いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

カテゴリ: 犬ニュース

1: 河津掛け(岐阜県)@\(^o^)/ ©2ch.net [US] 2017/01/30(月) 21:05:55.87 ID:zya6Zajs0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
jamchain @jamchain
今まで何度も湾岸線を走ってきましたが今日初めて気付いてしまいました。
ペットフードでお馴染みドギーマンの工場超かわいい。
no title

no title

https://twitter.com/jamchain/status/825692038259634176

続きを読む

1: トペ スイシーダ(茨城県)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/01/24(火) 08:30:48.34 ID:j7UsfjIT0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
那覇市松川に住む平山良明さん(83)の愛犬クロは、ハブを捕獲し、特技の高跳びで平山さん夫妻を笑顔にする“飼い主孝行”な犬だ。
18日に庭の敷地に忍び込んだ約1メートルのハブを初めて撃退した。
平山さんは「おっとりした性格のクロが頑張ってくれた」と功績をたたえ「冬にもハブが出るので気を付けて」と呼び掛けた。

平山さん宅はハブがすみ着きやすい草むらに近い。「首里の森が開発で減ってハブもすみかを失ったのかもしれない」と推測する。
ハブとの共存を目指しているが、庭の中に入ったハブは歴代の飼い犬たちが捕獲する。

クロは2015年8月に平山さんの所にやってきた5代目。
人なつっこくて優しい性格のクロに、平山さんは「ハブと闘ったらクロがやられるんじゃないか」と心配していた。
18日未明、庭でとぐろを巻いたハブとクロのにらみ合いが始まった。
激闘の末、クロがハブの首元をくわえて振り回し、地面にたたきつけた。
「人間が入る余地のない闘いだった」と平山さんは振り返る。

そんなクロの特技は高跳びだ。平山さんがクロの前に細い棒を約70センチの高さで構えると、クロはぐるぐると回って助走を付け、棒をぴょんと跳び越える。
独特の跳び方はクロが考案した。「距離がなくても助走できる。スポーツ選手も参考になるのでは」と平山さん。
クロは得意げに尻尾を振った。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-432329.html
捕獲したハブを前に誇らしげな表情を見せるクロ=18日、那覇市松川
「人間が入る余地のない闘いだった」ハブと激闘し仕留めたクロ
「人間が入る余地のない闘いだった」ハブと激闘し仕留めたクロ2



続きを読む

1: レッドインク(東日本)@\(^o^)/ [US] 2017/01/22(日) 09:31:58.05 ID:mp1m5yXE0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
高視認性安全服を展開するタカヤ商事は、犬用安全服ブランド「ナイトナイト フォードッグス」を2017年2月より販売する。

新ブランドは、散歩中の自動車や自転車等との接触事故を回避するための犬用高視認性安全服。
プロ仕様の蛍光生地や3Mの反射パーツなどを使用し、夜間や薄暮だけでなく、昼間の視認性も向上させた。
また、ヨーロッパで広く普及しているカラーリングをベースに、デザインにも妥協しないオシャレで機能的な新しい犬用ウエアに仕上げている。

価格(税別)はショートベストが3900円、レインコートが6900円。
カラーはイエローとオレンジの2色を用意。サイズはS、M、Lの3種類を展開するが、 チワワやマルチーズ、ポメラニアンなどの小型犬が対象となる。

http://response.jp/article/2017/01/22/288890.html
no title

no title

続きを読む

イスタンブールを襲った大吹雪の日

イスタンブールを襲った大吹雪の日2

イスタンブールを襲った大吹雪の日3

イスタンブールを襲った大吹雪の日4


 続きを読む

番組の途中ですが\(^o^)/です (ワントンキン MMac-Fyqo)[sage] 2016/12/04(日) 15:05:19.12 ID:RpDflVisM.net
「mirror」によると、話題のケーキ職人は南ウエールズのエマ・ジェイン・モリスさんで、ケーキの素材にはバニラスポンジとフォンダンアイシングを使用している。
最新の作品はクリスマス模様のクッションを抱えた2頭のブリティッシュ・ブルドッグだ。
このブルドッグ・ケーキは「ケーキ・インターナショナル」発行の雑誌用に依頼されたものだという。 

