いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:名前

\(^o^)/です (フリッテル MM2b-kDlY) 2017/02/17(金) 13:01:20.31 ID:X3pxopY2M?2BP(1001)
 忠太郎(4)、 用水路転落の男性救い表彰を受ける

 
用水路に転落した岡山県玉野市内の男性(78)を発見し、助けたとして15日、医療アドバイザー橋本良美さん(52)=玉野市=ら4人と、犬の忠太郎(ちゅうたろう)=雑種、雄4歳=が市消防本部から表彰された。 
「忠ちゃんが見付けてくれて本当によかった。すごいね」。橋本さんは一緒に喜んだ。 

 橋本さんは県動物愛護センター(岡山市北区)との共同事業で、犬の保護に取り組むボランティア団体「あにまるセカンドライフin岡山」を運営。 
忠太郎を保護犬として世話している。 

 「ワンワンワンワン!」。昨年12月6日午後0時半ごろ、玉野市東高崎。橋本さんに連れられて散歩していた忠太郎が、激しくほえて走りだした。 
「普段はおとなしいのに。どうしたんだろう」。 
ぐいぐいと用水路まで引っ張られた。何かを吸い込むような音が聞こえた。のぞき込むと、水面に男性の口元が。呼吸の音だった。 

 橋本さんはすぐに用水路(深さ約70センチ)の中へ。 
男性を引き上げようとしたが、水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。 
「人が落ちてるの。死にそうなの」。 
大声に、近くの同じ会社に勤務する井上祐一さん(54)=同市、三宅将生さん(50)=同、岡武遼佑さん(23)=岡山市南区=が駆け付けた。4人で男性を引き上げた。 

 橋本さんは近くに住む親戚に119番を依頼。 
医療機関で働いた経験から、脈拍数などのバイタルサイン(生命兆候)、意識レベル、けがの有無などを確認。救急隊員が到着するまで気道確保を続けた。 
男性は市内の病院に搬送され、一命を取り留めた。 

 市消防本部が人命救助で犬を表彰したのは初めて。井上さん、三宅さん、岡武さんも表彰された。表彰式が消防本部であり、橋本さんと忠太郎が出席。 
澤満也消防長が感謝状と記念品を手渡し、早期発見と機転の利いた迅速な行動をたたえた。橋本さんは「男性が助かって何より」と話した。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010000-sanyo-l33
 続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/07(火) 21:04:20.99 ID:e/oI8RCD0
no title

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/27(金)23:27:36 ID:0Yt
ひぇー
no title

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/15(火) 19:25:02.531 ID:WP6Wr90a0
名前なんがいい?
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 23:06:40.96 ID:9h125dzz0XMAS
飼い主の半額ケーキ探しに付き合わされていた模様
no title

続きを読む

犬の認知症、人間並みに発症

1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 09:26:20.22 ID:CAP_USER
2016.11.7
 人間の50歳ほどに当たる8歳以上の飼い犬の約20%に、アルツハイマー病に似た認知症(認知障害症候群)が疑われる行動がみられることが、日本獣医生命科学大獣医学部(東京)の入交真巳(いりまじり・まみ)講師の調査で分かった。
今後発症が懸念される「予備軍」も半数に達しているという。

 全国の動物病院やドッグランを利用した飼い主に症状の有無をアンケート。
疑い例のうち獣医師が診断したケースは17%にとどまり、症状が進んで夜間にほえたり攻撃性が高まったりしても飼い主が適切に対処できていない可能性がある。

 発症初期なら餌や生活習慣の改善で症状が治まる場合があり、入交さんは「高齢犬が急に年を取ったと感じたら、早めに専門の獣医師に相談してほしい」と話している。

 昨年と今年に961匹の飼い主に「睡眠のリズム」「排せつ行動」「飼い主などへの反応」など10項目を質問票で尋ねた。
同大学院生の石井綾乃さんが回答を点数化して分析すると、8歳以上の547匹のうち116匹(21%)が「認知症疑い」、282匹(52%)が「予備軍」だった。

