いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:ペットロス

ワイのイッヌ、17歳突破

1: 風吹けば名無し 2019/08/26(月) 16:37:09.52 ID:DCFm5cC/d
すごE



続きを読む

1: 一般国民 ★ 2019/08/16(金) 14:34:42.19 ID:CAP_USER
ペットの熱中症、最多は家の中? 警視庁も注意喚起「犬や猫は体温を調整する力が弱い」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010001-bfj-sctch
2019/8/14(水) 6:50配信
YAHOO!JAPAN NEWS,https://news.yahoo.co.jp
BuzzFeed Japan,https://www.buzzfeed.com/jp?country=ja-jp

【科学(学問)ニュース+、記事全文】
(画像)動物は汗腺が少ないため、体温調整が難しい。主に対流や呼吸で放熱しているが、気温が体温と近くなると呼吸による放熱が困難になるという
no title

「人間だけでなく、ペットも熱中症になります」と警視庁警備部災害対策課がTwitterで注意喚起している。投稿は「犬や猫は体温を調整する力が弱く、暑さや高い湿度が苦手です。高温になる自動車内などは特に注意して下さい。また、室内飼いでも(1)エアコンで室温を調整する(2)扇風機で空気を循環させる(3)飲み水を多めに置くなど、熱中症対策を忘れずに」と続く。ペットの熱中症はどんな時に起こるのか? どのように処置をすれば良いのか?【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

(画像)警視庁警備課災害対策課のツイート
no title

ペットの熱中症、その症状は?
・警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)は、主な症状と応急処置の方法をTwitter上で公開。またたく間に拡散された

■犬や猫の熱中症の症状
1)初期~中期の症状
・いつもより呼吸が荒く、よだれを沢山垂らしている
・ふらついて歩けなくなり、ぐったりしている
・心拍数があがっている
・体温が高い(40度を超えると異常である)
・目が赤く充血し、歯口が真っ赤(どす黒く)になる

2)さらに進んだ症状
・下痢や嘔吐を繰り返す
・意識がもうろうとしていたり、消失している
・けいれん発作を起こしている

■対処方法(応急処置について
・日陰で休ませる
・水を飲ませる
・体をゆっくり冷やす
・応急処置を過信せず、早めに獣医に相談する
------------------------------

(画像)アイペット損害保険株式会社が2019年6月に発表した「ペットの熱中症を疑ったとき、どのような症状が見られたか?」というアンケート結果。調査対象は1052名
no title

また、アイペット損害保険株式会社はペットの熱中症に関する調査を実施。飼い主がペットの熱中症を疑ったサインとしては「ぐったりしていた」が最多の結果となった。その他には「息苦しそう」、「ふらふらしている」、「食欲の低下」、「水を飲まない」なども挙げられている

(画像)「ペットの熱中症を疑ったとき、どのような状況だったか」
no title

実は多い「家の中」での熱中症
同社のアンケートでは「ペットの熱中症を疑ったとき、どのような状況だったか」という質問もあった。回答を見ると、最多は「家の中でお留守番中」。ついで「お散歩中」、「家で一緒にいるとき」と続く。気温が上がりやすい車中よりも、家の中が圧倒的に多い結果となった

冒頭の警視庁災害対策課のTwitterにも記載されているが、室内飼いでも

1)エアコンで室温を調整する
2)扇風機で空気を循環させる
3)飲み水を多めに置く
といった対策が必要だろう

環境省の「令和元年度熱中症対策シンポジウム」での資料によると、ペット類は体を毛で覆われているだけでなく、汗腺が人間よりも少ないため体温調節が難しいという。汗をかかない動物たちは主に対流や呼吸によって放熱するが、気温が体温と同程度に上昇すると呼吸での体温調節も困難になるそうだ

(画像)環境省が公開しているイラスト。水色の部分を冷やす
no title

・応急処置の方法は?
1)日陰で涼しく風通しが良い場所に寝かし、水を飲ませる
2)身体に濡れタオルを巻く(常温の水を使う)
3)保冷剤をタオルで巻いたものにゃ濡れタオルを、首筋の前側、前足の付け根内側、後足の内股に当て、ゆっくりと冷やす
4)激しい呼吸が落ち着くまで休ませる