実在する2頭のブルドッグを様々な角度から写した写真を用いて、細かな部分を仕上げた。
「輪郭が複雑で、スポンジを削るのはかなり難しかったです。でも、いざ装飾をしてディテールを加え始めると、私自身とても楽しむことができました」。 


モリスさんがケーキづくりを始めたのは6年前、今回のケーキは制作に2日を費やしたという。
「まず、フォンダンアイシングで目をかたどり、それから顔をつくりました。頭のあたりは食用の着色粉末を使い、その後エアブラシで全身を色づけします」。
 

http://news.aol.jp/2016/12/04/cake/ 

ケーキで作ったブルドッグすげえええ

番組の途中ですが\(^o^)/です (ワッチョイW 0786-yaSi)[sage] 2016/12/04(日) 15:08:27.80 ID:FGAb2dxG0.net
あれブルドッグスじゃね?
 
番組の途中ですが\(^o^)/です (ワッチョイW d0af-oJvM)[sage] 2016/12/04(日) 15:12:09.68 ID:XGNXly8G0.net
>>2 
パグだよ
 
続きを読む

no title

1: 水星虫 ★ 2017/01/05(木) 02:50:03.85 ID:CAP_USER9
大館“秋田犬を軸に観光振興”

*ソース元にニュース画像あり*
http://www.nhk.or.jp/lnews/akita/6015627821.html?t=1483551692000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を


「秋田犬のふるさと」を掲げて観光客誘致に取り組んでいる大館市の担当課では、仕事始めの4日、秋田犬による観光振興をいっそう推し進めていくと、決意を新たにしていました。

秋田犬の原産地である大館市は去年、海外からの観光客誘致を担う団体、「秋田犬ツーリズム」を周辺の自治体とともに発足させるとともに、市が、みずから秋田犬の飼育を始め、その様子をインターネットで発信するなど、「秋田犬のふるさと」としての認知度の向上に取り組んできました。

こうした事業は市の観光課が担当していて、仕事始めの4日は工藤剛課長が、朝礼で「ふるさと秋田のために大館ができる役割とは何かを常に考え、秋田犬を基軸とした観光振興を進めていきましょう」 と述べました。
そのうえで、「ことしはとり年なので飛躍の年にして、来年のいぬ年、『秋田犬の年』に向かって頑張りましょう」 と来年に照準をあわせて意気込みを見せていました。

大館市観光課ではことし、新たに秋田犬を飼い始める市民にエサ代を補助する制度を設けて、
観光客が秋田犬を目にする機会を増やす取り組みをスタートさせます。
さらに、外国人と意思疎通を図るための「コミュニケーションボード」を市民に配布するなどして、秋田犬をきっかけに大館市を訪れた外国人観光客の受け入れ態勢の充実を図ることにしています。

01月04日 19時37分

続きを読む

1: ひろし ★  2016/12/13(火) 22:10:08.57 ID:CAP_USER9
秋田県の佐竹敬久知事がロシアのプーチン大統領に贈った秋田犬「ゆめ」(雌、4歳7カ月)が生きていたことが分かった。
ゆめの消息は、2014(平成26)年2月にロシア南部ソチの大統領公邸で行われた日露首脳会談の際、大統領と一緒に安倍晋三首相を出迎えて以来、3年近く分かっていなかった。

ゆめは、日本メディアがモスクワ・クレムリンで行ったインタビューの際にプーチン氏とともに現れた。
AP通信やロイター通信は、プーチン氏とゆめが戯れる写真を配信した。

ゆめは12(平成24)年、東日本大震災後の支援に対する東北地方からのお礼として佐竹知事からプーチン氏に贈られた。
プーチン氏からは返礼として雄のシベリア猫「ミール」が贈られ、知事公舎で飼われている。

