いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:カッコいい

1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/04(火) 18:29:12.68 ID:CAP_USER9
ニューギニア高地にひっそり生息、飼いイヌの祖先か

南太平洋のニューギニア島で、絶滅したと考えられていたイヌ、ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグが再発見された。

最も希少な犬種のひとつであるこのイヌは、「歌う犬」として知られるニューギニア・シンギング・ドッグと同じ種または近縁種であるが、そちらは現在飼育下でしか生存していない。

2016年に自動撮影カメラでとらえられた100枚を超す写真には、オス、メス、子イヌを含む、少なくとも15匹の野生の個体が写っている。
毛色で最も多いのは黄褐色だが、淡い黄色、赤茶色、赤褐色、黒地のものも見られ、模様の入り方もさまざまだ。

DNA調査によると、ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグは現存する最古の犬種のひとつであり、飼いイヌの主要な祖先のひとつである可能性もある。

「半世紀以上たって再発見・確認されたことに興奮するのはもちろん、科学にとっても大変なチャンスです」と、ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ基金(NGHWDF)はウェブサイトで述べている。

標高3000メートル以上の高地で

2005年および2012年にもこのイヌが高地に生息しているとの報告があったが、いずれも決定的な証拠にはなっていなかった。

幸運が訪れたのは2016年、米国の動物学者ジェームズ・K・マッキンタイア氏がNGHWDFの研究チームを率いてインドネシアのパプア州(ニューギニア島)に遠征したときのことだ。
やはりこのイヌの再発見に意欲を燃やすパプア大学の研究者らに出会い、調査の中で初めて有望な証拠が得られた。

土に残された足跡だ。
パプア大学とNGHWDFの研究チームは共同で、ニューギニア高地の森林のいたるところ、標高3400~4300メートルの間にカメラトラップを仕掛けた。

設置された自動撮影カメラは、この島の最高峰プンチャック・ジャヤで、わずか2日間に140枚を超えるこのイヌの画像を記録した。

また、研究者らはこのイヌを直接目撃し、試料となる糞も収集しており、証拠写真とともにこのイヌの現在の生態や豊かな歴史の科学的解明に役立てられる見込みだ。

映像
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/040400123/
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 10:57:20.74 ID:aOZu6QSO0
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201703/0009974582.shtml

自宅を出て行方が分からなくなった男子中学生を発見したとして、兵庫県警の警察犬「グライフ号」が6日、飾磨署で表彰を受けた。

グライフ号は、2歳7カ月の雄のシェパード。生後7カ月から訓練を受け、2016年は138回出動した。

同署によると、2月16日夜、姫路市飾磨区の中学1年の男子生徒(13)の行き先が分からなくなり、母親が同署に捜索願を出した。

すぐに署員らが捜索を始め、深夜に警察犬2匹が出動。グライフ号は、靴下に残った体臭を頼りに、活動開始から約10分後、神社の境内で寝袋にくるまって眠る男子生徒を発見したという。

男子生徒の家族による感謝が大きいことから表彰が決まり、この日は、署員約75人が集まる朝礼の場でお手柄をたたえられたグライフ号。男性指導員は「たくさん褒めてあげたい」と目を細めた。

警察犬、行方不明になった中学生をわずか10分で発見

警察犬、行方不明になった中学生をわずか10分で発見2

続きを読む

愛犬にゴルゴ13の眉毛を付けてみた

愛犬にゴルゴ13の眉毛を付けてみた2
続きを読む

\(^o^)/です (フリッテル MM2b-kDlY) 2017/02/17(金) 13:01:20.31 ID:X3pxopY2M?2BP(1001)
 忠太郎(4)、 用水路転落の男性救い表彰を受ける

