いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

カテゴリ: 犬ニュース

「ありがとう、お疲れさま」ベン号ら警察犬の慰霊祭

1: イセモル ★ 2017/03/20(月) 16:26:40.38 ID:CAP_USER9
20日、東京・板橋区で、犯罪捜査で活躍した警察犬の慰霊祭が行われた。

東京・板橋区で行われた警察犬慰霊祭には、警視庁の刑事部長や現場で警察犬に指示を出す鑑識課員らが参列した。去年の秋以降に埋葬された警察犬は4頭で、そのうち「ベン号」は約6年間で324回出動し、2015年、八王子市で8歳の女の子が行方不明になった際には、運動靴のにおいをもとに女の子を発見するなど活躍した。

警視庁・渡会幸治鑑識課長「『ありがとう、お疲れさま』という気持ちを込めて供養させていただきました」

慰霊碑には246頭の警察犬がまつられていて、感謝とねぎらいの祈りがささげられた。

カキソースです。ニュース動画もあります|ω・)
http://www.news24.jp/sp/articles/2017/03/20/07356911.html

続きを読む

1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/03/20(月) 16:09:18.03 ID:CAP_USER9
高層マンションや大型商業施設が並ぶ滋賀県草津市のJR草津駅近くの繁華街で、朝と夕に毎日散歩にやってくる大きな秋田犬が「かわいい」と人気を集めている。

映画にもなった有名な秋田犬「わさお」によく似ており、飼い主がドライブで連れて行く他県でも人気者だが、もともとは捨てられ、処分されかけていたという。

秋田犬は6歳4カ月のオスで、名前は「小町」。
2012年、岐阜市内の公園の木にひもでくくりつけられていたところを保健所が保護した。
殺処分されそうになったが、湖南市でトリミングサロンを経営し、犬の保護活動もしている渡辺いづみさん(40)が預かり、自身のホームページで里親を募集した。

13年に飼っていた秋田犬を亡くし、寂しく思っていた北川克己さん(42)=栗東市中沢2丁目=がページを見て、小町に会いに行った。「人なつっこくて気に入った」とすぐに引き取ることを決めたという。

小町は、克己さんや父親の清さん(73)と、自宅から草津駅前や商業施設「エイスクエア」(草津市西渋川1丁目)、栗東市目川周辺などを約1時間かけて散歩している。
コースは「小町の赴くまま」で、道行く人に声をかけられたり、なでられたりするという。

だが、子どもが苦手なようで、近づくとほえてしまう。
「『わさおだ』とよく言われるが、『自分は違う』といった感じで無視しますわ」と清さんは笑う。

地元以外でも克己さんが趣味のドライブで小町を連れて高野山(和歌山県)や伊勢神宮(三重県)に出掛けると、写真を撮られたり、人だかりができたりした。「たまにネットで小町の写真がアップされているのを見る」と克己さん。
「小町を見かけ、触れ合って、ペットや動物を愛する気持ちを育んでもらえたら」と話す。

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170320000027

散歩中にJR草津駅近くで休憩する秋田犬の「小町」と北川清さん。「わさお」に似ていると人気者になっている(滋賀県草津市大路1丁目)
no title

続きを読む

1: みつを ★ 2017/03/18(土) 00:57:20.29 ID:CAP_USER9
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-39300344

犬は人間の一番の友達だと言われる。しかしそればかりか、鋭い嗅覚(きゅうかく)によって、1型糖尿病患者の血糖値の変化を察知したり、前立腺がん患者の尿サンプルを見つけたりと、犬は病気の人の命を救ってくれるかもしれないのだ。

マジックがひょいと立ち上がり、飼い主の膝の上に前脚を乗せ、茶色い瞳で飼い主の目を見つめた。
マジックがこれまで何千回と繰り返してきた、決まった動作だ。

愛犬マジック、飼い主の命を「3500回救った」

マジックは、医療アラート犬。飼い主クレア・ペスターフィールドさんについて、血糖値のわずかな変化も察知するよう訓練されている。

優れた嗅覚で、マジックは1兆分の1というごく薄い臭気濃度でさえも探知できる。
マジックの補助がなければ、クレアさんは血糖値の変化のせいで発作を起こす危険があるし、ひどい場合には昏睡状態に陥る危険もある。

愛犬マジック、飼い主の命を「3500回救った」2

クレアさんは1型糖尿病にかかっているが、同じ病気を患うほとんどの人とは異なり、クレアさんの体は危険な発作の予兆を示さない。

BBC番組「ビクトリア・ダービーシャー」に出演したクレアさんは、「今の最新技術は全て使いましたが、それでも発作を防いだり軽減したりするために有効な合図は出ないんです」と話した。

(中略)

がんを探知?

