いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:イイ話

\(^o^)/です (フリッテル MM2b-kDlY) 2017/02/17(金) 13:01:20.31 ID:X3pxopY2M?2BP(1001)
 忠太郎(4)、 用水路転落の男性救い表彰を受ける

 
用水路に転落した岡山県玉野市内の男性(78)を発見し、助けたとして15日、医療アドバイザー橋本良美さん(52)=玉野市=ら4人と、犬の忠太郎(ちゅうたろう)=雑種、雄4歳=が市消防本部から表彰された。 
「忠ちゃんが見付けてくれて本当によかった。すごいね」。橋本さんは一緒に喜んだ。 

 橋本さんは県動物愛護センター(岡山市北区)との共同事業で、犬の保護に取り組むボランティア団体「あにまるセカンドライフin岡山」を運営。 
忠太郎を保護犬として世話している。 

 「ワンワンワンワン!」。昨年12月6日午後0時半ごろ、玉野市東高崎。橋本さんに連れられて散歩していた忠太郎が、激しくほえて走りだした。 
「普段はおとなしいのに。どうしたんだろう」。 
ぐいぐいと用水路まで引っ張られた。何かを吸い込むような音が聞こえた。のぞき込むと、水面に男性の口元が。呼吸の音だった。 

 橋本さんはすぐに用水路(深さ約70センチ)の中へ。 
男性を引き上げようとしたが、水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。 
「人が落ちてるの。死にそうなの」。 
大声に、近くの同じ会社に勤務する井上祐一さん(54)=同市、三宅将生さん(50)=同、岡武遼佑さん(23)=岡山市南区=が駆け付けた。4人で男性を引き上げた。 

 橋本さんは近くに住む親戚に119番を依頼。 
医療機関で働いた経験から、脈拍数などのバイタルサイン(生命兆候)、意識レベル、けがの有無などを確認。救急隊員が到着するまで気道確保を続けた。 
男性は市内の病院に搬送され、一命を取り留めた。 

 市消防本部が人命救助で犬を表彰したのは初めて。井上さん、三宅さん、岡武さんも表彰された。表彰式が消防本部であり、橋本さんと忠太郎が出席。 
澤満也消防長が感謝状と記念品を手渡し、早期発見と機転の利いた迅速な行動をたたえた。橋本さんは「男性が助かって何より」と話した。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010000-sanyo-l33
 続きを読む

番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 8a15-g7Kc) 2017/02/14(火) 17:43:06.42 ID:MhDD19xK0St.V.net BE:956093179-PLT(12001) ポイント特典
シベリア南部に位置するアルタイ地方のロクテフスキー(Loktevsky)に住む一人の母親が、2歳になる息子を氷点下20度の寒さの中に2日間置き去りにし、行方をくらませた。 
男児は暖房が全くきかない玄関で2日間にわたり飼い犬に温められ生き延びてはいたが、近隣住民が発見した時に外気温は氷点下21度に達しており深刻な低体温症を起こしかけていたため、すぐに病院へ搬送された。
 
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170214-13006149-techinq
 
11 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-a31+) 2017/02/14(火) 18:30:51.63 ID:LKmZP3qwdSt.V.net
>凍える寒さの中で男児を温め命を救った飼い犬は近隣住民の間で「ヒーロー」と呼ばれているという。 

呑気な顔してるけど何て種類だよ 


氷点下20度の中2歳男児を飼い犬が温め続ける

16 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-oka8) 2017/02/14(火) 18:49:00.25 ID:nZPHA/6RdSt.V.net
>>11 
かわいい
 
13 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Saeb-S0So) 2017/02/14(火) 18:40:10.83 ID:V5IULqkpaSt.V.net
>>11 
雑種じゃね
 
17 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-a31+) 2017/02/14(火) 19:18:36.57 ID:LKmZP3qwdSt.V.net
>>13 
雑種か 
まあ雑種は強いっていうしチワワだったら子供諸共死んでたな
 
20 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sx23-xgTA) 2017/02/14(火) 19:34:44.90 ID:MwKhCrR/xSt.V.net
>>11 
いい顔してんな 
これは仕事ができる男の顔をだわ
 続きを読む

とある犬の話


1: アイアンフィンガーフロムヘル(dion軍)@\(^o^)/ [CN] 2017/02/06(月) 17:43:27.97 ID:42lQpIl/0 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
台湾、犬猫の殺処分廃止 アジアでインドに次ぐ2番目
2017年2月6日 16時50分 【台北共同】

台湾政府は6日、捨てられた犬や猫などを収容する各地の公立施設で行われてきた犬猫の殺処分を同日から全面的に廃止したと発表した。
台湾政府によると、アジアではインドに
次ぐ2番目の導入で、世界的にも例が少ない。

動物管理を担当する農業委員会(農業省)は「台湾の動物保護の取り組みで、重要な一里塚だ」と強調した。

台湾では2015年2月、世論の高まりから2年後の殺処分廃止を明記した動物保護法改正法が 成立。準備期間を経て実施に移された。

現在、台湾全土の施設に収容されている動物は約2万6千匹。
殺処分廃止により
収容しきれなくなる懸念もある
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017020601001737.html

