いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

タグ:かわいい

1: 風吹けば名無し 2019/05/23(木) 08:08:59.38 ID:nVzW70BIM
ぐうかわ
no title



続きを読む

賢いイッヌちゃん人間を驚かせるような行動を起こす

1: 名無し募集中。。。 2019/07/27(土) 11:08:41.32 0
お、おっさん来たから陰に隠れてびっくりさせたろ



続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/25(木) 20:49:17.064 ID:in6iRvCQ0
かわいいからさ
no title



続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/07/26(金) 05:22:24.54 ID:uyPBpfM09
ワシントン州立大学の Patricia Pendry準教授らのチームがジャーナル「AERA Open」に発表したところによると、10分程度犬や猫をモフった被験者らのストレスホルモンに著しい減少が見られたとのこと。

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2019-07/wsu-sds071519.php

実験室ではなく一般的な生活空間でのこうした実験で、主要なストレスホルモンであるコルチゾールレベルの低下が観測されたのは初めてのことです。

実験では249人の大学生の被験者が無作為に4つのグループに分類されました。最初のグループは10分間数匹の犬猫と実際の交流を持ちます。ここで被験者らは犬猫と好きなようにモフったり遊んだりしながらくつろげます。

2つ目のグループはモフっている人々を観察させられます。3つ目のグループはこれからモフれる犬猫をスライドショーで見せられます。四つ目のグループは何も無しで待機となります。

いずれのグループも次に犬猫をモフれると知らされており、またスマホや本など気を逸らすものなし待たされます。また、コルチゾールのサンプルは各被験者から唾液によって朝起きた時に摂取されています。

これらのデータを集計した結果、直接犬猫をモフったグループの被験者らのモフり後の唾液ではコルチゾールのレベルが著しく低下していました。この結果は元々コルチゾールのレベルが高かった被験者にも低かった被験者にも同様の結果が見られたとのこと。

Pendry準教授は「犬猫をモフることを学生達が楽しんでいることも、そこからポジティブな感情を経験していることも知っていました。でも私たちはそのことをより客観的なやり方で示したかったのです。ストレスホルモンの減少は長期的な心身の健康に大きな利益となるから」と語っています。

現在Pendry準教授らは研究を進めており、今は4週間に渡る動物の力を借りたストレス軽減のプログラムを実験中とのこと。なんとも羨ましい実験です。

これを機に各企業に仮眠室や託児所と共に犬猫モフり室が完備され、犬猫カフェに健康保険が適用されるような、誰にとっても素晴らしい社会が到来することを願ってやみません。

https://buzzap.jp/news/20190724-petting-cats-and-dogs/
no title


続きを読む

1: アンクルホールド(やわらか銀行) [US] 2019/07/24(水) 04:31:11.18 ID:v23Qdu4/0 BE:593349633-PLT(15000)
めちゃくちゃかわいい犬?が発見されてしまう

アザラシ!???可愛すぎる??



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/07/23(火) 09:40:19.60 ID:bq+7rqxu0
スカッ!w
no title
※GIF画像


続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2019/07/12(金) 08:51:48.45 ID:aZF7fPjd0
イッヌ「騙したんか?」
no title


続きを読む

1: ひぃぃ ★ 2019/07/12(金) 22:33:44.27 ID:3tFdCgEn9
 猟犬のボルゾイは、その大きさや見た目の優雅さで人気の犬種。しかし猟犬だけにその動きは俊敏で、お散歩中に他の動物を見るとうっかり追いかけそうになることも。そんなボルゾイと子猫の生活を紹介しているツイートが微笑ましいと評判です。

 2016年1月23日うまれ、3歳半のオスのボルゾイを飼っている、「がんぼるぞい」さん(以降飼い主さん)。ボルゾイの名前は、エドガーくんと言います。エドガーくんは人懐こく温厚で、ほとんど怒ったことがないのだそう。とにかく人が好きで、誰にでもお腹を見せてしまうようなエドガーくんですが、小型犬には愛想よく、大型犬にはビビりな一面も。でももとが猟犬の犬種だけに、お散歩中に猫と遭遇すると、つい追いかけたくなってしまうこともあるのだとか。

 そんなエドガーくんのもとに、生まれて間もないくらいの子猫が保護されてやってきました。空(くう)ちゃんという男の子。保護されたのは、5月13日。まだ生後1~2日くらいと思われるその子猫は、目も開いていないくらいの小さな子でした。

「保護したばっかりの時はこんなに小さかったんだよ。仲良くなろうね!がんぼるぞい!!」

 空ちゃん、現在は元気にすくすくと育ち、今では生後約2か月。猟犬のエドガーくんが、子猫にたいしてどんな反応を示すか心配もあったという飼い主さんでしたが、保護した当初からエドガーくんは空ちゃんのことを優しく見守ってくれているそうです。

 そんなエドガーくんと空ちゃん。時々空ちゃんは知人宅に預けられることがあり、ある日空ちゃんが預かり先から帰ってきた時に、寝そべっているエドガーくんの背中をマッサージ。この時の様子が今回評判になっているもの。飼い主さんはTwitterで「猫が帰ってきました。マッサージをして、僕のことを労ってくれているようです」と、その時のエドガーくんの心境を写真とともに紹介しています。

「猫が帰ってきました。マッサージをして、僕のことを労ってくれているようです。がんぼるぞい!」

 生後間もなかった空ちゃんの目が開いたくらいから、やんちゃ全開に。エドガーくんは空ちゃんにつき合って毎日が大運動会状態なのだそう。時々空ちゃんが預けられている間は、エドガーくんは家族に甘える事が出来て幸せそうな反面、少し元気がないのだそう。そして帰ってくると嬉しそうにして、すぐに大運動会に。エドガーくんにとって、もはや空ちゃんは掛け替えのない存在になっているみたいです。

 やんちゃ盛りの空ちゃん、エドガーくんがゆっくり寝たいときにもちょっかいをかけている様子。最近は睡眠を妨げられて迷惑そうな顔をしていることもしばしばなんだとか。

 それでも、空ちゃんにつき合って一緒に遊んだり、オモチャで空ちゃんをじゃらしている姿は、弟と遊んでやっているお兄ちゃん、を通り越して、お父さんと幼児といった雰囲気。日曜日にゆっくり寝ていたいお父さんに、早朝から「遊ぼ~」って言ってくる幼児とあんまり変わらなかったりして。

「子育ては大変だぜ!がんぼるぞい!」

 いつまでも見ていたくなるような平和な犬と猫の生活は、飼い主さんが運営しているツイッターで見ることができますよ。(梓川みいな)

2019年7月12日 7時4分 おたくま経済新聞
https://news.livedoor.com/article/detail/16761491/

画像
no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/09(火)15:56:09 ID:lGv
no title

犬種がさっぱりわからん
新種かもしれん


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/07/10(水) 09:52:42.22 ID:IAKOABj/0
ワイ「なあ」
イッヌ「😪」
no title


続きを読む

↑このページのトップヘ