英国民保健サービス(NHS)は現在、前立腺がんの探知にも犬を使えるかどうか、臨床試験を重ねている。

調査が成功すれば、前立腺がん早期発見の機会が得られることになる。早期発見は、生存率向上に欠かせないものだ。

調査に使われる犬は通常、ラブラドル・レトリバーやスプリンガー・スパニエルなどの銃猟犬種で、前立腺がん患者の尿サンプルを探知するよう訓練される。

がん探知犬は、がん患者の体が化学物質を排出しようとする際に、がん細胞から尿に伝わるがんの「揮発性物質」の臭気を察知できると考えられている。

こうした揮発性物質を含む尿を犬が正しく探知できた場合、犬には成功を強調するための陽性強化としてご褒美が与えられる。

犬の成績は記録され、90%以上の成功率で前立腺がん患者のサンプルを探知した犬が合格となる。

「バイオセンサー」

慈善団体「メディカル・ディテクション・ドッグズ(医療探知犬)」の共同創立者クレア・ゲスト博士は、胸のあたりにぶつけたような痛みを感じていたが、そこを飼い犬のデイジーが鼻で突くようになり、乳がんだと気づいた。
後の検査で、腫瘍が2つ見つかった。

命拾いしたとも言えるこの経験をきっかけに、ゲスト博士は探知犬の能力に関心を抱くようになった。

「犬と言えば、毛がふわふわで、尻尾を嬉しそうに振ってくれる生き物でが、実は同時に、とても高機能なバイオセンサーなんです」と博士は説明する。

「犬の鼻は進化により、1兆分のいくつというわずかな濃度でも探知できるほど、きわめて高い感度をもつようになりました。つまり、これは科学の話です」

「機内に爆発物がないか探知犬が検査した飛行機に、私たちは毎日搭乗しています。それは、生死に関わる判断です」

「そこでは犬に頼るのに、なぜ健康面では助けてもらわないのでしょう?」

がん探知犬は現時点では政府助成を受けていないが、保守党のイアン・ダンカン・スミス下院議員は変化を期待している。

ダンカン・スミス議員は妻のベッツィーさんを通じて、「メディカル・ディテクション・ドッグズ」の活動を知った。ベッツィーさんは乳がんを患ったあと、同団体の理事になった。

ダンカン・スミス氏は、「先駆的なこの調査は、人命を救うかもしれないというだけでなく、NHSの費用を数百万ポンド単位で削減できるかもしれない」と考えている。

ジェレミー・ハント保健相はダンカン・スミス氏に対し、NHSの試験結果が発表された際には検討すると話した。

「こういうアイデアはいんちきだというレッテルが貼られてしまうこともあり、そのせいで、適切で迅速な対応がされないこともあります」

「調査結果が発表されたら、私が自ら、検討します。既成概念を疑ってみて、通常とは違う方法を検討し、主流派が度外視した可能性にも目を向けること。それも私たち議員の仕事のひとつですから」

我々議員の仕事の一つは、物事を行う方法について、正説に疑問を呈し、主流派が蓋をしてしまった可能性のある他の方法にも目を向けることです」

「良い調査なら、ぜひ知りたいと思います」

(英語記事 'My dog Magic, the lifesaver')

2017年03月17日

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 10:57:20.74 ID:aOZu6QSO0
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201703/0009974582.shtml

自宅を出て行方が分からなくなった男子中学生を発見したとして、兵庫県警の警察犬「グライフ号」が6日、飾磨署で表彰を受けた。

グライフ号は、2歳7カ月の雄のシェパード。生後7カ月から訓練を受け、2016年は138回出動した。

同署によると、2月16日夜、姫路市飾磨区の中学1年の男子生徒(13)の行き先が分からなくなり、母親が同署に捜索願を出した。

すぐに署員らが捜索を始め、深夜に警察犬2匹が出動。グライフ号は、靴下に残った体臭を頼りに、活動開始から約10分後、神社の境内で寝袋にくるまって眠る男子生徒を発見したという。

男子生徒の家族による感謝が大きいことから表彰が決まり、この日は、署員約75人が集まる朝礼の場でお手柄をたたえられたグライフ号。男性指導員は「たくさん褒めてあげたい」と目を細めた。

