いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:ほんわか

1: チミル ★ 2020/03/26(木) 13:59:03.88 ID:t6DzISbo9
新型コロナウイルス感染予防のため自宅待機を余儀なくされる人々が、普段と異なる生活にストレスを感じていることは想像に難くない。しかし悪いことばかりではない。ペットにとっては普段仕事などで家を空けている飼い主と一緒に過ごす時間が増えることになり、嬉しい事態でもあるようだ。イギリスで飼われている犬もまた、新型コロナウイルスの影響で家族が自宅待機するなか、幸せな時間を過ごすことができたようだ。ところがあまりの嬉しさから、ちょっとしたトラブルが起きてしまった。『Metro』『UNILAD』などが伝えている。

英エセックス州在住のエマ・スミスさん(Emma smith、21)が今月20日、飼っている7歳で雄のダックスフントの“ロロ(Rolo)”についてツイッターに投稿したところ、その内容が注目を集めた。エマさんは「自宅待機のため家族と一緒にいられて、うちの犬は嬉しかったみたい。だけどこの子が尻尾を振らなくなったので獣医に診せたら、『(嬉しくて)尻尾を振りすぎたため捻挫しています』って言われちゃった」と綴っている。

どうやらロロは家族が自宅待機していることが嬉しかったようだ。普通の会社員であれば一日のうち8時間以上も家を空けるため、犬にとっては飼い主が不在の間は寂しく感じることもあろう。そしてロロは突然、家族がいつも自分のそばに一緒にいてくれることで嬉しさのあまり尾を振りすぎて捻挫してしまったとのことだ。

エマさんの投稿には107万件以上の「いいね」が集まり、3千件近くものコメントが寄せられた。

「うちの犬も私達が家族旅行から帰って来た時、同じような状態になったわ。」
「僕の犬も毎朝喜んで尻尾を振って、ある時家具にぶつけちゃって大怪我をしちゃったよ。」
「うちの犬も初めてペットホテルに行って、他の犬とはしゃぎすぎたせいで、尻尾を捻挫したことがあるよ。」

意外にもロロと同じように嬉しさや興奮のあまり、尾の振りすぎで捻挫や怪我をした犬がいたようだ。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
引用ここまで。全文は下記よりご確認ください。
https://japan.techinsight.jp/2020/03/masumi03250914.html

嬉しさから、犬が尻尾の振りすぎで捻挫


続きを読む

1: Ttongsulian ★ 2020/03/03(火) 08:43:45.19 ID:CAP_USER
2020.03.01 21:00
https://japan.techinsight.jp/2020/03/ac02271224.html

米テキサス州の警察署に2月11日未明、1頭の犬が現れた。突然やってきたその犬は、カウンターに足をかけると嬉しそうに署内を覗いており、その姿がSNSに投稿されると瞬く間に拡散した。『The Dodo』『Metro』などが伝えている。

テキサス州オデッサの警察署に2月11日の午前3時半頃、1頭の珍客が現れた。正面入り口から入ってすぐのカウンター越しに顔を出したのは“チコ(Chico)”という名の1歳のジャーマン・シェパードで、警察署はちょっとした騒ぎになった。

当時勤務していたラスティ・マーティン巡査部長は、その時の様子をこう語っている。

「夜中に突然現れた訪問者が“ハッピーな犬”だったことに驚きました。みんながチコの訪問に興奮して、可愛さにホッコリしたものです。」

「チコは首輪をしていたのですが、名前が書いてあるタグは千切れてしまったようで無くなっていました。そこでマイクロチップを管理するアニマルコントロールの職員が呼ばれたのです。」

「職員が到着するまでの間、私たちはロビーでテニスボールを投げるなどしてチコをもてなしていたのですが、しばらくすると、チコはあっという間に正面玄関をすり抜けていなくなってしまいました。」

「チコはおどおどするわけでもなく、署での時間を楽しんでいたようです。」

チコはその日のうちに約1.6キロ離れた自宅にたどり着いたようだが、

飼い主のエドワードさんは「甥から『地元警察のFacebookで話題になっている犬がいるんだけど、これチコだよね? 飼い主を探しているみたいだよ』とメッセージをもらったのです。チコは私が起きた時はきちんと自宅に戻っており、警察署に行っていたことには全く気付きませんでした。その日のうちに署に電話して、チコが無事であることを知らせましたよ」と明かしている。

