いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:しつけ

柴犬買おうとおもってるんだ

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/26(日) 09:54:23.19 ID:c15y/s9J0
柴犬「♪」

続きを読む

番犬として飼い始めた犬が何の役にも立たない仕事しない

1: Ψ 2016/06/19(日) 06:16:42.97 ID:RQsBJqIr
「わざわざ来ておやつをくれる人が悪人な訳が無い」
って感じでおやつくれる人みんなに尻尾振ってんじゃねえよバカ犬
畑の胡瓜10本盗まれたのはてめえのせいだからな

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/04(土) 19:59:48.62 ID:iVckpRhFd
no title

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/06/03(金) 08:17:42.04 ID:w9ayW6dS0
ワイ「会社っていうのは9時に朝礼があるから、8:30には家を出なくちゃいけないんだ」

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 19:07:13.85 ID:DY05KFPZ00404
no title

なお、反省しとらんもよう

続きを読む

愛犬と並んで空の旅

1: ミレイユ ★ 2016/05/21(土) 13:12:18.46 ID:CAP_USER*
 全日空は20日、チャーター便の機内で愛犬と一緒に過ごせる2泊3日のツアー「ワンワンフライトin北海道」を開催し、参加者87人がペットのコーギーやチワワなど計44匹と成田空港を出発した。

 ペットを客席で運ぶのは国内の航空会社で初の試み。販売開始から2日で定員に達したという。

 ツアーでは、成田―釧路間を往復するチャーター便の客席に、専用ケージに入れた犬と並んで座ることができる。犬好きの客室乗務員を選抜し、手作りの犬用搭乗券を発行したり、宿泊先のホテルにドッグランや犬用の足湯を用意したりとこだわり満載。ツアー料金は大人2人と犬1匹で22万2000円。

 日本の航空会社は、ペットを受託手荷物扱いとして貨物室で運んでいるが、「貨物室は不安」との理由でペットとの旅行を諦める飼い主が多いという。トイプードル(4歳)と参加した船橋市の会社員の女性(42)は「一緒に旅行できてうれしい。記念の搭乗券は大切に取っておきます」と笑顔だった。

 企画した全日空の今田麻衣子・商品戦略部マネジャーは「お客さまの夢をかなえられてうれしい。第2弾も企画したい」と話した。

2016年05月21日 11時46分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160520-OYT1T50158.html?from=ytop_ylist

続きを読む

【米国】犬の言葉伝えるハイテク技術

1: シャチ ★ 2016/05/20(金) 16:17:37.00 ID:CAP_USER*
CNN.co.jp 5月20日(金)15時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160520-35082964-cnn-int
アトランタ(CNN) 米ジョージア工科大学の研究者が、犬の思考を人間の言葉に変換して音声や文字で伝達できるという技術を開発した。
災害現場での捜索救助や爆弾検知、障害者介助といった分野への活用が期待される。

この技術を開発したのはコンピューター科学者で犬の訓練士でもある同大のメロディー・ジャクソン准教授。
専用のハイテクベストを犬に着せてセンサーを起動させ、スマートフォンに信号を送って音声または画面の文字で言葉を伝える仕組み。
センサーは犬が噛んだり鼻で押したりすると起動する。


同プロジェクトは全米科学財団や米国防高等研究計画局(DARPA)の助成を受けている。

ジャクソン氏は愛犬「スカイ」を訓練してこのベストの実験を行っている。
フリスビーとボールの違いを教えられたスカイは、
「これはフリスビー」「こっちはボール」と訓練士に教え、「警報が聞こえたよ」「呼び鈴が鳴ったよ」と知らせることもできる。

この技術を応用すれば、爆弾探知犬が爆薬の種類をかぎ分けて、発見した爆薬がC4なのか、
それとも危険度が高く慎重な扱いを要するTATPなのかを人間に知らせることもできるという。

災害現場では、がれきの下敷きになった人を見付けて犬がセンサーを起動させ、「もうすぐ助けが来ます」と知らせたりもできる見通し。
カリフォルニア州で実際にこのベストを介助犬に使ってもらう実験も行われている。

言葉を話せない人や聴覚に障害のある人の介助犬が、周りの人に「すみません、飼い主があなたの助けを必要としています」と話しかけるといった使い方も想定される。

中にはたった27秒でベストの使い方を覚えた犬もいるといい、訓練可能な犬なら簡単に使いこなせるはずだとジャクソン氏は話している。

【米国】犬の言葉伝えるハイテク技術2

続きを読む

1: リサとギャスパール ★ 2016/05/18(水) 19:10:56.77 ID:CAP_USER*
【5月18日 AFP】
 ハンガリー東部にあるデブレツェン(Debrecen)刑務所では、金曜日は「犬の日」だ。
近くの保護施設から来た5匹の捨て犬たちが楽しそうにしつけを受ける。しつけているのは、受刑者たちだ。