警察犬、行方不明になった中学生をわずか10分で発見

警察犬、行方不明になった中学生をわずか10分で発見2

続きを読む

no title

好奇心旺盛な子犬が、誤って飼い主の車のタイヤの穴に頭を突っ込んで、抜けなくなってしまった。駆けつけた消防士が子犬を助けるために使ったものとは、意外なものだった。

モンタナ州シルバーボウ郡ビュートの消防当局はfacebookアカウントで1月30日の珍事についてコメントした。同投稿が伝える飼い主の話では、子犬は2~3時間、「非常に不安定な体制のまま」タイヤの穴から頭を引き抜くことができない状態だったという。



飼い主は、タイヤごと子犬を動物病院へ連れて行くと、援助のために消防士も駆けつけた。

消防士は、何ら道具を使うことなく、タイヤを壊さずに、救助に成功した。伝えられるところによると、子犬の耳、首に大量のココナッツオイルを塗って、滑りやすくして、素早く取り出したのだという。

幸い、子犬は首に擦り傷を負った程度で、大きなケガはないという。消防当局は、「若い子犬にはいい体験だったのではないか。これ以上、痛ましい子犬のトラブルに対応したくない」と付け加えた。

http://www.epochtimes.jp/2017/02/26731.html

続きを読む

1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 17:53:40.42 0
ブラジルのモジ・ダス・クルーゼス市にあるガソリンスタンド、シェルのオーナー、Sabrina Plannererさんは、ある日、ガソリンスタンドの周辺でネガォンを発見。
ネガォンは、そこに捨てられ、怖すぎてその場から立ち去れず、周囲をウロウロしていた。
Plannererさんは追い払うことができず、彼女とその恋人は、ネガォンを置いてあげることに。
「私たちはすぐにネガォンを飼うことに決め、必要な世話をしてあげることにしました。
予防接種と虫下しのために獣医に連れて行き、ドッグフードや犬小屋、そして散歩用の革紐も用意しました」と彼女は動物ニュースサイト「The Dodo」に語っている。

だが、2人は、ネガォンを引き取っただけでなく、2年前に購入したそのガソリンスタンドで
ネガォンを看板犬として雇うことにした。
さらに、ネガォンのために社員証まで用意したのだ。
当初、2人は、ネガォンがどのように仕事をしてくれるかわからなかったが、Plannererさん曰く、ネガォンは自然に振るまったという。
「ネガォンはお客さんが来たら、挨拶しに行って、あのかわいさで皆を虜にしちゃうんです」と彼女は同サイトに語っている。
さらに、「お客さんにも可愛がられて、中には、おもちゃを持ってきてくれる人もいるんですよ」と続けている。

ネガォンは優秀な従業員というだけでなく、現在は、地元ブラジルの慈善団体「Grupo FERA」の顔にもなっている。
同団体のスポークスマンは、ネガォンが家、そして仕事を見つけることができ、とても喜んでいるようだ。
「これは、動物をもっと尊重するよう、人々に働きかけることとなり、非常にすばらしいことです」とスポークスマンはThe Dodoに語っている。
さらに続けて、「犬の同僚がそばにいてくれて、ガソリンスタンドのスタッフも喜んでいますよ」とコメントしている。
no title

no title

俺は犬が好きでこの話を見て号泣した。だからここにスレ立てしたことは後悔してない。

2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 17:54:21.26 0
 
紹介されているニュース記事
続きを読む

北海道で犬ぞり大会…“犬たちの甲子園”

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ  (★ 9953-T5e6 [104.199.227.129]) 2017/02/25(土) 20:15:01.45 ID:CAP_USER9
「犬たちの甲子園」とも呼ばれる全国犬ぞり大会が、
北海道稚内市で開かれています。

今年で34回目となる大会には、そりに乗る43人と
犬121頭が参加しています。

*+*+ TBS News i +*+*
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2992436.html

続きを読む

\(^o^)/です (フリッテル MM2b-kDlY) 2017/02/17(金) 13:01:20.31 ID:X3pxopY2M?2BP(1001)
 忠太郎(4)、 用水路転落の男性救い表彰を受ける

 
用水路に転落した岡山県玉野市内の男性(78)を発見し、助けたとして15日、医療アドバイザー橋本良美さん(52)=玉野市=ら4人と、犬の忠太郎(ちゅうたろう)=雑種、雄4歳=が市消防本部から表彰された。 
「忠ちゃんが見付けてくれて本当によかった。すごいね」。橋本さんは一緒に喜んだ。 

 橋本さんは県動物愛護センター(岡山市北区)との共同事業で、犬の保護に取り組むボランティア団体「あにまるセカンドライフin岡山」を運営。 
忠太郎を保護犬として世話している。 

