いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:ネットで話題

5mmしかない柴犬が可愛い

 続きを読む

お爺ちゃんが犬の散歩に行った結果wwwww


 続きを読む

1: ばーど ★ 2018/05/10(木) 20:47:27.52 ID:CAP_USER9
シェンリーさんに寄り添うグレゴリー
no title

2歳のビーグルのグレゴリーが、自分の運命を知っていたのかは分からない。でも彼は、命の恩人に全身で喜びを表現した。

この写真は、グレゴリーが命の恩人となったシェンリーさんに保護され、車で送られているシーン。喜びを体現するように、愛くるしい表情でシェンリーさんに甘えている。

Facebookに投稿されたこの写真は、現在8500件以上シェアされ、感動のコメントが多くついている。その中には「可愛すぎる」「この写真が全てを物語っているね」「助けてくれてありがとう」といった声が多く集まっている。

グレゴリーは、4月25日に野良犬としてオハイオ州コロンバスの保健所に保護された。健康な犬として保護されていたグレゴリーだが、後の検査で「犬糸状虫」に陽性であることが分かり、殺処分リストに入れられていた。

シェンリーさんは、近場の保健所を見て回っていたとき、偶然グレゴリーを発見した。グレゴリーの安楽死が予定されていた、2日前のことだった。

シェンリーさんはTODAYの取材に 「グレゴリーはただ、僕に触れられて、寄り添っていたかったみたいです」と答えたという。

「僕たちはグレゴリーを健康にするし、目一杯愛するよ。彼には素晴らしい未来を生きる価値があるんだ!」

5/9(水) 18:34
ハフポスト日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00010006-huffpost-int


続きを読む

no title


 続きを読む

保護された犬が安心して涙を流す映像



 続きを読む

親子は半額って聞いたんですけど…

 続きを読む

1: みつを ★ 2018/04/23(月) 01:05:06.51 ID:CAP_USER9
http://otakei.otakuma.net/archives/2018042003.html
2018/04/20

二匹の柴犬が同時に前進を拒否した結果、そろってブサ可愛くなってしまったという画像がSNSに投稿され、大きな反響を呼んでいます。

この柴犬たちは、柴桜 三朗太さん家で暮らす柴犬一家三匹のうちの二匹。ある日の散歩風景の一コマですが、二匹そろって散歩を途中で拒否してしまい、リードを引っ張ったところすごいお顔に。

動くの断固拒否な二匹の柴犬

「二匹で拒否」とその様子をツイッターに投稿したところたちまち大拡散、5万回以上のリツイートを越え、国内外から「可愛い」「笑った!」「うちの柴もこんな顔になる!」などなどリプライも大賑わい。

柴桜 三朗太さんにこの時の様子を聞いてみたところ、柴犬一家のお父さんである三朗くんが川へと行ってしまったのですが、画像手前にいる娘のひまわりちゃんとその後ろにいるお母さんの桜ちゃんは断固拒否!川の水が冷たい事が分かっているのか全く動こうとしなかったそうです。

ひまわりちゃんは普段からもお散歩の途中で止まってしまい、抱っこされて帰ってきてしまう甘えん坊さんなのですが、この時はさすがに川の水の冷たさに抵抗が強かった様子。お母さんの桜ちゃんも水が嫌いなので二匹そろって断固拒否!となったんですって。川遊びが好きな三朗くんには残念でしたが、この後すぐに引き返してきたそうです。それにしてもこの意志の強さを感じるお顔、ついフフッとなってしまいますね。

動くの断固拒否な二匹の柴犬2

こんな顔になっちゃう事もある桜ちゃんとひまわりちゃんですが、なでなでされるの大好きで、普段はとってもいい笑顔をするんですよ。

<記事化協力>
柴桜 三朗太さん(@sabuchan105)



edited by 梓川みいな
URL: http://otakei.otakuma.net/archives/2018042003.html
Published: 2018/4/20 12:57 © C.S.T.ENTERTAINMENT Inc.


続きを読む

みんなは犬を撫でる時にどんな声かけてる?


 続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/04/07(土) 14:08:31.35 ID:CAP_USER9
岡山県津山市にそっくりな犬と猫の仲良しコンビがいる。人呼んで「はちわれ兄弟」。2匹とも黒毛で、みけんから口元に「八」の字に広がる白いラインがある。昨年、ツイッターで話題になり、写真集も発売されるなど人気沸騰中だ。

2匹は秋田犬の「風雲丸」(オス、7歳)と、猫の「雷蔵」(オス、推定11カ月)。もちろん血のつながりはなく、体の大きさも全く違うが、飼い主の笠光生さん(52)が「いつも一緒に寝ている」と話すほどの仲良しだ。

2匹の出会いは突然だった。笠さんが元々飼っていたのは風雲丸。雷蔵は迷い猫だった。

昨年6月中旬、笠さんが庭にいると、猫の鳴き声が聞こえた。辺りを見回しても姿は見えない。数日後、また鳴き声が聞こえた。庭の隅にあった机の下に風雲丸と同じ模様の子猫がいた。驚きつつ、笠さんは犬のエサをあげると、子猫はカリカリと食べた。

2日後、風雲丸が玄関先にいると、また子猫が現れた。ピンと首を伸ばし、風雲丸を見上げた。風雲丸もかがみ込み、子猫を鼻でつついた。子猫は時折腰を引きながらも逃げる様子はなかった。翌日、笠さんが子猫を家の中に入れると、風雲丸が子猫の背中をなめた。子猫に怖がる様子はなく、笠さんは「飼おう」と決意。「雷蔵」と名付けた。

昨年6月25日、笠さんは「弟分ができました。突然現れた迷い猫です」と2匹が寄り添った写真をツイッターに載せた。瞬く間に「いいね」が増え、現在まで約17万件の「いいね」がついた。当初、170人だったフォロワーは現在、1万6千人に増えた。

http://www.asahi.com/articles/ASL3V3Q6ML3VPPZB00F.html
no title

no title

no title



続きを読む

魔王「お前の記憶を破壊してやろう」


 続きを読む

↑このページのトップヘ