いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:ビックリ

1: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 06:55:22.98 ID:8Rfb4Pwup
no title



続きを読む

ご主人様の帰宅に狂喜乱舞したハスキー犬、飼い主を病院送りに
※画像はイメージです
\(^o^)/です  2019/02/15(金) 14:33:44.77 ID:e+3hJKCI0.net BE:732912476-2BP(1000)
中国・湖南省で今月9日、驚くべき事件が起きました。 
ご主人様の帰宅に狂喜乱舞したハスキー犬が、自宅の屋上から彼めがけてダイビングボディプレス!飼い主を病院送りにしてしまったのでした。 
春節休暇を終え、1週間ぶりに自宅へ戻ってきたリュウさん(67)。 
彼の帰宅を心待ちにしていたのは、愛犬のシベリアンハスキーでした。 
ワンコは久々のご主人様の姿に大興奮! 
この時ハスキーは2階建て住宅の屋上にいたのですが、居ても立ってもいられなかったのでしょう。 
なんとそのままリュウさんめがけてフライハイ!30kgもの巨体が6m下にいたリュウさんの頭に直撃し、彼をノックアウトしてしまったのでした。 

チン州市の病院に緊急搬送されたリュウさん。 
医師によると、愛犬のギロチンドロップによる衝撃で彼の首の骨は折れ、脊髄に損傷を負っていたことが判明。急遽、手術する羽目になったようです。 
ともあれ命に別状はなく順調に回復をみせているリュウさん。 
地元メディアの取材に対して「怪我してしまったけど愛犬のせいにはしないよ。でもこれからはもっとリードをつけないとかな」と語っていました。 
 
http://news.china.com.cn/2019-02/13/content_74459472.htm 
https://shanghai.ist/2019/02/13/excited-dog-greets-owner-by-jumping-onto-him-from-roof-breaking-mans-neck/

 
続きを読む

1: みつを ★ 2019/01/16(水) 04:17:59.69 ID:06ZMXpFF9
https://jp.sputniknews.com/entertainment/201901155805403/

これ、本物の犬? ある犬の写真にネットが困惑【写真】
エンタメ
2019年01月15日 06:05


メキシカン・ヘアレス・ドッグのパイパーくんの写真がネットで話題になっている。飼い主のサンドラ・ピネダさんがSNSに投稿した写真に写ったパイパーくんを、作り物だと誤解したのだ。これはこの犬種にほとんど毛がないためだ。

サンドラさんが語ったところ、投稿には1万を超えるいいね!がついた

​「みんなはとても困惑していて、パイパーが本物なのかどうかを私に尋ねました。最初は彼らが冗談を言っているのだと思いましたが、後になって真剣な質問だと理解しました。彼らは単に、これが本物の犬だと信じられなかったのです」とサンドラさんはネットメディア「Lad Bible」に述べた。

​サンドラさんによると、パイパー君を芸術作品だと多くの人が勘違いした。彼女は、もう長い間一緒にいるのでパイパー君の見た目が珍しいとは思わないと述べた。

no title

https://pbs.twimg.com/media/Dwp8rWrW0AEGEe9?format=jpg&name=medium



続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/04(火) 21:33:13.968 ID:dZvPjJNFM
no title



続きを読む

1: みつを ★ 2018/11/24(土) 23:53:53.20 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/world/35129135.html

飼い犬がフォークリフトを操作、農家の男性圧死 英
2018.11.24 Sat posted at 13:01 JST


(CNN) 英国の検視当局は23日、イングランド西部で昨年農家の男性が死亡した件について、飼い犬がフォークリフトのレバーを押して、男性に突っ込んだことによる事故死だったと明らかにした。

死亡したのはヒューイッシュに住むデレク・ミードさん(70)。英PA通信によると、昨年6月に自宅で岩石庭園を作っていたところ、事故が起きた。

23日に開かれた不自然死の死因を調査する死因審問で、ミードさんがギアをニュートラルにした状態でフォークリフトを降り、ハンドブレーキをかけないまま門を開けに行ったとの報告があった。車内に残っていた犬がシャトルレバーの上に飛び乗ったため、車両が前進してミードさんに突っ込み、車両と門の間にミードさんが挟まれたという。

ミードさんはその場で死亡が確認された。検視解剖では、外傷性窒息と脊髄(せきずい)骨折が死因と判明していた。
地元検視当局のピーター・ハロウイング氏はミードさんの死を「非常に悲劇的な事故」と形容した。

安全衛生庁の調査担当者も、ミードさんの死に関して他に「合理的な説明」はないと指摘した。シャトルレバーの操作は簡単で、自動車のウィンカーを出す場合と難易度は変わらないという。

ミードさんの息子は審問で、事故当日に家の近くの道を車で移動していた際、父親が挟まれているのを目撃したと証言した。フォークリフトの前方に父親の足が見え、フォークリフト側に向いてかがんだ状態で、まるで近づいてくる車両から逃げるような体勢に見えたと説明。父親のもとにたどり着いた時には、既に意識はなかったという。

デレク・ミードさんは昨年6月、フォークリフトに突っ込まれて死亡した/SWNS
no title



続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/10(土)20:07:41 ID:o7r
米ニューメキシコ州在住のテックス・ハロルド・ジリガンさん(74歳)は、同州ラスクルーセス西部にある砂漠へ野ウサギを狩りに行くために、チャーリー、スクーター、カウボーイという3頭の飼い犬を連れて軽トラックに乗り込んだ。

軽トラック内に置かれていた散弾銃は、銃口がテックスさんのいる運転席に向けられていたようだ。
そしてこれが思わぬアクシデントを招くことになってしまった。

前の座席にいた体重54kgほどになるロットワイラーのミックス犬チャーリーが、体を滑らせた。その瞬間、チャーリーの足が銃の引き金に引っかかり、銃弾が放たれてしまったのだ。
突然体に銃弾を受けたテックスさんは、すぐに車を止めてあたりを見回した。
はじめは飼い犬が自分を撃ったなどと思えるはずもなく、どこからか狙撃手に撃たれたと勘違いし「一体誰が…」と恐怖に慄いた。
だが周りには誰の姿もなく、ようやく飼い犬に撃たれたと気付いたテックスさんは、携帯電話で911に緊急通報した。
no title


続きを読む

犬「僕もあれやってあれやって」
※GIF画像

 続きを読む

モンスター級の巨大なハスキー犬が話題に

※コラ画像です

 続きを読む

↑このページのトップヘ