いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:イイ話

気持ち良さそうに寝てる犬の寝顔って良いよね7

1: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 10:27:15.50 ID:bwM/QIKta
ワイ「治療費いくらかかるんや?」

病院「8万円くらいなんだよなぁ」

ワイ「せやのか」

犬「あれ、ワイまだ生きとるやん」

犬「ん?いつも遊んでたパソコンやゲームどこやったん?」

ワイ「気にせんでええんやで」



続きを読む

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/06/30(日) 16:47:51.05 ID:MT8X1EvQ9
そばにいるよ 病床の子を癒やし励ます犬、静岡で10年

 静岡県立こども病院(静岡市葵区)が、子どもたちを元気づける常勤の犬「ファシリティードッグ」を日本で初めて導入してから間もなく10年。
闘病生活を送る子どもたちを癒やす存在として根付いてきた。ほかの病院でも採り入れる動きが出てきている。

 葵区にある静岡伊勢丹で18日、ファシリティードッグのゴールデンレトリバー、ヨギの8歳の誕生会があり、子どもたちがヨギへの思いをつづった手紙を読んだ。

 ヨギちゃんへ いつも手術のとき一緒にいてくれてありがとう。安心できたよ。お仕事頑張ってね。

 緊張しながら朗読したのは、静岡県富士市の藤田いろはさん(8)。
ヨギとの出会いは4年前にさかのぼる。

 母みどりさん(41)によると、いろはさんは4歳の時、急性リンパ性白血病と診断され、静岡県立こども病院に約1年間、入退院を繰り返した。
ある日、突然検査を嫌がって泣き叫び、医師にぬいぐるみを投げつけたという。
みどりさんは「それまで言うことを聞いてたから、色々たまったのだと思う」と振り返る。

 2時間ほど経ってもおさまらない中、現れたのが同病院の医療チームの一員として「常勤」しているヨギだった。ヨギは静かにいろはさんに寄り添った。
少しすると、いろはさんは「頑張る」と言って検査を受け入れたという。

 それがきっかけで仲は深まり、ヨギは毎日病室まで来るように。手術の時は手術室まで付き添ってくれた。いろはさんも時にはヨギのリードを握り、病院の廊下を散歩した。いろはさんにとって、ヨギは「優しいし、かわいい、特別な存在」だ。

■「いやしのかたまり」「親以上の存在」

 静岡県小山町の池谷花野さん(16)も白血病で2017年から1年半、同病院に入院した。親との面会時間は短く、薬の副作用で吐き気もする。
「自分の身体とは違う」と感じ、つらかった。だが、ヨギが来るとつらい時間が楽しい時間に変わった。

 ヨギをなでながら、ヨギのパートナーである鈴木恵子さん(55)と話すのが楽しみだった。「ヨギは『いやしのかたまり』。一緒にいると、病気のことを忘れられる」

 母親の麻紀さん(46)も病院で花野さんのそばにいるヨギを見て「娘は私よりもヨギを当てにしていた。親以上の存在になっていたと思う」と話す。


朝日新聞デジタル(6/30(日) 12:00配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00000013-asahi-soci

病室で子どもと触れあうヨギ
=静岡市葵区の県立こども病院、シャイン・オン・キッズ提供
no title


続きを読む

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/06/28(金) 19:18:31.27 ID:iuEDUt/n9
認知症になった老犬と、寄り添い支える猫 2匹の“愛”の記録

 認知症になった老犬。その犬が大好きな猫は、介護をするように寄り添った――。
インスタグラムで人気を博した2匹の生活をまとめたフォトブック『くぅとしの 認知症の犬しのと介護猫くぅ』(辰巳出版)が発売された。
その姿は見る者を温かな気持ちにさせてくれる。

 著者は広島県在住の晴さん。登場する2匹は独身時代の晴さんが保護した飼い犬「しの」(メス)と飼い猫「くぅ」(オス)だ。

「しの」は2011年、路上を逃走している時に晴さんが発見し保護した。
推定10歳以上。「くぅ」は翌年、子猫時代に保護した。2匹とも病気やけがをしており、当初はひどい状態だったが、晴さんが手厚いケアで快復させた。

 2匹は初め、庭の犬小屋と室内で別々に過ごしていたが、ある時、室内にいた「くぅ」が、屋外にいる「しの」を見かけて、一目惚れ。
じっと見つめるなど、気にする様子を見せていた。

晴さんの結婚を機に「しの」も室内飼いになり、「くぅ」と一つ屋根の下で一緒に生活するようになった。「くぅ」は「しの」の後をついて歩き、寄り添うようにして暮らした。

だが、少しすると、「しの」は家具のすき間に挟まったり、円を描くようにぐるぐる歩いたり、認知症の症状が出はじめた。

すると、「くぅ」は、大好きな「しの」を介護するようなしぐさを見せはじめる。

弱った「しの」を背中や頭で支える。ぐるぐる回れば横にぴったりとくっついて誘導。「しの」のペースに合わせて、歩いたり止まったり。
ひとりで動ける時は、そっと見守った。

