いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:ビックリ

1: コモドドラゴン ★ 2017/07/09(日) 22:17:28.39 ID:CAP_USER9
イノシシなど野生動物が農作物を荒らす被害が千葉県でも深刻化する中、JA木更津市(梅澤千加夫代表理事組合長)は11日、同市矢那地区の水田近くに“秘密兵器”を繰り出す。
北海道生まれのオオカミ型フィギュア(模型)「スーパーモンスターウルフ」。
動物を赤外線センサーで感知すると、咆哮音を発し、目が炎の色に点滅。その迫力に防衛本能に目覚めた動物が出没しなくなるという優れモノ。
本州以南での設置は千葉県が初で、撃退効果への期待が高まる。(菊池一郎)

JAが試験的に設置するスーパーモンスターウルフは北海道奈井江町の機械部品加工、太田精器(太田裕治社長)が北海道大、東京農業大と共同研究で約7年かけて開発した。
同社はLED(発光ダイオード)を応用したモノ作りも手掛けるが、「テレビのサブリミナル効果にヒントを得、農地を荒らすエゾシカを点滅光で追い払えないかと考えたのが開発の端緒」と、かつて茂原市内で暮らしたこともある太田社長は話す。

当初は、LED照明を複数埋め込み、野球場のスタンドライトに似たただの機械だった。
だが、動物が天敵と認識する犬型四つ足動物のフィギュアなら、動物がより危険視すると予測。オオカミの姿をリアルに模したウルフが誕生した。

体長65センチ、体高50センチ。“四肢”には鉄パイプを使った。
開いた口から鋭い牙がのぞく。LED照明を埋め込んだ目は火炎色に点滅、首も動く。内蔵スピーカーからの出力音は最大90デシベル。オオカミの咆え声は無論、銃発砲音と猟犬の声や、動物を不快にさせる人工音など数十種類の威嚇音が出せ、到達圏は約1平方キロ四方。バッテリーにソーラーパネルをつなげて電源とする。

音と光と姿の三乗効果で動物に天敵と認識させ、寄せ付けなくする作戦。
「動物は模型と見破り慣れてしまうのでは? と効果を疑う人が多いのは承知の上。共同研究で、設定で威嚇音を変えられるので動物は慣れないし、不快な物事への危険察知・回避能力が高いゆえに逆に効果ありと推測した」と太田社長。

~中略~

今回の試みについて、農業・食品産業技術総合研究機構の仲谷淳専門員(動物生態学)は「一般論としては、光や音で威しても、追いかけられるなど物理的危害を被らなければ、動物は慣れるといわれる。だが、少しでも効果がみられるなら一歩前進の対策となる」と評価し、「自治体や研究者も加えて効果を見、結果を整理して次の改善策につなげるという協力作業こそ望ましい」と指摘する

全文はURL先でどうぞ。
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170709/afr1707090009-s1.html
no title

no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/05(水) 19:58:56.29 ID:i1KSfUYz0
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/28(水) 12:45:04.91 ID:y7lJ4Ebld
no title

no title

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/08(木)22:56:41 ID:em9
no title

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21(日) 09:39:29.382 ID:H6lZ2b/M0
no title

何を買うんですか?????

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [US] 2017/05/20(土) 13:16:36.47 ID:2WixbgW70 BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典
hen you work out do you take your dog with you?
If not, this video of a dog enthusiastically joining in an outdoor exercise
session might make you change your mind although the pup might be slightly
out of sync with his group.?

The Golden Retriever named Riptide can be seen following a Stanford University
Women’s Crew beach workout class as they lie on their backs and thrust their
legs in the air in a circuit routine.?

Riptide, also on his back, holds his paws to his chest and flaps his legs, at
one point in nigh perfect unison with the rest of the group.
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4521778/Hilarious-video-shows-adorable-dog-circuit-training.html
no title

no title

ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=FqOgRwZ6W-E


続きを読む

1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/04(火) 18:29:12.68 ID:CAP_USER9
ニューギニア高地にひっそり生息、飼いイヌの祖先か

南太平洋のニューギニア島で、絶滅したと考えられていたイヌ、ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグが再発見された。

最も希少な犬種のひとつであるこのイヌは、「歌う犬」として知られるニューギニア・シンギング・ドッグと同じ種または近縁種であるが、そちらは現在飼育下でしか生存していない。

2016年に自動撮影カメラでとらえられた100枚を超す写真には、オス、メス、子イヌを含む、少なくとも15匹の野生の個体が写っている。
毛色で最も多いのは黄褐色だが、淡い黄色、赤茶色、赤褐色、黒地のものも見られ、模様の入り方もさまざまだ。