 過去の研究で「柴犬は認知症になりやすい」と指摘されているが、柴犬を含む上位5犬種を比較したところ、柴犬の平均点は高めだったが、4種とのはっきりとした違いはみられなかった。

 重い認知症の犬は鎮静剤や麻酔薬で症状を抑えるしかない。
入交さんは「予備軍や症状が軽いうちに、運動やゲームで脳に刺激を与え、脳の老化を防ぐ働きがある専用のドッグフードなどを与えることで大きく改善する例もある」としている。

 【犬の認知症】 犬も高齢化に伴って人のアルツハイマー病に似た認知症になる。「おすわり」ができない、室内や屋外での排せつ習慣を忘れるなどの症状のほか、
昼夜が逆転したり、攻撃性が増したりすることもある。対症療法だけで根本的な治療法はない。
おやつやゲーム、運動などの刺激で症状の進行を抑えることができるとされる。専門の獣医師によるカウンセリングも受けられる。
http://www.zakzak.co.jp/smp/society/domestic/news/20161107/dms1611071130005-s1.htm

続きを読む

1: のっぺらー ★ 2016/10/24(月) 12:32:28.90 ID:CAP_USER
殺処分直前に、動物愛護のNPO法人アニマルライブ(伊万里市黒川町)に引き取られた雑種犬「博士(はかせ)」が、フリスビードッグ競技で活躍している。
9月に初心者クラスでデビューし、3戦で2勝を達成した。
関係者は「全国の保護犬の希望の星」と喜ぶ。

博士は2014年6月ごろ、青森県の動物管理センターに保護された。
一定期間が過ぎても飼い主が現れず、翌日に殺処分されるというときに、アニマルライブがボランティアから情報を伝え聞いて引き取った。
伊万里に来てからは市民向けの譲渡会に何度か出たが、雑種で成犬(推定5歳)だったため人気がなく、全く声がかからなかった。

捨てられた犬は人間を警戒し、手を焼くケースが少なくないが、博士は人懐こく、賢さも感じさせた。
木の枝を投げると喜んで取りに走り、「もっと投げて」とねだる姿がドッグトレーナーの目に留まり、フリスビードッグを目指すことになった。
アニマルライブのメンバーで、トレーナーの勉強をしている浦一智さん(51)=長崎県大村市=がパートナーを務めている。

博士は訓練を積んで9月の大会でデビューすると、うれしそうにフリスビーを追い、優勝した。
その後の2戦でも2位、優勝と、確実に成績を残している。

現在は、パートナーが投げたフリスビーを持ち帰るだけで得点が加算されるレトリーブの大会に参加している。
博士は空中でのキャッチもできるため、レトリーブで頂点を目指した後、さらに上のクラスに挑戦する予定だ。


動物愛護NPO、他県の犬受け入れも

佐賀県は「殺処分ゼロ」の方針で、動物管理センター(佐賀市)と犬猫譲渡センター(武雄市)を運営しているが、引き取り手がない犬や猫を中心に受け入れるNPO法人アニマルライブのような団体の活動が下支えをしている。
全国にネットワークがあり、「博士」のように他県の犬を引き受けるケースもある。

引き取った犬は、里親を募集したり、譲渡会に出したりして次の家庭を探すが、引き取り手を見つけることは難しく、かみ癖などで家庭犬にできない場合もある。
アニマルライブの岩崎ひろみ理事長は「もう満杯で、これ以上は増やせない状況」と話す。

近年は高齢の犬の引き取りが増えている。
病気で治療や手術が必要になるケースもあり、1カ月で医療費(計6頭)が約25万円に上ったときもある。
全国の協力者から援助を受けているが、運営は赤字が続く。

岩崎理事長は 「全ては人間の身勝手の犠牲。博士の活躍で、命を奪われる動物を減らす活動への理解が広がればうれしい」と支援を呼び掛けている。

写真:浦一智さんが投げるフリスビーを追いかけようと駆け出す「博士」
no title

写真:殺処分直前の境遇からフリスビードッグになった「博士」を支えるNPO法人アニマルライブの岩﨑ひろみ理事長(左)と浦一智さん
no title

以下ソース:佐賀新聞 2016年10月24日 10時07分
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/369461

