いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!


アクセスランキング

2016年09月

1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/28(水)17:10:09 ID:kkQ
ワイは犬派や
no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/28(水) 04:48:55.08 ID:c8Um61fk0
彡(^)(^)「代わりにLANケーブル使ったろ!」

no title

続きを読む

ドラゴンをチワワに変えるとなんか和む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/16(金)15:09:01 ID:Gfn
チワワスレイヤー

続きを読む

1: 紅あずま ★  2016/09/26(月) 19:04:49.10 ID:CAP_USER9
事故で二本脚の柴犬
命見捨てないで…NPOが本出版
毎日新聞:2016年9月26日 16時41分
http://mainichi.jp/articles/20160926/k00/00e/040/189000c


飼い主から2度見放され、事故で前後の左脚を失いながらも元気に生きる柴(しば)犬の姿を追った本が出版された。
タイトルは「二本あしのワンコ すみれちゃん、生きる」(セブン&アイ出版)。
現在預かっている群馬県高崎市のNPO法人は「すみれちゃんの姿を通じて、飼い主や動物を飼おうと思っている一人一人が犬や猫との向き合い方を考えてほしい」と訴えている。

すみれはメスで推定5~7歳。
昨年12月に高崎市内で迷い犬として保護された。
犬や猫の譲渡を支援するNPO法人「群馬わんにゃんネットワーク」(高崎市)を介して、今年3月に前橋市の住民に引き取られた。
しかし、4月9日に行方不明になり、その日に前橋市内の線路脇で、左脚2本を切断された状態で発見された。

飼い主は事故の2日後に見つかったものの「今後の飼育は難しい」と断念。
寝たきりになる恐れもあったが、わんにゃんネットでボランティアをしている星野ちづるさん(64)が「あきらめたくない」と、飯田有紀子理事長(54)に頼み、譲り受けた。

事故にあったのが土曜日で、保護した警察署が市や保健所の担当者と連絡が取れなかったこともあり、3日間、治療を受けられなかったが、内臓の損傷がなかったことが幸いし、手術から1週間後には二本脚で立つまでに回復した。

現在、星野さんの自宅で飼われ、朝夕の散歩では元気に芝生を走り回る。
右脚への負担を減らすため、時々、「車いす」を取りつけるが、関節炎などのリスクもある。
すみれの姿はフェイスブックページ「すみれちゃん応援団」を通じて拡散され、治療費やリハビリ費用は全国からの寄付でまかなわれている。

今回出版される本には、事故の経緯や、国内で年間10万頭超の犬や猫が殺処分されている現状も紹介している。
「脚を失った犬が頑張っている、というだけの本は出したくなかった」と飯田理事長。
ペットブームの裏で、捨てられて収容される多くの犬や猫たちがいる。
「どんなにお金や手間がかかっても絶対に見捨てない、そういった気持ちで動物を飼ってほしい。前を向いて生きるすみれちゃんを見て、少しでも多くの人がそう感じてほしい」。
NPOは本の売上金を犬や猫の医療費に充てる。
すみれの飼い主も募集している

11: 名無しさん@1周年 2016/09/26(月) 19:28:40.29 ID:zgaWkhUi0
これ、本当に生かしておくのが犬にとって幸せなのか? 
NPO法人が「感動ポルノ」作って自己満足、ってことはないか?

38: 名無しさん@1周年 2016/09/26(月) 20:15:07.55 ID:ZbjspT1U0
>>11 
犬に幸せとか不幸という概念があるかは知らんが 
俺には死にたがっているようには見えない 
no title

44: 名無しさん@1周年 2016/09/26(月) 20:25:50.02 ID:QDxIQsI+0
>>38 
いい顔してんな 
ウチにも2匹ばかり足ひん曲がってるのが居るが本人(犬)はあんまり気にして無いっぽいし 
このまま元気で健やかに居て貰いたいわ

続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ がんばれ!くまモン! 2016/09/25(日) 15:04:48.55 ID:CAP_USER9