エドワードさんの甥が目にしたという警察署のFacebookはのちに更新され、「K9(警察犬)に志願するためにやって来たのかと思ったけど…、飼い主のもとに戻っていてホッとしたよ。チコはいつでも大歓迎だからね」と言葉が添えられた。

この投稿には、「なんて美しい犬なの」「文句なしに可愛い」「うちのママには『迷子になったら警察署に行きなさい』っていつも言われていたんだ。迷子になったのかな」「真夜中に退屈になって家を出たのかな」「お腹が空いていたんだよ」「ほっこり」「犬は頭がいいから、迷子にはならないだろうね」「写真が可愛すぎる」「頭が良さそうな顔してるよ」といったコメントが届いている。


Lost dog hands himself in to police
https://metro.co.uk/2020/02/25/lost-dog-hands-police-12298869/
no title

Support Our Permian Basin Police Officers - Home | Facebook
https://www.facebook.com/SupportOurPermianBasinPoliceOfficers/posts/2799402990147301?__tn__=-R


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2020/01/04(土) 02:39:43.21 ID:qRkixXUH0
イッヌ「お魚さん助けなきゃ(使命感)」
※GIF画像



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/08/23(金) 14:55:58.93 ID:fgpLNPY+a
33度のお湯でじっくりことこと煮られる模様
※GIF画像
イッヌ、鍋で煮られる


続きを読む

父「犬?うるさいだけじゃん好かん」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:28:08.185 ID:gdabpCfza
父「ほんま酷いことするわ!」ぷんすこ



続きを読む

賢いイッヌちゃん人間を驚かせるような行動を起こす

1: 名無し募集中。。。 2019/07/27(土) 11:08:41.32 0
お、おっさん来たから陰に隠れてびっくりさせたろ



続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/07/12(金) 22:33:44.27 ID:3tFdCgEn9
 猟犬のボルゾイは、その大きさや見た目の優雅さで人気の犬種。しかし猟犬だけにその動きは俊敏で、お散歩中に他の動物を見るとうっかり追いかけそうになることも。そんなボルゾイと子猫の生活を紹介しているツイートが微笑ましいと評判です。

 2016年1月23日うまれ、3歳半のオスのボルゾイを飼っている、「がんぼるぞい」さん(以降飼い主さん)。ボルゾイの名前は、エドガーくんと言います。エドガーくんは人懐こく温厚で、ほとんど怒ったことがないのだそう。とにかく人が好きで、誰にでもお腹を見せてしまうようなエドガーくんですが、小型犬には愛想よく、大型犬にはビビりな一面も。でももとが猟犬の犬種だけに、お散歩中に猫と遭遇すると、つい追いかけたくなってしまうこともあるのだとか。

 そんなエドガーくんのもとに、生まれて間もないくらいの子猫が保護されてやってきました。空(くう)ちゃんという男の子。保護されたのは、5月13日。まだ生後1~2日くらいと思われるその子猫は、目も開いていないくらいの小さな子でした。

「保護したばっかりの時はこんなに小さかったんだよ。仲良くなろうね!がんぼるぞい!!」

 空ちゃん、現在は元気にすくすくと育ち、今では生後約2か月。猟犬のエドガーくんが、子猫にたいしてどんな反応を示すか心配もあったという飼い主さんでしたが、保護した当初からエドガーくんは空ちゃんのことを優しく見守ってくれているそうです。

 そんなエドガーくんと空ちゃん。時々空ちゃんは知人宅に預けられることがあり、ある日空ちゃんが預かり先から帰ってきた時に、寝そべっているエドガーくんの背中をマッサージ。この時の様子が今回評判になっているもの。飼い主さんはTwitterで「猫が帰ってきました。マッサージをして、僕のことを労ってくれているようです」と、その時のエドガーくんの心境を写真とともに紹介しています。