続きを読む

1: エメラルドフロウジョン(東日本)@\(^o^)/ [KR] 2016/10/21(金) 23:42:54.36 ID:6NvMfs4t0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
人間の「キラキラネームランキング」2016年上半期版でトップ3だったのは「碧空」、「星凛」、「奏夢」で、読み方はそれぞれ「碧空=みらん、あとむ」、 「星凛=きらり、あかり」、「奏夢=りずむ」でした。

他にも、輝星(だいや)、妃(ひな、きらり)、美音(りずむ、めろでぃ)、希星(きてぃ、きらら)などもランクイン。確かにかっこよすぎて、漢字だけでは読めない"複雑"な名前ですね...。
"キラキラネーム"をおさらいしたところで、さっそく2016年の犬の名前ランキングを見てみましょう。

第1位 チョコ(25票)
第2位 モモ(24票)
第3位 モカ(16票)
第4位 マロン(15票)
第5位 ココ(14票)
第5位 サクラ(14票)
第7位 コタロウ(13票)
第7位 ハナ(13票)
第7位 レオ(13票)
第10位 ココア(12票)

1位の「チョコ」や4位「マロン」は、ペットらしい名づけですが、その他は、人間の子供よりシンプルです。

ちなみに男の子(オス)のランキングでは、「コタロウ」が3年連続1位。女の子(メス)では「モモ」がトップ、2位は「サクラ」でした。人間のような名前が人気だと分かります。

http://www.excite.co.jp/News/product/20161020/bg_mania_2016_2_171694.html?_p=2
no title

no title

続きを読む

1: シャチ ★ 2016/10/05(水) 17:27:19.14 ID:CAP_USER9
モンキー・ドッグ「クマ」の職場は、富山市内から車で1時間ほどの山あいに広がるらっきょう畑。
山から下りてきて農作物を荒らすサルを追い払うため、週末に訪れている。

「このあたりは神通峡っていう中山間地域で、以前から獣害被害が多いところなんよ。特に猿は50頭くらいの群れが2つあって、電気柵くらいじゃ防ぎきれん。そこで、ボクらの出番というわけなんだ」

クマたちモンキー・ドッグと一緒にパトロールしているのは、富山県立中央農業高等学校の窪木睦明先生と生物生産科動物科学コースの2年生。

「もともと学校に犬はいたんだよね。ふれあい動物園で子供たちと遊んだりしていたけど、窪木先生が『農業生産にかかわる活動を!』って、授業の一環としてやることにしたんだよ」

生徒たちは訓練から一緒に始め、昨年からいよいよ仕事を開始した。

「今年から無線探知機を導入。これでだいたいの場所を探り、最終的にはボクらがにおいで見つけて吠えるという連係プレーで、効果倍増なんよ」

事実、今年のらっきょう被害はなんとゼロ!

「みんなに感謝してもらえるんで、働きがいがあるね。もっともっと頑張って、富山のおいしい農作物を全国のみんなに食べてもらいたいっちゃ」

【プロフィール】
名前:クマ♂
年齢:3歳
種類:犬(ゴールデンレトリバー)
勤務先:富山県立中央農業高等学校
職種:モンキー・ドッグ
主な仕事内容:山から下りてきた猿が農作物を荒らさないように見まわりをし、見つけたら追い払う。
お給料:畑や学校の敷地内で自由に遊べること。
好きなこと:走りまわったり他の犬と追いかけっこをして遊ぶこと。
嫌いなこと:特になし!
現在の悩み:最近、小柄な相棒(ミニチュアシュナウザーのブラ)の方が重宝されてて、ボクの出番が少ない。もっと働きたい!!
将来の夢:いずれお嫁さんを迎えて、家族で畑を守りたい。

撮影/山口規子

※女性セブン2016年10月13日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161005-00000022-pseven-soci
画像
no title

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/11(月)16:36:29 ID:Tj4
すごい!ってなるやろ?
ワイうれしいやん
やろうや

2: 名無しさん@おーぷん 2016/07/11(月)16:36:49 ID:pDp
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