いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

カテゴリ: 犬ニュース

1: ばーど ★ 2017/10/28(土) 13:01:27.38 ID:CAP_USER9
子どもたちとの触れ合いを楽しむロン=佐世保市、白岳自然公園
no title

長崎県佐世保市江迎町の白岳自然公園では、ボーダーコリーのロン(オス、8歳)が看板犬として来園者を迎えている。1日に近くの山で登山客がスズメバチの群れに襲われた際には、身をていしてかばい、客を避難させた。飼い主で公園の所長、横松賢一さん(62)は「人を気遣うことができる犬だが、ここまでするとは思わなかった」と愛犬の勇気ある行動に驚いている。

「ワンちゃんだ。かわいい」。夕日が木々を金色に照らし始めた9日午後5時前。公園で遊び終わった家族連れがロンの元に駆け寄った。体を触ったり体の上に乗ったり。思いのまま触れる子どもたちを穏やかに受け入れていた。

生後3カ月から看板犬を務めるロン。子ども好きな優しい性格で人気を集めてきた。

横松さんによると、登山客がスズメバチに襲われたのは1日午前11時ごろ。幼児や小学校低学年の親子連れ約20人が参加していた。下山ルートを探そうと草地に足を踏み入れた際、地面から約50匹のスズメバチが湧き上がった。子どもたちは悲鳴を上げてパニック状態に陥った。ロンはすぐさま駆けつけ、ハチを追い払おうとした。次第にハチの標的は黒色の毛を持つロンに。参加者はその間に離れた場所に避難をできたという。

6人が足や首、頭などを刺されて救急車で運ばれたが、命に別条はなかった。ロンが刺されたのは20カ所以上。治療を受けたが約1週間にわたって食欲不振や嘔吐(おうと)が続いた。横松さんは「子どもが刺されたこと自体いいことではない」としながらも、「『何をしてるんだ』という怒りで立ち向かったのだろう。ロンがいなかったらと思うとぞっとする」と振り返る。

傷を受けた後も看板犬として変わらず来場者を歓迎するロン。横松さんは「ロンは子どもたちが来てくれることが喜び。ぜひ遊びに来て」と呼掛けている。

配信10/28(土) 10:35
長崎新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171028-00010001-nagasaki-l42

続きを読む

\(^o^)/です [age] 2017/10/27(金) 16:15:08.37 ID:Fq+NKUpGx.net BE:319726179-2BP(1000)

http://www.afpbb.com/articles/-/3148305
ジェニファー・アペル(Jennifer Appel)さんとターシャ・フィアバ(Tasha Fuiaba)さんは、愛犬2匹と共にこの春、故郷の米ハワイ(Hawaii)から3200キロ以上離れた仏領ポリネシアのタヒチ(Tahiti)島を目指してヨットで出港した。

5月30日にヨットのエンジンが故障したが、2人は当初、風力で進めばどこかに上陸できるだろうと考えていたという。

米海軍第7艦隊(7th Fleet)の声明によると、航海が2か月目に突入し、タヒチ到着予定日を大きく過ぎてから、ようやく2人は遭難信号を発信。
それから毎日、信号を発信したが、漂流海域付近に受信設備を持つ船舶や陸上施設がない状況が続いた。

そして今月24日になって、日本の南東約1450キロの海上でとうとう台湾漁船がヨットを発見。
漁船の乗組員が米領グアム(Guam)の米当局に通報し、近海にいた米海軍のドック型揚陸艦アシュランド(USS Ashland)が翌日、2人と2匹を救出した。

アペルさん、フィアバさん、救命胴衣を装着させられた犬2匹は、いずれも健康や栄養状態に問題はなさそうだという。
アペルさんは、ヨットに海水を真水に変える浄水装置と、1年分を超えるオートミールやパスタ、乾燥米などの乾燥食品を積んでいたおかげで生き延びられたと語っている。(c)AFP

