いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

カテゴリ: 犬ニュース

殺処分ゼロのペットショップを優良店として認定する制度開始

1: 水星虫 ★ 2018/04/12(木) 16:05:24.44 ID:CAP_USER9
殺処分ゼロ優良店認定制度開始へ

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2053833541.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

捨てられた犬や猫の「殺処分ゼロ」を目指す奈良市は、最期まで飼う誓約書を飼い主に提出してもらうなど基準を満たしたペットショップを優良店として認定する制度を6月から始めることになりました。

奈良市が「殺処分ゼロ」を目指して、新たに始めるのは、基準を満たした優良なペットショップを「犬猫パートナーシップ店」として認定する制度です。
具体的な基準は、
▼迷子になった時に見つけやすいように、個体を識別できるマイクロチップを装着した犬や猫を販売することや、
▼販売する時に、最期まで飼い、飼えなくなった場合は新しい飼い主を自分で探すことを誓約した
文書を提出してもらうことなどが定められています。

基準を満たした店には「犬猫パートナーシップ店」のステッカーを配布し、市のホームページでも紹介するということで、6月からの制度開始を前に、認定を希望する店を募集しています。

奈良市保健所の生活衛生課の阪口佳弘課長は「飼い主となる人には責任を認識して最期まで飼い続けてもらうことが、捨て犬や捨て猫を防ぐことにつながるので、ペットショップにも協力を期待したい」と話しています。

奈良市は保健所で保護された犬や猫の「殺処分ゼロ」を目指した取り組みに力を入れています。
3年前から動物愛護団体や個人と協力し、保護した犬や猫の新しい飼い主を見つける譲渡制度を設けています。

さらに、昨年度から保健所がホームページで保護している犬や猫を紹介するなど直接、飼い主を探す取り組みも始めました。
保護した犬や猫は、新しい飼い主とうまく暮らしていけるよう、わざと多くの人が行き来する窓口に置いたケージに入れ、人に慣れさせる訓練を行っています。
さらに、新しい飼い主が決まった犬や猫には迷子になった時に見つけやすいように、個体の識別ができる、直径およそ2ミリのマイクロチップを装着します。

こうした取り組みで、奈良市では平成20年度には663頭が殺処分されていましたが、昨年度は3頭にまで減りました。
一方で、新しい飼い主に引き取られた犬や猫は平成20年度の4頭から昨年度は109頭にまで大幅に増え、成果が現れています。

04/12 14:30



続きを読む

1: ばーど ★ 2018/04/14(土) 08:14:22.81 ID:CAP_USER9
表彰されたオスのシェパードのアーバン号(3歳)
no title


散歩に出かけて、行方不明になっていた70代の女性を発見した警察犬が表彰された。

表彰されたオスのシェパードのアーバン号(3歳)は、3月30日夕方、埼玉・越谷市の自宅から散歩に出かけて行方不明になった70代の女性を、女性のスリッパの臭いをもとに捜索し、およそ30分で発見した。

アーバン号には、犬用のおもちゃが贈られた。

04/14 07:47
FNNニュース
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00389693.html



続きを読む

1: みつを ★ 2018/04/11(水) 00:34:16.87 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3169851?cx_position=33

2018年4月10日 13:50 発信地:ウィーン/オーストリア
【4月10日 AFP】

一見すると遊んでいるようだが、ボーダーコリーのマイリーとティアラは犬の脳の働きを探る研究に参加している。
これはオーストリアのウィーン獣医科大学(University of Veterinary Medicine, Vienna)が発表した最近の研究論文のため行われた実験。
タッチパネルに走って行き、映し出された丸または四角を鼻で押すゲームをし、丸を押すたびにご褒美がもらえるという実験で、犬はゲームを大いに楽しんでいた。


数独など脳のトレーニングで人間の脳の活動が活発になるのと同じように、数百匹の犬による実験で、年を取った犬も実験で行ったようなゲームから同様の効果を得られるという結果が示唆された。

研究を主導したルートウィヒ・フーバー(Ludwig Huber)教授によると、飼い主が犬に運動をさせていても、脳の活動は改善されないという。フーバー教授は、「脳を刺激し、問題を解かせる必要がある」と説明した。(c)AFP

no title

no title



続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/04/07(土) 14:08:31.35 ID:CAP_USER9
岡山県津山市にそっくりな犬と猫の仲良しコンビがいる。人呼んで「はちわれ兄弟」。2匹とも黒毛で、みけんから口元に「八」の字に広がる白いラインがある。昨年、ツイッターで話題になり、写真集も発売されるなど人気沸騰中だ。