「猫が帰ってきました。マッサージをして、僕のことを労ってくれているようです。がんぼるぞい!」

 生後間もなかった空ちゃんの目が開いたくらいから、やんちゃ全開に。エドガーくんは空ちゃんにつき合って毎日が大運動会状態なのだそう。時々空ちゃんが預けられている間は、エドガーくんは家族に甘える事が出来て幸せそうな反面、少し元気がないのだそう。そして帰ってくると嬉しそうにして、すぐに大運動会に。エドガーくんにとって、もはや空ちゃんは掛け替えのない存在になっているみたいです。

 やんちゃ盛りの空ちゃん、エドガーくんがゆっくり寝たいときにもちょっかいをかけている様子。最近は睡眠を妨げられて迷惑そうな顔をしていることもしばしばなんだとか。

 それでも、空ちゃんにつき合って一緒に遊んだり、オモチャで空ちゃんをじゃらしている姿は、弟と遊んでやっているお兄ちゃん、を通り越して、お父さんと幼児といった雰囲気。日曜日にゆっくり寝ていたいお父さんに、早朝から「遊ぼ~」って言ってくる幼児とあんまり変わらなかったりして。

「子育ては大変だぜ!がんぼるぞい!」

 いつまでも見ていたくなるような平和な犬と猫の生活は、飼い主さんが運営しているツイッターで見ることができますよ。(梓川みいな)

2019年7月12日 7時4分 おたくま経済新聞
https://news.livedoor.com/article/detail/16761491/

画像
no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/06/20(木) 16:57:50.25 ID:cXV2yMZ39
福岡県八女市黒木町笠原の自営業吉田雄一さん(42)が、親とはぐれた雄の赤ちゃんイノシシの世話を始めた。毎日、夕暮れ時に吉田さんと自宅近くを散歩し、すぐ後をトコトコと追い掛ける「うり坊」のかわいらしい姿が近所で評判になっている。

【動画】吉田さんの後をトコトコと追い掛ける「うり坊」
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/520028/

うり坊は今月1日夕、飼い犬のタロが散歩中に山からくわえてきた。生後数日とみられ、寒さのためか震えていた。「親に置いていかれたのだろう」と吉田さん。「タロはニワトリに餌を分けてあげるほど優しい性格。『この子の面倒を見てやってくれ』という目を向けられ、山に返すわけにもいかなかった」

自宅に連れ帰り、飼育する子ヤギ用に冷凍していた牛の初乳を与え、ホットカーペットの上で温めると、うり坊は次第に回復。近隣住民から借りた哺乳瓶でミルクを飲ませるなどすると、パンやうどんを勢いよく食べるまでに元気を取り戻した。「襲われた」と思ったのか、最初はあまり近づかなかったタロとも、今ではじゃれあう仲だ。

吉田さんは、うり坊の餌にするため休耕田でサツマイモの栽培も始めた。「イノシシは害獣といわれているが、それは人間側の都合。亥(い)年でもあり、何かの縁。なんといってもかわいいでしょ」と頬を緩める。

イノシシは数年で100キロほどに成長する。手に負えなくなる前に、動物園など引き取り手を見つけるつもりというが、吉田さんは「しばらくは“子離れ”できません」。

6/20(木) 15:06
西日本新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00010003-nishinpc-soci
no title

続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/03(金) 21:11:14.500 ID:+scWCHSa0
大型連休仕事だった人お疲れ様 癒されてくれたら嬉しい
※以下、全部GIF画像
no title

no title

no title


続きを読む

no title

741: 可愛い奥様 2013/03/06(水) 14:16:32.12 ID:CtI0uKpV0 

今日買い物から帰って来る途中、 
数年前に亡くなった愛犬とすごく似た子と会った。 
ウヘヘヘヘな顔で散歩中で、目が合って 
あらー可愛いねーと言ったら、耳ペッタンに寝かしてフンフン言ってきて 
撫でさせてもらいつつ、可愛い可愛い言ったら耳がペッターン。 
「可愛いって言われたら一番ダメなんですよ~w」って飼い主さんも言ってて 
ありがとう、と離れた後なんか涙出た。 


犬飼おうと思います。やっぱり犬だ。犬なんだ。 
もう二度と飼うまいと思ったけど、もうダメだ動悸がする。。

 
続きを読む

↑このページのトップヘ