ゆめの元の飼い主で秋田犬保存会に所属する秋田県大館市の畠山正二さん(73)は「しばらく報道されなかったので、どうしているか心配していた。大統領に大事にされている様子で、随分たくましくなっていて、うれしい」と話している。

15日からのプーチン氏の日本訪問に合わせ、ゆめの「婿」として雄の秋田犬を贈る計画があったが、ロシア政府は断っていた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000544-san-soci


36: 名無しさん@1周年 2016/12/13(火) 22:25:46.02 ID:/rXOb9ph0
>>1 
スレ立てたいなら画像はれよクズ 
no title

no title

no title

続きを読む

1: タイガースープレックス(四国地方)@\(^o^)/ [US] 2016/12/09(金) 21:10:53.80 ID:lJeIGxiF0
中国とみられる道路で、バイクを運転しながら犬をキックスターにつかまらせて、道路を走らせている人物が発見されました。
no title

no title

no title

http://newsas.blog.jp/archives/49037451.html

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2016/12/07(水) 20:47:10.37 ID:CAP_USER9
イノシシにかまれ、後ろ足1本を無くした狩猟犬「ゴン」が、京都府福知山市内の飼い主の元で、別の猟犬の指導役にあたっている。
3本足というハンディを負っているが、元気に山を走り回り、シカなどの追い方を“後輩”に教え、飼い主と強い絆で結ばれている。

飼い主は、一般社団法人府猟友会福知山支部長の下元照男さん(68)=さつきケ丘=。
元自衛官で、2009年に狩猟免許を取り、猟や有害鳥獣駆除をしている。

猟で使う犬は飼っていなかったが、今年4月に狩猟用のビーグル(2歳)を知人の男性から譲り受けた。
「龍馬」と名付けたこの犬は、山へ入ったことが少なく、シカなどを追う力がまだ未熟だったため、6月にこの男性から同じビーグルで、経験豊富な5歳の犬「ゴン」を指導用としてもらい受けた。

ゴンは人間の年齢でいうと40歳代で、脂の乗りきったころだが、右の後ろ足が付け根から無い。
知人の男性に飼われ、兵庫県丹波市の山中で猟をしていた時、イノシシに足をかまれ、瀕死の重傷を負った。
動物病院に連れて行ったが、足が壊死して命が危うくなる可能性があるとして切断せざるを得なかった。

ゴンが下元さんのところに来てからは、龍馬と一緒に自宅近くの山に出掛け、シカを追う練習を繰り返す。

3本足だが、急斜面も臆することなくバランスをうまく取って走り、龍馬に手本を見せる。
走る速度が少し遅くなったため、走るのが苦手だった龍馬にとってはちょうど良いペースで、置いてきぼりにされずに、シカを追うコツを覚えていった。

ゴンはけがをしたせいか人懐っこく、下元さんと一緒の時は終始甘えたしぐさを見せる。
龍馬とも仲が良く、夜はいつも寄り添って寝ている。

最近は龍馬の走る力が増し、ゴンより先に走ることも。
11月15日に猟期に入ってからは実際に山に入り、連携した走りを見せている。

下元さんは「ゴンは本当にしっかりと龍馬に教えています。龍馬が、駆除の時も活躍できるよう、一人前になるまで、これからもゴンに指導をまかせたい」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-00010000-rtn-l26


5: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 20:49:21.35 ID:Hkz1eb2x0
画像 

ビーグル狩猟犬「ゴン」 
no title

続きを読む

池に落ちた犬を助けようとしたハゲ

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 01:54:56.43 ID:sqbBN6YH0
今月7日、ロシアにて凍った池に落ち、冷たい水に体温を奪われ溺死寸前だった犬を救出した男性の動画が国内外のメディアで報じられ称賛を浴びている。

彼の行動は死と隣り合わせの危険な行動だったが、冷たい氷に体を投げ出し、小さな命に手を差し伸べ続ける姿はロシア国内のみならず、多くの人々の心を打ち震わせた。
http://dailynewsonline.jp/article/1234066/

https://www.youtube.com/watch?v=YjdW58N_bGc


続きを読む

↑このページのトップヘ