2匹は秋田犬の「風雲丸」(オス、7歳)と、猫の「雷蔵」(オス、推定11カ月)。もちろん血のつながりはなく、体の大きさも全く違うが、飼い主の笠光生さん(52)が「いつも一緒に寝ている」と話すほどの仲良しだ。

2匹の出会いは突然だった。笠さんが元々飼っていたのは風雲丸。雷蔵は迷い猫だった。

昨年6月中旬、笠さんが庭にいると、猫の鳴き声が聞こえた。辺りを見回しても姿は見えない。数日後、また鳴き声が聞こえた。庭の隅にあった机の下に風雲丸と同じ模様の子猫がいた。驚きつつ、笠さんは犬のエサをあげると、子猫はカリカリと食べた。

2日後、風雲丸が玄関先にいると、また子猫が現れた。ピンと首を伸ばし、風雲丸を見上げた。風雲丸もかがみ込み、子猫を鼻でつついた。子猫は時折腰を引きながらも逃げる様子はなかった。翌日、笠さんが子猫を家の中に入れると、風雲丸が子猫の背中をなめた。子猫に怖がる様子はなく、笠さんは「飼おう」と決意。「雷蔵」と名付けた。

昨年6月25日、笠さんは「弟分ができました。突然現れた迷い猫です」と2匹が寄り添った写真をツイッターに載せた。瞬く間に「いいね」が増え、現在まで約17万件の「いいね」がついた。当初、170人だったフォロワーは現在、1万6千人に増えた。

http://www.asahi.com/articles/ASL3V3Q6ML3VPPZB00F.html
no title

no title

no title



続きを読む

ベアドッグのタマ、子犬6頭を出産

1: あられお菓子 ★ 2018/04/03(火) 07:01:41.91 ID:CAP_USER9
朝日新聞デジタル 2018年4月3日03時00分
https://www.asahi.com/articles/ASL425JLLL42UOOB00S.html
子犬に授乳するタマ=ピッキオ提供
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180402003847.html

人里に近づく熊を追い払う「ベアドッグ」の繁殖に取り組む軽井沢町のNPO法人ピッキオは2日、雌のタマ(4歳)が子犬6頭を出産したと発表した。ベアドッグの国内での出産例は初めてという。

ベアドッグは大型のカレリア犬。
タマは1月に米国から来た雄のリオ(4歳)と交配し、2月下旬に妊娠が確認された。ピッキオによると、先月31日~4月1日、雄1頭と雌5頭を出産。
母子ともに健康で、タマは町内の犬舎で子犬に付きっ切りで授乳と排泄(はいせつ)の世話をしているという。

子犬は6月中下旬に地元の小学生にお披露目し、触れ合いなどを通じて、人間にならしていく。
7月から本格的な訓練に入り、来年5月からベアドッグとしての活動を始めるという。
(土屋弘)



続きを読む

犬猫繁殖業者に免許制を

1: ばーど ★ 2018/04/03(火) 15:22:26.75 ID:CAP_USER9
女優の浅田美代子さんらが3日、環境省で中川雅治環境相と面会し、動物愛護法を改正して犬猫の繁殖業者に免許制を導入することなどを求めた約17万筆の署名を提出した。

動物愛護法は議員立法で、改正に向けた検討が超党派の議員連盟などによって進められている。

浅田さんは「簡単に売られているから、簡単に捨てられてしまう。 17万人の署名は切実な声なので、何とか法改正をお願いしたい」と訴えた。
環境相は「議連が改正案を取りまとめれば、全面的に協力したい」と応じた。

(2018/04/03-14:53)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040300673&g=soc



続きを読む

チワワ11匹出産、2011年の10匹を超えて世界記録を更新


チワワ11匹出産、世界記録更新 アメリカ・カンザス州
28日 13時16分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3328244.html

アメリカ中部カンザス州で、お母さんチワワが思いもよらない世界記録を打ち立てました。
おなかが大きくふくれたメスのチワワ。このあと、12時間かけて赤ちゃんを産みました。

チワワ11匹出産、2011年の10匹を超えて世界記録を更新2

「1匹生まれ、もう1、2、3、4、5匹と生まれて。それでもおなかが丸いままで、明らかにまだいるなと」(出産を見守った ジョシー・ブラウンさん)

出てきたのは元気な赤ちゃんチワワ、その数あわせて11匹。チワワが1度に出産する数としては、2011年の10匹を超えて世界記録を更新したということです。

現地メディアによりますと、このお母さんチワワはまだ1歳半にもかかわらず2度目のお産で、そして奇遇にも赤ちゃんチワワたちが生まれた3月23日は子犬の日と、なんともおめでたい1日となりました。



