いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:これは酷い

1: きう ★ 2016/11/28(月) 06:13:05.42 ID:CAP_USER9
http://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52229222.html
no title

小さい子犬が2匹別方向から近づいてきたので犬らしく吠えてみた。
するとどうだろう。。。このひと吠えが最悪の展開を迎えることとなるのであ~る。
https://www.youtube.com/watch?v=DfCez5faPuQ


ちなみにこの大人犬が父親であるのかどうかは定かでない。
なんにでも興味を持つ2匹の子犬が近づいてきた。ただそれだけだ。
no title

だもんだから一応吠えてみたところ・・・

えらい剣幕で母犬がすっとんできておもいっきり説教タイム
no title

母は強しなのであ~る。

これを人間界に置き換えると、知らない子供に取り囲まれた大人がちょっと注意したら母親にブチ切れられるという展開になるのか?
そう考えると怒られた犬の理不尽さも理解できるのかもしれない。

続きを読む

池に落ちた犬を助けようとしたハゲ

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 01:54:56.43 ID:sqbBN6YH0
今月7日、ロシアにて凍った池に落ち、冷たい水に体温を奪われ溺死寸前だった犬を救出した男性の動画が国内外のメディアで報じられ称賛を浴びている。

彼の行動は死と隣り合わせの危険な行動だったが、冷たい氷に体を投げ出し、小さな命に手を差し伸べ続ける姿はロシア国内のみならず、多くの人々の心を打ち震わせた。
http://dailynewsonline.jp/article/1234066/

https://www.youtube.com/watch?v=YjdW58N_bGc


続きを読む

柴犬のバックがどう癒されるのか全く理解できない


 続きを読む

犬「ワン!!!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/15(火) 21:14:53.156 ID:zL4ysr/N0
4

 
続きを読む

no title

1: ぷらにゃん ★ 2016/11/02(水) 18:05:25.27 ID:CAP_USER9
日本犬では唯一の大型犬で、天然記念物に指定されている「秋田犬(あきたいぬ)」のニセモノが、中国で横行しているという。

血統が良ければ、同国では1頭1000万~2000万円で取引される犬もいるため、悪質ブリーダーが“雑種”を秋田犬として販売しているようなのだ。
ニセモノ大国の暴挙を阻止するため、公益社団法人「秋田犬保存会」が動き出した。

「秋田犬という『日本古来の種』を守るため、保存会では血統証を発行しているが、中国では悪用・偽造されている疑いが強い。
このまま放置しておくと、中国産の『ニセ秋田犬』が世界中に広まる恐れがある」

秋田犬保存会の遠藤敬会長(日本維新の会衆院議員)は、脅威にさらされている秋田犬の現状について、こう憤った。

「忠犬ハチ公」のエピソードで知られる秋田犬は、飼い主に忠実なうえ、利口で勇敢な家庭犬である。
ロシアのプーチン大統領や、キャロライン・ケネディ駐日米大使も愛好し、ヘレン・ケラーも飼育していた。

日本では、数万円から数十万円で取引されるが、2009年にリチャード・ギアが主演した米映画「HACHI」の公開後、海外での人気に火がついた。
中国の富裕層も熱狂し、いつの間にか高額化し、ニセ秋田犬が広まったという。

こうした現状を憂慮した遠藤氏は、10月23日に中国・北京で開かれた「中国秋田犬クラブ展覧会」(主催=秋田犬保存会)に出席し、
中国人愛好家に対して、ニセモノ対策の必要性を強く訴えた。

秋田犬の「血統証」は、保存会が申請を受けた秋田犬に発行しているが、中国では偽造「血統証」も出回っている。
さらに、秋田犬は1回の出産で数頭産むのが限界だが、中国からは最近、「十数頭生まれた」という不可解な申請も増えているという。

全世界で、秋田犬の登録数(犬籍)は15年が3667頭だったが、今年8月までに4130頭と一気に増えている。中国のニセ秋田犬が混じっている疑いもあるという。

遠藤氏は「中国発の偽ブランドとまったく同じ構図だろう。秋田犬は、日本の長い歴史と風土の中で、先人が大切に育ててきた犬だ。
今後、血統証の発行審査を厳しくして対応する」と話している。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161102/frn1611021530001-n1.htm