太平洋で漂流5か月、米国人女性2人と愛犬2匹を救助2

太平洋で漂流5か月、米国人女性2人と愛犬2匹を救助

続きを読む

no title

1: みつを ★ 2017/10/21(土) 05:33:41.93 ID:CAP_USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3147444?cx_part=top_block&cx_position=4

【10月20日 AFP】飼い犬は人の心の琴線に触れるために故意に「子犬のような目」をして飼い主を巧みに操っている可能性があるとする、多くの飼い主が長い間うすうす感じていた「策略」に関する研究結果が19日、発表された。

 英オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された論文によると、犬は意思疎通の手段として使うために顔の表情をコントロールしている可能性があるという。

 犬の表情はこれまで、自発的ではないものと考えられていた。だが、今回の最新研究は、人間の最良の友である犬が、しかめ面やに歯をむき出しにした笑顔などによって飼い主から引き出される反応を十分理解していることを示唆している。

 論文の共同執筆者で、英ポーツマス大学(Portsmouth University)のジュリアン・カミンスキー(Juliane Kaminski)氏は「顔の表情は意思疎通を図ろうとする積極的な試みである可能性があることの証拠を、今回の研究結果は裏づけている」と話す。

 さまざなま種類の飼い犬を用いた一連の実験で、犬が人から注意を向けられている時により頻繁に「顔を動かす」ことを、研究チームは発見した。

 人の心をとろけさせる「子犬のような目」をするために眉毛を上げて目をより大きく見せるのが、最もよく使われる表情であることを研究チームは明らかにした。

 人が犬に背を向けていたり他に気を取られていたりすると、その間に犬がその人からご褒美の餌をもらえるかどうかに関係なく、犬の顔の動きがはるかに少なくなった。犬は人が自分にどれほど注意を向けているかを把握していることが、過去の研究も示されている。

「犬は人が注意を向けている時により頻繁に顔の表情を作ることが、今回の研究で分かった」と、カミンスキー氏は話した。

 だが、人が考えたり感じたりしているであろう内容を犬が認識していると断定できる段階にはまだ至っていないと、研究チームは付け加えた。こうした認識状態は、人間が示す高い知性の表れと考えられている。

 ヒト以外の霊長類に関する研究では、霊長類の一部は、他者が自分の顔の表情を読み取ることができることを把握している可能性があることが示唆されている。霊長類は他者から見られていると表情が変わるという。(c)AFP

2017年10月20日 11:42 発信地:パリ/フランス

続きを読む

1: ばーど ★ 2017/10/16(月) 18:18:20.41 ID:CAP_USER9
朝刊届けるワン! 毎朝午前6時ごろ、糸満市阿波根のシェパード犬「上原ゴン太君」=5歳3カ月、体重約30キロ=は、自宅の門扉から琉球新報をくわえて玄関までの約30メートルを駆け抜け、飼い主の上原恵子さん(69)に届けている。 生後3カ月ごろから始めて約5年。雨の日も風の日も、一日も欠かさず新鮮な情報を配達している。

毎朝新聞をくわえ、玄関まで運ぶシェパード犬の「上原ゴン太君」=沖縄県糸満市で
no title


◆生後3ヵ月で新聞配達

 飼い主の上原恵子さん(69)とゴン太の出会いは5年前、糸満市のシオン警察犬訓練所だった。引っ越しを機に番犬をほしいと思っていたところ、生まれたばかりのゴン太と出会った。今ではかけがえのない家族の一員だ。

 生後3カ月ごろ、ポストに新聞を取りに行くと「自分で取る」と訴えるゴン太。「駄目」と言っても新聞をかむので、くわえさせた。新聞はよだれだらけになってしまったが、ゴン太は「自分の仕事」といわんばかりにくわえていた。上原さんは配達員の山城教子(のりこ)さんに相談し、新聞をビニール袋に入れ、門扉の下に立ててもらうことにした。