「くぅ」の行動について、晴さんはこう話す。

「“介護する”というようなことは、まったく想定していませんでした。寄り添って幸せそうに寝ているふたりの姿にはとても癒されましたし、食事介助の時、『くぅ』が『しの』のごはんを横取りする“ごはんドロボー”は、私を笑顔にしてくれました」

認知症の進行とともに表情が乏しくなり、衰えていった「しの」だったが、「くぅ」が側にいるのがわかると、ふっと穏やかな顔になったという。
そんな様子に晴さん自身、癒やされ、たくさんの写真で記録した。


sippo(6/28(金) 13:50配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00010001-sippo-life

頭で「しの」を支える「くぅ」
no title


しのに寄り添って歩くくぅ
no title


くぅのぬくもりが一番の眠り薬
no title


続きを読む

1: ばーど ★ 2019/06/20(木) 16:57:50.25 ID:cXV2yMZ39
福岡県八女市黒木町笠原の自営業吉田雄一さん(42)が、親とはぐれた雄の赤ちゃんイノシシの世話を始めた。毎日、夕暮れ時に吉田さんと自宅近くを散歩し、すぐ後をトコトコと追い掛ける「うり坊」のかわいらしい姿が近所で評判になっている。

【動画】吉田さんの後をトコトコと追い掛ける「うり坊」
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/520028/

うり坊は今月1日夕、飼い犬のタロが散歩中に山からくわえてきた。生後数日とみられ、寒さのためか震えていた。「親に置いていかれたのだろう」と吉田さん。「タロはニワトリに餌を分けてあげるほど優しい性格。『この子の面倒を見てやってくれ』という目を向けられ、山に返すわけにもいかなかった」

自宅に連れ帰り、飼育する子ヤギ用に冷凍していた牛の初乳を与え、ホットカーペットの上で温めると、うり坊は次第に回復。近隣住民から借りた哺乳瓶でミルクを飲ませるなどすると、パンやうどんを勢いよく食べるまでに元気を取り戻した。「襲われた」と思ったのか、最初はあまり近づかなかったタロとも、今ではじゃれあう仲だ。

吉田さんは、うり坊の餌にするため休耕田でサツマイモの栽培も始めた。「イノシシは害獣といわれているが、それは人間側の都合。亥(い)年でもあり、何かの縁。なんといってもかわいいでしょ」と頬を緩める。

イノシシは数年で100キロほどに成長する。手に負えなくなる前に、動物園など引き取り手を見つけるつもりというが、吉田さんは「しばらくは“子離れ”できません」。

6/20(木) 15:06
西日本新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00010003-nishinpc-soci
no title

続きを読む

1: Hikaru ★ 2019/06/12(水) 12:29:30.52 ID:zW+Cl7L19
Amazon、里親探し中の犬・猫を支援する「動物保護施設支援プログラム」
Impress Watch 2019年6月12日 12:05
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1189856.html

Amazonは、動物保護施設で里親(新しい飼い主)を待ちながら生活する犬や猫を支援する「動物保護施設 支援プログラム」を6月12日より開始した。

捨てられたり保健所へ預けられたりして、動物保護施設で生活する犬や猫たちを、Amazon.co.jpを通じて支援する取り組み。
それぞれの動物保護施設によって作成された「ほしい物リスト」から商品を購入することで、それらが支援物資として各施設で生活する犬や猫に届けられる。

動物保護施設 支援プログラム」のページ上から、支援したい保護施設を選択し、各施設が作成した「ほしい物リスト」から商品を購入する。
リストには、ペットフードやペットシーズ、猫砂、犬の散歩用リード、猫の爪とぎなど、保護施設の運営で必要な衛生用品などが入れられており、支援者が購入した商品は各施設に寄付される。

支援する動物保護施設は、公益社団法人 アニマル・ドネーションと、審査を通過した保護団体のみが利用できる
保護犬・保護猫のマッチングサイト「OMUSUBI」(お結び)を運営するシロップに選定・審査を委託。
12日時点では、合計15施設が支援対象となっている。

公益財団法人 動物臨床医学研究所「人と動物の会」(鳥取県)[保護対象:犬・猫]
認定NPO法人 アニマルレフュージ関西(大阪府) [保護対象:犬・猫]
認定NPO法人 未来といのち(東京都) [保護対象:猫]
NPO法人 キドックス(茨城県) [保護対象:犬]
NPO法人 しあわせの種たち(岡山県) [保護対象:犬・猫]
NPO法人 セブンデイズ(福岡県) [保護対象:犬・猫]
NPO法人 DOG DUCA(愛知県) [保護対象:犬]
NPO法人 ねりまねこ(東京都) [保護対象:猫]
NPO法人 Wonderful Dogs(埼玉県) [保護対象:犬]
一般社団法人 アニマルハートレスキュー(神奈川県) [保護対象:犬・猫]
一般社団法人 SORA小さな命を救う会(愛知県) [保護対象:犬]
一般社団法人 ねこたまご(北海道) [保護対象:猫]
那須ハイランドパーク SOS(栃木県) [保護対象:犬]
ネコリパブリック東京 お茶の水店(東京都) [保護対象:猫]
ネコリパブリック東京 中野店(東京都) [保護対象:猫]