続きを読む

【社会】犬や猫の劣悪な飼育規制へ

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 2016/10/30(日) 08:12:54.88 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)
犬や猫を劣悪な環境で飼育・展示する繁殖業者やペットショップが
問題となっているため、環境省は今年度中にも専門家らによる検討会を
立ち上げる。ケージの大きさなどを具体的な数値で規制する
「飼養施設規制」の導入を目指す。

*+*+ asahi.com +*+*
http://www.asahi.com/articles/ASJBL4WTGJBLUTFL008.html 

続きを読む

1: エメラルドフロウジョン(東日本)@\(^o^)/ [KR] 2016/10/21(金) 23:42:54.36 ID:6NvMfs4t0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
人間の「キラキラネームランキング」2016年上半期版でトップ3だったのは「碧空」、「星凛」、「奏夢」で、読み方はそれぞれ「碧空=みらん、あとむ」、 「星凛=きらり、あかり」、「奏夢=りずむ」でした。

他にも、輝星(だいや)、妃(ひな、きらり)、美音(りずむ、めろでぃ)、希星(きてぃ、きらら)などもランクイン。確かにかっこよすぎて、漢字だけでは読めない"複雑"な名前ですね...。
"キラキラネーム"をおさらいしたところで、さっそく2016年の犬の名前ランキングを見てみましょう。

第1位 チョコ(25票)
第2位 モモ(24票)
第3位 モカ(16票)
第4位 マロン(15票)
第5位 ココ(14票)
第5位 サクラ(14票)
第7位 コタロウ(13票)
第7位 ハナ(13票)
第7位 レオ(13票)
第10位 ココア(12票)

1位の「チョコ」や4位「マロン」は、ペットらしい名づけですが、その他は、人間の子供よりシンプルです。

ちなみに男の子(オス)のランキングでは、「コタロウ」が3年連続1位。女の子(メス)では「モモ」がトップ、2位は「サクラ」でした。人間のような名前が人気だと分かります。

http://www.excite.co.jp/News/product/20161020/bg_mania_2016_2_171694.html?_p=2
no title

no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/29(木) 09:43:38.25 ID:lEoZuJDL0
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 04:48:55.08 ID:c8Um61fk0
彡(^)(^)「代わりにLANケーブル使ったろ!」

no title

続きを読む

1: secret name@シクトク 2016-08-08 18:51:43 ID:
ブラジル、マットグロッソ州。メリーノと呼ばれる犬は、飼い主さんとドライブ中に交通事故に遭遇しました。飼い主さんは病院に運ばれ、無傷だったメリーノは車に取り残されてしまいました。その後、車はメリーノを乗せたままレッカー移動されます。車の中に犬がいることと、レッカー移動した先を飼い主さんの家族に伝えてあったため、レッカー移動したスタッフは「すぐに誰かが迎えに来るだろう」と思ったそうです。

メリーノの飼い主家族は「迎えに来る」と約束していたのにも関わらず、迎えに来ませんでした。それでもメリーノは迎えを信じているのか、事故車から離れようとしませんでした。

待った時間は4ヶ月にもなりました。
そして……。

デビッドさんという警備員が、車の保管所の警備員として新しくやってきました。彼は廃車のなかで眠るメリーノに気づきます。最初、メリーノはデビッドさんを警戒しました。メリーノが待ち望んでいるのは愛された家族だけ……それでも、デビッドさんはメリーノに接し続けました。

やがて、メリーノとデビッドさんは友だちになりました。

デビッドさんはメリーノの生活を助けました。いつの日か家族が彼を迎えにくるだろうと、信じていました。しかし、ある日事態が急変します。デビッドさんは別の場所へ転勤することになってしまったのです。デビッドさんはそこで考えます。「流れに任せて情を持つのもいい。だったら、連れ帰ってもいいよな」デビッドさんはメリーノを家に連れ帰る決断をしました。

「もしも、彼の正しい飼い主がやってきたら、メリーノを返すよ。でも、長い間彼を放っておいた人間がやってきたら、絶対に返さないね」

デビッドさんは語りました。現在、メリーノはデビッドさん家族と一緒に暮らしています。最近のデビッドさんの楽しみは、メリーノの出迎えを受けることなんだとか。デビッドさんが家に到着すると、メリーノは門のところでジャンプして待っているそうです。幸せそうで、なによりです。

http://peco-japan.com/65312
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