続きを読む

1: 魔法少女☆Magicaloid-44 ★ 2017/02/01(水) 22:22:57.42 ID:CAP_USER9
最愛の同胞を失ってもなお、彼らに変わらぬ愛情を示し続ける動物たち。
そして彼らが人間の友に捧げる痛ましいほどの親愛を伝えるエピソードは今も昔も多くの人々の心を揺さぶり続けている。 

今回トルコから、この世を去った後も飼い主を慕い続け、その墓を守る一匹の犬、セザーの話題が舞い込んだ。
トルコでは死後遺体は土葬される。
セザーは土の中に埋まっている高齢で亡くなった主人の棺を守り抜くため、彼が眠る墓のもとに日々通い続けているという。

no title


▼特別な絆で結ばれていた老人と犬

2017年1月中旬、セザーの飼い主だったメフメトという老人は、現地の病院で亡くなった。
79歳だった。メフメトは麻痺を患っていたため、2年間を共に過ごしていたセザーと彼は特別な絆で結ばれていたという。

彼を看取った息子アリの話によると、メフメトが病院で危篤状態に陥った時、セザーは何かを感じ取ったのか、食事を一切摂らなくなったという。そして遺体が彼の自宅に到着したときは、棺をひと時も離れることなく寄り添った。

セザーが周囲に示したメフメトへの親愛の情はそれだけにとどまらなかった。彼は葬儀でモスクに運ばれる棺の行列の先頭に立ち、参列者たちを導いたのだ。

棺の下でメフメトを守るセザー
no title

小さな体で棺のそばにたたずむ
no title

運ばれる棺の先頭に立つ
no title

セザーはメフメトが無事に埋葬されるまで、たとえ親族と言えども彼に触れることを許さなかった。
そしてすべてを見届けたセザーは、悲しみにふさぎこんでいたという。
no title


メフメトを守り抜こうとするセザーのひたむきな行動は、そこに居合わせた誰もが感嘆した。
更に驚くことに、葬儀から5日間毎日、連れ戻しても連れ戻しても、セザーはメフメトの墓に戻って行ってしまうのだという。

▼ひそかに朝一番の墓参を日課にしていたセザー

そして現在もセザーは毎朝亡き主人の墓を訪れ、挨拶を交わしている。
no title

これは当初息子のアリですら気づかなかった習慣で、墓地で働く人々だけがセザーの朝一番の仕事を静かに見守っていたのだ。
no title

それを知った彼はセザーのあとを追い、父親とセザーの朝の挨拶に一日だけ特別参加をさせてもらうことにした。

メフメトの墓参をするセザーとアリ
no title

アリはセザーを"どんな時も誇り高い犬だ"と思っており、今後は亡き父親を支えてくれていたセザーと共に暮らすつもりだ。
no title

彼らは今後互いにとってかけがえのない存在だったメフメトとの思い出を分かち合っていくことだろう。

http://karapaia.com/archives/52233157.html

続きを読む

イスタンブールを襲った大吹雪の日

イスタンブールを襲った大吹雪の日2

イスタンブールを襲った大吹雪の日3

イスタンブールを襲った大吹雪の日4


 続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 13:51:05.94 ID:D4bQjaXT0XMAS
no title

no title

じいさん「ワイの代わりにイッヌに行かせたろ!」

続きを読む

no title

926: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/17(月) 10:58:22.22 ID:xXo/UdCp
もう死んじゃったけど、昔飼ってた雑種の雌犬「ナナ」の話 

大学の時、サークルで知り合った清楚系美人(A子とする)に告白され有頂天になって付き合ってたんだがA子を家に連れてきたらナナが尋常じゃないくらい警戒心をあらわにした 
もともと大人しい甘えん坊で初めての客や宅配便の兄ちゃんにもなでて?なでて?って寄っていくタイプだったのにさすがに吠えたり噛みついたりはしないものの「フッフッ」と鼻息も荒くA子の周りを遠巻きにぐるぐると回り自分の宝物スペースの確認に走ったりA子の一挙手一投足にびくっと過剰に反応したり忙しいのなんの 
俺から「人なつこい犬」と聞いていたA子はその態度に不機嫌になり「かわいくなーい」を連発 
俺としては今日こそ決めてやるぜ!と張り切っていたのだが結局何もできなかった

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2016/12/08(木) 20:07:43.56 ID:CAP_USER
no title

アメリカ・テキサス州のアビリーンにあるホームセンター「ロウズ」は、2カ月前に10歳のゴールデン・レトリバーを従業員として採用した。

この犬は、アメリカ空軍で働いていたクレイ・ラシーさん(35歳)の介助犬のシャーロットだ。地元紙「アビリーン・レポーター・ニュース」によると、ラシーさんは両膝を5回手術し、空軍の仕事に戻ることができなくなった。左膝を曲げられないなど、不便になった生活を助けてくれているのがシャーロットだ。ラシーさんが倒れた時には、起き上がる手助けをする。

