いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:かわいい

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/16(日) 21:35:40.53 ID:/6nnhjOJ0
no title

ほんまたまらん

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 21:49:35.91 ID:DEiFrrD70
no title

続きを読む

1: 魔法少女☆Magicaloid-44 ★ 2017/02/01(水) 22:22:57.42 ID:CAP_USER9
最愛の同胞を失ってもなお、彼らに変わらぬ愛情を示し続ける動物たち。
そして彼らが人間の友に捧げる痛ましいほどの親愛を伝えるエピソードは今も昔も多くの人々の心を揺さぶり続けている。 

今回トルコから、この世を去った後も飼い主を慕い続け、その墓を守る一匹の犬、セザーの話題が舞い込んだ。
トルコでは死後遺体は土葬される。
セザーは土の中に埋まっている高齢で亡くなった主人の棺を守り抜くため、彼が眠る墓のもとに日々通い続けているという。

no title


▼特別な絆で結ばれていた老人と犬

2017年1月中旬、セザーの飼い主だったメフメトという老人は、現地の病院で亡くなった。
79歳だった。メフメトは麻痺を患っていたため、2年間を共に過ごしていたセザーと彼は特別な絆で結ばれていたという。

彼を看取った息子アリの話によると、メフメトが病院で危篤状態に陥った時、セザーは何かを感じ取ったのか、食事を一切摂らなくなったという。そして遺体が彼の自宅に到着したときは、棺をひと時も離れることなく寄り添った。

セザーが周囲に示したメフメトへの親愛の情はそれだけにとどまらなかった。彼は葬儀でモスクに運ばれる棺の行列の先頭に立ち、参列者たちを導いたのだ。

棺の下でメフメトを守るセザー
no title

小さな体で棺のそばにたたずむ
no title

運ばれる棺の先頭に立つ
no title

セザーはメフメトが無事に埋葬されるまで、たとえ親族と言えども彼に触れることを許さなかった。
そしてすべてを見届けたセザーは、悲しみにふさぎこんでいたという。
no title


メフメトを守り抜こうとするセザーのひたむきな行動は、そこに居合わせた誰もが感嘆した。
更に驚くことに、葬儀から5日間毎日、連れ戻しても連れ戻しても、セザーはメフメトの墓に戻って行ってしまうのだという。

▼ひそかに朝一番の墓参を日課にしていたセザー

そして現在もセザーは毎朝亡き主人の墓を訪れ、挨拶を交わしている。
no title

これは当初息子のアリですら気づかなかった習慣で、墓地で働く人々だけがセザーの朝一番の仕事を静かに見守っていたのだ。
no title

それを知った彼はセザーのあとを追い、父親とセザーの朝の挨拶に一日だけ特別参加をさせてもらうことにした。

メフメトの墓参をするセザーとアリ
no title

アリはセザーを"どんな時も誇り高い犬だ"と思っており、今後は亡き父親を支えてくれていたセザーと共に暮らすつもりだ。
no title

彼らは今後互いにとってかけがえのない存在だったメフメトとの思い出を分かち合っていくことだろう。

http://karapaia.com/archives/52233157.html

続きを読む

1: 河津掛け(岐阜県)@\(^o^)/ ©2ch.net [US] 2017/01/30(月) 21:05:55.87 ID:zya6Zajs0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
jamchain @jamchain
今まで何度も湾岸線を走ってきましたが今日初めて気付いてしまいました。
ペットフードでお馴染みドギーマンの工場超かわいい。
no title

no title

https://twitter.com/jamchain/status/825692038259634176

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/20(金) 06:15:39.02 ID:iWnMHeYCr
no title

続きを読む

コーギーのケツ5

1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/02(水)16:05:53 ID:GBB
1(左)ビーグル
2(二)柴犬
3(遊)ボーダーコリー
4(中)ウェルシュコーギー
5(捕)ラブラドールレトリバー
6(右)ポメラニアン
7(三)パピヨン
8(捕)サモエド
9(投)シェルティ

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/27(金)23:27:36 ID:0Yt
ひぇー
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 07:11:49.25 ID:xRDTY+Jh0
no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: トペ スイシーダ(茨城県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/24(火) 08:30:48.34 ID:j7UsfjIT0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
那覇市松川に住む平山良明さん(83)の愛犬クロは、ハブを捕獲し、特技の高跳びで平山さん夫妻を笑顔にする“飼い主孝行”な犬だ。
18日に庭の敷地に忍び込んだ約1メートルのハブを初めて撃退した。
平山さんは「おっとりした性格のクロが頑張ってくれた」と功績をたたえ「冬にもハブが出るので気を付けて」と呼び掛けた。

平山さん宅はハブがすみ着きやすい草むらに近い。「首里の森が開発で減ってハブもすみかを失ったのかもしれない」と推測する。
ハブとの共存を目指しているが、庭の中に入ったハブは歴代の飼い犬たちが捕獲する。

クロは2015年8月に平山さんの所にやってきた5代目。
人なつっこくて優しい性格のクロに、平山さんは「ハブと闘ったらクロがやられるんじゃないか」と心配していた。
18日未明、庭でとぐろを巻いたハブとクロのにらみ合いが始まった。
激闘の末、クロがハブの首元をくわえて振り回し、地面にたたきつけた。
「人間が入る余地のない闘いだった」と平山さんは振り返る。

そんなクロの特技は高跳びだ。平山さんがクロの前に細い棒を約70センチの高さで構えると、クロはぐるぐると回って助走を付け、棒をぴょんと跳び越える。
独特の跳び方はクロが考案した。「距離がなくても助走できる。スポーツ選手も参考になるのでは」と平山さん。
クロは得意げに尻尾を振った。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-432329.html
捕獲したハブを前に誇らしげな表情を見せるクロ=18日、那覇市松川
「人間が入る余地のない闘いだった」ハブと激闘し仕留めたクロ
「人間が入る余地のない闘いだった」ハブと激闘し仕留めたクロ2



続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/24(火) 18:07:48.993 ID:G2Ui1aqe0
すまんな
no title

no title

no title

続きを読む

↑このページのトップヘ