いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:動画

お風呂を嫌がるハスキー犬の駄々っ子っぷりが可愛いw


1: secret name@シクトク 2016-08-23 18:11:36 ID:
犬って、シャワー嫌いですよね。
好きな子もいますけれど、嫌いな子はとことん苦手。
逃げ回ってあっちへこっちへ走り回ってしまうこともしばしば。
こちらのハスキーさんもシャワー嫌いな子です。
その嫌がりっぷりがもう……。

https://youtu.be/-1lbRawBPRk


http://peco-japan.com/65716
続きを読む

1: secret name@シクトク 2016-08-29 14:34:15 ID:
スローになると、こんなにも癒やし成分が増加するんですね。知らなかった(´﹃`)

子コーギーたちが、ただただ駆けまわってるだけなのに…
彼らの出す、全力感のせいなんでしょうか…(´ω`)

https://youtu.be/Eb1tO_B74xE

http://peco-japan.com/63964

2: secret name@シクトク 2016-08-29 14:36:09 ID:
no title

続きを読む

1: secret name@シクトク 2016-08-26 17:19:41 ID:
米テネシー州に住むジャッキー・リットンさんの愛犬ジョージは、2年前、12年もの間共に育ち連れ添ったパートナー犬のブラッキーを亡くし、元気をなくしてしまっていました。

それはまた、ジョージがもう随分お年を召した老犬で、体力が衰えてしまったことにも理由はあったのですが、あれから2年、時々思い出したように小さく鳴き声をあげるジョージの姿は本当に寂しそうで、それがリットンさんにとっては大きな気がかりでした。

そんなある日のこと

ふと庭の方に行ってみると、そこにはいつものように縁側で横になっていたジョージ。
と、見覚えのない一羽のアヒルの姿。

どうやらどこかから迷い込んでしまったようで、しかし驚くリットンさんを横目に、ジョージは興味がなさそうにアヒルのことを気に留めず、じっと横になったままでした。

放っておけばすぐどこかに行ってしまうだろう、とでも考えていたのかもしれません。
no title

続きを読む

1: アイアンクロー(東日本)@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 22:07:46.26 ID:gbtUNnR+0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
その犬とはオスのグレート・ピレニーズで、名前は「Lazarus」。
Charsha-Lindseyさんによれば「Lazarus」は6年間もの長い間、飼い主からネグレクト(放棄)され、発見された時は排泄物にまみれた馬小屋に繋がれていたという。

no title

no title

そして今では見違える程さっぱりとした姿となり、可愛らしい表情を覗かせている。
no title

no title

http://irorio.jp/daikohkai/20160913/350909/
動画
https://youtu.be/EDVPH8oHshs


続きを読む

崖に取り残された子犬を救出

1: 朝一から閉店までφ ★ がんばれ!くまモン!©2ch.net 2016/09/08(木) 01:08:43.82 ID:CAP_USER9
居場所を知らせるかのように鳴き続ける子犬。その場所は球磨川の川岸の崖。
6日朝、身動きが取れなくなっていた子犬を近所の人が見つけた。
発見されて約2時間がたった午前10時ごろ。船をこぎ出す一人の男性の姿が…。
川を渡り、子犬を助けに向かったのだ。
男性は近くの工事現場にいた園田利光さん67歳。
無事に子犬がいる岸にたどり着いたが、深い藪と急な斜面に行く手を阻まれ、なかなか近付くことができない。
そして、救出開始から約10分。悪戦苦闘しながらも無事に子犬の救出に成功した。
[ 9/7 23:50 熊本県民テレビ]

http://www.news24.jp/nnn/news8685817.html

続きを読む

1: 白夜φ ★ 2016/09/06(火) 00:54:35.06 ID:CAP_USER
湖上の船から落ちた犬、30キロの長旅経て飼い主と奇跡の再会!