DNA調査によると、ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグは現存する最古の犬種のひとつであり、飼いイヌの主要な祖先のひとつである可能性もある。

「半世紀以上たって再発見・確認されたことに興奮するのはもちろん、科学にとっても大変なチャンスです」と、ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ基金(NGHWDF)はウェブサイトで述べている。

標高3000メートル以上の高地で

2005年および2012年にもこのイヌが高地に生息しているとの報告があったが、いずれも決定的な証拠にはなっていなかった。

幸運が訪れたのは2016年、米国の動物学者ジェームズ・K・マッキンタイア氏がNGHWDFの研究チームを率いてインドネシアのパプア州(ニューギニア島)に遠征したときのことだ。
やはりこのイヌの再発見に意欲を燃やすパプア大学の研究者らに出会い、調査の中で初めて有望な証拠が得られた。

土に残された足跡だ。
パプア大学とNGHWDFの研究チームは共同で、ニューギニア高地の森林のいたるところ、標高3400~4300メートルの間にカメラトラップを仕掛けた。

設置された自動撮影カメラは、この島の最高峰プンチャック・ジャヤで、わずか2日間に140枚を超えるこのイヌの画像を記録した。

また、研究者らはこのイヌを直接目撃し、試料となる糞も収集しており、証拠写真とともにこのイヌの現在の生態や豊かな歴史の科学的解明に役立てられる見込みだ。

映像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/040400123/
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/27(月) 16:57:53.63 ID:UgXJePhn0
no title

続きを読む

男「俺は犬派」 女「抱いて」

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 10:07:34.33 0
研究者たちは、犬を飼っている人の方が、猫を飼うことを好む人たちよりも性的に魅力的であることを証明した。Metroが伝えた。

出会い系サイトElite Singlesは約1000人を対象に世論調査を実施した。
結果、回答者の63%が、犬を飼っている人は性的に魅力的だと考えていることが分かった。
猫好きの人をセクシーだと考えている回答者はわずか18%で、回答者の19%が、ペットが飼い主の魅力を高めることは一切ないと答えた。

その他、犬派32%、猫派27%が、好きなペットについて自分の意見と異なる人と会うのを拒否していることが分かったという。

http://jp.sputniknews.com/entertainment/201702173351390/

続きを読む

\(^o^)/です (フリッテル MM2b-kDlY) 2017/02/17(金) 13:01:20.31 ID:X3pxopY2M?2BP(1001)
 忠太郎(4)、 用水路転落の男性救い表彰を受ける

 
用水路に転落した岡山県玉野市内の男性(78)を発見し、助けたとして15日、医療アドバイザー橋本良美さん(52)=玉野市=ら4人と、犬の忠太郎(ちゅうたろう)=雑種、雄4歳=が市消防本部から表彰された。 
「忠ちゃんが見付けてくれて本当によかった。すごいね」。橋本さんは一緒に喜んだ。 

 橋本さんは県動物愛護センター(岡山市北区)との共同事業で、犬の保護に取り組むボランティア団体「あにまるセカンドライフin岡山」を運営。 
忠太郎を保護犬として世話している。 

 「ワンワンワンワン!」。昨年12月6日午後0時半ごろ、玉野市東高崎。橋本さんに連れられて散歩していた忠太郎が、激しくほえて走りだした。 
「普段はおとなしいのに。どうしたんだろう」。 
ぐいぐいと用水路まで引っ張られた。何かを吸い込むような音が聞こえた。のぞき込むと、水面に男性の口元が。呼吸の音だった。 

 橋本さんはすぐに用水路(深さ約70センチ)の中へ。 
男性を引き上げようとしたが、水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。 
「人が落ちてるの。死にそうなの」。 
大声に、近くの同じ会社に勤務する井上祐一さん(54)=同市、三宅将生さん(50)=同、岡武遼佑さん(23)=岡山市南区=が駆け付けた。4人で男性を引き上げた。 

 橋本さんは近くに住む親戚に119番を依頼。 
医療機関で働いた経験から、脈拍数などのバイタルサイン(生命兆候)、意識レベル、けがの有無などを確認。救急隊員が到着するまで気道確保を続けた。 
男性は市内の病院に搬送され、一命を取り留めた。 

 市消防本部が人命救助で犬を表彰したのは初めて。井上さん、三宅さん、岡武さんも表彰された。表彰式が消防本部であり、橋本さんと忠太郎が出席。 
澤満也消防長が感謝状と記念品を手渡し、早期発見と機転の利いた迅速な行動をたたえた。橋本さんは「男性が助かって何より」と話した。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010000-sanyo-l33
 続きを読む

↑このページのトップヘ