いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:ラブラドールレトリバー

1: ばーど ★ 2017/12/01(金) 16:07:55.05 ID:CAP_USER9
お手柄警察犬
no title

暴力団事務所に拳銃を隠し持っていたとして組幹部の男が逮捕されました。拳銃を発見したのは警察犬でした。
指定暴力団稲川会系の幹部・岡崎一容疑者(50)は先月29日、横浜市中区の組事務所に拳銃1丁を隠し持っていた疑いが持たれています。

警視庁によりますと、違法薬物事件の捜査で組事務所を捜索したところ、組長の席の後ろにある柱の近くで薬物と銃器の捜索を専門とするハイブリッド犬と呼ばれる警察犬が吠えたということです。
捜査員が確認したところ、柱の中に空洞があり、拳銃が隠されていました。岡崎容疑者は「細工をして隠したのは俺だ」と容疑を認めています。

配信2017/12/01 11:57
テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000115714.html

続きを読む

メキシコ地震で50人以上の命を救った救助犬

 続きを読む

no title

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/12(金) 03:36:51.753 ID:8VOHXzGqd.net
ラブラドール・レトリーバーが知的で自発的な行動をとることができる好例として、2001年に人命救助をしたエンダル (en:Endal) という名前の犬があげられる。
エンダルは交通事故によって意識を失った飼い主に回復体位をとらせ、車の中から携帯電話と毛布を運び出した。そして毛布を気絶している飼い主にかけたうえで、近くの家に助けを求めるべく吠え立てて、さらに近くのホテルへ駆けていって救助を求めたのである。
また、ATMでの金銭やカードの取り忘れを飼い主に教える訓練を受けているラブラドール・レトリーバーも多い


携帯電話まで持ち出すとか最早人間なんじゃないか?

続きを読む

1: ばーど ★ 2017/07/10(月) 18:03:48.63 ID:CAP_USER9
警視庁は、指定暴力団住吉会系組員の間瀬伴紀容疑者(32)=埼玉県坂戸市花影町=を銃刀法違反(加重所持)の疑いで現行犯逮捕し、10日発表した。
「自分のものではない」と容疑を否認しているという。

間瀬容疑者の家には過去3回、拳銃が保管されているとの情報を元に警察が家宅捜索したが、一度も見つかっていなかった。
今回は火薬などのにおいに敏感な同庁の警察犬「ムーンロケット号」が家の床下に隠されていた拳銃や実弾を探り当てた。

組織犯罪対策5課によると、間瀬容疑者は7日、自宅の床下に32口径の回転式拳銃1丁と実弾5発を所持していた疑いがある。

ムーンロケット号は雄のラブラドルレトリバー。銃器と薬物の両方を捜索できる。7日は2階建ての間瀬容疑者宅で、休憩を挟みながら1時間以上かけて1部屋ずつ丁寧に捜索。
1階の台所で、床下収納のふたの境目をクンクンと念入りにかいだ末、すっと座り込んで捜査員を見上げた。

座り込むのは、「何かが見つかった」際のサイン。捜査員が床下収納のふたを開け、さらに収納をとり外したところ、拳銃と実弾が見つかったという。

薬物も銃器も捜索できる警察犬のムーンロケット号。愛称は「ロック」
no title

http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170710003427.html
日々訓練に励んでいるムーンロケット号。=東京都板橋区の警察犬第一訓練所で
no title

配信 2017年7月10日17時39分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK7B44ZFK7BUTIL023.html

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/28(水) 23:57:22.45 ID:ESl3e5780
動物園でヒョウを飼育する時、ヒョウの強い警戒心を和らげるために犬が活躍する
特に大型犬のおおらかな心と接することで他の動物、人間にも警戒せずに生きる事ができる
no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2017/05/18(木) 10:02:53.89 ID:CAP_USER9
伊勢原市内で4月、行方がわからなくなった小学生の児童を無事発見したとして、伊勢原署は17日、警察犬のアリス号(7歳)とリン号(8歳)に署長賞を贈った。
副賞は高級ビーフジャーキー。指導担当の警察官は「訓練中のおやつにします」と笑顔で話した。

署によると、4月下旬の午後11時ごろ、2匹は児童を捜し始めた。署員らの捜索では見つからず、家族の届け出から約6時間が経っていた。
自宅にあった児童の靴のにおいを手がかりに行方をたどった。約1時間後、自宅から1キロほど離れた路地で、リン号が発見したという。

アリス号はジャーマンシェパードのメスで、担当する鑑識課の上野和仁警部補は「ご褒美のためにがつがつ頑張るタイプ」。
リン号はラブラドルレトリバーのメスで、浜野治彦巡査部長いわく「やるときはやるが、訓練や捜査が終わると甘えてくるオンとオフがはっきりしているタイプ」。

表彰はそれぞれ5回目と26回目という。(佐藤栞)

