いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!

アクセスランキング

ねぇチューしよ

「ねぇチューしよ」

ねぇチューしよ2

続きを読む

【速報】柴犬がルンバに誘拐される事案が発生!

待って!!!連れて行かないでぇえええ!!(´;ω;`)

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:55:14.769 ID:Vi4Y1L630.net
no title

腹に顔埋めてクンカクンカしても嫌な顔一つしないぐう天使wwwwwwwww

続きを読む

1: powder snow ★ 2015/11/10(火) 22:58:50.02 ID:???*.net
http://www.narinari.com/Nd/20151134637.html

「彼はまるで彫像のようにじっと座って、友の亡骸を守っているように見えました」。

日曜の朝、米ダラスの道路を車で移動していたフローレスさんは、心の痛む光景を目撃した。

白いグレート・ピレニーズが道路の横にある草地にじっと座っている。傍らには動かないもう一匹の犬。
道路には血が流れており、車に轢かれた友だちを彼が草地まで移動させたのだろう。

フローレスさんがその光景を撮影し、SNSに掲載すると、その情報を元にダラスの動物愛護家であるフェネルさんが現地へ向かうと、まだその犬は友の隣に居続けていたと米放送局NBCや英紙デイリー・メールなどが伝えている。

友だち思いのグレート・ピレニーズは、首輪もなく、マイクロチップなどもつけられていなかった。
「きっとこの近くで友だちを作ったのでしょう」と語る愛護家のフェネルさん。彼女は、生き残った犬を救うべく、ダラスのシェルターへと連れて行くことに。現在引き取って貰える家庭を探しているという。

ネットでは「犬は人間よりも良い存在だ」「この大きく偉大な犬が、愛のある家庭で暮らせることを願うよ」「何とも悲しいが美しい話だ」「この写真涙が出てくる」と、犬の友情へのコメントが多く寄せられている。

no title

no title

no title

続きを読む

変な鳴き方をするハスキーの子犬が話題に

1: フロントネックロック(四国地方)@\(^o^)/ 2015/11/09(月) 10:14:57.79 ID:6Ca0wHMP0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
https://www.youtube.com/watch?v=QNot4iC7K8s


この面白い動画では、子犬が人間の声を出しています。
そしてこの子犬は、たちまちネット界のスターになりました。
普通の犬のように吠えるかわりに、この子犬「ラムジー」は、
ちょっと変わった方法で人と交流します。
この可愛い子犬はまだ本来の吠え方を知らないようですが、
かわりに甲高い声で鳴こうと頑張っています。
この奇妙な鳴き方は、まるで人間の子供のようです。
Youtubeにアップロードされると、約30,000回視聴されました。
http://www.illpost.top/archives/47306814.html

続きを読む

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/02(月) 18:52:22.812 ID:mXbrfaknp.net
俺「ロシアの皇帝と呼ばれる誇り高き猟犬ボルゾイ」
no title

no title

no title

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 11:04:28.78 ID:ufrqAR8Ba.net
エロいンゴ
no title

no title

no title

続きを読む

1: 小助 ★ 2015/11/03(火) 01:10:39.07 ID:???*.net
2015/11/ 2 19:30

震災の津波で海に流された後に奇跡的に救助された宮城県気仙沼市の「漂流犬」が亡くなっていたことが分かった。
テレビで映像が流れ大きな話題になっただけに、ネット上では、犬の死を悼む声が次々に上がっている。

「あのときは良かったですが、今回は運がありませんでしたね」

no title


漂流犬「バン」の飼い主の気仙沼市本吉町の建築設計業、小野寺勝さん(62)は、
J-CASTニュースの取材に対し、残念そうにこう話す。
バンは、雑種の雌犬で、2011年の震災当時は2歳だった。
当時の報道によると、震災から3週間後の4月1日に海上保安庁のヘリが海に流された民家の屋根の上にバンがいるのを見つけ、バンはこの日のうちに救助艇に助けられた。
飲まず食わずだったが、ケガはなかった。

その後、バンは、宮城県動物愛護センターに保護された。
小野寺さんの家族は、NHKのニュースで救助の映像を見てバンが生きているのを知り、3日後にセンターで再会を果たした。
家族が近づくと、バンは、うれしそうに何度も吠え、家族もバンを抱き締めて、「絶対離さずに、大切に飼いたいです」と喜んでいた。
ところが、小野寺さんによると、2014年1月のある日の深夜23時ごろに「ドン」と大きな音がしたので、家族が気になって外に出てみると、自宅前の国道45号線でバンが無残な姿で横たわっていた。
だれも見ていないので分からないそうだが、事故の状況から、震災復興事業関連のダンプカーにはねられたのではないかという。
その後、バンは家族の手で手厚く埋葬された。

バンが亡くなったことを、地元の河北新報が2015年11月2日に報じると、ネット上では、「ああ、あの犬か 気の毒に」「運命は過酷だな」「ご冥福を祈ります」と次々に書き込まれた。

バンが国道まで行っていたことについて、小野寺さんは、次のように説明する。

以降全文はリンク先で
http://www.j-cast.com/2015/11/02249623.html

続きを読む

↑このページのトップヘ