 以来毎朝、「ゴンちゃん、おはよう」と上原さんが玄関を開けると、庭の小屋から飛び出して来るゴン太。「新聞取って来てちょうだい」の一声で一目散に門扉に走り、新聞をくわえて戻ってくる。たまに上原さんが寝坊した時は、玄関に新聞が置かれている。

 うっかり休刊日を忘れて新聞を請求すると、門扉まで走ってそのまま戻ってくるという。「新聞はどうしたの?」と叱りながら休刊を思い出し、「ごめんね」と頭をなでて謝るそうだ。

 ゴン太はとても利口で、一度教えるとほとんど覚えてしまう。庭の手入れの時は「スコップ取って」「ビニール袋取って」など上原さんの要望に応える。言葉があまりに通じるので「あなたは本当に犬なの?」と話し掛けることも。立派なボディーガードも務める大切な家族の一員だ。

 ゴン太の働きをたたえ、糸満市の琉球新報阿波根前原販売店の國吉真信店主(52)が12日、「文句も言わず、新聞配達業務に長年従事された」と感謝状を贈った。うれしそうに褒美のおやつをクンクン嗅いだゴン太。今朝も情報がたっぷり詰まった朝刊を上原さんに届けたことだろう。(豊浜由紀子) (琉球新報)

配信2017年10月16日
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171016/rky/00m/040/003000c

続きを読む

ポメラニアン「俊介くん」亡くなる

1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US] 2017/10/17(火) 17:30:23.17 ID:z74h0jTN0 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典
ぬいぐるみのようなかわいさでツイッターから火がつき、写真集やCMでも人気を博したアイドル犬、ポメラニアンの「俊介くん」が死んだことが17日、分かった。

公式ツイッターで「金曜(13日)の夜から突然に具合が悪くなり、昨日逝ってしまいました。明日の13時半すぎにお空に上ります。俊介のおかげでたくさんの経験をさせてもらい、たくさんの皆さまとつながれました。俊介をかわいがっていただき、大変感謝しています。本当にありがとうございました」と報告。13日夕の散歩の写真がアップされた。

2002年生まれのオス。「俊介ころころ~ツイッター犬 俊介のまいにち~ 」「俊介ぽかぽか」「俊介わんわん」(宝島社)などの写真集が刊行され、リクルート「じゃらん」などのCMに出演した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000102-spnannex-ent

続きを読む

犬の看病に傷病手当、裁判所が認める

1: ばーど ★ 2017/10/13(金) 14:54:36.52 ID:CAP_USER9
愛犬の看病のために仕事を休んだイタリア人女性が、傷病手当金の支払いを訴訟で勝ち取った。ペットへの愛情が深い国として知られるイタリアで初の事例となった。10月11日、ガーディアン紙などが報じた。

ローマの大学教員である女性は、ヨーロッパ最大級の動物愛護団体のひとつであるイタリア反生体解剖連盟(LAV)の弁護士のサポートを得て勝訴したという。

女性は愛犬の手術のために2日間の休暇を申請したが、大学側は拒否していた。

裁判所は、大学側に、女性に"深刻な家族の個人的な理由"に該当する手当を支払ったうえで、2日間の休暇を認めるべきだとの結論を下した。

イタリアの刑法では、ペットの遺棄を禁止しており、(ペットが)苦しむ状況を与えたものに1年の禁錮刑または最大1万ユーロ(133万円)の罰金を科すとしている。

LAVの広報担当者は、CNNに対し「この事例は、世論が変化し、動物の権利に対する理解が進んだことを表しています。この結果が注目され、他の職場でも同じように運用されることを願っています」とコメントした。

LAVによると、犬の手術は無事に成功したという。

配信2017年10月13日 13時41分 JST
HuffPost Japan
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/13/pet-family_a_23241970/

続きを読む

お座りでお手柄! 麻薬探知犬が隠された大麻草を発見

1: かばほ~るφ  2017/10/06(金) 19:04:49.99 ID:CAP_USER9
お座りでお手柄! 麻薬探知犬が隠された大麻草発見し密輸男逮捕 中部国際空港
10/6(金) 18:42配信