◇ 支援の流れ
no title

no title

続きを読む

これより第一回美犬コンテストを開催します18

94 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/06/14(金) NY:AN:NY.AN ID:6dZVcMt10 
うちの犬に、自分と同じ髪型のカツラをかぶせて一緒に鏡のまえに立ったら、 
すっげえウットリとして恍惚とした表情で喜ぶのよw 

なんか近づけた感じがするんだろうな。 

そのあと、カツラをみせたらハッハッハッて興奮して、アタマを突き出して 
喜んで被るようになった。

919: 可愛い奥様 2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:bcOZBI8nO 
うちの犬がとうとう晩の散歩を拒否し始めた。 
今は朝5時に一回、夜9時か10時位に一回の計二回なんだけど、夜の散歩は暑いんでいいです。って反応になってきた。 
庭にトイレ作る?って話を夫と話し中。頑固犬だから家の中では絶対に排泄しないのが困るわい。 
涼しい屋内に入れようとしても、まだ庭がいいです!って態度だったからタライに氷水入れて置いといた。 

今黙って漬かってる。武士か。
 
続きを読む

no title

600 :風と木の名無しさん:2010/10/03(日) 19:12:28 ID:I2O0zUhjO 
散歩中の犬を発見 
でかくて可愛くてカコイイ理想の犬 
犬から目が離せない 

(*´д')「触っていいですかハアハア」 
(・ω・)「(裏声で)ど、どうぞですワン」 

妙な声にギョッとして振り仰ぐと、飼主が申し訳なさそうな顔で赤面していた 

たしかに犬ガン見で跪いて手を差し出してはいたけれど、飼主さんに許可をもとめたのであって 
犬に許可をもとめたわけじゃないというか、 
別に犬のふりしてほしかったわけじゃないというか、 
こんな精悍なでかい犬で甲高い裏声はないだろうというか 

……次は紳士的に許可を乞うてみせるので許してほしい

続きを読む

ほっこりする犬コピペを集めてみる その1

832 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2010/08/17(火) 21:38:24 ID:M0XSzemF 
私じゃなくて犬が返した武勇伝。

車で5分くらいの所に大きい公園がある。
しょっちゅう行くわけじゃないんだけど、たまにワンコが「今日は公園気分(゚∀゚)!」って
時には公園へ連れて行ってた。
夕方なので、暗くなる前に帰るよー、と一言添えてドッグラン内に

鎖はずしてほっといたら(゚∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャとグルグル走る走る。

ああー、うちの○○タン、バカカワイイよ可愛い!と見守っていたらいきなり後ろから
突き飛ばされ、カバンをひったくられた。
いきなりすぎて何も出来ず頭真っ白になり転んだ瞬間、うちの犬がドッグランの柵を
飛び越え、「ウギャワワワワワワあwせdrftvぎゅにmwせdrf!!!」と引ったくり犯を
追跡、襲われてパニくる犯人をかみまくり、押し倒し、バッグを咥えて戻ってきた。
倒れたまま呆然としている私をものすごい勢いで私の顔をベロベロ舐めながらひったくり犯を
威嚇してたんだけど、引ったくり犯はそのまま逃亡。

結局ひったくり犯はつかまらなかったけど、家族からメチャクチャほめられた犬はあれから気を良くして、子供扱い?される。
っていっても携帯がなったら一回自分が咥えて大丈夫、と判定してから

渡してくれたりとか、ジャーキの隠し場所を「ほらね?ここにあるからお腹すいたら食べるんだよ?」 と教えてくれたりで小さいんだけどww
携帯よだれまみれwちなみにアレから公園行くと、ボディガードよろしく私のそばから離れなくなった。
ゴメン。チョい親バカ入ってますw



続きを読む

氷った川に犬2匹が落下→た男性が救出
\(^o^)/です  2019/03/25(月) 16:32:18.78 ID:G8x798PRa.net BE:304868982-2BP(1000)
犬の散歩中だったある男性、氷った川に2匹の犬が落下し流された飼い主の絶叫を聞きつけ、ゴールデンレトリバーと共に真冬の凍結河川に飛び込み救助。男性は偶然にもシベリア出身で、猟師の祖父から氷った川での身の処し方を習っていたそう。「俺も危険だって?黙って見てられないだろ」とは本人の弁。 
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1110034596471566336/pu/vid/640x360/XRT5FHi-Zcr29owo.mp4 
https://twitter.com/busujiujitsu/status/1110034849815887872 


 続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/03/22(金) 09:53:23.01 ID:opGLC8RbM
イチロー(2019)「とうとう引退か…」
一弓(18)「ワン!」
泣けるわ

no title

no title

続きを読む

↑このページのトップヘ