いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!

アクセスランキング

no title

1: 風吹けば名無し 2018/07/20(金) 16:52:25.89 ID:yNJGnMn+0
なんやねんこいつ



続きを読む

柴犬が店内に落ちまくっていたことお詫び申し上げます

  続きを読む

群馬県前橋市富士見町には天国がある3

群馬県前橋市富士見町には天国がある2

群馬県前橋市富士見町には天国がある4

群馬県前橋市富士見町には天国がある

  続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/04(水) 18:58:06.817 ID:wiHZJAgD0
no title
※GIF画像

続きを読む

怒られちゃった(´・ω・`)

1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/02(木)01:38:01 ID:xTl


続きを読む

猫が好きすぎて離したくない柴犬

1: 餡子先生 ★ 2018/07/29(日) 11:57:38.29 ID:CAP_USER9
猫が好きすぎて離したくない柴犬
https://youtu.be/8_RThsNdKiY



続きを読む

1: ばーど ★ 2018/07/25(水) 11:12:24.59 ID:CAP_USER9
日本人観光客も多く訪れる国際的な観光地、インドネシア・バリ島に、白い毛並みや人間に忠実な性格が特徴のキンタマーニ犬と呼ばれる原産種がいる。地元愛犬家団体は犬種の国際公認を目指して活動。新たな観光資源として売り出そうと、地元政府やブリーダーも協力してブランド化に乗り出した。.

バリ・キンタマーニ犬血統協会によると、体長は40~55センチ、体重13~17キロの中型犬。白や黒、まだらなど計4種類があり、約8割を占める白色が1番人気だ。島内に計約50万匹いるとされる。

協会は、尾の角度や骨格、耳が立っているかなど細かく犬種としての標準を規定。国際的な認知度を高めるため、国際畜犬連盟(FCI・本部ベルギー)に公認を求め、地元政府と協力して活動を進めている。(共同).

インドネシア・バリ島バンリ県の繁殖センターで飼育されているキンタマーニ犬
バリ島原産「キンタマーニ犬」をブランド化へ

no title

インドネシア・バリ島のバンリ県キンタマーニ郡スカワナ村の入り口に設置されているキンタマーニ犬の彫像
no title

2018.7.23 06:00
産経ニュース
http://www.sankei.com/photo/story/news/180720/sty1807200001-n1.html



続きを読む

1: ばーど ★ 2018/07/30(月) 22:12:59.33 ID:CAP_USER9
犯罪者の首や情報などにかけられる「懸賞金」が、まさか犬にかけられることになった。耳を疑いたくなるが本当の話だ。

コロンビアの警察が7月20日、犯罪組織「ウラベノス」が麻薬捜査犬の首に2億ペソ(約770万円)の懸賞金をかけたとTwitterで発表したのだ。

マフィアも恐れる麻薬捜査犬の名前は「ソンブラ」。6歳のメスのジャーマンシェパードで、コロンビア警察の麻薬撲滅部隊に所属している。

CNNによると、ウラベノスはコロンビアで最大勢力を誇る犯罪組織の一つで、トップは最重要指名手配を受けている。

なぜ、そんな凶悪なマフィアが懸賞金まで出して麻薬捜査犬の命を狙うのか。背景には、ソンブラの類まれな捜査力があった。

■最凶のマフィアvs.最強の麻薬捜査犬

麻薬犯罪の多いコロンビアでは、麻薬捜査犬の存在は欠かせない。ソンブラは違法な薬物を嗅ぎ当てる能力に非常に長けており、彼女の働きでこれまでに少なくとも245人の逮捕につながった。さらに、ウラベノスが扱うコカイン9トンの押収にも貢献した。

https://twitter.com/PoliciaAntiNar/status/1020309282909192194
Policia Antinarcoticos??認証済みアカウント? @PoliciaAntiNar
no title

また、たくさんの人たちを薬物の危険から守っているため、子供たちから写真撮影をせがまれるほどの人気者でもあるのだ。
no title

ソンブラは過去約300の事案に携わっていたが、コロンビア警察は彼女の安全を確保するため、首都ボゴタにあるエルドラド国際空港での任務に移したという。

他ソース
最強の麻薬捜査犬ソンブラ
https://www.sankei.com/world/news/180728/wor1807280016-n1.html
no title



続きを読む

↑このページのトップヘ