米ミシガン州のミシガン湖で飼い主が気付かないうちにボートから落ちた犬が、独力で水陸合わせて約30キロの長旅をして飼い主と再会を果たした。
米メディアが伝えた。

飼い主が必死に探していると、翌日、目撃情報に基づき周辺のキャンプ場で発見。
湖を約10キロ泳ぎ、森の中を約20キロ歩いたとみられ、飼い主は泣きながら何度も抱き締めた。
「猫だったらこうはいかないね」と米メディア。(共同)

▽引用元:産経ニュース 2016.9.5 14:20更新
http://www.sankei.com/world/news/160905/wor1609050025-n1.html

7: 七つの海の名無しさん 2016/09/06(火) 01:28:43.14 ID:U9rzbxbM
no title

続きを読む

地震発生から9日、がれきの中から犬を救出 飼い主と再会 イタリア 3

1: 白夜φ ★ 2016/09/03(土) 23:12:32.22 ID:CAP_USER
地震発生から9日、がれきの中から犬を救出 飼い主と再会 イタリア

【9月3日 AFP】イタリア中部で先月下旬に起きた地震で、発生から9日以上が経過した2日、崩壊した住宅のがれきの中からペットの犬が救出された。

ゴールデンレトリバーの「ロメオ」を救出した消防隊が撮影した動画は、鉄骨で支えられた石造りの建物のがれきの中から、ロメオが引き上げられる感動的な様子を映し出していた。

地震発生から9日、がれきの中から犬を救出 飼い主と再会 イタリア

ロメオは落ち着いた様子で、消防隊員の1人が持った容器から、230時間以上ぶりに水を飲んだ。
けがなどしてないことを確認した消防隊員が抱えていたロメオを下ろすと、ロメオはがれきの山をゆっくり下り、涙ぐんだ飼い主の元に向かった。(c)AFP

地震発生から9日、がれきの中から犬を救出 飼い主と再会 イタリア 2

▽引用元:AFPBBNews 2016年09月03日 20:05 発信地:ローマ/イタリア
http://www.afpbb.com/articles/-/3099694

▽関連 動画
You Tube ABC News
Dog Rescued From Rubble 9 Days After Earthquake in Italy
https://www.youtube.com/watch?v=DbWfzqsGi24


続きを読む

1: 野良ハムスター ★ 2016/09/01(木) 09:47:05.18 ID:CAP_USER9
飼い主にしてみれば、イヌに自分の言葉が通じているのは当たり前であり、科学的な研究など不要だろう(筆者を含むネコの飼い主は、いささか心もとないが)。

だが、人が発する言葉のうち、イヌたちが何に反応しているのかは、必ずしも明らかではない。

最新の脳スキャンによれば、飼い主が「いい子だね!」と言葉を掛けるとき、イヌは単語とその言い方の両方を聞いているという。
人間の会話では単語とイントネーションのどちらも大切だが、イヌにとっても同様なのかは、これまで分かっていなかった。

8月29日付で学術誌「サイエンス」に掲載された研究で、イヌの脳も人間と似た方法で情報を処理していることが判明した。

英ニューカッスル大学の神経心理学者で、この研究には関わっていないクリス・ペトコフ氏は、「この発見にとても興奮しています。人とイヌの脳活動にこれほどの一致が見られるのは非常に面白いことです」と評価する。

■イヌと人間の脳はよく似ている

研究を主導したアッティラ・アンディクス氏は、ハンガリー、ブダペストにあるエトベシュ・ロラーンド大学の動物行動学者で、イヌ好きでもある。哺乳類の脳が言語を処理する方法を解明する一手段として、イヌの研究を始めた。

だが、第一歩を踏み出すのは容易ではなかった。機能的磁気共鳴画像(fMRI)装置の中で決して動かないよう、イヌたちをしつける必要があったからだ。
実験できる水準までドッグトレーナーたちがイヌを訓練するのに、何カ月もかかった。
ボーダーコリー6匹、ゴールデンレトリバー4匹、ジャーマンシェパード1匹、チャイニーズクレステッド1匹など、ハンガリー国内のイヌ計13匹が実験に参加した。