 2014年に始まったこの革新的な事業は、囚人と犬の両方が社会復帰するために役立つ社会的能力の習得を支えている相互に有益なプロジェクトだ。
地元の犬の訓練士、アンナマリア・ナジ氏は意外な組み合わせを眺めながら「囚人と捨て犬の運命はとても似ている。
それぞれの道を切り開くために、お互い助け合っているのだ」と言う。

 7週間のプログラムの期間中、規律、喧嘩の回避、口輪をはめる訓練など、受刑者たちは犬と一緒に10項目の課題に取り組む。
受刑者の中には暴力犯罪を犯した者もいる。

 5匹は11月に、森の中で捨てられ寒さで震えた状態で発見された。コーカシアン・シェパードの雑種で、だらりとした耳と頭に黄色の毛の房が生えているのが特徴だ。
「近づく事さえ大変だった」と訓練所の行動専門家、アグネス・ニューソさんが振り返る。

 このプロジェクトはハンガリーで開発された「ミラー・メソッド」と呼ばれる技法を採用している。
トレーナーが犬ではなく、自分の過ちを修正することに焦点を当てた技法だ。犬は単にトレーナーの過ちを「鏡写し」にしている。

 雑種犬はしつけが難しいため、引き取りたがる人がいないとナジ氏は言う。しかし、この犬たちはそれが理由でわざと選ばれている。
コースが始まってからたった数週間後には双方の絆はすでに固く結びつき、受刑者らが部屋に入った途端に犬たちは飛び跳ねて迎えに行く。

 人間の方も同じ気持ちだ。受刑者のローランドさんは犬に口輪をつけ、抱擁してなでながら「このコースは私にも犬にも良い影響を与えている。犬に会った後は何日も、ずっといい気分だ」と語った。

■犬との触れ合いで消える不信感
 普段、囚人は内に引きこもっているが、犬といると気持ちが和んでいると刑務所の職員は言う。
同刑務所のサンドル・ペーテル・パンチュサク所長は「(受刑者たちは)自分がどこにいるのかを少し忘れることができ、不信感も消える。犬は人間よりも正直だ」と話す。

 プログラムへの参加は長い順番待ちとなっており、そのこと自体も受刑者が元から持っているポジティブな面の強化や、少なくとも維持につながると言う。
「忍耐強くなり、他人をよりよく理解することに役立ち、最終的には(刑務所の)外でよりうまくやっていけるようになる」と同所長は言う。

 刑務所にいる約300人の受刑者のうち30人が、これまでにこのプロジェクトを完了した。職員によると、プロジェクトの「卒業生」は誰一人としてその後、犯罪に関与していない。

 そして犬の方も7週間のコースを完了して証明書を受け取った31匹のうち、12匹が新しい飼い主に引き取られた。
デブレツェンの端にある動物保護施設「Together for Animals」のトロさんは「囚人たちの犬のしつけは魔法みたい」だと言う。

 この施設では、飼い主に捨てられたり虐待されたりした約200匹の犬と猫が、暗い犬舎で檻の中に入れられ、平均3~4年を過ごしている。
「かわいくなければ、ここにいるのは6年にも、7年にも、もっとにもなり得る」とトロさん。
人の足音が聞こえると犬たちが騒がしく吠えたてる。「刑務所に行くことは犬にとって、とても大きな冒険のようのもの。誰かにやっと気をかけてもらえるのだから」

デブレツェンの刑務所の囚人たちと犬
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title
2016年05月18日 14:19 発信地:デブレツェン/ハンガリー
http://www.afpbb.com/articles/-/3085991  続きを読む

no title

1: たんぽぽ ★ 2016/04/29(金) 16:30:35.06 ID:CAP_USER*.net
http://www.j-cast.com/healthcare/2016/04/29265671.html?p=all
2016/4/29 11:30

いつも家の前の道路にゴロリと転がる不愉快なモノ。
犬のふんを片づけない飼い主にフンガイする人は多い。
スペインの首都マドリードの市当局は2016年4月25日、犬のふんの後始末をしない飼い主に対し、路上清掃活動を科す「強硬手段」の導入を検討すると発表した。

