いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:カッコいい

1: ばーど ★ 2018/12/07(金) 19:15:00.34 ID:CAP_USER9
兵庫県警察本部の警察犬を選ぶ審査会が、三木市で行われ、ペットとしておなじみの小型犬も挑戦しました。

審査会はふだんは一般家庭などで飼育され、緊急時に出動する嘱託の警察犬を選ぶもので、証拠品のにおいをかぎ分ける力などが審査されました。

大型犬を中心に109頭が参加するなか、西宮市の民間の訓練所で飼育されているチワワの「コタロウ」も参加しました。

「コタロウ」は、5年連続で審査会に出ていて、7日は5つの布のにおいをかいで正解を選ぶ審査に臨みましたが、4回のうち最初の2回を連続して失敗したため失格となりました。

指導員の池鍋真里亜さんは「きょうは大きな犬に囲まれてびくびくしてしまい、実力が発揮できませんでした。どんな状況でも活躍できるよう訓練に励みます」と話していました。

警察によりますと、兵庫県警の嘱託警察犬の多くはシェパードやゴールデンレトリーバーなどの大型犬で、チワワが選ばれたことはこれまでにないということです。

2018年12月7日 18時25分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181207/k10011738901000.html
no title



続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/05(水) 23:23:20.947 ID:w0p2fJWGa
no title

no title



続きを読む

1: ばーど ★ 2018/08/20(月) 21:10:34.74 ID:CAP_USER9
no title

行方不明者の発見に力を発揮した嘱託警察犬がお手柄です。
今月初め射水市で行方不明となった60歳の男性の発見に大きく貢献したとして20日イヌと指導員に感謝状が贈られました。

メスのシェパード「なつこ」5歳。またの名は嘱託警察犬、ヨルト・フォム・ツヴァイ・シュテルン号です。

嘱託警察犬とは普段、一般の家や民間の訓練所で育て、訓練をし、事件や事故が起きた時に警察から要請を受けると捜索や捜査に出動します。

20日、ヨルト号は飼い主で指導員の高岡市赤祖父の川端啓子さんとともに、射水警察署から行方不明者の捜索に貢献したとして感謝状を受け取りました。

副賞はドックフード。ヨルトも大喜びです。

川端啓子さん「元気すぎて、これでほんとにやったのかという感じですけど、やるんです」

ヨルトがその能力を発揮したのは、今月9日のことでした。

射水市で60歳の男性が自宅を出たあと行方不明となり警察からの要請で出動した指導員の川端さんとヨルトは家族などに聞き取りをしたあと捜索を開始。臭いを頼りに追跡していくと、男性の自宅から1.3キロ離れた下条川付近でヨルトがしっかり反応しました。

川端さん「ちょうどこの時に前方からたまたまいい風が吹いて、 それに乗ってきた浮遊臭に首を上げて反応しました」

このため警察と消防が川を捜索。すると、ヨルトが強い反応を示した場所のすぐ下流で、探していた男性が流されていたのです。

男性は無事救助。ヨルトが1人の命を救いました。

射水署 竹内靖刑事課長「早期に発見しないとその方の生命等に支障をきたすような事案であったと思いますので、ヨルト号の活躍が非常にあったのではないかという風に思います」

川端さん「(ヨルト号の感謝状授与は)これが1回目なので、2枚目3枚目と感謝状だけじゃなくて、出たときに活躍していきたい」

県内の嘱託警察犬の出動件数は過去最多だった去年とほぼ同じペースです。

イヌや指導員の負担が大きく、なり手不足が課題となっています。

嘱託警察犬の必要性を感じる出来事ですね。

警察が直接管理する、「直轄犬」の導入について、県警察本部は検討しているということですが、急速に進む高齢化の中で当面は嘱託犬の役割が重要になっています。

2018/08/20 14:52
KNBニュース
http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=19318