続きを読む

お風呂を嫌がるハスキー犬の駄々っ子っぷりが可愛いw


1: secret name@シクトク 2016-08-23 18:11:36 ID:
犬って、シャワー嫌いですよね。
好きな子もいますけれど、嫌いな子はとことん苦手。
逃げ回ってあっちへこっちへ走り回ってしまうこともしばしば。
こちらのハスキーさんもシャワー嫌いな子です。
その嫌がりっぷりがもう……。

https://youtu.be/-1lbRawBPRk


http://peco-japan.com/65716
続きを読む

1: secret name@シクトク 2016-08-29 14:34:15 ID:
スローになると、こんなにも癒やし成分が増加するんですね。知らなかった(´﹃`)

子コーギーたちが、ただただ駆けまわってるだけなのに…
彼らの出す、全力感のせいなんでしょうか…(´ω`)

https://youtu.be/Eb1tO_B74xE

http://peco-japan.com/63964

2: secret name@シクトク 2016-08-29 14:36:09 ID:
no title

続きを読む

1: secret name@シクトク 2016-08-26 17:19:41 ID:
米テネシー州に住むジャッキー・リットンさんの愛犬ジョージは、2年前、12年もの間共に育ち連れ添ったパートナー犬のブラッキーを亡くし、元気をなくしてしまっていました。

それはまた、ジョージがもう随分お年を召した老犬で、体力が衰えてしまったことにも理由はあったのですが、あれから2年、時々思い出したように小さく鳴き声をあげるジョージの姿は本当に寂しそうで、それがリットンさんにとっては大きな気がかりでした。

そんなある日のこと

ふと庭の方に行ってみると、そこにはいつものように縁側で横になっていたジョージ。
と、見覚えのない一羽のアヒルの姿。

どうやらどこかから迷い込んでしまったようで、しかし驚くリットンさんを横目に、ジョージは興味がなさそうにアヒルのことを気に留めず、じっと横になったままでした。

放っておけばすぐどこかに行ってしまうだろう、とでも考えていたのかもしれません。
no title

続きを読む

1: secret name@シクトク 2016-08-08 18:51:43 ID:
ブラジル、マットグロッソ州。メリーノと呼ばれる犬は、飼い主さんとドライブ中に交通事故に遭遇しました。飼い主さんは病院に運ばれ、無傷だったメリーノは車に取り残されてしまいました。その後、車はメリーノを乗せたままレッカー移動されます。車の中に犬がいることと、レッカー移動した先を飼い主さんの家族に伝えてあったため、レッカー移動したスタッフは「すぐに誰かが迎えに来るだろう」と思ったそうです。

メリーノの飼い主家族は「迎えに来る」と約束していたのにも関わらず、迎えに来ませんでした。それでもメリーノは迎えを信じているのか、事故車から離れようとしませんでした。

待った時間は4ヶ月にもなりました。
そして……。

デビッドさんという警備員が、車の保管所の警備員として新しくやってきました。彼は廃車のなかで眠るメリーノに気づきます。最初、メリーノはデビッドさんを警戒しました。メリーノが待ち望んでいるのは愛された家族だけ……それでも、デビッドさんはメリーノに接し続けました。

やがて、メリーノとデビッドさんは友だちになりました。

デビッドさんはメリーノの生活を助けました。いつの日か家族が彼を迎えにくるだろうと、信じていました。しかし、ある日事態が急変します。デビッドさんは別の場所へ転勤することになってしまったのです。デビッドさんはそこで考えます。「流れに任せて情を持つのもいい。だったら、連れ帰ってもいいよな」デビッドさんはメリーノを家に連れ帰る決断をしました。

「もしも、彼の正しい飼い主がやってきたら、メリーノを返すよ。でも、長い間彼を放っておいた人間がやってきたら、絶対に返さないね」

デビッドさんは語りました。現在、メリーノはデビッドさん家族と一緒に暮らしています。最近のデビッドさんの楽しみは、メリーノの出迎えを受けることなんだとか。デビッドさんが家に到着すると、メリーノは門のところでジャンプして待っているそうです。幸せそうで、なによりです。

http://peco-japan.com/65312
no title

続きを読む

ダックスフンドとかいう見た目90賢さ10のポンコツ犬

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/09/19(月) 10:19:50.69 ID:sZwgYplLd
馬鹿さ加減も可愛いンゴね

続きを読む

↑このページのトップヘ