「装置の中で絶対に動かず伏せていなければならないと理解させるのが最も厄介でしたが、『完全に静止していてほしい』というこちらの要望がいったん認識されてからは、非常にスムーズでした」とアンディクス氏は振り返る。

2014年、アンディクス氏ら研究者は、今回と同じ13匹が人や他のイヌが発するさまざまな声(うなる、ほえる、クンクン鳴く、叫ぶ)を聞いた時に脳がどう反応するかを調べた。
その結果、人でもイヌでも、幸福感と恐怖感を表す声に脳の同じような場所が活性化することが分かっていた。

だが、発話は別の話だ。
英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの神経科学者で、この研究には参加していないソフィー・スコット氏は、「自然界で人間の発話ほど複雑なものはありません」と話す。

■本気で褒めることが大切

そこでアンディクス氏ら研究チームは、2年前と同じ13匹のイヌに、それぞれの飼い主が内容や言い方を変えて発した言葉を録音で聞かせた。
「褒め言葉(ハンガリー語で「賢いね」「その通り」など)を賞賛の口調で」「中立的な言葉を中立的な口調で」「褒め言葉を中立的な口調で」「中立的な言葉を賞賛の口調で」という4パターンだ。

その結果、イヌの脳画像は左半球が単語そのものに反応し、右半球がそのときのイントネーションに反応していることを示した。

だが、イヌの脳にある報酬領域が活発化するには、「褒め言葉を賞賛の口調で」聞く必要があった。言い換えると、飼い主が本当に褒めているのかどうか、イヌは分かっているということだ。

「イヌの中には、飼い主の言う通りにさせるには褒めるだけで十分という者もいるかもしれません。私たちは今回の実験で、研究チームを喜ばせたい積極的なボランティアのようにイヌたちを扱いました」とアンディクス氏は話す。

だとすれば、望ましい行動を飼いイヌにさせるための鍵は「本当に優秀だね」と本気で伝えることのようだ。

no title

http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/083100325/

続きを読む

1: 神のみそ汁 ★ 2016/08/31(水) 15:19:07.33 ID:CAP_USER9
予想外の奇跡! レース中のコースに入ってしまったワンちゃんが危機一髪
ねとらぼ 8月31日 11時35分配信

公道で行われるモータースポーツ「ラリー」の競技中、そのコースに入ってしまったワンちゃんの危機一髪な瞬間を写した動画がYouTubeで公開されています。

動画
Zuasnabar le salva la vida a un perrito
http://youtu.be/pBnCCz1qOs4
これは予想外でした……

気づくとコース内に、レースをするかのように走るワンちゃんを発見。
すると間もなく、その後ろからスピードを出した車が……! 
「もうダメだ!」と思ったその瞬間、その車はぶつかる寸前でワンちゃんの上をまさかのジャンプ(!)。
そのまま車は走り去り、そこには何事もなかったかのように元気に走り続けるワンちゃんの姿がありました。
なんという奇跡!

あぶない!
no title

え?
no title

これは
no title

飛び越えたあああああ!
no title


走っていたワンちゃんと車が重なるタイミングが、偶然コース上の凸部分と一致して起きたこの奇跡のジャンプ。
ドライバーが知っていたのかはわかりませんが、猛スピード中に無理にハンドルをきって避けるより、結果的にはどちらにも被害がなく済んだと言えるでしょう。
どっちの度胸もすごい。

変わらずは競技を続ける車と
no title

走り続けるワンちゃん
no title

海外のスポーツニュースサイトによると、8月28日に南米ボリビアでのラリー中に起こった出来事で、さまざまなメディアやSNSで「幸運の犬」「信じられない映像」と話題になっています。

https://www.instagram.com/p/BJq9-VRhVR3/


no title

タイミングばっちり!

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160831-00000033-it_nlab-life

その他画像
no title

no title

no title

no title

続きを読む

【動画】サモエドさん、待望の新曲をリリース!

それではお聴きください サモエドさんで「Wooooo」 


 続きを読む

↑このページのトップヘ