左から指導官の上野和仁警部補、アリス号、浜野治彦巡査部長、リン号=伊勢原署
no title

表彰を受けたアリス号(左)とリン号=伊勢原署
no title
配信 2017年5月18日03時00分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK5K3J58K5KULOB00C.html

続きを読む

1: そまのほ ★ 2017/03/21(火) 09:00:32.49 ID:CAP_USER9
香川・警察犬:あの「きな子」が死んだ 14歳、老衰で

警察犬試験に6年連続で落ちながらも、そのひたむきな姿が広く愛された香川県警の元嘱託警察犬「きな子」が20日、死んだ。
14歳だった。丸亀警察犬訓練所(同県丸亀市)によると、老衰とみられる。

きな子は2002年5月生まれの雌のラブラドルレトリバー。
きな粉のような色の毛から命名された。
警察犬になるため、04年から試験を受けたが落ち続け、ドジぶりがかわいいと人気を呼んだ。
テレビや映画、書籍などで評判となり、08年2月からは県警の「特別教育隊員」にも任命された。

10年11月にあった7度目の挑戦で見事に合格。
警察犬として活躍し、13年春に引退した。
娘の「こむぎ」も5度目の挑戦で警察犬試験に合格している。

きな子が育った同訓練所の訓練士、亀山篤志さん(30)は
「一緒にいる時間が長かったので、本当に残念。おとなしい犬だった。最後は眠るように息を引き取った」と話した。

http://mainichi.jp/articles/20170321/k00/00m/040/070000c
試験に挑戦するきな子
no title

【写真特集】数々のシーンできな子を振り返る
http://mainichi.jp/graphs/20170320/hpj/00m/040/005000g/7

続きを読む

市街地で黒いクマの目撃情報

1: ニライカナイφ ★ 2016/09/09(金) 21:53:13.15 ID:CAP_USER9
◆市街地にクマ!? 捕まえてみたら... 兵庫・姫路市

兵庫・姫路市にある神社の近くで、体長1メートルほどの黒いクマの目撃情報があった。
近所に住む人は「クマの意識はしたことない」と話した。

すぐ近くに住宅地があるため、早速、警察官や県の職員らによるクマの捕獲作戦が始まった。
警察官たちが捜索を始めてから、およそ3時間。

黒い影が見つかった。
しかし、犬だった。

大きさや色から、クマに見えたのは、このラブラドルレトリバーだったと断定された。
このあと、飼い主のもとに無事帰ったという。

関西テレビ 2016/09/09 18:03
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00335778.html


続きを読む

1: リサとギャスパール ★ 2016/08/15(月) 23:34:13.93 ID:CAP_USER9
【AFP=時事】
15日に独立記念日を迎えたインドでは、首都ニューデリー(New Delhi)で記念式典が開かれたほか、各地で祝賀行事が行われた。

インド・ディマプールで、独立記念日の祝賀式典の最中に敬礼する中央警察予備隊の隊員と警察犬たち
no title

インド・シムラで、独立記念日の祝賀式典に国旗カラーのユニフォームで登場した子どもたち
no title

インドの首都ニューデリーのデリー城前で、独立記念日式典への出席を終えた子どもたち
no title

インド・コルカタで、独立記念日を祝い、額にインド国旗をあしらったペイントを施した女子学生
no title

インド・ムンバイで、国旗カラーの風船を手にして、独立記念日を祝うイベントに参加した女の子
no title
http://www.afpbb.com/articles/-/3097552
2016年08月15日 23:18 発信地:インド
続きを読む

山で迷子になった少年を犬が2日にわたって温める

1: 白夜φ ★ 2016/07/31(日) 23:30:48.47 ID:CAP_USER
犬が山で迷子になった少年を2日にわたって温める

ラブラドールのマックスがメキシコの山で遠足の際に迷子になった14歳のジャン・エリベルト・トレヴィノ君を救った。
テレグラフが報じた。

少年キャンプで休暇を楽しんでいた少年が仲間と一緒に山に遠足に行ったところ、すぐにグループから分離してしまい、迷子になり、小さな崖から落ちた。
少年は足に軽いけがを負い、普通に歩く能力を失った。

彼の転落に遠足のわずか数時間前に「知り会った」ラブラドールのマックスが気づいた。
ほぼ2日、犬は少年のそばにおり、暖をとるために抱擁することを許した。
マックスはまた、山の水がたまっているところを少年に教え、ともに水を飲んだ。

ジャンによると、犬のそばで彼は安全を感じた。
ほぼ2日後、救助者が少年を発見したとき、彼らは、もしラブラドールがいなかったら少年には生存のチャンスはほとんどなかった、と確認した。
助かったメキシコ少年は家に犬を連れ帰ろうとしたが、マックスはすでに人の犬であることが判明した。

▽引用元:SPUTNIK 2016年07月31日 06:13(アップデート 2016年07月31日 07:13)
http://jp.sputniknews.com/life/20160731/2576538.html


続きを読む

↑このページのトップヘ