続きを読む

外来種のヒアリを見つける「ヒアリ探索犬」、台湾から来日

外来種のヒアリを見つける「ヒアリ探索犬」、台湾から来日2

1: あられお菓子 ★ 2018/03/27(火) 05:17:21.60 ID:CAP_USER9
朝日新聞デジタル 2018年3月26日11時22分
https://www.asahi.com/articles/ASL3M64SQL3MPLBJ00H.html
来日した2頭のヒアリ探索犬=鹿児島市の鹿児島大(他写真全5枚)
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180326001109.html

外来種のヒアリを見つけて駆除につなげる「ヒアリ探索犬」によるデモンストレーションが26日、鹿児島市で開催中の日本応用動物昆虫学会にあわせて行われた。台湾の空港や建設現場などで活躍している2頭で、いずれも4歳のメスのビーグル。かすかなにおいを手がかりに、ヒアリの巣を探し出す。

台湾では2003年にヒアリが見つかった。その後一気に生息域が広がったが、探索犬の導入が奏功し、台北市と桃園市の空港内にいたヒアリは、約3年でほぼ駆除することができたという。
探索犬を保有するモンスターズアグロテック社によると、探索犬になるためには、室内で半年、屋外で数カ月の訓練を重ねる必要がある。

デモンストレーションでは、六つの缶の中からヒアリのにおい物質が入った缶だけを探し当て、その場にお座りをして人に知らせた。

(続きは記事元参照)


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/03/20(火) 18:39:54.77 ID:c/6kZZXH0● BE:887141976-PLT(16001)
体重が80kgで、まっすぐに立ち上がった際に180cmを超えるという生後9ヶ月の犬が話題になっている。
アメリカのユタ州ソルトレイクシティに住んでいるユーフラテスという名前の雌犬。

生後9ヶ月で体重80kg、肩までの高さが80cmを超えた犬は未だかつていないとしており、ネットでギネス記録やユーフラテスと月年齢がほぼ同じある犬を調査したがそれ以上の犬は存在しなかった。

ユーフラテスが巨大な理由は7000年前に絶滅した大型犬種に最も近い遺伝子を受け継いでいた新種犬だからである。

この犬は古代メソポタミア文明で戦闘の際に利用されていた犬種。しかし改良された犬種は新種となるのでユーフラテスがどのように成長するかはまだ未知だという。

この犬を散歩に連れて行くと多くの人は成犬だと思ってしまうと言う。しかしまだ産まれて9ヶ月。

飼い主がこのような大きな犬を飼うようになったのは、近所で空き巣を目撃したからだ。
そのとき強盗は家の中に居た犬を窓の外に放り出して殺してしまった。それを見た飼い主は精神的なショックを受けて、飼育士と相談して、新種の繁殖プログラムがあることを知り、それに参加。その第一号となった。

戦闘に使用された犬だが、表に出れば人々と接して優しい犬だという。

http://gogotsu.com/archives/38069
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

かわいい「子犬」…どんどん育って80キロに

1: みつを ★ 2018/03/17(土) 10:12:54.26 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3167640

2018年3月17日 8:32 発信地:中国
【3月17日 CNS】中国・雲南省(Yunnan)麗江市(Lijiang)の村民が山中で、「子犬」を保護し、大事に育ててきた。ところが「子犬」はどんどん大きくなり、クマであることがわかった。このクマは6日、永勝県森林公安局によって麗江市林業局に引き渡された。

 麗江市永勝県(Yongsheng)森林公安局のウィーチャット(WeChat)公式アカウントに2月、クマを飼っている住民がいるという情報が寄せられた。

 通報を受けて同局が調査したところによると、ある村民が2015年4月朝、キノコ狩りに出かけた山中で子犬らしき動物を見つけ、連れて帰って育てたが、大きくなるにつれて犬ではないことがわかったのだという。

 このクマは、ツキノワグマ(国家二級重点保護野生動物)であることが判明した。体重は約80キロに成長していた。

村民は野生動物の飼育繁殖許可証がないまま違法に野生動物を飼育していたことになるが、ツキノワグマを傷つけた形跡もなく、調査にも積極的に応じたことから、公安機関は「雲南省陸生野生動物保護条例」に基づいてツキノワグマを没収することで、飼い主だった村民への処罰の代わりとした。

現在は、臨時の措置として玉竜ナシ族自治県の鳴音郷(Mingyin)にある野生動物養殖基地で保護されている。(c)CNS/JCM/AFPBB News


続きを読む

↑このページのトップヘ