポメラニアンと野獣

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 18:55:26.268 ID:XAiROM8Rd.net
エイリアンvsポメラニアン

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/24(木) 21:58:39.52 ID:hIXdNcXn0
悲しいなぁ

続きを読む

1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/07/18(火) 11:35:17.52 ID:CAP_USER9
九州北部豪雨で損壊した福岡県朝倉市の民家のがれきの中に閉じ込められた飼い犬が8日後に救出された。
衰弱していたが、今は回復しつつある。

救われたのは小型犬ポメラニアンの雄で名前はグンソウ。飼い主で同市山田の柿農家、菊池勝昭さん(56)は「グンソウは私たちの家族。見つかってうれしかった。早く元気になってほしい」と祈っている。

豪雨が襲った5日、山間部の奈良ケ谷川沿いに建つ菊池さん宅には、またたく間に膝上ほどの水が流れ込んできた。
菊池さんは孫2人を含む家族5人や、別の住民らとともに避難。
その夜はふもとにある大分道の山田サービスエリア内の建物に身を寄せ、やっと一息ついた。
ただ、そこにグンソウはいなかった。連れ出す余裕はなかった。「無事でいてくれ」と念じた。

数日後、自宅へ続く道路の流木や土砂の撤去が進んだ。ようやく自宅に戻ると、変わり果てた風景があった。
柿を植えた川岸は大きく削られ、裏山の土砂崩れで自宅横の蔵は倒壊し、自宅内にも大量の流木などが入り込んでいた。
被害の大きさに、「避難があと30分遅かったら、危なかった」と体が震えた。

グンソウは交通事故に遭って右足をあまり動かせなかった。「グンソウのことは半分諦めてしまった」。
そんな思いで、がれきの撤去作業を続けていた13日、がれきの隙間(すきま)に衰弱したグンソウの姿を菊池さんが発見した。
触ると、体が温かかった。生き抜いていた。
がれきが折り重なり、奇跡的に空間ができていた。

ただ飲まず食わずで過ごした影響で衰弱は激しく、腹部の皮膚はただれていた。
菊池さんはグンソウを抱きかかえて水を飲ませた。「命があって良かった」

グンソウは今、坂田犬猫病院(同市甘木)に入院し、点滴や抗生物質の投与など治療を続けている。
同病院の坂田雷太院長(48)は「最初は危ないと思ったが、今は回復傾向にある。何とか助けたい」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000011-mai-soci

豪雨で損壊した民家のがれきの中から8日後に救出されたグンソウと、治療にあたる坂田院長
no title

グンソウが見つかった菊池さんの自宅。自宅後方から土砂などが流れ込んだ
no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2017/07/10(月) 18:03:48.63 ID:CAP_USER9
警視庁は、指定暴力団住吉会系組員の間瀬伴紀容疑者(32)=埼玉県坂戸市花影町=を銃刀法違反(加重所持)の疑いで現行犯逮捕し、10日発表した。
「自分のものではない」と容疑を否認しているという。

間瀬容疑者の家には過去3回、拳銃が保管されているとの情報を元に警察が家宅捜索したが、一度も見つかっていなかった。
今回は火薬などのにおいに敏感な同庁の警察犬「ムーンロケット号」が家の床下に隠されていた拳銃や実弾を探り当てた。

組織犯罪対策5課によると、間瀬容疑者は7日、自宅の床下に32口径の回転式拳銃1丁と実弾5発を所持していた疑いがある。

ムーンロケット号は雄のラブラドルレトリバー。銃器と薬物の両方を捜索できる。7日は2階建ての間瀬容疑者宅で、休憩を挟みながら1時間以上かけて1部屋ずつ丁寧に捜索。
1階の台所で、床下収納のふたの境目をクンクンと念入りにかいだ末、すっと座り込んで捜査員を見上げた。

座り込むのは、「何かが見つかった」際のサイン。捜査員が床下収納のふたを開け、さらに収納をとり外したところ、拳銃と実弾が見つかったという。

薬物も銃器も捜索できる警察犬のムーンロケット号。愛称は「ロック」
no title

http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170710003427.html
日々訓練に励んでいるムーンロケット号。=東京都板橋区の警察犬第一訓練所で
no title

配信 2017年7月10日17時39分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK7B44ZFK7BUTIL023.html

続きを読む

お前らだってペットに赤ちゃん言葉で話しかけんだろ?

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 09:07:23.79 ID:k1S4uPJM0
ワイ「おいランディ散歩行くで」
ランディ「…」 ←クソだるそう


ババア「あらポチーこんにちわー^^」
ランディ「ワン!」

なんだこれ

続きを読む

1: 野良ハムスター ★ 2017/06/30(金) 00:39:44.86 ID:CAP_USER9
マンションの隣室に住む女性の部屋に忍び込んでわいせつな行為をしたとして、警視庁は29日、東京都江東区の会社員多和田栄治容疑者(38)を強制わいせつ致傷などの疑いで逮捕し、発表した。
警察犬が現場に落ちていた靴の臭いから、隣のマンションのベランダに隠れていた多和田容疑者を見つけたという。

深川署によると、逮捕容疑は20日午前2時45分ごろ、マンション6階の自室ベランダから隣に住む40代の女性の部屋に侵入し、寝ていた女性に抱きつくなどしたというもの。女性は両手足にけがをした。
多和田容疑者は「家には入ったがわいせつ目的ではない」と供述しているという。

女性が110番通報し、出動した警察犬、ジャーマン・シェパードのホス号(オス、9歳)がベランダに落ちていた男物の靴の臭いをかぎ、女性の部屋の玄関から通路を経て外階段で8階へ。
たどり着いた踊り場でくるくる回った。これは容疑者が近くにいるという合図。
捜査員が周囲を調べたところ、約1メートル離れた隣接マンション7階のベランダで身を潜めていた多和田容疑者を発見したという。

ホス号のキャリアは約6年。これまでに刑事部長賞など27件の表彰を受けている。

no title

no title

http://www.asahi.com/articles/ASK6Y5SB9K6YUTIL03B.html

続きを読む

↑このページのトップヘ