いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:ペットロス

半年前に亡くなったイッヌの夢を見て泣く

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/10(木) 21:40:27.41 ID:zVeFzDSep
抱いた時の感触が腕に残ってるンゴ…

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/18(火) 07:14:59.25 ID:Wnk24d4w0
このイッヌを一生面倒見れるかとか毎日散歩に連れてってあげられるかとか考えると飼えないンゴ
ぐう飼いたい

続きを読む

no title

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/20(木)14:30:56 ID:k2j
定時ダッシュで帰宅して家にいる間ずっと介護してるwww
帰った時死んでたらと思うと仕事してる間も気が気じゃないンゴwww

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/15(日) 00:52:22.13 ID:cNeEjxI60
上司「ペット言うたかてお前の家族やろ…3日くらいしっかり休んで供養してやれや」

上司「家族同然いうとけば社内規則で忌引に該当するから有給やなくてええで…」

続きを読む

亡くなったペットからメッセージが届くサービス開始

1: ボ ラギノール(神奈川県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/05/01(月) 15:33:09.31 ID:TNXHkBJE0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://news.livedoor.com/article/detail/13008314/

毎朝7時、亡くなったペットからメッセージが届くサービス開始 「ママはよくやってくれたよ。だから、自分を責めないで」

飼う人にとっては家族同然ともいえる、ペット。そんなペットが亡くなると悲しみや寂しさでいっぱいになる「ペットロス症候群」に陥ってしまう人も少なくはない。

死別専門カウンセリング等を行うファンボイスは5月1日、ペットロス症候群の人を対象にしたメッセージ配信サービス「天国からの愛のメッセージ」を開始すると発表した。

同サービスはカウンセリングに基づいてオリジナルメッセージをメールで配信するというもの。メッセージは死を受け入れるプロセスとして知られる「悲しみの5段階」を踏まえ、喪失感を癒すための「グリーフケア」を加味したもので、毎朝7時に配信される。

従来の対面式カウンセリングより気軽に利用できるのも特徴だ。
内容はペットが利用者に語り掛けるような形式で、

「ボクからママへ 天国からのメッセージ5/ママ、おはよう。ママはよくやってくれたよ。もっと出来たかもしれないと思うことがあったとしても、そのときの精一杯をつくしてくれたよ。だから、自分を責めないでいてね」

とペットから本当に送られてきたように感じられるメッセージとなっている。他にも、未来を見つめて生きてほしいという励ましの言葉や、利用者の後悔を慰めるような言葉などが配信される。

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/24(月) 20:08:01.73 ID:0RUhiO2La
目を見れば考えてる事が分かる(ガチで)

続きを読む

突如閉鎖したペット霊園の対応が酷すぎる

突如閉鎖したペット霊園の対応が酷すぎる2

突如閉鎖したペット霊園の対応が酷すぎる3

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)11:57:42 ID:Xky
ワイの愛犬可愛すぎて草
no title

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 20:55:19.228 ID:+QmX2Kb50
ソース:鉄腕DASH
no title

続きを読む

1: そまのほ ★ 2017/03/21(火) 09:00:32.49 ID:CAP_USER9
香川・警察犬:あの「きな子」が死んだ 14歳、老衰で

警察犬試験に6年連続で落ちながらも、そのひたむきな姿が広く愛された香川県警の元嘱託警察犬「きな子」が20日、死んだ。
14歳だった。丸亀警察犬訓練所(同県丸亀市)によると、老衰とみられる。

きな子は2002年5月生まれの雌のラブラドルレトリバー。
きな粉のような色の毛から命名された。
警察犬になるため、04年から試験を受けたが落ち続け、ドジぶりがかわいいと人気を呼んだ。
テレビや映画、書籍などで評判となり、08年2月からは県警の「特別教育隊員」にも任命された。

10年11月にあった7度目の挑戦で見事に合格。
警察犬として活躍し、13年春に引退した。
娘の「こむぎ」も5度目の挑戦で警察犬試験に合格している。

きな子が育った同訓練所の訓練士、亀山篤志さん(30)は
「一緒にいる時間が長かったので、本当に残念。おとなしい犬だった。最後は眠るように息を引き取った」と話した。

http://mainichi.jp/articles/20170321/k00/00m/040/070000c
試験に挑戦するきな子
no title

【写真特集】数々のシーンできな子を振り返る
http://mainichi.jp/graphs/20170320/hpj/00m/040/005000g/7

続きを読む

↑このページのトップヘ