いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:動画

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/11(月) 16:26:56.823 ID:dxzo8neDd
※GIF画像
no title


続きを読む

no title

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/24(木) 23:20:33.298 ID:Ks9D/b+Xa
犬みたいに飼えないの?



続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2019/02/01(金) 11:34:45.63 ID:SBEZJ0Eu0 BE:422186189-PLT(12015)



続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2019/01/09(水) 17:53:44.03 ID:9+r1GecY0● BE:887141976-PLT(16001)
脳卒中で倒れたご主人が倒れ、飼われて居た6匹が心配になり病院まで追いかけるという出来事が1月3日にあった。
ブラジルのシアノルテで野宿生活していたホームレスのルイスさんは、脳卒中になり病院に運ばれた。
そんな飼い主を見守るために、飼われていた6匹の犬が病院まで追いかけたのだ。

救急車が病院の前に止まると後ろから6匹の犬が姿を現した。犬はルイスさんが餌を貰っていた野良犬でルイスさんを追いかけ全速力で病院まで走ってきたという。
到着時間も救急車と同じだというから驚きだ。

ルイスさんが病院に入ったものの、犬たちは病院のドアの前に座りこみルイスさんが出てくるのを待っていた。
中には悲しそうに鳴く犬も居たという。

ルイスさんは1日後に治療を終えて病院から出てきた。しかしルイスさんは別のドアから出てしまったため犬との再会が遅れてしまった。

犬は24時間以上もルイスさんを待ち、NGOであるAmigos de Patas Cianorteのボランティアがルイスさんを再び病院に呼び戻したところ犬たちと再会できた。
Amigos de Patas Cianorte公式SNSアカウントに再開し尻尾を振る犬たちの姿が公開されている。

■12月にも似たような出来事が
実は12月にも同じブラジルで似たような出来事が起きたばかりだ。12月9日、ブラジルのアルトベール病院にセザールという名前のホームレスが入院することになった。
彼はホームレスだったため誰一人として知人や家族の見舞いは無かったが、唯一のお見舞いは飼っていた犬だった。
病院の前に4匹の犬が座ってセザールさんの帰りを待っていた。
もちろん今回同様に病院には入らずに入口での待機。

http://gogotsu.com/archives/46903
no title

no title

no title



続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/10(木) 10:11:17.571 ID:CcGlRrS4d
※以下、全部GIF画像
no title



続きを読む

11: 風吹けば名無し 2018/12/16(日) 09:35:45.68 ID:lft5mLjP0
no title



24: 風吹けば名無し 2018/12/16(日) 09:36:39.40 ID:OzEEk9He0
>>11 
凜々しーヌ



25: 風吹けば名無し 2018/12/16(日) 09:36:40.24 ID:EnwXkrlA0
>>11 
かっこいーぬ



続きを読む

自分を捨てる飼い主に必死に追いすがる子犬

欧米ではクリスマスは家族と一緒に過ごすことが当たり前と考えられているが、このほどイギリスで家族として飼われていたであろう子犬がクリスマスを家族と一緒過ごすことなく道端に捨てられてしまった。 
監視カメラが捉えた、立ち去ろうとする飼い主の車にすがりつく子犬の様子が人々の怒りと涙を誘っている。『The Sun』などが伝えた。 

今月17日の午後5時11分頃、英スタッフォードシャーのストーク・オン・トレントにある道路脇に設置された監視カメラに犬を捨てる飼い主と思われる男性の姿が捉えられた。
犬はスタッフォードシャー・ブル・テリアの雄で、身体は幾分成長しているもののまだ幼い子犬だった。 

子犬は捨てられた約1時間後に動物病院で保護され「スヌープ」と名付けられた。
そして動物病院から連絡を受けた「RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)」では、スヌープを捨てた飼い主の捜査を行った。 

公開された監視カメラの映像では、飼い主と思われる男性と一緒に車から出て来るスヌープの姿があった。
大好きなご主人と一緒に散歩に行けるとでも思ったのであろう、尾を振り嬉しそうにするスヌープの姿が捉えられている。 

ところが男性はスヌープの愛用していたと思われる犬用のベッドを歩道に置いて、繋いでいたリードを外した。
そして一瞬の隙をついて、車に走って戻っていったのだ。
スヌープはすぐに男性の乗り込んだ車に駆け寄り、運転席に座る男性の姿を窓からすがるようにしてのぞき込んでいる。 

その姿はまるで「僕を置いていかないで…」と訴えているようにも見える。
車は無慈悲にもスヌープをその場に置いていき、映像は走り去る車のあとを必死で追うスヌープの様子で終わっている。 

RSPCAの査察官であるナタリー・ペレホブスキーさん(Natalie Perehovsky)は、以下のように話している。 

「あまりにも悲しすぎる。スヌープは去っていく車を追いかけていったのです。明らかに彼は主人のことが大好きだったことが分かります。スヌープは非常に悲しかったはずです。」 

「私には飼い主がこんなことをする瞬間、何を思っているのか知る由もありません。飼育する費用が無いとか、家族に何か起きて世話ができないとか、何百という理由があります。」 

「しかし、皆さんには手を差し伸べてくれる場所があるのです。慈善団体や犬の保護施設に彼らを連れて来ることができるのです。(捨てるなんて)弁解の余地がありません!」 

今回、スヌープのことを知った人達からは「こんな残酷なことができるのは人間だけだ」「残念だがこんな愚かな奴は世界中にいる」といった声のほか、「もう涙しか出ない」という飼い主に対して非難のコメントが相次いだ。




自分を捨てる飼い主に必死に追いすがる子犬2
 
続きを読む


1: secret name 2016-02-08 11:21:07 ID:
【世界の映画祭で59の賞を獲得】
ドイツにあるアニメーション学校「Visual Effects and Digital Postproduction at the Filmakademie Baden - Wuerttemberg」のJacob Freyさん率いるチームによって制作された同作は、世界180カ国の映画祭に出品され、59もの賞を獲得している注目作です。

作品最大の見どころは、この、少年が立ちあがった瞬間です。
このとき “すべてがわかる” ので、どうか最後までご覧になってみて。

https://www.youtube.com/watch?v=WjqiU5FgsYc




続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/01(火) 08:31:09.64 ID:ifjcs3r+0
no title



続きを読む

↑このページのトップヘ