 
用水路に転落した岡山県玉野市内の男性(78)を発見し、助けたとして15日、医療アドバイザー橋本良美さん(52)=玉野市=ら4人と、犬の忠太郎(ちゅうたろう)=雑種、雄4歳=が市消防本部から表彰された。 
「忠ちゃんが見付けてくれて本当によかった。すごいね」。橋本さんは一緒に喜んだ。 

 橋本さんは県動物愛護センター(岡山市北区)との共同事業で、犬の保護に取り組むボランティア団体「あにまるセカンドライフin岡山」を運営。 
忠太郎を保護犬として世話している。 

 「ワンワンワンワン!」。昨年12月6日午後0時半ごろ、玉野市東高崎。橋本さんに連れられて散歩していた忠太郎が、激しくほえて走りだした。 
「普段はおとなしいのに。どうしたんだろう」。 
ぐいぐいと用水路まで引っ張られた。何かを吸い込むような音が聞こえた。のぞき込むと、水面に男性の口元が。呼吸の音だった。 

 橋本さんはすぐに用水路(深さ約70センチ)の中へ。 
男性を引き上げようとしたが、水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。 
「人が落ちてるの。死にそうなの」。 
大声に、近くの同じ会社に勤務する井上祐一さん(54)=同市、三宅将生さん(50)=同、岡武遼佑さん(23)=岡山市南区=が駆け付けた。4人で男性を引き上げた。 

 橋本さんは近くに住む親戚に119番を依頼。 
医療機関で働いた経験から、脈拍数などのバイタルサイン(生命兆候)、意識レベル、けがの有無などを確認。救急隊員が到着するまで気道確保を続けた。 
男性は市内の病院に搬送され、一命を取り留めた。 

 市消防本部が人命救助で犬を表彰したのは初めて。井上さん、三宅さん、岡武さんも表彰された。表彰式が消防本部であり、橋本さんと忠太郎が出席。 
澤満也消防長が感謝状と記念品を手渡し、早期発見と機転の利いた迅速な行動をたたえた。橋本さんは「男性が助かって何より」と話した。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010000-sanyo-l33
 続きを読む

番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 8a15-g7Kc) 2017/02/14(火) 17:43:06.42 ID:MhDD19xK0St.V.net BE:956093179-PLT(12001) ポイント特典
シベリア南部に位置するアルタイ地方のロクテフスキー(Loktevsky)に住む一人の母親が、2歳になる息子を氷点下20度の寒さの中に2日間置き去りにし、行方をくらませた。 
男児は暖房が全くきかない玄関で2日間にわたり飼い犬に温められ生き延びてはいたが、近隣住民が発見した時に外気温は氷点下21度に達しており深刻な低体温症を起こしかけていたため、すぐに病院へ搬送された。
 
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170214-13006149-techinq
 
11 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-a31+) 2017/02/14(火) 18:30:51.63 ID:LKmZP3qwdSt.V.net
>凍える寒さの中で男児を温め命を救った飼い犬は近隣住民の間で「ヒーロー」と呼ばれているという。 

呑気な顔してるけど何て種類だよ 


氷点下20度の中2歳男児を飼い犬が温め続ける

16 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-oka8) 2017/02/14(火) 18:49:00.25 ID:nZPHA/6RdSt.V.net
>>11 
かわいい
 
13 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Saeb-S0So) 2017/02/14(火) 18:40:10.83 ID:V5IULqkpaSt.V.net
>>11 
雑種じゃね
 
17 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-a31+) 2017/02/14(火) 19:18:36.57 ID:LKmZP3qwdSt.V.net
>>13 
雑種か 
まあ雑種は強いっていうしチワワだったら子供諸共死んでたな
 
20 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sx23-xgTA) 2017/02/14(火) 19:34:44.90 ID:MwKhCrR/xSt.V.net
>>11 
いい顔してんな 
これは仕事ができる男の顔をだわ
 続きを読む