警視庁だけでなく、環境省も同じく熱中症の応急処置について公開している。熱中症の症状が見られたら

1)速やかに涼しい場所に移動し
2)体に水をかけ
3)後頭部、足先、首、脇、後ろ足の付け根を重点的に冷やす
としている

体温が下がったとしても脳や内臓に障害が残る可能性があるため、速やかに動物病院に運ぶよう呼びかけている



続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)22:57:41 ID:zkU
イッシャ「もってあと2週間ですかね…」
ワイ「?」
↓2ヶ月後
イッヌ「散歩行くンゴォォォ!!」
イッシャ「あと1,2年生きますねこりゃ…」
ワイ「草」



2: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)22:58:02 ID:zkU
介護しんどいンゴ



4: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)22:58:25 ID:KwS
よかおめ



5: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)22:58:34 ID:6Tq
ヤブ医者やんけ



6: 名無しさん@おーぷん 19/08/04(日)22:59:15 ID:zkU
no title



続きを読む

気持ち良さそうに寝てる犬の寝顔って良いよね7

1: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 10:27:15.50 ID:bwM/QIKta
ワイ「治療費いくらかかるんや?」

病院「8万円くらいなんだよなぁ」

ワイ「せやのか」

犬「あれ、ワイまだ生きとるやん」

犬「ん?いつも遊んでたパソコンやゲームどこやったん?」

ワイ「気にせんでええんやで」



続きを読む

1: 柘榴 2019/05/07(火) 17:30:31.929 ID:kAHERKZ80
若い頃のだけどめっちゃ可愛かったよ
去年17で死んだが
no title

no title

no title


続きを読む

1: nita ★ 2019/05/06(月) 13:41:22.18 ID:CDmjJYN39
5/6(月) 12:55配信
朝日新聞デジタル

 「ブサかわ犬」(不細工でかわいい犬)として人気の秋田犬「わさお」の妻「つばき」が5日夕、亡くなった。6歳だった。わさお一家が暮らす青森県鰺ケ沢町のイカ焼き店では、関係者が悲しみにくれている。

 つばきは2012年生まれの秋田犬。わさおの飼い主だった故菊谷節子さんが、自身が長期入院した際にわさおの毛が抜け落ちてしまったのを見て、「この犬は1匹にしてしまうと死んでしまう」と14年に妻として迎え入れた。16年には秋田生まれの「ちょめ」も「娘」として家族に加わり、菊谷さん亡き後もイカ焼き店の客を迎えてきた。

 わさおの活動を支援する「わさおプロジェクト」代表の工藤健さん(51)によると、夕方に散歩の準備をしようと工藤さんが小屋に入ったところ、ぐったりして息づかいが荒くなっていた。そばではわさおがほえていたといい、「つばきの異常を察知していたのかも」と工藤さん。急いで動物病院に連れて行き、酸素吸入などを試みたものの、午後5時過ぎに息を引き取ったという。

 一夜明けた6日は、悲報を知ったなじみ客らが朝から訪れ、つばきの写真が飾られた店で突然の死を悼んでいるという。工藤さんは「わさおも今朝から普段以上におとなしく、元気がない。つばきとは切っても切り離せない関係だった。私もあまりに急で受け止めきれない」と話した。(板倉大地)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000014-asahi-soci

no title

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2019/03/07(木) 01:44:06.37 ID:kcOYNzbra
~半年後~
彡(^)(^)「ペットショップいったら可愛すぎて、犬衝動買いしたンゴ」



続きを読む

no title

1: プティフランスパン ★ 2019/02/19(火) 22:32:06.43 ID://5nAO+S9
名前はイズ号。享年12歳、人間にすれば89歳の大往生だ。
2019/02/19 18:06 Kota Hatachi
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/okibitanooruku
2月1日、航空自衛隊松島基地に勤めていた一頭の犬が、亡くなった。
no title

名前はイズ号。享年12歳、人間にすれば89歳の大往生だ。同基地がTwitterに「長い間ご苦労様でした」と投稿すると、3千近くリツイートされ、注目された。

・イズ号は「警備犬」として、隊員とともに基地を守る任務にあたっていた。
no title

航空自衛隊では、それぞれの基地の特性に応じた訓練を受けた200頭の警備犬が活躍している。イズ号はもともと埼玉県の入間基地で活躍していたが、松島基地の隊員に見初められて、2011年2月に配備されたという。担当者に従順でとにかく真面目。「学級委員のような警備犬」だったそうだ。