3人の子供がいるラシーさんは、空軍を除隊した後、家の修理やリフォームといった仕事をしながら、働き口を探していた。ロウズをたびたび訪れていたラシーさんに、ラシーさんの妻が「ロウズに人を募集していないか尋ねてみたら」と提案した。

ロウズのマネージャーに、自分でも雇用してもらえるかどうかをラシーさんが尋ねると「もちろん、応募してみたらいい」と言われた。そこで面接を受けたところ、めでたく採用となった。

ロウズの人事マネージャーのジェイ・フェラーズさんは、地元テレビ局KIDYのインタビューで「彼は、私たちがまさに求めているような人材でした。そこで面接をして、採用することにしました。彼がここで活躍するだろうとわかっていましたから、シャーロットにも一緒に働いてもらうことにしたのです」と話している。

no title


今、ラシーさんとシャーロットは、ロウズの従業員用ベストを着て働いている。働き始めてまだ2カ月だが、シャーロットはすでにお店の人気者だ。

このペアが大好きなお客の一人、ジュディ・ディチャート・ローズさんがラシーさんとシャーロットの写真をFacebookに投稿すると、インターネット上で大きな反響をよんだ。

「アビリーンのロウズは素晴らしいお店です。彼は、身体が不自由で介助犬が必要だった退役軍人です。なかなか仕事が見つからなかったけれど、ロウズが彼とサービス犬を雇用しました!!」

写真は12月8日時点で19万いいね!され、シェア数も20万に迫る。多様な働き方を取り入れるロウズは、1人と1匹を採用したことでさらにファンを増やしたようだ。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/07/lowes-hires-veteran-who-needed-service-dog_n_13502358.html

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2016/12/07(水) 20:47:10.37 ID:CAP_USER9
イノシシにかまれ、後ろ足1本を無くした狩猟犬「ゴン」が、京都府福知山市内の飼い主の元で、別の猟犬の指導役にあたっている。
3本足というハンディを負っているが、元気に山を走り回り、シカなどの追い方を“後輩”に教え、飼い主と強い絆で結ばれている。

飼い主は、一般社団法人府猟友会福知山支部長の下元照男さん(68)=さつきケ丘=。
元自衛官で、2009年に狩猟免許を取り、猟や有害鳥獣駆除をしている。

猟で使う犬は飼っていなかったが、今年4月に狩猟用のビーグル(2歳)を知人の男性から譲り受けた。
「龍馬」と名付けたこの犬は、山へ入ったことが少なく、シカなどを追う力がまだ未熟だったため、6月にこの男性から同じビーグルで、経験豊富な5歳の犬「ゴン」を指導用としてもらい受けた。

ゴンは人間の年齢でいうと40歳代で、脂の乗りきったころだが、右の後ろ足が付け根から無い。
知人の男性に飼われ、兵庫県丹波市の山中で猟をしていた時、イノシシに足をかまれ、瀕死の重傷を負った。
動物病院に連れて行ったが、足が壊死して命が危うくなる可能性があるとして切断せざるを得なかった。

ゴンが下元さんのところに来てからは、龍馬と一緒に自宅近くの山に出掛け、シカを追う練習を繰り返す。

3本足だが、急斜面も臆することなくバランスをうまく取って走り、龍馬に手本を見せる。
走る速度が少し遅くなったため、走るのが苦手だった龍馬にとってはちょうど良いペースで、置いてきぼりにされずに、シカを追うコツを覚えていった。

ゴンはけがをしたせいか人懐っこく、下元さんと一緒の時は終始甘えたしぐさを見せる。
龍馬とも仲が良く、夜はいつも寄り添って寝ている。

最近は龍馬の走る力が増し、ゴンより先に走ることも。
11月15日に猟期に入ってからは実際に山に入り、連携した走りを見せている。

下元さんは「ゴンは本当にしっかりと龍馬に教えています。龍馬が、駆除の時も活躍できるよう、一人前になるまで、これからもゴンに指導をまかせたい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00010000-rtn-l26


5: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 20:49:21.35 ID:Hkz1eb2x0
画像 

ビーグル狩猟犬「ゴン」 
no title

続きを読む

池に落ちた犬を助けようとしたハゲ

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 01:54:56.43 ID:sqbBN6YH0
今月7日、ロシアにて凍った池に落ち、冷たい水に体温を奪われ溺死寸前だった犬を救出した男性の動画が国内外のメディアで報じられ称賛を浴びている。

彼の行動は死と隣り合わせの危険な行動だったが、冷たい氷に体を投げ出し、小さな命に手を差し伸べ続ける姿はロシア国内のみならず、多くの人々の心を打ち震わせた。
http://dailynewsonline.jp/article/1234066/

https://www.youtube.com/watch?v=YjdW58N_bGc


続きを読む

↑このページのトップヘ