犬のふん害は、世界共通の悩みだが、モラルに欠ける飼い主に対し、あの手この手のユニークな方法で対応する国が増えている。

罰として「路上清掃活動」を命じるマドリード

4月26日付AFPの報道によると、マドリード市当局は、近く試験的な取り組みとして、自治体警察が最も犬のふんが多い2つの地域で取り締まりを開始し、ふんの後始末をしなかった飼い主には最高1500ユーロ(約18万9000円)の罰金か、数日間の路上清掃活動を命じるという。

市の担当者は、「これまで何度も啓発活動を繰り返し、犬のふんを入れる無料の袋を数百万枚も配ったのに、今も路上や公園に排泄物がたくさん落ちている」というコメントを発表した。堪忍袋の緒が切れた形だ。

マドリードの清掃活動のような「労働刑罰」の例は珍しいが、複数の海外メディアによると、最近、各国に広まっているのが、放置された犬のふんのDNA鑑定を行い、不心得者の飼い主を特定するという方法だ。米テネシー州に拠点を置く「バイオ・ペット・ベットラボ」社が、「Poo Prinnts」(pooはウンチの意味)という犬のDNA鑑定検査キットを開発したのがきっかけだ。これは、犬の唾液などを採取、DNAと飼い主の情報を同社に登録しておくと、捨てられたウンチから犬と飼い主がわかる仕組みだ。

米マサチューセッツ州プレインツリーの一戸建て団地では、2013年にこのDNA鑑定制度を導入した。団地内の広大な敷地には、犬のふんがゴロゴロ落ちていた。巡回中の清掃員が、犬が排泄した直後に立ち去る飼い主に注意すると、「うちの犬がやったという証拠を見せろ」と抗議を受けるケースまであった。そこで、団地の自治組織の顧問弁護士が全398世帯の承諾を得て、飼っている犬のDNA登録を義務付けることにした。

飼い主は60ドル(約6700円)の検査キットを購入し、愛犬のDNAをバイオ・ペット・ベットラボ社に登録しておく。放置された犬のふんが見つかると、同社にサンプルを送り、DNA鑑定を行って飼い主を突きとめる。飼い主は検査料50ドル(約5600円)と罰金100ドル(約1万1200円)を自治組織に支払う。おかげで犬のふんはほとんどなくなった。「犬のオシッコの方も何とかならないかしら?」という苦情があるが、こちらは少し難しいという。

このDNA検査方式は全米各地に広がり、1000か所以上の地域で行なわれているそうだ。イスラエル、カナダ、イタリアなどにも広がり、ナポリ市が2015年に導入した。同市では犬はすべて保健所で登録されるが、その際、血液を採取してDNAも登録する。犬のふんを放置した飼い主には500ユーロ(約6万3000円)の罰金を科す。かなり高い額だ。
「落し物ですよ」と飼い主の自宅に送るサービスも

犬のふんがいかに迷惑なモノか、画期的な方法で不届き者の飼い主に思い知らせたところもある。「遺失物」として飼い主の自宅に送り届ける「サービス」を行なったのが、スペイン・マドリード近郊のブルネテ市だ。2013年に犬のふん撲滅キャンペーンの数週間、ふんを放置した飼い主を探し出し、「落し物をお届します」と、ふんを箱に入れて宅配便で自宅に送り返した。キャンペーンは「Cacas Express」と名付けられた。「Cacas」はスペイン語で「ウンチ」の意味。「ウンチ・エキスプレス」というわけだ。

いったい、どうやって飼い主を見つけ出したのか。市当局は、多くのボランティアを募り、街中をパトロールしてもらった。そして、犬のふんを始末しない飼い主を見つけると、声をかけた。それも、注意するのではなく、

「あら、可愛いワンちゃんね。なでてもいいかしら? なんて、お名前?」
と、犬好きを装って話しかけるのだ。飼い主もうれしくなり、犬のことを話し始める。こうして犬の名前と犬種を突きとめる。この2つがわかると、市役所に登録されている犬のデータベースから飼い主を特定できる。

「ウンチ・エキスプレス」では、期間中に147件の「遺失物」を落とし主に届けた。その後、ブルネテでは犬のふんが約70%も減ったという。その後も市当局は、リモコンで動く大きな電動ウンチのおもちゃを公園や道路際に置き、「僕を放置しないで! ちゃんと片づけて!」と飼い主や犬を追い回すキャンペーンを行なっている。

いかにもラテンらしい明るいノリである。日本でも見習いたい。

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 22:28:23.39 ID:9uOccjfUa.net
なお柴犬は性格最悪で上下関係にシビアなため飼いづらいもよう

続きを読む

↑このページのトップヘ