中部国際空港で大麻草を密輸入しようとしたとしてアメリカ人の男を逮捕。
荷物に入った大麻草を発見したのは麻薬探知犬でした。

タバコケースの中に隠された大麻草。先月20日、中部国際空港でアメリカ人の男が大麻草を密輸入しようとしましたが、麻薬探知犬が男の手荷物を嗅ぎその場でお座りをして税関職員に知らせました。

お手柄をあげたのは麻薬探知犬「トレジャー号」。もう1匹とともに機内から運び出された荷物の中に大麻草9.15グラム、末端価格にして5万5千円相当が入っているのを発見しました。

大麻取締法違反で逮捕されたのは、アメリカ国籍のウェン・トニー・タン容疑者(30)で、調べに対し容疑を認めています。

名古屋税関によりますと、麻薬探知犬による密輸入の発見は中部国際空港では去年9月以来で、「手口が巧妙になる中、今回探知犬が感知したのは素晴らしい。引き続き警戒したい」としています。

10/6(金) 18:42配信 東海テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-00001242-tokaiv-l23

お座りでお手柄! 麻薬探知犬が隠された大麻草を発見2

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/10/04(水) 11:59:28.53 ID:OEOM3O+w0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
北海道知床半島の斜里町で黒いキツネが9月23日に撮影された。
知床博物館のカメラがとらえた。

同館によると、撮影されたのは同日午後3時ごろ。
タヌキの生態を観察するために村上隆広学芸員が山のふもとに設置していたカメラに写ったという。

撮影した村上氏は「初めに映像を見たときは黒い姿が通り過ぎたので犬だと思った。よく見ると尻尾も大きくてふさふさしており、顔もキツネの顔だったので、驚いた。大きさは約1メートル20センチくらいだ」と話す。

同館によると、このキツネは自然に生じた変異とみられるという。

北海道では、毛皮をとるため、大正から昭和にかけてアリューシャン列島などからキツネを輸入。土着のキツネとかけあわせたという。
その影響で、土着のキツネも黒い色が発現しやすくなったのではないかという。

北海道では5月に帯広空港周辺でも黒いキツネが目撃されている。

http://www.sankei.com/life/news/171004/lif1710040013-n1.html
no title

no title

続きを読む

1: のっぺらー ★  2017/09/25(月) 17:22:44.76 ID:CAP_USER9
京都府宇治田原町は25日、同町郷之口の宵待橋周辺で野犬2頭の目撃情報があったとして、防災・防犯情報メールで町民に注意を呼び掛けた。

町によると、25日午前7時ごろ、野犬2頭がシカを追い掛けているのを付近を車で通った運転手が目撃した。
シェパードのような大型犬で、大津市方向へ走り去ったという。

写真:今年6月に目撃された子鹿をくわえるシェパードに似た大型犬(宇治市白川川下)
no title

以下ソース:京都新聞 2017年09月25日 16時54分
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170925000090

続きを読む

1: 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/25(月) 11:40:51.79 ID:CAP_USER9
【メキシコ市=田口直樹】
メキシコ市近郊で起きたマグニチュード(M)7・1の地震で24日午後、メキシコ市南部のアパート倒壊現場で日本の国際緊急援助隊が、がれきの中から白い犬を救助した。
地元メディアは発生から6日目の救出劇を、「現場では大きな拍手がわき起こった」などと写真入りで報じた。

行方不明者の捜索活動は24日も続けられた。政府機関は同日、死者は320人に上ったと発表した。

メキシコ市のマンセラ市長は、住戸7649棟を調べた結果、87%の約6650棟は安全で住むことができる状態だったと明らかにし、約1000棟が居住できない状況であることを示唆した。今後、調査が進めば、さらに増える恐れもある。

http://yomiuri.co.jp/world/20170925-OYT1T50035.html
no title

no title

続きを読む

↑このページのトップヘ