 「ワンワンワンワン!」。昨年12月6日午後0時半ごろ、玉野市東高崎。橋本さんに連れられて散歩していた忠太郎が、激しくほえて走りだした。 
「普段はおとなしいのに。どうしたんだろう」。 
ぐいぐいと用水路まで引っ張られた。何かを吸い込むような音が聞こえた。のぞき込むと、水面に男性の口元が。呼吸の音だった。 

 橋本さんはすぐに用水路(深さ約70センチ)の中へ。 
男性を引き上げようとしたが、水を含んだ服が重く持ち上がらなかった。 
「人が落ちてるの。死にそうなの」。 
大声に、近くの同じ会社に勤務する井上祐一さん(54)=同市、三宅将生さん(50)=同、岡武遼佑さん(23)=岡山市南区=が駆け付けた。4人で男性を引き上げた。 

 橋本さんは近くに住む親戚に119番を依頼。 
医療機関で働いた経験から、脈拍数などのバイタルサイン(生命兆候)、意識レベル、けがの有無などを確認。救急隊員が到着するまで気道確保を続けた。 
男性は市内の病院に搬送され、一命を取り留めた。 

 市消防本部が人命救助で犬を表彰したのは初めて。井上さん、三宅さん、岡武さんも表彰された。表彰式が消防本部であり、橋本さんと忠太郎が出席。 
澤満也消防長が感謝状と記念品を手渡し、早期発見と機転の利いた迅速な行動をたたえた。橋本さんは「男性が助かって何より」と話した。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010000-sanyo-l33
 続きを読む

番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 8a15-g7Kc) 2017/02/14(火) 17:43:06.42 ID:MhDD19xK0St.V.net BE:956093179-PLT(12001) ポイント特典
シベリア南部に位置するアルタイ地方のロクテフスキー(Loktevsky)に住む一人の母親が、2歳になる息子を氷点下20度の寒さの中に2日間置き去りにし、行方をくらませた。 
男児は暖房が全くきかない玄関で2日間にわたり飼い犬に温められ生き延びてはいたが、近隣住民が発見した時に外気温は氷点下21度に達しており深刻な低体温症を起こしかけていたため、すぐに病院へ搬送された。
 
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170214-13006149-techinq
 
11 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-a31+) 2017/02/14(火) 18:30:51.63 ID:LKmZP3qwdSt.V.net
>凍える寒さの中で男児を温め命を救った飼い犬は近隣住民の間で「ヒーロー」と呼ばれているという。 

呑気な顔してるけど何て種類だよ 


氷点下20度の中2歳男児を飼い犬が温め続ける

16 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-oka8) 2017/02/14(火) 18:49:00.25 ID:nZPHA/6RdSt.V.net
>>11 
かわいい
 
13 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Saeb-S0So) 2017/02/14(火) 18:40:10.83 ID:V5IULqkpaSt.V.net
>>11 
雑種じゃね
 
17 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sdaa-a31+) 2017/02/14(火) 19:18:36.57 ID:LKmZP3qwdSt.V.net
>>13 
雑種か 
まあ雑種は強いっていうしチワワだったら子供諸共死んでたな
 
20 番組の途中ですが\(^o^)/です (中止 Sx23-xgTA) 2017/02/14(火) 19:34:44.90 ID:MwKhCrR/xSt.V.net
>>11 
いい顔してんな 
これは仕事ができる男の顔をだわ
 続きを読む

散歩中の子犬、お手柄 高知県馬路村に自生トリュフ

1: 幸・災・楽・禍 ★  2017/02/07(火) 23:20:58.58 ID:CAP_USER9
高知県安芸郡馬路村でこのほど、トリュフの一種が見つかった。
探し当てたのは村内のパン販売店で飼われている生後2カ月の雌犬の「きなこ」。
散歩中にかぎ分け、地中から掘り出した。
専門家によると国内で自生している報告例はあるが高知県内ではまだないという。
トリュフは高級食材として知られ、馬路村のパン屋の看板犬が思わぬ“お宝”を掘り当てた。

(中略)

写真で確認した「日本きのこセンター菌蕈(きんじん)研究所」(鳥取市)の牛島秀爾(しゅうじ)主任研究員は「トリュフの一種で、イボセイヨウショウロの仲間とみられ、食用でも使えそう。欧米ではよく豚が見つけることが多いが、最近は犬をしつけて探すこともある」とする。

高知県内のきのこに詳しい高知県中央西林業事務所の荒尾正剛さん(51)も「国内では愛媛県などの報告例があるが、高知県内はまだない。新種の可能性もある」と話している。

散歩中の子犬、お手柄 高知県馬路村に自生トリュフ2
全文はソースで
http://www.kochinews.co.jp/article/78255/
続きを読む

↑このページのトップヘ