・しかしその1ヶ月後、宮城県東松島市にある松島基地は東日本大震災による津波に飲まれ、甚大な被害を受けた。
no title

AFP=時事通信
津波では、イズ号たち、警備犬が暮らす犬舎も冠水。水が引いた震災翌日、担当係長が泥水に浸かりながら犬舎に向かった。奇跡的に、ほとんどの警備犬は自力で泳ぎ切り、助かっていたという。BuzzFeed Newsの取材に対し、現在の担当者は当時の状況をこう説明する。「助かった警備犬たちは泥だらけになりながら怯え、ふるえていました。直接声をかけると安心したのか、一斉に吠え出しました。全滅したと思っていた係長は、その状況を見て涙しました」

・震災後は広報活動に従事するなど、「基地の復興に尽力」したイズ号。
no title

航空自衛隊松島基地提供
基地の復興が終わるとともに現役を退いた。引退後も高齢でありながら、元気に走り回っていたという。

・震災を生き延びた警備犬も、いつしかイズ号だけに。そんな最後の一頭が亡くなった。
no title



続きを読む

【注意】犬にキシリトールは猛毒!

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2019/02/09(土) 07:18:04.19 ID:Zs+GLITq0 BE:323057825-PLT(12000)
責任ある飼い主ならば、犬にとって有害な食べ物を熟知していることだろう。
しかしイギリスで、飼い主が思ってもいなかったものを犬が口にしたことで容態が急変し死亡してしまったニュースが『Metro』『inews.co.uk』などで伝えられた。

元BBC NewsとSky Newsのレポーターだったケイトさんは、慢性症候群(筋痛性脳脊髄炎)を患っていることから医師に糖分を控えるようにアドバイスされており、この日も自身の健康を考えて糖分カットのために天然甘味料のキシリトールを入れたチョコレートブラウニーを作った。

ところがケイトさんが留守の間に、ルビーが台所の脇に置いてあった容器の蓋を開けてブラウニーを2つ盗み食いしてしまった。
ルビーは過去にもブラウニーを盗み食いしたことがあり、犬にチョコレートは有害であることを知っていたケイトさんは、そのことを動物病院に知らせた。
すると獣医師に少量のチョコレートならルビーのような大きさの犬にはさほど有害ではないと言われたことから、今回のルビーの盗み食いもあまり心配はしていなかった。

中略

ルビーは肝不全に陥り脳梗塞を起こして死亡した。容態急変から8日後のことだった。

ケイトさんは、ルビーがキシリトールを口にしたか否かを獣医師から尋ねられ、愕然とした。
自分が作ったブラウニーにキシリトールを入れたことが愛犬の死に繋がったと知り、大きなショックを受けた。
キシリトールは少量であっても犬にとっては有害で致命的となる。ケイトさんはそのことを全く知らなかったのだ。
今も悲しみに暮れるケイトさんは、今回初めて世間に注意喚起をするため、ルビーの死をメディアで公開した。

【海外発!Breaking News】キシリトール入りブラウニーを食べたせいで 愛犬を亡くした飼い主が注意喚起(英)
http://japan.techinsight.jp/2019/02/ellis14300206.html/2



続きを読む

老犬の介護や病気・認知症について語るスレ

1: 記憶たどり。 ★ 2019/02/05(火) 15:25:57.26 ID:nuhFKYMA9
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201902/0012039839.shtml

ペットとして飼われる犬や猫の平均寿命は、この7年間で1歳ほど延びている。
犬や猫の1年間は人の4~5年に当たり、寿命も4~5年長くなる計算で、人間以上のスピードで高齢化問題が迫る。

ペットフード協会(東京都)によると、2017年に全国で推計される飼育数は犬が892万匹、猫が952万6千匹で、このうち高齢期とされる7歳以上の犬は55・7%、猫は47・3%を占める。
7年前に比べて1歳ほど延びた平均寿命は犬が14・19歳、猫が15・33歳となっている。

背景には栄養価の高いペットフードの流通や適切な飼育方法の普及、動物医療の発達が挙げられる。
特に医療では、血液検査やレントゲンなど総合的な健康診断をする「ドッグドック」も広まっている。

老ペット専門施設と飼い主を橋渡しする会社「リブモ」(東京都)に登録する老犬ホームは全国に約40施設ある。
兵庫県内では、たつの市の老犬ホームJiJi(ヂヂ)▽姫路市の老犬ホームぬち・どぅ・たから▽加東市の老犬ホームこころはうす-の3施設。

リブモの代表取締役、森野竜馬さん(49)は「デイサービスなど介護は多様化していく。利用料金を相互補助する保険制度も必要になるのでは」と話す。



続きを読む

↑このページのトップヘ