いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:ボーダーコリー

1: ばーど ★ 2017/10/28(土) 13:01:27.38 ID:CAP_USER9
子どもたちとの触れ合いを楽しむロン=佐世保市、白岳自然公園
no title

長崎県佐世保市江迎町の白岳自然公園では、ボーダーコリーのロン(オス、8歳)が看板犬として来園者を迎えている。1日に近くの山で登山客がスズメバチの群れに襲われた際には、身をていしてかばい、客を避難させた。飼い主で公園の所長、横松賢一さん(62)は「人を気遣うことができる犬だが、ここまでするとは思わなかった」と愛犬の勇気ある行動に驚いている。

「ワンちゃんだ。かわいい」。夕日が木々を金色に照らし始めた9日午後5時前。公園で遊び終わった家族連れがロンの元に駆け寄った。体を触ったり体の上に乗ったり。思いのまま触れる子どもたちを穏やかに受け入れていた。

生後3カ月から看板犬を務めるロン。子ども好きな優しい性格で人気を集めてきた。

横松さんによると、登山客がスズメバチに襲われたのは1日午前11時ごろ。幼児や小学校低学年の親子連れ約20人が参加していた。下山ルートを探そうと草地に足を踏み入れた際、地面から約50匹のスズメバチが湧き上がった。子どもたちは悲鳴を上げてパニック状態に陥った。ロンはすぐさま駆けつけ、ハチを追い払おうとした。次第にハチの標的は黒色の毛を持つロンに。参加者はその間に離れた場所に避難をできたという。

6人が足や首、頭などを刺されて救急車で運ばれたが、命に別条はなかった。ロンが刺されたのは20カ所以上。治療を受けたが約1週間にわたって食欲不振や嘔吐(おうと)が続いた。横松さんは「子どもが刺されたこと自体いいことではない」としながらも、「『何をしてるんだ』という怒りで立ち向かったのだろう。ロンがいなかったらと思うとぞっとする」と振り返る。

傷を受けた後も看板犬として変わらず来場者を歓迎するロン。横松さんは「ロンは子どもたちが来てくれることが喜び。ぜひ遊びに来て」と呼掛けている。

配信10/28(土) 10:35
長崎新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00010001-nagasaki-l42

続きを読む

no title

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/20(火) 09:39:58.217 ID:pC+Ri8Ob0
1.柴犬
2.シベリアンハスキー
3.ボーダーコリー
コーギー

続きを読む

愛犬にゴルゴ13の眉毛を付けてみた

愛犬にゴルゴ13の眉毛を付けてみた2
続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 02:01:50.10 ID:eCWZcF8Y0
うらやまC

続きを読む

no title

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/24(木) 08:04:48.144 ID:yrrSigeq0
人間はみんな俺を嫌な目で見るのに犬だけ優しい目。
帰ってくるとお出迎えしてくれる。
餌あげると喜ぶ。
一緒に寝てくれる。

俺は散歩は毎日2回必ず連れて行っている。

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 23:53:05.35 ID:7p72H+M+0
可愛い

続きを読む

飼い主「誰か、新聞取ってきて~!」ゴールデンレトリバー「はーい

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/05(木) 14:36:52.818 ID:uCV22hg100505
ジャーマンシェパード「私におまかせください。で、どこを通ればいいのでしょうか?」
ラブラドールレトリバー「ハイったらハイ!僕!僕!僕にやらせて!いい?いい?ほんと?ウハウハ!もう最高!!」
バセットハウンド「まだ昨日の新聞を取りに行く途中なんだよ」
ダックスフント「と、届かない…」
セッター「待ってて、今、新聞を新聞受けから追い出すからね」
バーニーズ「もっと重いものないの?」
柴「すでに配達員ごと確保してございます」
シベリアンハスキー「ついでに旅に出てもいいですか」
グレイハウンド「逃げない奴にゃ興味無いね」
ニューファンドランド「泳がない奴にゃ興味無いね」
マルチーズ「後で抱っこしてくれるなら取ってくるよ」
シーズ-「ていうか抱っこして新聞受けまで運んでよ」
シェットランドシープドッグ「OKOKOKOKOKOKOKOK!」
ビーグル「新聞?新聞って何?それって食べられる?ごほうびは?
他のやつらじゃダメでしょ?やっぱ狩猟犬だよね!え?え? 誰がうるさいって?」
バセンジー「…」
サモエド「…」(ニコニコ)
セントバーナード「あ、食べちゃった…」
ヨークシャテリア「重たいけど頑張ります」
チワワ「重たいから無理です」
ボルゾイ「余はそのようなくだらぬ用にかかわりを持たぬのだが」
マスティフ「俺に指図するたぁ、いい度胸じゃねえか、気に入った」
グレートデン「皆の衆、新聞を取りに行くのじゃ」
パピヨン「あら、コートが汚れるじゃないの。ボーダーコリーさん、代わりに行ってくださらない?」
ボーダーコリー「近所の新聞も集めといたよ!」

続きを読む

柴犬買おうとおもってるんだ

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/21(木)18:16:25 ID:66F
せやろ?

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/04(月)17:24:52 ID:2Nl
毛玉
no title

続きを読む

1: 腕ひしぎ十字固め(四国地方)@\(^o^)/ 2015/12/26(土) 13:27:48.69 ID:kf8q9qyQ0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
イギリス北ノーフォーク地方で、散歩中の男性が100メートルの高さの崖から
落ちそうになっていたコリー犬を命がけで救出しました。
no title

その日、デレック・ショウさん(54)は奥さんのアンさんと散歩していました。
すると、崖の下の方から人々が叫ぶ声が聞こえます。デレックさんがのぞいてみると、
崖っぷちから約2メートル弱のところにコリー犬がいるのが見えました。
崖は約100メートルの高さ。落ちたら確実に命はありません。
コリー犬はわずかなでっぱりにかろうじて立っている状態でした。
デレックさんは、崖に腹ばいになり、腕を伸ばして救出にかかりました。
これを見た通りがかりの旅行者たちも、デレックさんの足をつかんで、
デレックさんの安全を確保します。デレックさんが犬の首輪に手をかけると、
みんなでデレックさんの体を支えて犬を引き上げ、救出成功。
これらの写真は、救出作業に協力した男性の奥さんが撮影したものです。
このコリー犬、名前はミリーといい、この救出劇前日に他の犬に驚いて
飼い主のもとを逃げ出してしまっていました。デレックさんたちは警察に連絡し、
ミリーは無事に飼い主のもとに戻ることができました。
no title

no title

http://www.hellfire.top/archives/1048231540.html

続きを読む

↑このページのトップヘ