いぬぱんち

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!

犬に関する動画や画像・ネタやニュースなどがわんこ盛り…ちがった、てんこ盛り!

アクセスランキング

1: きつねうどん ★ 2017/06/27(火) 08:13:12.60 ID:CAP_USER
「日本一終電が早い駅」として知られるJR北海道・札沼線の新十津川駅で、駅長風の制服を着た柴犬のララ(雌、推定10歳)が乗降客に愛嬌を振りまいている。

毎週土曜と日曜の朝、近くに住む飼い主の高橋一正さん(55)との散歩で駅に“出勤”するララ。高橋さんの知人らがプレゼントした制服や帽子を身に着けた姿が、写真共有アプリ「インスタグラム」を通して話題になり、ララに会おうと駅を訪れる人が増え始めた。

始発・終着の同駅を行き来する列車は1日1本。ララは午前9時28分に到着した客を出迎えると、12分後に折り返す列車を慌ただしく見送る。

no title


https://this.kiji.is/252169366780397048

続きを読む
スポンサードリンク

    1: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [FI] 2017/06/24(土) 08:22:58.36 ID:a4Vcrl0Y0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
    タイのバンコクの女性パンナ・ロムジャンは4月下旬に家の前の道路にずっと座り続ける一匹の犬を発見。

    犬は雨の日もずっと待ち続け何をするわけでもなく、その場にじっと座って待っていた。
    この犬の事情をよく知る人に話を聞くところによると、犬の飼い主はこの犬を捨てて去ってしまったのだという。
    しかし犬は捨てられたことを知らずに1か月も空き家の前を守り続けた。犬が守っている家は現在は売却されており、飼い主は別の場所に引っ越したのだという。

    犬は人の気配がすると、もしかして主人が帰ってきたのではと思い周りを見渡す。当然飼い主は帰ってくるわけがない。

    発見した女性は犬の写真を撮影しFacebookに次のように投稿した。
    「この犬を飼い主のところに帰れるように助けてあげてください」と呼びかけたのだ。

    犬の詳しい事情を知ったネットユーザーたちは、犬を無責任にも捨てた飼い主を非難。

    http://gogotsu.com/archives/30559
    no title

    no title

    no title

    続きを読む
    スポンサードリンク

      犬を殺処分から救いたい

      犬を殺処分から救いたい2

      犬を殺処分から救いたい3

      犬を殺処分から救いたい4

        続きを読む
      スポンサードリンク

        1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 10:44:26.57 ID:pAod/Bjvx
        no title

        続きを読む
        スポンサードリンク

          犬「歩くだけで棒に当たるわけないだろ」

          1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/23(日)20:35:56 ID:jdY
          河童「すぃ~っwwwwwwwwwwww」

          続きを読む
          スポンサードリンク

            no title

            1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/20(火) 09:39:58.217 ID:pC+Ri8Ob0
            1.柴犬
            2.シベリアンハスキー
            3.ボーダーコリー
            コーギー

            続きを読む
            スポンサードリンク

              1: 野良ハムスター ★ 2017/06/19(月) 23:22:42.37 ID:CAP_USER9
              犬は「フレンドリー」だけど、猫は「ツンデレ」。猫好きにはたまらないその魅力が変わるかもしれない。人工増殖と給餌が野生を奪い、「犬っぽい猫」が増えているのだ。2017年は猫が犬の飼育頭数を上回る可能性が出てきた。猫ブームの勢いが止まらない中、ペットの世界に何が起きているのか。AERA 2017年6月19日号では、ペットを大特集。「犬っぽい猫」が増えているのだという。ペットの世界に起きている異変を取材した。

              *  *  *

              都内のとあるマンションの一室。飼い主の女性(30代)が帰宅すると、

              「アンアン」

              と鳴いて出迎えたのは、犬ではなく猫のるりお(6)だ。生後間もなく河川敷で捨てられていたのを拾われてから、ずっと飼い主と一緒に室内で暮らしている。

              お気に入りの場所は、パソコンの裏。作業中の飼い主をずっと見守る。

              「るりちゃん」

              と飼い主が声をかけると、すぐに寄ってくる。ひっくり返って、前脚で後頭部を指して、「ここを撫でろ」と催促。

              飼い主が入浴中には脱衣所までついてきて見守っているので、自由に行き来できるようにドアは開けている。女性は確信する。

              「るりちゃんの前世は犬です」

              るりおは、呼べば近寄り、撫でられたがり、飼い主とのコミュニケーションが大好きだ。

              飼い主に対してどこまでもフレンドリーな犬に対して、“ツンデレ”な猫。人との積極的なコミュニケーション行動は犬の特徴で、これまで猫ではあまり見られないとされていた。

              ところが最近、るりおのような年中愛想のいい“犬っぽい”猫の姿がSNSなどを中心に多く見られるという。まさか、猫が「犬化」しているのか──。

              (以下省略、つづきはウェブで!)
              no title

              https://dot.asahi.com/aera/2017061600042.html

              続きを読む
              スポンサードリンク

                俺「犬に人間の食い物やるな!」

                1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/19(月) 20:10:26.75 0
                犬にはドッグフードとどっちが美味いんだろう

                続きを読む
                スポンサードリンク

                  ↑このページのトップヘ