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/10(金) 08:39:04.78 ID:+FZRgNBa0
飛びすぎやろ…
※GIF画像
犬さん、すっごい跳ぶ


続きを読む

1: ばーど ★ 2018/07/30(月) 22:12:59.33 ID:CAP_USER9
犯罪者の首や情報などにかけられる「懸賞金」が、まさか犬にかけられることになった。耳を疑いたくなるが本当の話だ。

コロンビアの警察が7月20日、犯罪組織「ウラベノス」が麻薬捜査犬の首に2億ペソ(約770万円)の懸賞金をかけたとTwitterで発表したのだ。

マフィアも恐れる麻薬捜査犬の名前は「ソンブラ」。6歳のメスのジャーマンシェパードで、コロンビア警察の麻薬撲滅部隊に所属している。

CNNによると、ウラベノスはコロンビアで最大勢力を誇る犯罪組織の一つで、トップは最重要指名手配を受けている。

なぜ、そんな凶悪なマフィアが懸賞金まで出して麻薬捜査犬の命を狙うのか。背景には、ソンブラの類まれな捜査力があった。

■最凶のマフィアvs.最強の麻薬捜査犬

麻薬犯罪の多いコロンビアでは、麻薬捜査犬の存在は欠かせない。ソンブラは違法な薬物を嗅ぎ当てる能力に非常に長けており、彼女の働きでこれまでに少なくとも245人の逮捕につながった。さらに、ウラベノスが扱うコカイン9トンの押収にも貢献した。

https://twitter.com/PoliciaAntiNar/status/1020309282909192194
Policia Antinarcoticos??認証済みアカウント? @PoliciaAntiNar
no title

また、たくさんの人たちを薬物の危険から守っているため、子供たちから写真撮影をせがまれるほどの人気者でもあるのだ。
no title

ソンブラは過去約300の事案に携わっていたが、コロンビア警察は彼女の安全を確保するため、首都ボゴタにあるエルドラド国際空港での任務に移したという。

他ソース
最強の麻薬捜査犬ソンブラ
https://www.sankei.com/world/news/180728/wor1807280016-n1.html
no title



続きを読む

【西日本豪雨】84頭の災害救助犬が救助活動に参加

【西日本豪雨】84頭の災害救助犬が救助活動に参加2

【西日本豪雨】84頭の災害救助犬が救助活動に参加3

【西日本豪雨】84頭の災害救助犬が救助活動に参加4

 続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/03/20(火) 18:39:54.77 ID:c/6kZZXH0● BE:887141976-PLT(16001)
体重が80kgで、まっすぐに立ち上がった際に180cmを超えるという生後9ヶ月の犬が話題になっている。
アメリカのユタ州ソルトレイクシティに住んでいるユーフラテスという名前の雌犬。

生後9ヶ月で体重80kg、肩までの高さが80cmを超えた犬は未だかつていないとしており、ネットでギネス記録やユーフラテスと月年齢がほぼ同じある犬を調査したがそれ以上の犬は存在しなかった。

ユーフラテスが巨大な理由は7000年前に絶滅した大型犬種に最も近い遺伝子を受け継いでいた新種犬だからである。

この犬は古代メソポタミア文明で戦闘の際に利用されていた犬種。しかし改良された犬種は新種となるのでユーフラテスがどのように成長するかはまだ未知だという。

この犬を散歩に連れて行くと多くの人は成犬だと思ってしまうと言う。しかしまだ産まれて9ヶ月。

飼い主がこのような大きな犬を飼うようになったのは、近所で空き巣を目撃したからだ。
そのとき強盗は家の中に居た犬を窓の外に放り出して殺してしまった。それを見た飼い主は精神的なショックを受けて、飼育士と相談して、新種の繁殖プログラムがあることを知り、それに参加。その第一号となった。

戦闘に使用された犬だが、表に出れば人々と接して優しい犬だという。

http://gogotsu.com/archives/38069
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

↑このページのトップヘ