1: トペ スイシーダ(茨城県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/24(火) 08:30:48.34 ID:j7UsfjIT0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
那覇市松川に住む平山良明さん(83)の愛犬クロは、ハブを捕獲し、特技の高跳びで平山さん夫妻を笑顔にする“飼い主孝行”な犬だ。
18日に庭の敷地に忍び込んだ約1メートルのハブを初めて撃退した。
平山さんは「おっとりした性格のクロが頑張ってくれた」と功績をたたえ「冬にもハブが出るので気を付けて」と呼び掛けた。

平山さん宅はハブがすみ着きやすい草むらに近い。「首里の森が開発で減ってハブもすみかを失ったのかもしれない」と推測する。
ハブとの共存を目指しているが、庭の中に入ったハブは歴代の飼い犬たちが捕獲する。

クロは2015年8月に平山さんの所にやってきた5代目。
人なつっこくて優しい性格のクロに、平山さんは「ハブと闘ったらクロがやられるんじゃないか」と心配していた。
18日未明、庭でとぐろを巻いたハブとクロのにらみ合いが始まった。
激闘の末、クロがハブの首元をくわえて振り回し、地面にたたきつけた。
「人間が入る余地のない闘いだった」と平山さんは振り返る。

そんなクロの特技は高跳びだ。平山さんがクロの前に細い棒を約70センチの高さで構えると、クロはぐるぐると回って助走を付け、棒をぴょんと跳び越える。
独特の跳び方はクロが考案した。「距離がなくても助走できる。スポーツ選手も参考になるのでは」と平山さん。
クロは得意げに尻尾を振った。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-432329.html
捕獲したハブを前に誇らしげな表情を見せるクロ=18日、那覇市松川
「人間が入る余地のない闘いだった」ハブと激闘し仕留めたクロ
「人間が入る余地のない闘いだった」ハブと激闘し仕留めたクロ2



続きを読む

no title

1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)15:16:55 ID:QXQ
モフりたい
 

2: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)15:19:24 ID:KDx
no title
ポメラニアンか正義
 

5: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)15:27:46 ID:rYD
>>2
説得力皆無なんですが

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/18(日) 14:05:42.19 ID:8cF3V3ku0
no title

続きを読む

1: ひろし ★  2016/12/13(火) 22:10:08.57 ID:CAP_USER9
秋田県の佐竹敬久知事がロシアのプーチン大統領に贈った秋田犬「ゆめ」(雌、4歳7カ月)が生きていたことが分かった。
ゆめの消息は、2014(平成26)年2月にロシア南部ソチの大統領公邸で行われた日露首脳会談の際、大統領と一緒に安倍晋三首相を出迎えて以来、3年近く分かっていなかった。

ゆめは、日本メディアがモスクワ・クレムリンで行ったインタビューの際にプーチン氏とともに現れた。
AP通信やロイター通信は、プーチン氏とゆめが戯れる写真を配信した。

ゆめは12(平成24)年、東日本大震災後の支援に対する東北地方からのお礼として佐竹知事からプーチン氏に贈られた。
プーチン氏からは返礼として雄のシベリア猫「ミール」が贈られ、知事公舎で飼われている。

ゆめの元の飼い主で秋田犬保存会に所属する秋田県大館市の畠山正二さん(73)は「しばらく報道されなかったので、どうしているか心配していた。大統領に大事にされている様子で、随分たくましくなっていて、うれしい」と話している。

15日からのプーチン氏の日本訪問に合わせ、ゆめの「婿」として雄の秋田犬を贈る計画があったが、ロシア政府は断っていた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000544-san-soci


36: 名無しさん@1周年 2016/12/13(火) 22:25:46.02 ID:/rXOb9ph0
>>1 
スレ立てたいなら画像はれよクズ 
no title

no title

no title

続きを読む

ハスキーは最低自転車で2時間散歩するンゴ

1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/12(月)14:03:35 ID:To9
獣医にオーバーワークだって
怒られたンゴねぇ…

続きを読む

↑このページのトップヘ