いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:カッコいい

no title

1: プティフランスパン ★ 2019/02/19(火) 22:32:06.43 ID://5nAO+S9
名前はイズ号。享年12歳、人間にすれば89歳の大往生だ。
2019/02/19 18:06 Kota Hatachi
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/okibitanooruku
2月1日、航空自衛隊松島基地に勤めていた一頭の犬が、亡くなった。
no title

名前はイズ号。享年12歳、人間にすれば89歳の大往生だ。同基地がTwitterに「長い間ご苦労様でした」と投稿すると、3千近くリツイートされ、注目された。

・イズ号は「警備犬」として、隊員とともに基地を守る任務にあたっていた。
no title

航空自衛隊では、それぞれの基地の特性に応じた訓練を受けた200頭の警備犬が活躍している。イズ号はもともと埼玉県の入間基地で活躍していたが、松島基地の隊員に見初められて、2011年2月に配備されたという。担当者に従順でとにかく真面目。「学級委員のような警備犬」だったそうだ。

・しかしその1ヶ月後、宮城県東松島市にある松島基地は東日本大震災による津波に飲まれ、甚大な被害を受けた。
no title

AFP=時事通信
津波では、イズ号たち、警備犬が暮らす犬舎も冠水。水が引いた震災翌日、担当係長が泥水に浸かりながら犬舎に向かった。奇跡的に、ほとんどの警備犬は自力で泳ぎ切り、助かっていたという。BuzzFeed Newsの取材に対し、現在の担当者は当時の状況をこう説明する。「助かった警備犬たちは泥だらけになりながら怯え、ふるえていました。直接声をかけると安心したのか、一斉に吠え出しました。全滅したと思っていた係長は、その状況を見て涙しました」

・震災後は広報活動に従事するなど、「基地の復興に尽力」したイズ号。
no title

航空自衛隊松島基地提供
基地の復興が終わるとともに現役を退いた。引退後も高齢でありながら、元気に走り回っていたという。

・震災を生き延びた警備犬も、いつしかイズ号だけに。そんな最後の一頭が亡くなった。
no title



続きを読む

犬さん、セーターをオシャレに着こなす

 続きを読む

1: みつを ★ 2019/01/16(水) 04:17:59.69 ID:06ZMXpFF9
https://jp.sputniknews.com/entertainment/201901155805403/

これ、本物の犬? ある犬の写真にネットが困惑【写真】
エンタメ
2019年01月15日 06:05


メキシカン・ヘアレス・ドッグのパイパーくんの写真がネットで話題になっている。飼い主のサンドラ・ピネダさんがSNSに投稿した写真に写ったパイパーくんを、作り物だと誤解したのだ。これはこの犬種にほとんど毛がないためだ。

サンドラさんが語ったところ、投稿には1万を超えるいいね!がついた

​「みんなはとても困惑していて、パイパーが本物なのかどうかを私に尋ねました。最初は彼らが冗談を言っているのだと思いましたが、後になって真剣な質問だと理解しました。彼らは単に、これが本物の犬だと信じられなかったのです」とサンドラさんはネットメディア「Lad Bible」に述べた。

​サンドラさんによると、パイパー君を芸術作品だと多くの人が勘違いした。彼女は、もう長い間一緒にいるのでパイパー君の見た目が珍しいとは思わないと述べた。

no title

https://pbs.twimg.com/media/Dwp8rWrW0AEGEe9?format=jpg&name=medium



続きを読む

「柴犬が如く」ってゲームがあったら面白そうじゃね

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/04(金) 19:46:45.732 ID:1p3Im92c0
歌舞伎町みたいなとこを柴犬になってお散歩するの!



続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/01(火) 21:20:32.313 ID:s7Rx/w4ea
かっこええ
no title

no title



続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/18(火) 02:54:40.612 ID:aFxH8Uqg0
なんでわからないの?
そんなんだからお前らはダメなんだよ

no title



続きを読む

1: ばーど ★ 2018/12/07(金) 19:15:00.34 ID:CAP_USER9
兵庫県警察本部の警察犬を選ぶ審査会が、三木市で行われ、ペットとしておなじみの小型犬も挑戦しました。

審査会はふだんは一般家庭などで飼育され、緊急時に出動する嘱託の警察犬を選ぶもので、証拠品のにおいをかぎ分ける力などが審査されました。

大型犬を中心に109頭が参加するなか、西宮市の民間の訓練所で飼育されているチワワの「コタロウ」も参加しました。

「コタロウ」は、5年連続で審査会に出ていて、7日は5つの布のにおいをかいで正解を選ぶ審査に臨みましたが、4回のうち最初の2回を連続して失敗したため失格となりました。

指導員の池鍋真里亜さんは「きょうは大きな犬に囲まれてびくびくしてしまい、実力が発揮できませんでした。どんな状況でも活躍できるよう訓練に励みます」と話していました。

警察によりますと、兵庫県警の嘱託警察犬の多くはシェパードやゴールデンレトリーバーなどの大型犬で、チワワが選ばれたことはこれまでにないということです。

2018年12月7日 18時25分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181207/k10011738901000.html
no title



続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/05(水) 23:23:20.947 ID:w0p2fJWGa
no title

no title



続きを読む

↑このページのトップヘ