いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!

アクセスランキング

イッヌ「おやつ楽しみンゴオオオオオオオ」

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/30(火) 13:05:24.22 ID:kzQUAoTV0
ワイ「はい歯磨きガム」

続きを読む
スポンサードリンク

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/29(月) 10:28:32.75 ID:CM1zcfW20
    いかんでしょ
    no title

    続きを読む
    スポンサードリンク

      【徹底討論】犬の一番可愛い部位

      1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/28(日)22:57:17 ID:i3C

      続きを読む
      スポンサードリンク

        警察犬モカ君、行方不明の中学生を発見

        1: きつねうどん ★ 2017/05/28(日) 18:30:01.13 ID:CAP_USER
        行方不明者を発見した警察犬に24日、唐津署から感謝状が贈られた。
        佐賀県警の委嘱で警察犬を育てている佐賀県多久市北多久町の市職員、河野忠敏さん(59)は「これを励みにいっそう練習に励みます」と語り、愛犬と目を合わせた。

        お手柄の警察犬は雄のシェパードで5歳のモカ君。
        4月14日深夜に「中学生の息子が帰宅しない」と届けを受けた署が、事件や事故に巻き込まれた可能性があるとみて河野さんにモカ君の出動を依頼した。

        モカ君は中学生のタオルの匂いをかぎ、行方不明になった場所から中学校に河野さんを導いた後、相知市民センターの植え込みに一直線に向かい、そこに横たわっていた中学生を発見した。15日午前2時すぎだったという。

        署員100人ほどの前で坂本俊明署長から感謝状を贈られたモカ君は、興奮気味で河野さんにまとわりついた。河野さんは「4月の夜はまだ寒い。中学生が無事でよかった」。

        警察犬の嘱託期間は2年で、年内に更新試験があるという。河野さんはモカ君の初のお手柄に目を細めながら、再度の合格を誓っていた。

        http://sippolife.jp/article/2017052600007.html

        続きを読む
        スポンサードリンク

          1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土)15:55:05 ID:3vT
          でも、かわいい(にっこり)

          no title

          no title

          続きを読む
          スポンサードリンク

            1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/21(日)13:11:30 ID:71r
            no title

            no title

            no title

            no title

            守りたい、この笑顔

            続きを読む
            スポンサードリンク

              飼い主と犬は「親子の絆」
              \(^o^)/です [sage] 2017/05/24(水) 18:57:10.87 ID:LuV9UXf+0?2BP(1000)
              飼い主と犬は「親子の絆」 目が合うと愛情ホルモン上昇
              http://www.asahi.com/articles/ASK5K451XK5KUCLV009.html 
              2017年5月24日11時56分 

              これまで飼い主は犬の「リーダー」にたとえられることが多かったが、ほかの動物との間にはない特別な関係が築けていることがわかってきた。一部の研究者は「親子のような絆」という。 
              最新の研究から見えてきた人間と犬との関係とは――。 

              愛犬と目があったら幸せな気持ちになる――。実はこの感覚、飼い主の勘違いではない。 

              麻布大(相模原市)の2015年の研究で、飼い主と犬が目線をあわせると双方で、愛情や信頼に影響するホルモン「オキシトシン」の濃度が上昇することがわかった。 
              飼い主と犬30組で尿中のオキシトシンの濃度を調べた。 

              人間の母親と子どもの間ではオキシトシンをお互いに高め合う関係性があることがわかっているが、異なる動物間で同じような関係がわかったのは初めて。例えばオオカミは飼いならされていても飼い主と目をあわせず、オキシトシン濃度の上昇は双方起きない。 

              人と犬の間には親子に近い、特別な関係が存在することを証明するような研究成果はほかにもある。 

              ドイツのマックス・プランク研究所の02年の研究では、複数のカップのうちエサの入っているカップを人間が指さしたり見つめたりすると、犬はその中にエサが入っていることを理解できることがわかっている。  
              続きを読む
              スポンサードリンク

                1: ばーど ★ 2017/05/18(木) 10:02:53.89 ID:CAP_USER9
                伊勢原市内で4月、行方がわからなくなった小学生の児童を無事発見したとして、伊勢原署は17日、警察犬のアリス号(7歳)とリン号(8歳)に署長賞を贈った。
                副賞は高級ビーフジャーキー。指導担当の警察官は「訓練中のおやつにします」と笑顔で話した。

                署によると、4月下旬の午後11時ごろ、2匹は児童を捜し始めた。署員らの捜索では見つからず、家族の届け出から約6時間が経っていた。
                自宅にあった児童の靴のにおいを手がかりに行方をたどった。約1時間後、自宅から1キロほど離れた路地で、リン号が発見したという。

                アリス号はジャーマンシェパードのメスで、担当する鑑識課の上野和仁警部補は「ご褒美のためにがつがつ頑張るタイプ」。
                リン号はラブラドルレトリバーのメスで、浜野治彦巡査部長いわく「やるときはやるが、訓練や捜査が終わると甘えてくるオンとオフがはっきりしているタイプ」。

                表彰はそれぞれ5回目と26回目という。(佐藤栞)

                左から指導官の上野和仁警部補、アリス号、浜野治彦巡査部長、リン号=伊勢原署
                no title

                表彰を受けたアリス号(左)とリン号=伊勢原署
                no title
                配信 2017年5月18日03時00分
                朝日新聞デジタル
                http://www.asahi.com/articles/ASK5K3J58K5KULOB00C.html

                続きを読む
                スポンサードリンク

                  ↑このページのトップヘ